« なんちゅー有休 | Main | 「SAMURAI7」、見ました »

2004.10.01

「スウィング・ガールズ」、見ました

 ↓のような事情でぽかんと時間が開いたので、映画の日ってこともあり、「スウィング・ガールズ」を見に行きました。平日で昼だからすかすか。かなりいい席が取れてごきげん。タリーズでマロンラテなど買い、「ローレライ」の予告編も見られました。(樋口さん、これからCGがすがすいじりますよねー?)満足ー。
 って、映画のほうですか?むう。やっぱり「ウォーター・ボーイズ」に比べると、ちょっと出来がよくないんですわ。楽しいのは楽しいんだけど、細々したエピソードがうまく生きてない、本筋に絡んで機能してないっていうか。今回ばかりは竹中直人も蚊帳の外気味。
 そもそもこの映画には本筋と言えるほどのかちっとした筋がない。やる気なーいダレた女子高生が偶然ジャズを始めて、自分でも意外なことに好きになって、演奏が楽しくなって、地方都市の音楽祭ながら、舞台で仲間と演奏を披露する機会を得る、というのは筋と言えば筋だけど、二時間を牽引していくにはちょっとオーソドックスすぎるでしょ?それに、この映画の登場人物たちはコメディ仕立てなもんで葛藤したり衝突したりしないから、この筋だけではヨワいんです。
 「ウォーター・ボーイズ」だと、友達同士の対立とか、弱気な妻夫木くんの葛藤とか、彼女とのやりとりとか、終盤に向けてまとまっていく要素がぽちぽちあったんだけど、「スウィング・ガールス」にはまとめになるエピソードがほとんどない。友情やら恋愛やらの盛り上がりどころになりそうなネタがない。こう感じるのは、私が女だからかな。女の子の青春グラフィティ的な要素が足りないのがちょっとさみしい。
 それは純粋に「少しずつうまくなっていくこの子達の演奏を聞いてくれ」って意思ゆえの作りかもしれないけど。
 というわけで、演奏はぐいぐい上達していきます。全然できない人たちを集めたとは思えないほどに。こういうのって、うまくなってるのが自分でもわかるし、うまくなったら演奏するのが楽しくなるだろうし、その楽しい気分は後半の画面に出てきてる気はする。
 うーん、もうちょいかな。次回作に期待しますー。

|

« なんちゅー有休 | Main | 「SAMURAI7」、見ました »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/1591245

Listed below are links to weblogs that reference 「スウィング・ガールズ」、見ました:

« なんちゅー有休 | Main | 「SAMURAI7」、見ました »