« ホームベーカリー奮闘記(10) | Main | 久しぶりにがんばってみました »

2004.05.14

カルト作に成長か?

 先週あたりからふらっと読んだ日記なんかで「一応見に行こうかと思うんですよね」と言っていた人(特に首都圏付近に住んでる)が「満席で今日は断念」するケースをちょくちょく見かけていた「キャシャーン」。よもや意外とカルト人気が出てるのか?と思っていたら、上映期間延長するとのニュース。す、すごい。封切り直後の映画評はプロ・アマ問わずさんざんだったのに、六億円の制作費は軽く回収して倍以上の興行収益を上げてるじゃあないですか。こんなことってあるのね。
 映画としてはつたなさ満載だったけど、作り手の熱意だけはあふれるほどに漏れ出てたもんなあ。熱気に当てられた人がたくさん出たのね。
 ああいう「人間のありようとは?」みたいな重ったるいテーマを、ヒネリなくストレートに語ってるあたりも今時新鮮だったのかもねえ。
 しかし、海外進出はどうかねえ。

|

« ホームベーカリー奮闘記(10) | Main | 久しぶりにがんばってみました »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/593027

Listed below are links to weblogs that reference カルト作に成長か?:

« ホームベーカリー奮闘記(10) | Main | 久しぶりにがんばってみました »