« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.31

こんなところで提案なんだが

Amazon.co.jp: 本: うさこちゃんのおたんじょうびぷれぜんとごじゅう

 別途、はるるの入学祝いに「うさこちゃんのおたんじょうびぷれぜんとごじゅう あそびのこばこ」を送りたいのだがどうだね?>あやちさん。
 物そのものがカワイくてで「欲しい!」欲を刺激するんだけど、家には向かない気がするのだ。私の近辺で一番なじみのよさそうなあやち家にお送りするのがよいのではないかと。「うさこちゃんのたんじょうび」大判は、はるにはもう物足りないかもしれないけど、ディック・ブルーナですから!インテリアとして置いてもいいじゃないですか、だめですか?
 まじめにぽちっと押す直前まで来てますよ。うん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

すごい家族

 「スウィング・ガールズ」関口ちゃん主演のNHKの新朝の連ドラ「ファイト」。今回も時計代わりのTV眺めるついでにチラ見をしておりますが。
 ヒロイン(の役者)が17才と若いのでお父さんとお母さんも若い。緒方直人と酒井法子ですもん。おねさま、早くも高校生の娘持ちですか。その上、酒井法子母のお友だちが川原亜矢子。二人で語らうシーンはとても普通のご家庭のリビングには見えません。おしゃれすぎ。華やかすぎ。容姿に恵まれない思春期の娘だったら、ハハたちの集う部屋にはいたくないかもしれません(笑)。
 このドラマ、今後父の町工場(あの自宅の雰囲気から職業「町工場経営者」がイメージできない)がつぶれ、一家離散という暗い展開になるそうですが、今の画面の雰囲気からはとても想像できず。ノリぴーに貧しさなどなじむのか?貧しくはならんのか?

 ししし。しまった、OPに西原理恵子のイラストなんか使っていたのか!<始まって四日経つのに一度も見てない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.30

平積めるか?

 NHKでやってる「週刊ブックレビュー」は「バッテリー」完結記念であさのあつこさんを特集してたりして、たまにチェックするとおもしろいけど地味。元々の本好き以外にはちょっと敷居が高いかなと思う。でも、NHKは本に関する番組を増やしたかったようで、むりくりな企画で普段本となじみの薄い層を取り込む番組を考案しました。それが「名作平積み大作戦」。毎回あるテーマを設け、それに興味のある一般視聴者50人をスタジオに呼び、作家・タレントその他のプレゼンターの皆さんがテーマと縁がありそうな古今東西の名作のあらすじ・読みどころなどを紹介。はたして50人中どれくらいが名作を読んでみる気になるでしょう?その結果を見て、実際の書店員の方がこれは!と思った名作を平積みしてみる。はたして名作はどのくらい売れるでしょう?
 というエンタメ仕立ての読書番組。NHKだからやっぱ地味ですが、対戦形式を導入した分「週刊ブックレビュー」よりは取っつきやすい。かも。
 初回は「電車男」を楽しく読んだ皆さんに、高橋源一郎が武者小路実篤の「友情」を、松尾貴史がスタンダールの「赤と黒」をお勧め!てーか、どっちも読んだことないぞ!>自分(爆)。

 「友情」は、あらすじはこっちを読んでいただくとして。同人誌に三角関係(?)のうちの二人が気持ちを確かめ合う往復書簡を載せるという手法が今のネットの掲示板的、と紹介。告白者こそが恋愛小説の主人公と考えると、物語の真の主人公は杉子である!と断言。なかなかうまいなー。でも、杉子、電車になぞらえるには美人だし。男二人に思われるわけだし。
 「赤と黒」のあらすじはwikipediaにて。前半は才能と美貌には恵まれたものの実戦経験がないジュリアン・ソレルの妄想の広がりぶりと恋愛局面でのいざというときの奥手っぷりを電車になぞらえ、野心のままに突き進む後半は「白い巨塔」の財前教授のようとこれもうまい訴求。
 二人が作ったそれぞれの本向きのポップもよく出来な感じ。
 どちらもお客様方は半数以上が「読んでみたい」と回答し、無事書店で平積みになりました。結果、一週間で数冊ずつ売れたそうで、今時としてはよく動いた方の模様。私もなんとなく読んでみたい気持ちになってました。

