« 読めないドラマ | Main | 押し入れのカオスと戦う »

2005.01.02

実家だからとて

 二日はわたくしの里に移動。ほんとは義弟とお出かけする予定だった相方が風邪に倒れたので、予定変更して昼頃に到着。義弟がうちのカレーの王子様を里に連れてきてくれたので、二日ぶりにアインのでれえへ顔とご対面です。なんだかなー。こいつのユル顔はいつまで経っても子どもくさいなあ。外向きの服ではこいつと遊べないので、速攻着替え。義弟が出かけてしまって心細かったのか、「ひゅーんひゅーん」とアマエタな声でくっついてくるアインなのであった。なんかなー。よそのコーギーもこんなアマエタなんでしょうか。
 ゆるゆるの部屋着に着替えたところで、忘れないうちにおかんに依頼されたビーズ細工をお渡しする。色併せに苦労したんで、満足していただけて一安心。できなかった。「実はね。これ頼んだ以外の友達がなんにもなしじゃかわいそうな気がして。これよりシンプルなデザインでいいから、あと三つ欲しいんだけど」。ままん。わたしゃー、いったい何個指輪を編めばいいのかね。しかも友達用にと頼まれて作った黒い指輪を「これもいいわね。今度作って」とか言うし!
 …材料代いただけるなら作りますが。いい材料使えるのは、単純に楽しいから。
 実は父が日経新聞をとっていたので、もしかするとここで「愛ルケ」と遭遇するかと半ば緊張してましたが(笑)、最近新聞二紙を全部読み通すのはしんどくなったそうで購読中止しておられました。経済記事は「ワールドビジネスサテライト」でカバーしてるんだそうです。残念な気持ちがゼロではなかったけど(我ながら人が良すぎだ)、あんなセクハラ小説に実の父母がお金払ったりあの内容に目を汚されたりするよりはずっとよかったな、と。

 せっかく着替えたのだが、昨日は一社にしか詣ってないんで犬も連れて近所の神社に行く。昨日・一昨日の寒さはどこへやら、えらく暖かくて犬にとっても散歩日和。参道ではロン毛のダックス数匹に会った。そういえば昨日もロン毛のダックス・洋服着用に会ったな。この辺はまだダックス全盛なんでしょうか。出店でカルメ焼きを買おうと思っていたのに、綿菓子と回転焼きとたこ焼きとフライドポテトの店しか出てない!あと、梅が枝餅。綿菓子以外は普段でも買えるやん。出店ならではのものを売っててくれなきゃ困るよ。買う気満々だったから、がっかりでした。
 前にも増して閉店・更地の増えた道をてれてれ帰ってきて、またもや部屋着に着替え、今度こそだらけモードに突入!しようとしたわたくしを、おかんがおいでおいでと手招きする。子ども部屋の押し入れを片づけて欲しいの。できれば半分空けて欲しいの。お客様用の布団を入れたいから。明日帰るまでにね。
 ま。まぢですか。あそこは三姉妹の過去が封印された禁断の洞窟ですよ。それに、しまってあるのは私の管理物だけじゃないんですけど。
 いい加減だれっと過ごしたいわたくし、大仕事になるのはわかりきっていたんで必死に抵抗してみたものの、おかんは譲る気配なし。やだーやだー。あんなめんどなものに手をつけたら、丸一日はつぶれてしまうわ。
 一応聞いた振りをして、だらだらと手をつけぬままに夜。妹と姪が柴犬の烈と一緒に到着し、帰ってきた義弟も含めると人七人・犬二匹の大所帯に。この混乱を隠れ蓑に、今日はもう押し入れの掃除はなかったことにする。少なくとも私だけは。だって、こないだmakiさんが帰ってきたとき、あの押し入れで何かが死んでたって言ってたんだもんよ。この辺、まだイタチいるし、ネズミだっていそうだし、何か死んでる可能性はあってしまうのだ。怖くて開けられないよ。そんなとこ。

 私の実家にはパソがありネットにもつながっているのだけど、結局機動せずじまい。寝る前に京ぽんで「ほぼ日」や「デイリーポータルZ」を読んでお茶を濁す。(TVガイドを読み損なってイタい目にあったもんで)スモールスクリーンモードでもテキストサイトは結構読みやすい。電車に乗るときヒマがつぶれなかったら、これからはスモールスクリーンモードを使おう。(フルスクリーンは表示が遅くていらいらした)
 問題は、走ってる最中はPHSはつながらないってことだな(涙)。

|

« 読めないドラマ | Main | 押し入れのカオスと戦う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/2490288

Listed below are links to weblogs that reference 実家だからとて:

« 読めないドラマ | Main | 押し入れのカオスと戦う »