« 女の子ってめんどくさい | Main | まあ飲めるか? »

2004.06.05

今こそ家康さま

 今の世の中、子どももたいへんだなあと思うときと、人生なめたらいかんよと思うときがある。<子持ちじゃないんで、考えることが無責任です。
 新聞の土曜版で家康の「東照宮遺訓」が載ってまして、「今の子どもこそ、こういう言葉を噛み締めんといかんのんちゃう?」なんて考えたのは、そういう無責任な立場ならでは、かもしれません。
 「東照宮遺訓」ってのはアレです、「人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し」ってやつです。後の文面を読むと、子どものころから苦労した人らしい、天下人になって死んだ人とは思えない謙虚さがあって、そろそろ人生曲がりきりの身としてはうんうんうなづくばかりです。今でも全然OK、というか、ある種時代を超えた処世術かもしれん。
 家康そのものはあんまり好きじゃないという人も、「東照宮遺訓」だけは座右の銘とする人が多いんだとか。
 ホント、人生死ぬまでわからんのよ。人生半ばで地位も名誉も財産も手に入れた人が、死ぬとき畳の上とは限らんのよ。うだつのあがらない庶民がつまんねー人生とも限らないのよ。
 そういう、将来いいも悪いも見通せないあたりを前向きに捉えることを伝える力があったらなーと思うんですが。これがなかなかできん技ですな。とほほ。

|

« 女の子ってめんどくさい | Main | まあ飲めるか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/767660

Listed below are links to weblogs that reference 今こそ家康さま:

« 女の子ってめんどくさい | Main | まあ飲めるか? »