« さよなら、Nifty-serve | Main | 違うんじゃなーい? »

2005.02.16

響きがなー

 「ふくや」と言えば、福岡でも老舗の辛子めんたいこ屋、自称元祖(信憑性はかなり高いようですが、いかんせん元祖を名乗るところが多くて検証できず)の店です。基本的には直営店と通販のみでデパートや土産物店などへの卸売りはしません。売ってるけど、あれは直営店から買ったのを転売してるので、確か直営店より利益上乗せして割高になってるはず。(と昔聞きました。今はどうなんだ?自分では買わないからわからない)
 地元民なのにろくに食べない明太子。わたくし、ナマの魚の卵はだめなんです。調味液につけ込んであっても。タラコスパがかろうじて食べられるのは、あれは火が通ってるから。椒房庵のめんたいせんべいは好き。坂角のゆかりせんべいのめんたい版みたいな味わいです。辛味もほどほどでおいしい。
 って、めんたい談義をしようとしたのではなく。その「ふくや」がめんたいこを漬け込んだ後の調味液を再利用してめんたい味のポテトチップスを作り、主に業務用として飲食店などに卸してる、という記事を読みました。液使ってるだけなのに「めんたい味」は詐称では?と思いましたが、漬けてたときに明太の風味も移ってるかもね。
 でもねえ。「液の再利用」って響きがなんとなくよろしくなく感じる私です。「工場廃液」とかって言葉を刷り込まれた世代だからでしょうか。別に廃棄物ってわけじゃないだろうに。(以前は有償で廃棄してたようだが)

|

« さよなら、Nifty-serve | Main | 違うんじゃなーい? »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

Comments

坂角のゆかり・・・地元です!

「ふくや」のメンタイコも好物です。
以前、会社の福岡の人間と等価交換をしていたりして・・・

尚、「ゆかり」は高いので、地元では、ゆかりの「われせん」が人気でした。要は姿形が歪な規格外品。
弱小企業だった頃は、しっかり売っていたのに・・・
この頃は中々お目に掛かれません。

Posted by: まりパパ | 2005.02.19 at 03:05 AM

「もち吉」のわれせんもたいへんお買い得です。味には全然問題なし。

Posted by: きいろ | 2005.02.23 at 12:59 AM

ふくやがやっているプロ向け食材販売スーパー「百旬館」というのが福岡にありますが
ここの店内にはおかず量り売りの店「ほていDON」があり、そこのおかずの中には「ふくや」で漬けた辛子明太子の液を利用し、鮭の切り身をその中に漬けて焼いたものが売ってあります。(この鮭切り身の他にもあと一品確か「液利用」の商品があったと記憶していますが、素材が何だったかをちょっと思い出せません。)
味は辛子明太子味、けっこうピリ辛でしょっぱいです

Posted by: 純華 | 2005.06.19 at 01:57 AM

「百旬館」、知ってます。渡辺どおり沿いのスーパーですね。ちょっと場所が半端なので、行ったことはないのですが。
シャケの切り身が明太子味...。これは一粒で二度おいしいと言ってよいのかどうか。塩に浸けるより風味が増すと考えたらいいのでしょうか。

Posted by: きいろ | 2005.06.27 at 12:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/2970955

Listed below are links to weblogs that reference 響きがなー:

« さよなら、Nifty-serve | Main | 違うんじゃなーい? »