« 西の芸人 | Main | 響きがなー »

2005.02.16

さよなら、Nifty-serve

 ちょびちょびと噂は聞いていましたが、Niftyが本格的にNifty-serve時代のサービスを終了するとのアナウンスを出しました。去年の夏あたりからtelnet経由のフォーラムサービスの巡回がうまくいかなくなって、通い先のpatioの情報が落とせなくなって悩んでたんですが、悩むまでもなくサービスの方が終わってしまうんだなあ。
 Niftyに入ったのっていつ頃だったろう。十年くらい前か?そう思うとパソコン通信って十年一昔前の技術なんですね。ちょうどパソ通が最全盛を迎えてたころだったと思います。「ときめきメモリアル」の会議室で512件の書き込み領域が瞬間消費されてた(今で言う2ちゃんのスレがどんどん消費されていく感じ?)って話で、様々な流行廃りが通信環境から生み出されつつある時代でした。
 自分でもなんでだかわからんのですが、始めた当初すごくおもしろかった。あっという間にハマった。四六時中アクセスしたくなってた。今のネットみたいなつなぎ放題な料金システムはなく、かろうじてテレホーダイが使える程度の時代。みかか代万単位の強者が大量排出されて、そのためだけにISDNに切り替えた人が出たほど。あれと初期のインターネットがISDNの最後の打ち上げ花火だったなあ。私もほんの一時期みかかに万払ったことがありましたが(爆)、サイフの流血に致死寸前になったので、速攻でテレホーダイに移りました。テキストデータonlyだったとは言え、モデムが34とか56で大混雑のテレホに割り込むと著しく速度低。どころか、接続はじかれること多々。それでも意地になって接続リトライを繰り返したものでした。
 いやー、何やってたんだかねー。あのころは若かった(笑)。
 Niftyで知り合い、その後ネットに移ってから疎遠になった方々とmixiで再会したころにNifty-serveのサービス終了。何か巡り合わせみたいなものを感じます。

 Niftyには、直接顔を合わせるわけじゃない人とテキストだけのおつき合いをするマナーを教えてもらいました。面倒見のいい方が必ずフォーラムに何人かおられて、厳しく優しく指導してくださったんですよね。えらい手間暇だったと思います。お世話になった方、迷惑かけた方、どうもありがとうございました、とここで密かに言っておこう。
 しかし、これで完全にNiftyの契約残してる意味がなくなってきたなあ。あ、ココログがあるか。でも、プラスとかにしちゃうと、@niftyの会員でも有料だしなー。基本料金の月250円分安いと言えるのかしら?

|

« 西の芸人 | Main | 響きがなー »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/2970932

Listed below are links to weblogs that reference さよなら、Nifty-serve:

« 西の芸人 | Main | 響きがなー »