 けっこうおもしろいかも。来週はセレブにあこがれる皆様に「金色夜叉」と「華麗なるギャツビー」をお勧めするそうです。どうなることやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

押さえとこうかしら

Amazon.co.jp: DVD: スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー プレミアム・エディション

 きっとごく一部のスキモノ&いるかどうかわからんジュード・ロウファンしか買わないであろう(出番少ないがジョリ姐ファンも?)「スカイ・キャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」のDVDが5月25日発売。洋画のDVDってぼーっとしてるとあっという間に1,999円とかになってしまうんで、出た→買ったでなくても、しばらくは様子見しててもいいような気がするですが。
 人以外全てが作り物のこの映画のメイキングがどかんとついてるプレミアムエディション、なかなか魅力的。ジュード・ロウその他がホレこんで大作化をバックアップする要因になったというパイロット版も収録されてると言うし。廉価になってもおまけディスクはついてこないわけだしー。洋画のDVDだから、おまけ付きでも四千円を切っている。たくさん作りそうもないし、押さえとこうかな。
 なんでか好きなんですよ、このおバカ映画。客観的評価はまるっきり低いのわかってますけど。でも好きなの。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岡本太郎による鯉のぼり

 エキニューのコネタに写真が載ってました。「モーレツ!オトナ帝国」にちなんだわけじゃありませんが、岡本太郎氏がデザインした鯉のぼりがあるそうです。
 …鯉?金目鯛の間違いでは?
 こういうバランスの別のキャラものを見たような気がしてしょうがない。特に小さい方。
 …日テレのミドリブタ?<違います。「なんだろう」です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アニメ夜話をだらだら鑑賞中

 「エヴァ」はよく一時間で着地させたなあ。相当編集してあると思うけど、話がどこに散らかっていってもおかしくない作品だけに、見終わって一応「まとまった」感のある番組になってるのは豪腕です。十年経ってもいろいろ言える人が結構いるってのは、作品にポテンシャルがあるからでしょう。ただ、あれはやっぱ1990年代の空気を含んでるところが多いから、今初めて見た人がどう感じるのかリアル体験組にはよくわからない。
 「オトナ帝国」は語るだけで泣けてくるいかん作品ですなー。いろんな映画がありますけど、「子どものいる家族っていいものだな」と一番思うのはしんちゃんの映画見てるときです。ヒロシとみさえはいい夫婦でいいとうちゃんかあちゃんだなあと思います。家族なんてのはつぎはぎだらけのズタボロでも、それぞれによさと味わいがあるんじゃないかなんて妄想抱いてしまいますよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.29

スキムミルクが品切れ

 その後、深く静かに先行していますが、相変わらず我が家のホームベーカリーはちゃんと仕事をしています。使い続けてついに一年と一ヶ月経ちました。先日おかんにそう言ったら、「もういいんじゃない?」とナゾのコメントをいただきました。どうやら周囲がホームベーカリーを買ったけど早々にお蔵入りする人ばかりなので、私が意地で使い続けていると思っていたようなのです。失礼な。手作りというには差し障るほどお手軽だけど、自分チで焼くんだからそれはそれなりにおいしいわけで、無理して続けてるわけじゃないのです。
 で。ホームベーカリーに投入する定番の材料の一つがスキムミルク。ただ、一回10gと少量なせいで影が薄く、気がつくと底を尽きかかっていることが多い。フランスパン風を焼けばなくてもOKなんだけど、五時間かかるもんで。「しまった、明日買わなくちゃ!」になりがち。
 ところが。誰が言ったか、みのもんた?どこでもいいわ、あ、スパスパか?やせるヨーグルトとかいう情報が最近流通したらしく、その材料にスキムミルクが上がったがために突然の品薄(怒)。困るっちゅーねん!
 元々スキムミルクなんて在庫潤沢って商品じゃなさそうだから、店頭から消えたら再供給まで時間がかかりそうだよ。代用品を考えなくては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっちゃったー

