« 速度が落ちたのかも。 | Main | 悪魔のゲームがやってきた »

2004.02.14

怖いもの見たさ、は猫をも殺すか

 同じような時期に公開だから、同じような時期に予告編が露出するのも「そうか」ではあるけど。何ってGW公開の「キャシャーン」と六月公開の「デビルマン」でございます。「デビルマン」の六月というハンパな時期は、これは穴埋めプログラムであると端から言ってるんでしょうか。夏休みにやるほどの内容ではないとか、マーケットが絞れてないとか。(バクチ度は「キャシャーン」も変わらないと思うんだが)
 原作のマンガやアニメをリアルタイムで体験した世代としては、この二つの企画はかなり「うーむ」だし、できたものを見たいか?と問われれば「怖いもの見たさ」という感覚以上のものは出てこないんです。正直言って。だって「デビルマン」ですよ!子どものころにあれを読んで、「うーわー」と思わなかった同世代の人がいたら会いたいくらいのもので。「キャシャーン」にしても、話としての完成度は今見たらアレかもしれませんが、タツノコプロ屈指の美しいデザインのヒーロー(&ヒロイン)、加えて、当時のタツノコ悲劇路線の極めつけ。(生身を捨てて人のために戦ってるのに、機械であることを知られると人に疎まれる運命なんて、子ども向きとしては悲惨すぎるヒーロー像じゃないですか)あれをわざわざ実写でやって、イメージ壊すことないじゃんって思うわけですよ。
 しかし、やはり「怖いもの見たさ」でどんな映像になってるかくらいは見たかったりもするのです。ありがたいことに予告編は劇場まで行かなくても、ネットで見られるそうなのでぷちっとな。
 うーん、うーん、うーん。
 うーんが激増。
 「デビルマン」は原作がああで、上映時間が二時間くらいで、なぜかシレーヌがクローズアップされてるようだから、これは物語としてはかなり破綻の可能性が大だろうなあという予感がありました。(確かにシレーヌはデザイン的に優れたキャラだけど、本筋からすれば不動明が出会う悪魔の一人でしかないわけで、そこに比重を置いたらサタンとの確執話を丸く治めるまで時間が足りんだろう)脚本次第ってとこもあるんだけど。永井御大は「この脚本ならとOKした」そうですが。那須真知子って監督の奥さんですかー?
 だから、こちらもさして期待もせず、模様眺めって感じでごさいます。ブロバン用とはいえ荒れ荒れの予告編で判断しちゃあなんですが、CGの出来はどうなんですかねー?テクスチャのてらてら感がきつい気がしました。というか、予告編CGだらけで、人間の出番がよくわかんないっす。
 「キャシャーン」は、パラレルワールドものにしましたか!(近未来物じゃなくて、あえてパラレル日本物にしたのはなぜなんだろう)主役級の若い人はともかく、脇に渋めの配役を置いてるのは「よくこんな人がきわーな作品に出演承諾したな」と驚き。元ネタの「たった一つの命を捨てて生まれ変わった不死身の体」をそのままフィーチャーしたのはある種冒険だし、元ネタへの敬意も感じるのですが。片手チョップでアンドロロボットを倒してるあたりも、原作に忠実ではあるんですが。なんか、こー。コスチュームがブ(以下略)…。ってのは、キャシャーンの場合、最大のネックと言えるのではないでしょうか!!
 とか、つい熱く語ってしまうのは、やっぱりリアルタイム世代の性ですか。そうですか。
 これでうっかり劇場に見に行ったら笑いものだよなあ<レディースデイに行ったりして。きっと空いてるぞ。

 珍しく(?)キャシャーンの全話をレビューしているサイトを見つけました。わーなつかしー。見たくなりそー。

|

« 速度が落ちたのかも。 | Main | 悪魔のゲームがやってきた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ごきげんよう

うー、
要するに、財前教授がブライキングボスなわけですか? ヤルッツェブラッキン。

デビルマンは、まさかサタンの造形がださすぎるから飛鳥了の正体をシレーヌにするということだとしたら恐ろしいですね。

近藤勇の忍者ハットリくんも迫ってますし、なんか映画界は恐ろしい企画が山盛りです。

Posted by: まんりき | 2004.02.21 at 09:36 PM

 ごきげんよう。

 財前教授がブライキングボスを演るという話は、「キャシャーン」の企画がinした直後にニュースか何かで読んでいたのですが(キャシャーン役が誰かよりもずーーーーっと早かった)、あまりにイメージわかずにぼへっと聞き流していました。
 下積み時代は着ぐるみショーにも出ていた財前教授ですから(<誤解しそうな表現)、こういうイロモノなお仕事も快諾されたのでしょう。

 「デビルマン」は映像化のたびにシレーヌのエピソードに割合さきすぎてアンバランスになってるように思うんですが。そろそろ気がつけばいいのに。
 とゆーか、もう十分やっただろ?という気もし。

 そう言えば、近藤さんの世を忍ぶ仮の姿、「ハットリくん」のことを忘れてました。
 作り手側が同年代になったせいか、びみょーな企画が連打されますなあ⋯。

Posted by: きいろ | 2004.03.02 at 01:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/206122

Listed below are links to weblogs that reference 怖いもの見たさ、は猫をも殺すか:

« 速度が落ちたのかも。 | Main | 悪魔のゲームがやってきた »