« 姉ちゃん、怖いですか | Main | 帰宅後 »

2004.02.07

完全ネタばれ「王の帰還」

 マラソン上映に参加したかったよう、と嘆きながら、「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」を見に行きました。上映時間、三時間半ですよ!考えるまでもなく、始業からお昼ご飯までより長いのです。お腹も空きましょう、トイレに行きたくもなりましょう、見に行く方には体調を万全に整えて臨まれますように。
 という私は眼精疲労が持病の人で、いつ勃発するか常々不安なんですが、今回「王の帰還」を見る直前くらいにまたもや発症のサインが。なんでこんなときに出るかなあ。以前「アイアン・ジャイアント」の試写会で症状が全開になり、作品に集中するどころか帰り着くのがやっと、頭痛と吐き気でおげーでげろーになった過去があるのです。困った。
 幸い、今回は終わりまでなんとか持ちましたが、もしマラソンに参加してたら激痛で「王の帰還」が始まる前に脱落していたことでしょう。よかった、つつましい判断をしてて。

 映画そのものはと言うと、これからアカデミー賞を受賞でもしたら「何それ?」って方が見に来られるかもしれませんが、そういう方々に全くやさしくない、何の配慮もない三部作の最終話としての作りでした。前二作が好みでないと感じた方は今回は遠慮なさるが吉と思われます。原作未読派と前二作を見ていない方でどうしてもとおっしゃる方は、DVD(できればエクステンデットエディション)で前二作のおさらいをしておいたほうがいいかもしれません。(「二つの塔」のときにびっくりしたのだが、映画の感想サイトで「話題になっているので、一作目を見ていないが劇場に行った。話がさっぱりわからず、またオチも尻切れトンボでおもしろくない」と文句の書き込みをしている人がいた。なんだかなあ。よーく考えよう。お金は大事だよう)
 以下、ネタバレ度が上がりますから、読みたくない方は飛ばしてくださいませ。
 シェロブの出を「王の帰還」に譲った時点で、「うわー、次はやることがいっぱいだー。時間が足りるのかいな?」と心配してましたが、私の個人的な趣味だけで言えばよくまとめてあったと思います。原作ファンには入れて欲しいエピソードがもっともっとあっただろうけど、あの尺の中で筋が通って盛り上がってあのオチにたどり着く流れをちゃんと押さえてあるのはすごいです。
 サルマン絡みのシーンが本当に全削りになってたのは、私的にはOKです。「王の帰還」のサルマンは落ちぶれていく一方で、出てくるたびにレベル低げないやみを言うじいさんという印象でしたから、活劇風にまとめられた映画版にはちょっとそぐわないかなあと。原作はどこかおとぎ話っぽく読めるから、指輪を葬った後の牧歌的なエピソードもゆったり読めるけど、映画として見るならその後の話はテンポよくまとめないとダレてしまう可能性があるし。
 戦闘シーンは昼間なせいか、ヘルム渓谷より見やすいかな。エオウィンが異様にかっこいいです。その分、兄貴は影薄いですが。ペレノール野の合戦の後、黒門に行くのが早すぎる(途中のエピソード全抜き)と感じる方もいるでしょうけど、これも後半のダレ防止策と思えば許せます。冥王との決戦の後のなさが強まりますから。
 筋の変更もキャラクタの相関関係をわかりやすくする効果があって、ただでも増えまくった登場人物を頭の中で整理しやすかったです。「王の帰還」の指輪捨て組はあんまりドラマがないから(二人で黙々と荒れた土地を歩いてるシーンばかりになりそう)、ゴラムのキャラを膨らませた上でシェロブの下りをやったことで見せ場ができたし。少年スキーの私ですから、イライジャ=フロドが指輪を首にぶら下げて歩くだけの人になってなかったことに満足してるのかもしれんけど(笑)。
 締め方も、灰色港から自分の家に帰り着いたサムが、奥さんに「戻ったよ」と告げてEDと原作どおりで安心しました。悪の勢力は滅びたはずなのに、主人公たちは勝利したはずなのに、お話の終わりはどこか物悲しい、指輪物語はやはりそういう話でないと収まりが悪い気がします。ハリウッドが作ってたら、もっと派手な終わり方でないと許されなかったかもしれないと思うと、PJが監督で、この体制で作られて、ほんとによかったです。
 先行ロードに来る人は、ある程度指輪好きな方が多いようで、私が「ここ、泣けるよなー」と思ったところで同じように泣いてくれるので、こちらも遠慮しなくてよくて助かりました。
 次は吹替版の予定。アラゴルン=大塚芳忠さんの声が、どうも合わないのが難なんだよなー。私の場合。

|

« 姉ちゃん、怖いですか | Main | 帰宅後 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/193043

Listed below are links to weblogs that reference 完全ネタばれ「王の帰還」:

« 姉ちゃん、怖いですか | Main | 帰宅後 »