« と言われれば、ハマるはずもなく | Main | すいません »

2004.08.24

ある意味、怖いもの見たさ

 土曜の深夜(11:00は平均的には深夜スタート時間と思われ)に放送している香取慎吾presents「Sma STATION」は、フトコロが広いかもしれない番組だなあと思う。去年の年末、明らかすぎる他社(?)番組「新選組!」の特集を延々とやっていた。香取慎吾主演だから、という理由はあろうけど、でも普通別の局の番組をここまで大々的に特集したりしないだろ?
 その「スマステ」で先週取り上げてたのが「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」。確かフジテレビ製作のはずだが、テレ朝で宣伝めいた取り上げ方していいんだろうか。香取慎吾が出てればなんでもいいのか?
 ともかく。企画を聞いて近年最も「どういうつもりやねん?」と首をひねった実写版ハットリくん。だって、なんでハットリくんが香取慎吾。でかっ。しかも本気でほっぺに赤い渦巻きつけてるし。子どもにとっては理解できない、親近感よりある種の不気味さを感じそうな、香取慎吾ファンなら「なんでこれー(涙)」とむしろ憤慨しそうなビジュアル。せっかく大河主役なんて年配にも通りがいい肩書きがついたのに、わざわざ身体を張って笑いを取りに行かなくても。
 これは何?どーゆーマーケットに向けた映画なの?子ども向きではなさげだし、もしや大人向きのおバカ映画系?(にしては、ヒロイン役に田中麗奈とかもってきたりな)「ゼブラーマン」とか、そっち方面系?(「ゼブラーマン」見てないけど)
 どう考えてもキワーさがにおい立つこの映画、しかし、「スマステ」で見る限りでは、画面が無駄にかっこいいんです。このキャラで、なぜこの絵作り。
 あー、気になるー。みょーに気になるー。「前田有一の超映画批評」では「LOVERS」よりも高得点であるにも関わらず「今週のダメダメ」としてしっかりプッシュされてるが、一目見てダメ度はわかりきってるから、いっそ安心してバカ映画として見に行ってみようかしら。<行くのかよ!<それより、終わる前に「スチームボーイ」見ろよ!

 でも、ある世代にとっては初のハットリくん体験は実写版だったやもしれず。

|

« と言われれば、ハマるはずもなく | Main | すいません »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

そう。
私に取ってのハットリくんは能面をかぶって、喋っているのに口も動かない薄暗がりでは会いたくない人物だったのです。
不気味だったなぁ。今考えると。

Posted by: marumasa | 2004.08.26 at 04:05 PM

どもです>marumasaさん。
去年から来年くらいまで、マンガやアニメのリメイクというか、かなりの確率で実写化がされてて、それに対しては概ねキツめの評価が出てますよね。確かに、元マンガのファンとして「ちょっとなー」な気持ちになる出来のものもあるけど。
昭和30年代ごろの強引な実写化に比べたら、かなーりましな出来ですよね。ハットリくんもだけど、鉄腕アトムの肉じゅばんに顔出しとか、ちっちゃくてスクラップみたいな情けなさの鉄人28号とか、当時のお子さま達はどう感じたのかしら?と心配になったものです。(さすがに本放送では見てません(^_^;)。「懐かしのTV番組」などの特番で数シーン見ただけで)

Posted by: きいろ | 2004.08.27 at 12:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/1268956

Listed below are links to weblogs that reference ある意味、怖いもの見たさ:

« と言われれば、ハマるはずもなく | Main | すいません »