 先週末に概ねの地震の後始末も終わり、余震もだいぶ落ち着いて、わたくし、気が緩んでいたことは否めません。備品の損傷も軽微、追加出費もなく、我が家のサイフは赤いなりに安泰です。
 そのようなときにふらへろとamazonを覗きに行きましたらば。なんと絶対値引きはないわ、ポイントバックがせいぜいねと思っていたiPodminiさま4Gモデルが二万円を切っているではないですか!
 ここここ、これは私に買えと!地震大変だったね、後片づけご苦労様と神様が!<そんなことは絶対にありません。
 もちろん、すくにぽちっというわけにはいきません。だって、ブルー.vsグリーンでさんざん悩んで「よっしゃあ、グリーン!」と決心したばっかりだったのに、なぜだかグリーンはブルーよりちょびっと高い。なぜ違う!すでにゴールドから譲歩しておるのに!(<そんな悩みかよ)しかし、限りなくケチくさい私は「差額をケース代にあてたいじゃん」とあっさりブルーに日和ったのであった。ブルーにしても、シルバーやピンクよりはお届け日が遅いのだが。
 ケースはゴミがつくとか汚れるとか不評の嵐の半透明シリコン製にしてみました。がんがん外に連れ出すような使い方をするようだったら、もっと見栄えのいいのを見繕うことにします。
 さあ、iPodちゃんがやってくる一週間後までにがんばってiTuneを鍛えねば。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.28

なんとはない不安

 このところニュースや新聞で見ない日はないよ>ホリエモン。賛否両論のホリエモン手法、門外漢のわたくしはよくわからないまま遠ーいところから眺めてて、「硬直してたとこが変わるのはいいかもしれんが、あんましスマートなやり方じゃないような…」くらいのことを考える緩ーい緩ーいギャラリーでありました。
 でも、たまたま江川紹子さんの「『新聞・テレビを殺します』 ~ライブドアのメディア戦略」を読んで、あんまりゆるゆる考えてちゃいかんような気がしました。このインタビューを読んで思ったのは、ホリエモンの世界はものすごく均質な人たちで構成されてるんだなってこと。価値観や知識のレベルがほぼ同じ人だけがホリエモンワールドの住民なんじゃないかと。他はまあ、商売の時は意識する程度のごちゃっとした固まりなんじゃないかなあ。そんなの、ホリエモンにとっては無意味な愚民かもしれないけど、愚民には愚民の意志や生活があるのです。
 人気だけを尺度にして情報の流通を操作するって聞くと、なんとなく怖くなる。良識とが道徳とか倫理とかってフィルタはいらんのでしょうか?人気があれば、死体モロな写真でも毒物の扱い方でも載せちゃうんでしょうか?道徳や倫理なんて思いこみですか?たいした意味はないですか?でも、ネットってどんどん子どもも入ってきてるのに。ネットに流通する全ての情報に関して、親が常にフィルタになれってことでしょうか?
 誰もが自分で情報の価値を取捨して、その結果を受け止められるってわけじゃない。知識にも得意不得意あるし。
 ホリエモンをメディアの送り手にしちゃっていいの?とぼやーっとした不安に駆られました。こんな風に受け取られるのも、ホリエモンに言わせれば江川さんの情報操作のせいって話になるのかもしらんが。

 建前って、今はマイナスのイメージが強いかもしれないけど、必要なときもあると思う。大人のやせ我慢みたいなのをやらなきゃいけないときもあると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

