« これは。ウケはないな | Main | 本犬はそういうつもりはない »

2004.03.22

マルコ先生かよ…

 三谷作品のそこそこファンの相方と、それなりに好きな私のために、おかんが朝日新聞のコラムを数本、スクラップして持ってきてくれました。本を買えよ、って気もしますが、「新選組!」ネタなんかは旬なんで。後で読むより今かもね、と。
 飼ってる犬の夢を見る方法(犬が寝てるときに頭に布をかけて犬の夢を吸わせておき、自分が寝るときにその布をかけると同じ夢が見られるという伝承があるらしい。やってみるか?(笑)とか、家のトイレの不調の話とか、例によって三谷アレンジの日常スケッチにただいま一番重荷の仕事、「新選組!」の話題がちらっと混じる。全般にダウナー気味というか、ぶっちゃけ愚痴?な内容がぽちぽち。
 「新撰組」には本業の学者から在野の研究家までスキものがいっぱいいるから、三谷さんもバッシングの嵐になるのは覚悟の上で始めた仕事ではあろうし、見るこっちも「大河枠は保守系の視聴者が多いから、出来がよくてもしんどうそうじゃのう」という予感があった。実際、今年に入ってからあちこちで大人げないほどの大河批判をやる人を見かけて、広く世間にものを発表して暮らしていくのは本当にたいへんだなあと思ってもいた。自分でもサイトをやってて、時折イタタなことを言われるとかなりヘコむから、その何百・何千倍の痛みを背負って仕事をする人は尋常じゃない精神力を必要とするはず。覚悟しててもぽろっと愚痴が出るのは、みっともないって言う人もいるけどやむを得えないかなあ。
 私としては「大河だからこうでないと」とか「これ以外の新撰組はダメ」とか全くないし、ドラマなんで時代考証がっちがちでなくてもいいと思ってるし、「青春群像ものだねえ。後半を思うと胸が痛むねえ」などと楽しみつつ見てるんだけど、こういうのは世間一般的には少数派なんですかねえ。(視聴率が下がってるとか聞くので)
 
 中でも3/18のコラムの内容はなかなか激痛もので、新撰組のマンガを手がける某ベテランマンガ家さんが自分のサイトにかなりきっつーい大河批判を書いておられたとのこと。誰とは書いてなかったけど、そういうのって気になるもんでしょう?今はネットの時代だから、その気になればすぐ調べがつく。
 わっちゃー…。誰かと思えばマルコ先生ですか。とほほー。まあ、条件から想像のつく範囲ではありましたが。
 わたくし、この方のマンガに関しては、デビュー当時からはっきりとファンなんですけど。ご本人の人柄は、ネットでは評判よくないのねえ。心に染みる感動の物語を書く方だからといって、ご本人も人格者だとは限らないのねえ。欠点のない人間はいないんだし、読み手としては作品と作者は別と割り切っていくしかないんでしょうが。
 ってゆーか、ご本人もマンガ始めたときに相当バッシング受けたはずなわけで。その辺、アプローチは違えど同じ対象を手がけるものとして、体験を踏まえて不満はあってもそっとしとくとか、武士の情けのかけようはなかったんだろうかと。

 ちなみに、昨日の「母上行って来ます」は泣けましたですよ。マルコ先生が指摘するような、義母(ふでさん)を見返したいがために近藤勇は武士を目指してたんじゃないとわかりますよ。新撰組って時代に大きな節目を作った、とか、新時代を築いたという集団ではなく、近藤勇もその行動で後世を変えたという人ではないと思うから(なんて言うと、新撰組まにーな人は怒るかもしれないが)、だからこそ毎日をきちんと生きた人、という描写の積み重ねが「ドラマとしては」大事な気がする。

※問題の大河批判文はすでにサイトから削除されてて読めないんですが、そこはネットのこととて三谷さんのコラムともども探せばすぐに見つかります。けど、私がダウナーになったから、ここにはリンクは貼らないです。

|

« これは。ウケはないな | Main | 本犬はそういうつもりはない »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

こんにちは

マルコ先生、て誰か分からなかったのでググって調べてみました。

・・・ふむふむ。
私は逆に、三谷さんの信者の人がその先生のファンの掲示板を荒し回ってるのばかりヒットしてしまって逆方向に鬱になってしまいました。自前のサイトで吠えてた人と、天下のアサヒ新聞で原稿料貰った文章で煽った人と、どっちもどっちじゃないかな・・・と。

