« 何の道でも極めれば | Main | カルト作に成長か? »

2004.05.13

ホームベーカリー奮闘記(10)

 さすがに二ヶ月を越えると新鮮味も驚きもなくなってきた感のあるホームベーカリーですが、なんたってほぼ毎日食べるものなので、たとえ惰性になってもヒネリを効かせたり技を使ったりしなくても、なんとなく焼いています。こないだ残業したとき、どうしても焼く時間が取れず(帰宅後四時間+冷ます時間がないと焼けない)、帰りに久しぶりにパン屋で買い物しましたが、プロの品とわかっていても「この大きさで150円!」とかケチくさいことを考えてしまいました。生クリーム入りの食パンって買ったら高いのね。(でも、ジャンボガーリックは買うよ。本格フランスパンはHBじゃ無理)
 というわけで、今回は冷凍庫にストックしておいた生クリームを使って、素の食パンを焼きました。粉はスーパーカメリアonly。ゴールデンヨットは確かに膨らみ大きいけど、「そんなに膨れなくても!」って気もしたし。
 昨夜のうちに焼いて今朝食べて、思ったのは「やっぱ生クリーム入りはおいしいよ」ってことでした。基本のスーパーカメリアで焼いた分、生地にちゃんとコクがあるのがよくわかる。入れないときとは味わいがダンチです。
 他に違うのは砂糖(最近はハチミツで代用)とバターが、普通の食パンのときよりそれぞれ5g多いくらいのもんで。
 かといって、毎回乳脂肪分の高い生クリーム入りを焼くわけにもいかんよなあ。
 強引にコクを出すって目的で、今度はバナナ入りパンでも焼いてみるかしら。

|

« 何の道でも極めれば | Main | カルト作に成長か? »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/588628

Listed below are links to weblogs that reference ホームベーカリー奮闘記(10):

« 何の道でも極めれば | Main | カルト作に成長か? »