だから始めろって

 新たにお家でできるお手軽ダイエット情報を聞きました。「踏み台昇降deダイエット」。
 たかが、DVDをセット→出てくる画面に従ってウォーキングすらままならないわたくし(以上、死蔵されているデューク更家のDVDの現状)。出しっぱなしにしている台に上り下りするくらいならできるんじゃないの?ってーか、そのくらいしろ!
 よし、帰ったら通販の箱の高さを測って、踏み台作成だわ。そしてダイエット日記を作るのよ!<日記大事。
 って、ここ数ヶ月言いっぱなしだな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.27

共感しづらいリアル

 相方が「スウィング・ガールズ」のDVDを買ってきた。延々と見ている。オーディオコメンタリーもきっちり見ている。これだけ舐めるように見るなら、買い甲斐もあるってもんだろう。作った皆様も本望かと。(特典映像とか、凝ってますよ。すごく)
 映画としての客観的な出来はともかく、「スウィング・ガールズ」はお気楽に楽しめるええ作品です。ジャズもきらいじゃないし。
 ただ、この映画、個人的に前半はちときつい。というのも、これに出てくる高校生の娘さんたちの言動がなんちゅーか、いやんな方向にリアルだから。がさつでずうずうしくてわがままできまぐれ。とくに鈴木友子の言動たるや、将来この辺が増幅されていわゆる「オバハン」になるのね、って思う。でもこういう心情、かつての自分にも確かにあった。あったけど、「わざわざ直視させんでくれよー。自分でもヤバかったとわかってんだからー」と見なかったことにしたい部分なわけで。おかげさまで、わたしもすくすくとええオバハンになりましたよ…。
 女性が書くと、これに陰湿さというか、ウエット感が加わったリアルになるけど、監督、男ですから。「スウィング・ガールズ」に出てくる女の子たちは限りなくドライです。そのドライさが、がさつ感を増幅。いや、見てたら一人一人にちゃんとかわいらしさがあるんですけどね。
 こういうリアルさはギャルゲの女の子には備わっていないであろう(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

軽くショック

 近所のレンタルCD屋に行ってふらふらと棚を眺めていたら、やたらと見知った人の名が目につくコーナーが。あ、あれもあるんだ、これも出てんだ、へえー、と思い、視線を上げたら「懐かしのJーPOP」と書いてあった。
 そうですか。あの人もこの人ももう懐かしい人なんですね(涙)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.26

「恋文の世紀」

 去年、NHKBSで放送して録画しっぱなしにしていた「恋文の世紀~あの人にこんな恋があった~」を見る。私にしては珍しいもの見てますが、タイトル後半の「あの人にこんな恋があった」の部分に興味があって。へえええーと言えそうな内容かなー、と。<対象がなんであれ、トリビアテイストが好き。
 東西の有名人が残した恋文を朗読劇みたいな形で紹介するという趣向で、取り上げられているのは、1.エディット・ピアフとマルセル・セルダン、2.斎藤茂吉と永井ふさ子、3.アルバート・アインシュタインとミレーバ・マリック、4.ロナルド・レーガンとナンシー、5.チェーホフとオリガ・クニッペルの五組。二人の関係はそれぞれ違い、ピアフと茂吉は不倫、アインシュタインは最初の妻、レーガンは妻、チェーホフも妻なんだがこの二人は別居結婚だったそうで普通の夫婦とちと状況が違う。
 一番感動的なのがピアフとセルダンの恋文で、不倫なんだが二人ともすごく真摯でなんちゅーか、切ない。セルダンは結果奥さんと子ども三人を裏切ることになってるんだが、自分の恋を一方的に正当化はしていない。ピアフも相手の嫁と子どもはどうでもいいとは思っていない。裏切った家族に心を残しつつ、でも気持ちが引かれるのをどうにもできない、社会と自分たちをきちんと認識してるのだ。ピアフはセルダンに出会ったことで、自分に生きていく価値を見出したとまで言ってる。そして、お互いの仕事や精神性を高く評価している。この人たちは恋愛で成長してるのだなあ。どろどろと醜いこともあっただろうけど、「でも、恋愛っていいもんだ!」と思わせる逸話です。途中で相手が急逝してしまったから美しい話で終わったのかもしれんけど。
 斎藤茂吉は養子先の娘を嫁にするのが十代のころから決まってる人生だったせいか、50代で24才の美貌の歌人見習い(?)と大恋愛。奥さんとうまくいってなかったりスキャンダル起こされたりしてて、よけいにのめり込んだのやも。執着心や狭視野っぷりはすでに世間で大家として知られていた人とは思えないけど、恋愛ってそういう側面があるもんですからねえ。でも、ふさ子さんは茂吉と別れた後も生涯独身を通したそうで、若い娘さんの人生に配慮してあげる余裕もほしいかなと思いましたです。
 後、印象に残ったのがレーガンが奥さんに送り続けたラブレター。結婚してからもですよ!しかも、すっごいべったべたの甘甘。「恋愛」や「結婚」に関するとらえ方が欧米と日本では違ってはいるものの、それでも日本のおじさん世代は「古女房にこんな手紙を?」と信じがたい気分になりそう。レーガンさんは十年ほど前にアルツハイマーを発症し、なくなるころには奥さんのこともわからなかったそうだけど、金婚式を迎えた2002年には前もって準備しておいた手紙で妻に感謝を伝えたのだとか。アメリカ人、やるな。奥さんは残されたたくさんの手紙を読み返すことでしあわせな日々を思い出せると言っておられるそうです。レーガン、政治家としてはアレだが、ダンナとしては最強かもしれん。

