« ああ、休みだったんだ | Main | 速度が落ちたのかも。 »

2004.02.12

ここまで知られてないのか

 なんでかしらん、職場で侍とかの話になった。(「ラスト・サムライ」も流行ってるしね)
 それでガクゼンとしたのは、今時の若い人なんだか、一般的「女の子」なんだかは、もしかして歴史というか時代認識がほとんどないのでは???ということ。「侍って江戸時代って感じですかね?」「戦国時代なんじゃない?まあ、そのころは侍っていうより武士かもしらんけど」「戦国時代って、江戸より前?」「…関が原より前ですなー。江戸も侍といえばいえるかもしれんよ。『水戸黄門』も『暴れん坊将軍』も江戸時代が舞台にはなってるから」「暴れん坊将軍って侍なんですか?」「徳川幕府の八代将軍で」「それって、侍の一番えらい人?」
 すいません。もう説明役は降ろさせてください(泣)。私に江戸の幕府開闢から説明するほどの知識はありません。もちろん、水戸黄門のモデルになった人の正体も、なぜあんなことをした話になってるかも、彼女たちには知られてませんでした。
 一般的な知識としてはそんなものなんでしょうか。高校の日本史の授業がおざなりになるのは幕末あたりからだと思ってたんだけどな。書店では、これも「ラスト・サムライ」効果で「武士道」by新渡戸稲造が売れてるそうですが、わかってる or 知りたい層とどうでもいい層が二極分化されていってるのでしょうか。(しかし、新渡戸稲造。五百円札、じゃなくて五千円札だったか(汗)が現役のころだったらよかったのう)
 えーと。時代劇好きのみなさん。「新選組!」を目の敵にしてると、本当に新規のお客さんの来ない衰退ジャンルになって滅びていきますよ。多少本格から離れた軽い線でも、キャストがあざとくても、新しく「見てみよっかなー」って人が出るのはまだまだいいことだと思いますよ。↑のような認識の人が多いとしたら、そこから始めないとお客さんは増えません。

|

« ああ、休みだったんだ | Main | 速度が落ちたのかも。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ご、ごきげんよう
ううう
新渡戸稲造は5000円札です。500円札は岩倉具視・・・(つД`) ちなみにクリスマスに名古屋の引きこもり投資家さんがテレビ塔の上からばらまいた100円札は板垣退助です。

武士道ですが、あれを日本人のかつての生き様だったとか言う人には激しく違和感です。武士なんて日本人の1割にも満たないではないですか。なんでだれも「百姓道」を称揚しないのでしょうか。

日本人の大半が百姓だったと言うのに。

Posted by: まんりき | 2004.02.17 at 11:59 PM

 ご。ごきげんよう。そして、ありがとうございますぅう>まんりき師匠。
 確か「五」がつくお札だったと記憶頼りに書いたのです>新渡戸稲造。いかん、いかん。人のことをあげつらうと穴二つ。きっと、五千円札が現役当時はあまり触る機会のない額面だったのでしょう。板垣さんにはお世話になりまくっていたのに。自由は死せず。
 それにしても、新渡戸稲造って何してお札になるほど偉い人なのだか、さっぱりわからない子どもでした。岩倉具視の方がまだ子ども歴史知識から言うとメジャーだったのに、額面は安い方を割り当てられているのが不思議だったり。

 某筋からの情報によれば、「武士道」は福岡でも本当に売れているようです。それも、男女問わず。映画効果って大きい。
 支配(?)階層図の構成を考えたら、頂点の武士階層が多いはずはないのですよねえ⋯。明治以降の、平民も武士っぽい考え方を移植された結果、国民皆武士だったような感覚になってしまったんでしょうか。
 江戸は参勤交代の関係とかで、武士の住民に占める比率が異様に高い町だったそうですが、そういうとこが舞台の時代劇とか見慣れちゃってるせいで感覚が狂ってしまったんでしょうか。

 百姓って、一時期放送自粛用語だった気がするのだが。(青背広のルパンでセリフに「ぴー」が乗っていた)最近は解禁になったのかしらん。だけど、使えないと他の言い回しに困る言葉だよなあ。特に時代劇とかでは。(農業に従事している人、なんて言えないもんな)

Posted by: きいろ | 2004.02.19 at 01:32 AM

(^^;
新渡戸稲造さんは現役ですよう。

あ、ごきげんよう。まんりきです。

現行のお札は
一万円札 福沢諭吉
五千円札 新渡戸稲造
二千円札 守礼門
一千円札 夏目漱石

となってます。

昭和59年以前は

一万円札 聖徳太子
五千円札 聖徳太子
一千円札 伊藤博文
五百円札 岩倉具視
一百円札 板垣退助

となっていました。昭和五十九年なんて我々まだ生まれてませんから関係ありません。(誰かツッコんで)

今年は20年ぶりにお札が総入れ替えになる年でして、
日本銀行券の改刷について(財務省)
http://www.mof.go.jp/jouhou/sonota/ks140802.htm
今年からの新札では、

一万円札 福沢諭吉
五千円札 樋口一葉
一千円札 野口英世

となります。
女性がお札の肖像になるのは初めてではありませんでして、明治14年には神功皇后の肖像を印刷した一円札が、日本初の肖像紙幣として発行されています。男性より先にお札になっているのですね。

お札トリビアでした〜 (1へえ)

Posted by: まんりき | 2004.02.22 at 12:41 AM

 ごきげんよう。ここのところ、レジで五千円札を受け取るたびにしげしげと眺めているきいろです。
 ⋯なんで現役でないと思ったんだろう(泣)。旧札の時代の方が五千円札とは縁のない生活をしていたはずなんだが。夏目さんと福澤さんの存在にはめちゃくちゃ気を取られてるんですが。
 というわけで、穴があったら入りたい、と思う今日この頃。

 今回のお札デザイン変更。もらうと一瞬、「なんだ、これ?」と思わされる二千円札はそのまま存続かな(^_^;)。

Posted by: きいろ | 2004.03.02 at 01:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/206108

Listed below are links to weblogs that reference ここまで知られてないのか:

« ああ、休みだったんだ | Main | 速度が落ちたのかも。 »