« げろげろの夜。 | Main | ボーズさんに言いたい。 »

2004.05.06

奈々ちゃん、もうええで。

 「QED 式の密室」、読了。シリーズの中でもずば抜けて薄いので、病に死んでても一日で読めるかなと思いまして。読めました。
 このシリーズは、ミステリなんだけどそれは半分くらいで、残りは裏日本史ウンチク話です。それを承知で読んでるんで、「今回はこのネタで来たのねー」とタタルさんの語りを楽しめる人には例によって例のごとくの出来なのです。今回のネタは安倍晴明というか、陰陽道と式神ですが、もちろんオカルトを認めるトな説が論じられるわけじゃないんで、一つの解釈としておもしろく読めます。
 しかし、彼らの行きつけの店、静かで落ち着いた雰囲気らしいけど、毎回タタルさんが陰惨な日本史話を語り倒してて、他のお客さんはどんな気分で飲んでるんだろうかと。
 そして例によって進展の気配もないタタルさんと奈々ちゃんの仲なんですが、ホント、君の目はどうかしてるよ>奈々ちゃん。このヒネたうんちく大王が君には「ちょっと魅力的」に見えるんだね。だからといって、ようも辛抱強くタタルの話に付き合うよ。そりゃくりいむしちゅ~の上田よりは、タタルの方が私も魅力はあると思うが。
 てゆーか、事件のときか熊つ崎がセッティングしたときしか奈々ちゃんと会わないのかよ>タタル。
 などと架空の人々のことだというのに、長い付き合いだと気になるもんですな。読者は。

|

« げろげろの夜。 | Main | ボーズさんに言いたい。 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/554127

Listed below are links to weblogs that reference 奈々ちゃん、もうええで。:

« げろげろの夜。 | Main | ボーズさんに言いたい。 »