 メール全盛にシフトした昨今、もう紙に書いた手紙は死滅に向かっているのかもしれないけど、後で読み返して思いにふけれるのは紙の手紙のような気がする。最初からメール世代はそうでもないのかしらん。でも、なかなか相手に届かないまどろっこしさは、あれはあれで風情があったような。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.25

私には行けない

 「愛・地球博」が開幕です。春休みに子連れで行かれる方も多いことでしょう。
 「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」でダダ泣きできる私は、大阪万博の記憶があります。行ってはいないけど。小学館の学習雑誌は全学年口絵で取り上げまくりでしたから、「小学○年生」育ちだったら一年生から刷り込まれまくってるはずなのです。だから遅れてきた世代として「万博」という言葉にヨワい。…かというとそうでもなく。きっとその後の「沖縄海洋博」とか(アクアポリスだっけ、末路が哀れだった)「つくば科学万博」とか「大阪花と緑の博覧会」とか、どれもこれも今ひとつぱっとしない印象というか、ピンと来ませんで。大阪のあの万博は何かしら特別だったんでしょうねえ。なんたって「人類の進歩と調和」です、「1970年のーこんにちわ」ですもん。
 そんなわけで、とっくに万博という言葉にドリーム抱けないスレた大人の私は「愛・地球博」に行く予定はありません。
 もともとありませんでしたが、「ITmedia」のこの記事を読んでますます行く気がなくなりました。もうねー、快適にご飯食べられないなんて最悪。高いのは、許し難いが我慢してもいい。(しなくていいならその方がいい)でも、娯楽として行って極限まで空腹に耐えなきゃいけないなんて絶対ヤダ。しかも会期の後半は夏じゃん。暑くて空腹で行列。他のところに行きますよ、私は。
 ディズニーランドの食環境だって、私はいかがなものかと思ってしまうのです。それを大幅に上回るとなると、考慮の余地もないです。
 もっとも、空腹時の私の不機嫌ぶりを恐れる相方が、死んでも行きたがらないと思いますけども。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

