« こんな天気 | Main | 生きていくって »

2004.01.03

血は異ならず

 相方の里のご両親は、年相応というか、音楽の趣味も見られる番組も、まあ年配向きなので、義父がチャンネル権を持っている里帰り中のTV視聴はかなりつらいことになってます。(トリビアは年代物の小型TVにて荒れ荒れの画面を視聴)
 というか、居間での時間が持たせにくくて困る、困るー。(趣味が近ければ、画面を見ながらわははと笑ってても間が持つ)
 そういう環境から自分の実家に帰ると、食事の準備をしながらおかんがユーミンのセルフカバーアルバムを聞いてたりして、私的にはいいんだが、年代同じなのにこの激変っぷりはどうしたものかという感じです。
 元々おかんはハヤリものにヨワい人なので、最近売れてて自分でも耳障りのいい曲や歌手ならならどんどん聞いてみようとする方なんですが。昨夜も階段にぽいっとハードカバーが置いてあって、見てみたら宮部みゆきの「誰か」でした。ベストセラーもはずさない人です。
 そういう親なので、聞いてみれば「なるほど」と言わざるを得ないものの、しかし「トリビアの泉」を楽しみに見ているってのは自分の親ながらかなりあきれ。父もというのがさらにあきれ。
 この親から生まれたのだから、私がこうなのはしかたないのよ。
 しかし、相方が丸々ご両親の方向かというと、そうでもないか。

|

« こんな天気 | Main | 生きていくって »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/79365

Listed below are links to weblogs that reference 血は異ならず:

« こんな天気 | Main | 生きていくって »