« ごはんですよ! | Main | 腹が立つかもー!!! »

2004.06.02

「ビッグ・フィッシュ」、見ました。

 このところ凝った画面作り以外の評価が今ひとつだったティム・バートン、「一般の人も感動できる!」(笑)という不思議な評判の新作「ビッグ・フィッシュ」を見てきました。
 絵作りはまさしくティム・バートン。作り物ちっくな街、キッチュなサーカス、CGのつるんとした感触とは違う少しチープっぽい特撮。マッドな雰囲気の詩人、フリークスめいた双子の姉妹、そういう「らしい」アイテムをちりばめつつ、でも確かにフツーの人の好みにもきっと合うだろうと思えるのは、父子の話だからですかねえ。昔のティム・バートン作品が好きだった人には、日和りやがってーと感じる人もいるかもー。作家には転機というものがあるのよ、きっと。(それでも彼女は金髪美人で、あえなく撃沈される恋のライバルはマッチョな脳みそ筋肉くんであり続けるのね)
 見終わって、こういう葬式できる人生っていいなと思いました。(あのシーンは泣くでしょー)
 会社帰りに見る映画、翌日も出社の日に持ち重りのする内容はいやんだという向きにはなかなかいい選択じゃないかと。
 見に行ったのがレディスデーだったんで観客の90%が女性だったけど、父と息子の和解の物語なんだから、年代を問わず男性の方がしみじみできそうな気がします。
 ただ、若い頃はユアン・マクレガーだったかもしれないけど、老年期には年相応に太って髪ぽよぽよのアルバート・フィニーになっちゃったお父さんを深く深く愛しているジェシカ・ラングの母を見ると、「俺が死ぬとき、ヨメさんはこんなにも悼んでくれるだろうか?」と不安になるかもしれません(爆)。

 ところでチケット売り場に行ったら「セカチュー」(<とんでもない略称だからあえて採用)二館でやってるし、早い回はもう満席とか言ってるし、ほんとに集客いいんでびっくりした。

|

« ごはんですよ! | Main | 腹が立つかもー!!! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/732869

Listed below are links to weblogs that reference 「ビッグ・フィッシュ」、見ました。:

« ごはんですよ! | Main | 腹が立つかもー!!! »