いまさらでごめん

 土日の朝は録画もせずに寝る方針なんで、ただいま人気沸騰中らしい「ケロロ軍曹」すら見たことがないんですわ、私。
 だもんで、もはや去年のハヤリものだった「オンドォル語」が本当はどういうものだったか、はてなダイアリーのキーワードで初めて知りました。最初は「クウガ」のグロンギ語みたいなものかと思っていたら、全然違った…。そんな由緒正しいものじゃなかったんですね。いや、これはこれで大変由緒正しいのかもしれないけど。なんたって衝撃の一話からこうだったわけだから。
 「仮面ライダーブレイド」の主役の滑舌の悪さは妹のなっとさんからも聞いていたし(「ウソダドンドコドン」とか)、まさをさんも放送当時「すごいですよー」と言っていたが、ここまでとは。と、はてなダイアリーの用例集を読んで苦しくなるくらい爆笑。でも、今さらオンドゥル語を確認するためだけに「ブレイド」のDVDを見る気にはなれんなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.24

まじめに大変な記事なんだが

 こんな見出しはいやーん(涙)>Internet Watchの記事。なんちゅー名前のウィルスなんじゃ。人に教えられん。

 ところで、昨日のトリビアのせいで「ニャホニャホタマクローのうた」がぐるぐる回り続けているわたくしですが(誰かたすけてー)、こんな記事を読みました>「きやぶつのうろくた」。(ページ中程の「国際化時代の名前のつけかた」をご参照ください)
 確かに日本人ばかりが「すけふぇにんげん」や「えろまんが島」をわくわく笑っている場合ではありません。磯野カツオ君は今後イタリアに旅することがあるのでしょうか。(たったこの程度のシモなつながりで、この記事は一本化されている)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

吐血。萌え

 家にナマ犬がいるのに。ムービー見たら悶絶しそうになりました>「nintendogs」。(実際に犬と遊んでるゲーム画面はamazonのを参照)「柴&フレンズ」の収録犬種は 、シェットランド・シープドッグ、ウエルシュ・コーギー・P、柴、ミニチュア・ピンシャー、トイ・プードル。うおお、柴&コーギーで高ポイント、流行のトイプー押さえてて、シェルティもいるとなればかなりアタリディスクです!私的には!(いや、ミニチュア・ピンシャーがきらいってわけじゃ)
 って力説してどーするよ。DS買う予定なんかないんだからさ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あてにできない

 例によって体感余震が日に二~三回はあるのだけど、相方に「さっき揺れたよね」とか「○○時ごろのは大きかったよね」と言って同意の返事がもらえたことがない。
 不感症なのか、こいつは。
 犬はもちろん、ぽかーんとしていることが多いので、どっちもこっちもあてにできない。私は自分で自分の身を守るしかないのだ。
 と言いながら、防災袋一つ作ろうとしないわたくし。通帳も健康保険証も年金手帳もばらばらに置いてあるわー。大型余震が来たらどうするんだ>自分。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.23

バンビは男の子なんです

 女の子だと思ってる方が多いようです。子ども時代はまつげつきで異様にかわいらしいせいでしょうか。でも、色指定薄めのガールフレンドがいたりするんです。子どものころ、すでに。ナマイキダー。(ムーミンの、スノークのおじょうさんみたいなものか)
 私が幼少時に好きだった長編アニメ映画で特筆すべきなのが「バンビ」と「太陽の王子ホルスの大冒険」。なぜだかわからんが、好き。でも「長靴をはいた猫」が好きな子どもはあまり違和感ないけど、「ホルス」が大好きな幼稚園児は、今考えると自分でも少し不安。ハチマキ巻いてシュプレヒコール上げるようには育ちませんでしたが。(いたってノンポリです。ってーか、ノンポリってもう死語だよね)
 バンビは幼稚園のころに叔母にお弁当箱をもらい、それはそれは大事に使っていたので母が捨てかね、先日里帰りしたらまだあった。プリントも未だきれい。私が子どものころからいかにナニでアレだったかが偲ばれて、自分でも怖い。
 バンビはその後成長して角つきの立派な雄鹿になるんですが、大人になったといっても鹿は鹿なわけで、それで「森の王者になる」ってあるのかなあ?と、まっさらな子どもでなくなった時期から疑問に感じ始めました。
 森ですから。きっと猛獣はいないんだよね。鹿より凶暴な肉食獣とかも。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

