« 実家だからとて | Main | まずは年賀状から »

2005.01.03

押し入れのカオスと戦う

 昨日はなんとかごまかしたものの、ついにおかんの追求にあい押し入れの中身と対面することに。高校か、せいぜい大学以前のアレやらコレやらが入ってるはずだけど、何を詰めたかもう憶えてない。
 以前に、何か死んでたらどうしよう!(大泣)
 幸い、布団収納用に空けた下段には死体らしきものはありませんでした。よかったよぅ。
 押し入れでまず目にはいるのはプラモの箱ですが(イデオンとか)、これは私んじゃない。古い「OUT」が一括りとか、明らかに同人誌とかも出てくるけど、これも個人で処分判断できないものだったり私のじゃなかったり。段ボールを引っ張り出して開けてみると、一瞬誰の所持品か判断に苦しむほどどれもアレまみれなのが我ながら恐ろしい。
 結局自分の荷物のほとんどが大学までの雑物と判明。通信簿とか学生手帳とかは惜しみなく捨てるけど、卒業文集やクラブの部誌なんかはちょっと悩む。ってーか、このころの自分の、あまりのいわゆるDQNぶりにうんざりする。そんなんじゃ友達できないよ!>きいろちゃん。あふれる自己チューオーラをなんとかしろ!と、当時の自分に駆け寄って小一時間ほど(以下略)。
 しかし、そんな自分の過去を隠蔽するのも卑怯な気がしたので、この辺全部保存。自分がおっきく見えそうになったら、納めた段ボールを拝んで戒めよう。あのころ友達だった皆さんの、心の広さに感謝。
 他には幼いみぎりの落書きの山、お子様妄想のパクり小説もどきなどが続々と出てきて、お札として取っておくにも膨大すぎるのでこれらは全部廃棄。中はざっと改めるだけで廃棄。こんなヲ臭だだ漏れの妄想ノートを大量保存してどうするつもりだったのか>高校生の自分。まだ近過去だったから決別する踏ん切りがつかなかったのか。
 自家生産物は結構あっさり葬れるんだが、当時の収集物はなんとなく決心がつかない。当時の女の子の定番、「りぼん」の付録とか。「冒険王」の連載マンガの切り取りとか。逡巡してても仕方ないんで、これらも今入手が困難そうなものを除き廃棄。<全部捨てるんじゃないんかい。
 掘り出してると「東映アニメーションファンクラブ」とか「日本アニメクラブ」とかの会報がざくざく出てきて、当時の自分の裕福さにめまいがしてくる。「東映動画長編アニメ大全集」や「宮崎駿・大塚康生の世界」なんて、どうやって金工面して買ったんだ>自分。
 …お年玉全突っこみか?
 こんな幼少時を送った自分が、今更何を悔い改めても他の趣味嗜好に移れるはずないよなあ。と、ゴミの山を前に脱力&ため息。自分の業の深さと(わかっちゃいたけど)向き合う半日でした。
 私もみんなと一緒にWOWOWで「ロード・オブ・ザリング 王の帰還<<吹き替え版>>」を見たかったよ…。

 開けた荷物の中に未開封に近いおみやげ物が詰め込まれたものがあって、こればかりは右から左にゴミ箱行きにできず、おかんに丸投げしました。親戚の方などから旅行のおみやげにもらったもので、当時の自分にとっても趣味に合わず宙に浮いたものの模様。しかたないよー。中高生に鼈甲のブローチや大島紬の小銭入れは渋すぎです。

|

« 実家だからとて | Main | まずは年賀状から »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/2499753

Listed below are links to weblogs that reference 押し入れのカオスと戦う:

« 実家だからとて | Main | まずは年賀状から »