« お。恐ろしいパンが…。 | Main | ある種、夢の共演 »

2004.06.15

怪しい博士

 例によって放送時間までふんばって見ている「鉄人28号」。女性受けする要素が全くなく、この世の同志の少なさが想像できてさびしい限りですが、まあいいとして。
 当地福岡では超人間ケリー編第二話まで進みました。今回は割と原作どおりのお話です。(ええ、「読みにくー(涙)」などとボヤきつつも、原作ぼちぼち読み進んでます)元ネタのコアな部分が古びにくかったからでしょうか。でも、ケリーとジェイソンさんは兄弟なんじゃあ?レトロ横山なりに洋風二枚目のジェイソンさんの皮膚の下があの鉄仮面とは、鉄面探偵ゲンのようです。
 回が進むごとに思うのは、「敷島博士、マッドくさー」(笑)。もー、この人の胡散臭さはどうしたもんだか。穏やかそうな大人面の下に、「科学への好奇心」という免罪符で萌え萌えの本音が見え隠れ。この先クライマックスになって、悪びれもせずに悪役になっても、私はちっとも驚きませんよ。
 しかし、相変わらず事件の真相部分を引っ張りまくる作劇だなあ。

|

« お。恐ろしいパンが…。 | Main | ある種、夢の共演 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/785900

Listed below are links to weblogs that reference 怪しい博士:

« お。恐ろしいパンが…。 | Main | ある種、夢の共演 »