こ。声だけでもOK

 先日行われた「朗読劇 電車男」をbiglobeで無料配信。会員じゃなくても視聴OKとか。
 やたー、やたー、やたー。と万歳三唱を叫ぶのは、朴路美さんの声で電車のダイアログが聞けるから。ああいうもさっと素な感じのセリフを朴さんの声で!狼狽したり、おたおたしたりのニュアンス込みで!萌え。
 とか、「電車男」本編はもはや関係ないほどにわくわくしてしまうのは、ショタの業でしょうか。(たまに「SAMURAI7」見るときも、一番にカツシロウチェック(笑)想像するだけで結構ごろんごろんです。予告編の映像見た感じでは、「朗読劇」というスタイルそのものもなにやらおもしろそげです。あー、28日の本編配信が楽しみー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.22

余震ー(涙)

 ここ数日で一番大きな余震!震度4が出ました。
 心配だ、留守番している犬が心配だ。早く帰りたい(泣)。

 とか泣き言言ってましたが、帰宅してみれば何事もなく。犬も多少は甘えたちゃんになってはいたけど、粗相もせずに留守番してました。⋯こいつ、鈍いのか?
 もうそろそろ余震も落ち着くかと思っていたけど、地球はそんなに甘くない。まだ高いところのものは元には戻すまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

も。もんでんあきこって

 「プレイボーイ」においろけマンガ(<死語な表現)なんか描いてたんだ!>「ワーキンガールH。
 この人、レディースコミック誌で女子プロレスや格闘技をテーマにしたマンガ描いててけっこう好きだったですよ。絵柄もあんまりべったり娘娘してなくて、さばさば系でかっこよかった。
 しかし、考えてみれば昼の連ドラの原作になったマンガも描いてたりしたのだな。守備範囲が広いと言うべきか。むう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

余震がきもいー

 会社では書類を入れるロッカーが一つ倒れてるだけでした。よかった。後かたづけもたいしたことなく、すぐに通常業務入りできました。時計が落ちて止まっちゃったりしてましたが。
 取引先の会社の中には、書庫が全倒れして今日は仕事にならないというところが結構あるらしい。早いところは地震当日から招集かけられてオフィスの片づけをやったとこもあるそうだけど、家がむちゃくちゃな人は免除されたんだよね?
 うちのロッカーを直しに来た業者の人によると、開口部が南北にある収納がやられてるそうな。やっぱり揺れが南北に来たのですね。家の本棚や食器棚はほとんど開口部が東西だったから助かったんだ。今回だけは。

 仕事してると、通りを大型トラックが走るせいか、ビルがびみょーに揺れて気持ち悪いです。きっと何割かは余震だと思うし。
 そしてふと、食器も家具もたいした被害がなかったってことは、未だiPodmini買える経済状態じゃん!と考えている自分の不謹慎さが恐ろしい。(週末は色をどれにするかなんて悩んでる場合じゃなかった)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.21