本人にそのつもりはない、というのであればマスコミの影響力を知らなさ過ぎるんじゃないかなと思いますし。

大河ドラマですから、民放ドラマとかの三谷さんのネームバリューとは関係なしに見てる人が多いので、ファンばかりではない以上、視聴者の反応が普段より暖かくないのは当然だと思いますよ。

史実とか時代考証とか、ドラマにそれほど期待する気はないのですが、最低限度もできない人は、なんで歴史物なんか書いてるんだろう、と素朴に疑問に思いますし。確かに。

別に今回の「新撰組!」がことさらに斬新というわけではありませんから、批判している人の理由はそれぞれでしょうが、大河ドラマファンが保守的だから、という決めつけはちょっと違うんじゃないかな、と思いました。それにまにーとかいうさげすみはちょっと嫌な感じです。人それぞれにこだわる部分があるのですから。

私は幕末維新に何の思い入れもないので、桂小五郎がサンダーバードみたいなメカで脱出したり、近藤勇と坂本竜馬が仲良しさんだったりしても笑って観てますが、堪え難いという人の気持ちも分からないでもありません。

自分が好きでこだわっているものが何も分かっていない人にいじられてバカにされていると感じたとしたら、私だって腹が立つでしょうし。

難しい問題ですけど。

Posted by: まんりき | 2004.03.23 at 12:37 AM

 どもです>まんりき師匠。

 今回の件に関しては、師匠のおっしゃる通り三谷さんもかなり人の悪いことをしていると思います。天下の朝日新聞でああ書けば、ネットを使いこなせる人には誰のことだかすぐにわかるし、黙っていても家に配られてくる新聞と自分で見に行かなければならない知らない人のサイトでは、前者の方が目につく確率が非常に高いですから。数の上では新聞という媒体を持っている方が勝ちです。
 もちろん、意図的にやってる可能性が高いので、人格うんぬんを言うならどっちもどっちでしょう。
 三谷信者の方々も、それをやっちゃあ相手と同じになってしまうわけで、どっちの側から見てもあまり気持ちのよくない展開になってしまっているのですね。

 大河がよくも悪くも特別な目で見られるドラマ枠だというのも、制作側でもなく思い入れもない私ですらわかるくらいだから、作る側に自覚がないはずもないでしょう。そういうジャンルが好きな人・ずっと楽しみに見ている人にとっては、いきなり来て好き勝手される腹立ちがあるというのも師匠のご指摘どおりでしょうし。
 ですから、私の書いてることも、五十歩百歩で大人げないことなんです。と、自覚したら我ながら情けないので↑に書き済みのことも書き直したくなるとこですが(^_^;)、自戒もあるから直しません。ああ、気分で書くとアホをさらすのね、と後日読み直すときに思ったほうがいい様な気がするし。

 言い訳じみたことを書くと、たまたま私がネットでよく読む新撰組と全く関係ない(個人ではない)情報サイトでまで、半ばこき下ろしに近いドラマの批判をちょくちょく目にして「やー、ここでそこまで書かんでも。題材に思い入れがあるのはわかるけど」と思わせられてきたというのがあり、もう一つはかれこれ20年以上もファンだったマンガ家さんの暗黒面を知らされたショックというのもあり。今回の件を調べてたら、どうも以前からかなり問題の多い言動があったという話に行き当たり、作品読んで気持ちを引っぱられた過去の分どーんと来てしまいました。
 あんな細やかな人の心根が書ける人が、なんで配慮の足りないことを次々にされるのだろうと。他者の作品に対してぞんざいになれるのだろうと。
 人だから、欠点がないわけないけど、それにしても過去ご自身から発信されたものを読むと、「ないわけないにしても⋯」という気持ちにさせられてしまいました。

 まあ、私もこういうモノを書いてしまう人だから、人さまをあげつらうことができるのか?と問われたら、すんませんと言うしかないのですけど。

Posted by: きいろ | 2004.03.23 at 03:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/337644

Listed below are links to weblogs that reference マルコ先生かよ…:

« これは。ウケはないな | Main | 本犬はそういうつもりはない »