« ある種、夢の共演 | Main | ありがたいような、ありがたくないような »

2004.06.16

れっつ、リベンジ

 ほほほほほほほ。昨日の失敗程度でくじける私じゃなくってよ!ホームベーカリー系のサイトを巡りまくって情報収集もできたことだし、再挑戦よ!みごと天然酵母で真っ当な食パンを焼いてみせようじゃないの。
 なんて力むほどのことはなく、えーと。日和ってすみませんが、粉はスーパーキングとはるゆたかブレンドの1:1混合にしてみました。その代わり、帰りにちゃんと温度計(水につけられるように、理科の実験に使うようなやつ)も買ってきて、温度管理などしてみました。参考にしたのはkoba84さんちの割合で。
 a.混合強力粉280g、塩4g、砂糖14g
 b.温水(40度前後)170g、白神こだま酵母4g
 c.バター14g
 で、
 1.a.の材料をパンケースに入れて、MKのホームベーカリー一斤コーススタート。
 2.五分後に白神こだま酵母を溶かずにパンケースに振り入れて、温水を注ぐ。
 3.二回目の練りに入る前に、一センチ角に切ったバターを冷蔵庫から出してパンケースに入れる。
 4.以降はホームベーカリーにお任せ。
 で、高さ13cmくらいのまあまあ普通の食パンが焼けました。昨日に比べたら、かーなーりーまとも。食べてもちゃんとふっくらしっとりしてます。はるゆたかonlyでないところに若干の敗北感はありますが、食べられるものができたからいいのです。
 ただ、あちこちのサイトで読んだような「生地の甘味」とか「酵母独特のいい香り」というのはよくわかんなかったり。私の舌と鼻の出来が悪いのでしょうか。

 探索の旅の途中で「MKふぁんくらぶ」というのを発見しました。さすが安さ爆発・普及率の高いホームベーカリーだけのことはある>MK。こっそりお尋ねして参考にさせてもらおうっと。
 それから、パネトーネマザーがホームベーカリーと相性がいいという意見も多数見かけたんで、次回はぜひパネトーネマザーを買って焼いてみたかったり。<野望は広がるばかりです。

|

« ある種、夢の共演 | Main | ありがたいような、ありがたくないような »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。はじめまして
ワタシも白神こだま酵母で一度失敗して再チャレンジで成功しました。
おいしいパンが焼けるといいですね。
また時々寄らせてもらいます。

Posted by: のの | 2004.06.19 at 07:18 PM

ごめんなさーい。昨日は記事を早読みして「焼けると」と書いてしまいましたが「焼けていた」のでしたね。早とちりですみません(汗)
こだま酵母溶かなくても焼けるんですね。今度試してみようっと
ワタシも生地の甘味とかわからんかったです。香りも「パンの匂い~」って思っただけで。
まだまだ修行が足らないのでしょうか?
それではまた~。失礼しました。

Posted by: のの | 2004.06.20 at 08:01 AM

ののさん、こんにちわ。
コメント、ありがとうございました。
ホントははるゆたかonlyで焼きたいんで、今回のはズルです(^^;。
こだま酵母、あちこち見て回ったところ溶かなくても大丈夫みたいなんですが(私も溶かずに焼けた)、販売元さんが言うには、やはり溶いた方が本来の力が出るらしいです。私も次は溶いて混ぜてみるつもりです。
天然酵母だと生地が甘いとか香りが違うとか聞くんですが、私の鼻と舌は相当おばかさんみたいで、あんまり違いがわかんないんです。ネコに小判?

Posted by: きいろ | 2004.06.21 at 05:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/785918

Listed below are links to weblogs that reference れっつ、リベンジ:

« ある種、夢の共演 | Main | ありがたいような、ありがたくないような »