« 福井晴敏作、連投。 | Main | 「亡国のイージス」、配役確認(ただしおぢさんのみ) »

2004.06.09

「上司は思いつきでものを言う」、読了

 ↑売れてるようですね。各言う私も売れ行きランキングで書名を見つけて買ったクチですが。
 おもしろかったです。橋本治が「上司は思いつきでものを言う」といキーワードを元に、ふらふら思索を広げていって、「日本の『組織』ってこういう特性があるよね。なんでかっつーと、こういう成り立ちだからだね」とウンチクを述べてくれるという内容。なるほどねーと思いつつ、ちょっとお勉強もできた気分になってお得でした。
 ただ、タイトルからこれをビジネス書のつもりで読み始めると、全然話がまとまらないし(むしろどんどん拡散していく)、箇条書きの問題点整理みたいなのもないし、はっきりきっぱりした解決策の提示なんてのもないので、消化不良を起こしてしまうかも。
 昔々からその不毛さ加減にうんざりだった会社の会議ってものが、何かを決定するためにあるんじゃない、と書かれていてすっきりしました。会議でものを言うときのお約束、みたいなものは、正社員だったときに知っておけばな。役に立ったろうに。
 問題は、この本読んだあとって上司がものを言うたびに「これって思いつきっぽいなー」などと逐一心でツッコミ入れてしまいたくなることですなー。口に出さないように、用心用心。

|

« 福井晴敏作、連投。 | Main | 「亡国のイージス」、配役確認(ただしおぢさんのみ) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/767710

Listed below are links to weblogs that reference 「上司は思いつきでものを言う」、読了:

« 福井晴敏作、連投。 | Main | 「亡国のイージス」、配役確認(ただしおぢさんのみ) »