« 三月じゃねえよ | Main | ナガセが歌うなんて »

2004.03.04

クウガ、おもしろいなあ

 お家にこもってすることがないかというと、ある。(たいしたことじゃないが)
 去年途中まで見て、その後冬休みで目当ての巻がレンタル中だったりして中断していた「仮面ライダークウガ」の続きをようやく借りれまして。もう、どこまで見たか思い出せなくて、パッケージをしげしげと読んでしまいました。
 前回、紫色のビリビリモードを発現させたクウガが別の色のビリビリを出していく話をやりつつ、さらにバッタっぽい外見のグロンギに絡まれるという今後の複線的な下りを混ぜつつ、優等生くんの悩みの話をやったり(朝の特撮の子ども視聴者層は就学前の子たちだから、この話は一緒に見ている大人に向けて作られてるのだろうな)、謎の敵に襲われて死ぬことがTVの向こうの他人事ではなくなっていく不安に駆られる「普通の人たち」の話をやったり、相変わらず硬派な展開。
 クウガってオダジョーや葛山さんなどメインキャストに恵まれたせいか、キャラクタードラマに見えがちだけど、どっちかというと群像ドラマかなーという気がする。実は一人一人のキャラクタを必要以上に掘り下げるエピソードは少ない。ポレポレや警察や科捜研のような人が集まる場所を舞台にして、他の誰か、あるいは状況と関わっていくことで外側からキャラの肉付けをしてるところが結構ある。チョイ役かなと思った登場人物が後でさりげに絡んできたりして、それがまた、互いの肉付けになってて、クウガの世界観が深まっていく。ここまでつきあって来ると感情移入も自然にできるから、ドラマとして素直におもしろい。正直、クウガよりつまんない夜の帯ドラマはいくらだってあると思う。
 その分、今回はグロンギにとどめをさす場面があっさり過ぎかな。も少しクウガ.vs怪人のアクションシーンがあってもいいような気もするけど、もう番組の軸足はアクションよりもドラマに移ってるんだろう。
 「ウルトラマンティガ」といい、「クウガ」といい、かつてその番組にあこがれた層が製作サイドにいる作品の復活作は奇跡のような力を持ってる。昔自分が魅了された「あれ」に恥じないように、負けないように、作っていきたいという熱意があるからかもしれない。そういう熱意は時として空回りするし、狭いコアマーケット向きの作品化させてしまうこともあるけど、「ティガ」や「クウガ」はいろんな条件がいい方向に働いたんだろうな。

|

« 三月じゃねえよ | Main | ナガセが歌うなんて »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/276715

Listed below are links to weblogs that reference クウガ、おもしろいなあ:

« 三月じゃねえよ | Main | ナガセが歌うなんて »