« 読めないドラマ(こうさぎ) | Main | 今週の流刑地・ビッグツー! »

2005.01.07

今週の流刑地・ビッグワン!

 年始に出勤してみたら、元日分を除き日経新聞が残ってました。ちっ。
 あればなんとなくチェックしておかなければならない気がしてしまうのはどうしたもんだか>「愛の流刑地」。今年も時には血圧高くしながらも、基本的には生ぬるく流刑地ウォッチャーをやっていきます。
 …いくのか?>自分。(ちょっと脱力)
 そんなわけで、12/29~1/7までの長期分を押さえるため、今回はかなり長めです。その上二回に分載です(長過ぎなんで)。興味のない方はレッツ・スルー。
 ※本編の筋に関しては、たいへん魅力的なまとめblogがありますのでそちらをご覧ください。私がやってるのはツッコミだけです。

 去年の年末、物語的にはクリスマスシーズンに行きつけのバーにて落ち合ったきくぢと若い「恋人」の由紀。お互い冷めてるなーと自覚しつつ、由紀は気が向いたときに預かった鍵できくぢ宅を訪れていたそうな。
 えー?家で会うだけー?冷めてるなら余計に外で会わない?二人っきりで家の中なんて間が持たないのでは。ただもう二人でいさえすれば楽しいって時期なら、家にこもって過ごすのも「それはそれでよし!」だけど、「私たち、なんで会ってるのかしら?」なんて根源的な問いを抱えた状態で、ホームシアターも深い思索を与える蔵書もなさそうなきくぢ宅に二人きりなんて煮詰まるだけだわ。
 ってゆーか、ここに書かれた記述から読み取るに、私にはこの二人が「恋人」には見えません。「菊治さんにはよくしてもらったわ」という由紀の物言い。経済的に苦しいきくぢにはたまにこづかいを与えるくらいしか、由紀にできることはなかったって。
 そりゃー「愛人」ですよ!一昔前の。恋人じゃないです。恋人同士なら、年甲斐もないと笑い合いながらファストフードのハンバーガーをほおばれるものです。
 きくぢのことだから、由紀が家に尋ねてきたからとてすることしてただけでしょうが。お互いの何気ない生活を少しお酒でも飲みながら話して「ふふ、気が晴れたわ。じゃあね」なんて彼女に言わせて何もなしに帰らせるなんて度量、ないでしょうが。(私的には年上男の優しさとはこういうものだと思うのですが)
 そんな、結婚以前に「二人でいる充実感」すら与えられない中年男に愛想尽かすのに二年もかかる由紀ちゃん。事実上家庭内離婚のきくぢでは不倫のスリルで引っ張ることもできないだろうに、結婚する気もないきくぢに見切りつけるのに時間かかりすぎです。(私は不倫を推奨するものではありません。物語的な説得力としてどう?って話です)
 それでも、ちゃんと平行して安パイ君をGETしていたのは「でかした」と言えるでしょう。しばらく前から付き合っていた年下の同僚と結婚するという由紀はきくぢの部屋の鍵を返す。別に返さんでもと言わんばかりのきくぢの厚かましさに脱帽です。どうも現在既婚の冬香とえっち可能なもんだから、「彼が好き」だからではなく「そろそろ結婚しなきゃいけないから」あまり好みではない年下の男を選んだ由紀とは、ソッチの付き合いは継続できるとでも思っていた模様。ってーことは二股かけたら冬香にすまんって気はこれっぽっちもないわけだ、そーなんだ。
 あっちでもこっちでもする気なら、なおさらつけるものつけろ!もう脳まで梅毒に冒されているのか?きくぢよ。
 ではなくて。私は渡辺センセが「大人の純愛」を読ませてくれるというから文句垂れつつもお付き合いしてるのであって(かなりウソ)。させてくれそう相手はナンボでも確保的な思考回路に「純愛」という言葉を当てはめるのは、私の価値観ではムリがありすぎです。「これが男の素直な感覚だよ」とか丸め込みにかかられそうですが、素直言うから純真っぽく聞こえるけど単に本能丸出しなだけちゃうの。自分の欲望に素直であることがよしとされるなら、先日の幼女誘拐・殺人犯だって正当化されてしまう。それでええんですか?渡辺センセ。
 由紀との別れ話は修羅場ることなくあっさり終了。斜視なところが愛らしそうとかって、またもや「与しやすし」感だけで由紀と付き合ってみたものの、内面はしっかり、むしろしたたかさですらある由紀は、所詮きくぢの歯が立つ相手じゃありません。弱い相手にしかそそられないっぽいきくぢには、去られる寂しさ以上の由紀への思い入れはないようです。

 こんなところで大晦日か。しょぼい気分の年の瀬だな。
 それにしても、この由紀って若い女が出て来て引っ込んでいった意味はなんなんだろう。物語におけるキャラの役割が見えてこない。きくぢが今まで女日照りではなかった証拠?若い娘ともちゃんとやっていけるんだぞって見栄?そのくらいなんだろうなあ。
 まさかとは思うけど、きくぢに感情移入してこの妄想ワールドをリアルと感じてる男性がいないことを切に切に願います。こんなん実践したら、普通の女性からは総スカン食いますぜ。

|

« 読めないドラマ(こうさぎ) | Main | 今週の流刑地・ビッグツー! »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/2499803

Listed below are links to weblogs that reference 今週の流刑地・ビッグワン!:

« 読めないドラマ(こうさぎ) | Main | 今週の流刑地・ビッグツー! »