« 手軽に出版? | Main | いいことなんだけど »

2004.09.15

たまには難しいことも考える

 池田小事件のニュースで、考える。本当に難しいところはとても無理だから、私でもにじり寄れる(と思われる)あたりで考える。
 人間って、やっぱり教育が大切なんだなあと。おべんきょ、だけじゃなくて、しつけとか情操とか、そういうところ。学問じゃなくて、生活していくための知恵、みたいなもの。そういうものを身につけないまま大人になると、本人も不幸だし、想像もつかないほど広範囲の周囲にとっての不幸にもなる。
 自分が唯一無二にたいせつな、かけがえのない個人だとしたら、他の全ての人もそうだということ。どうしても譲れない、自分の意志があるとしたら、自分以外の人にも自分とは違う意思があるのだと慮ること。相手のやり方が理不尽だと感じる、自分のやり方も他人にとっては暴虐なものである可能性があること。
  自分を伝える努力をすること。適切な我慢をすること。様々な可能性(いいものも悪いものも)を想像すること。
 大人が子どもにしてあげなきゃならないことは、何よりしつけと情操教育(オンガクとかブンガクとかに行く前の、基礎のとこです)。自分と他人と世界を、等価に捉えて大事に思う心を身につけること。後、品性。そういうのがないと、人生どんどんつらくなるなあと思った。「謝る」という行為が思いつかないほど、水気のない脳みそで生きていかなきゃならない。
 だから、その。学校に何もかもおまかせは、無理だと思うんですよ。語るものがなくても、血を吐く思いで見栄はって、ご家庭で「正しさ」や「やさしさ」を説いてください。負け犬からのお願いです。

|

« 手軽に出版? | Main | いいことなんだけど »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/1442259

Listed below are links to weblogs that reference たまには難しいことも考える:

« 手軽に出版? | Main | いいことなんだけど »