何考えてんだ?NHK

 世間様からすればかなりゆるめとはいえ、ぼちぼち片づけ作業をしていた午後、珍しく固定電話が鳴る。昨日今日、かかってくるのはもっぱら友人知人からの安否確認の電話なのでとりあえず出ると。
 「○○さまのお宅でしょうか?NHKでございます」「はあ」「先日、ご主人様が衛星放送の契約をしてくださったそうで、お礼の電話でございます」「はあ?」。
 そうだった。こないだ、ついに相方が集金人の追求に負けて、私の留守中に契約してしまったのだった。せめて磯野の横領分、一億円を回収できたら払ってやってもいいと踏ん張ればよかったのに!どうせ受信料なんて、タクシー券とか相見積もとらずに定価で買った物品代とかになってんだから!
 と話を聞いて憤っていた、あのときの感覚が蘇って、私の声はどんどん不機嫌になっていく。
 「あの、ご主人様から聞いてらっしゃいますでしょうか?」。内心、「ご主人様」なんていう上等なモンはうちにはいないわい!と怒りがふつふつわき上がってくるが、こういう人に「ご主人って誰ちゃん?」と切り返すほど大人げなくもないので、ごっつい不機嫌に「そんなことも言ってましたねえ」と返事する。向こうも不安になってきたのか、「あ、あの。そういうわけでお礼の電話でした。失礼します」とそそくさと電話を切った。
 むかむかする。この電話もみなさまの受信料とやらでかけてるわけでしょー?オペレーターの人件費も出してるんですよね。こんなことにカネ使ってるヒマがあったら、まじめに体質改善しろ!「NHKは変わります」とかいう冊子作ってる場合かよ。
 ってーか、福岡って今それどころじゃないのよ。家はたまたま損傷軽微ですけど、部屋中に散乱したものの片づけや家具の撤去や明日の雨への備えでへとへとの人もたくさんいるのよ!そういうときに「お礼の電話」なんておのんきなものかけられてもメーワクなの。一応被災地にこんな電話かけるなんて、「報道のNHK」のくせにヘンじゃないの?
 この件で仮にNHKにクレームの電話をかけても許されるよね…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地震、その後

 元々ナマケモノでもあるし、「余震が続いてるから、きっちり片づけたってしょうがないやー」と自分に言い訳して、適度にゆるゆる暮らしています。洗濯したり日々レベルの掃除したり、新聞読んだりと、気分的にはかなり普通の休日と同じ感じです。昨夜も風呂に入って布団に寝てますし。
 とはいえ、考えてみたら昨日は新聞読んでない(爆)。そこまで気が回らなかったってことか。

 でも、福岡全体が私のように暮らしてる人ばかりかというと、そうでもないようで。夕方のニュースを見ていると、古い戸建てで半壊・倒壊したところが玄界島以外でも出ているようだし、地面の隆起・断層化はあちこちで起きてるみたいです。マンションでも未だにライフラインが止まっているところがあり、また建て付けがゆがんでドアが開かない、立体駐車場から車が飛び出して中空に引っ掛かってるなどの報告が出ているようです。(本棚が倒れてドアを塞ぎ、入れなくなってる部屋がある、というマンションのレポートは、一歩間違えば家じゃん!とちと怖かった)
 家って本当に運がよかったのかもしれない。こんなにのほほんと暮らしてていいのか?って気分です。
 ちなみに、ニュースで大人気のガラス割れ割れ福ビルは、築40年と古く、サッシの枠に遊びがなくてガラスがたわむ余裕がなく割れてしまったんだとか。最近は商業ビルの開業時間が10:30〜11:00くらいのところが多いので、通行量が少なく怪我人があまり出なかったんでしょうが、後一時間遅かったらどうなっていたことか。昼時になって火を使う店舗が増えてたでしょうし。

 明日は雨が降るそうで、被災した家の方は屋根の応急処置に追われています。派手ではない被害はあちこちに出ているようです。

※追記
 今日になってまともに外出してみたところ、同じマンションの中でも被害の出方がだいぶ違うとわかりました。隣りや上の階では食器棚の中身が全部ぶちまけられて割れ放題、収納が倒れまくって大変なことになってるところも少なくないとのこと。片づけに丸一日かかりました、と疲れ切った表情の方も。
 家は本当に運がよかったんだ…。昨日には住める状態になってたし。
 夕方、犬の散歩に出かけたら(呑気な話に聞こえるでしょうが、室内でトイレしない彼には死活問題なので)、早々に燃えるゴミがあちこちの家の前に積んである。通常の倍から三倍の量は出ていて、これに今日は出せない不燃物が加わるとどれだけのゴミが出るのやら。
 という昨日の惨状の痕跡もありつつ、ゴルフの練習場にはかなりのお客さんが来てたりします。いや、ゴルフがいかんというのではなく。経済活動はあった方がいいのです。ただ、この近距離の中でこんな状況の違いを見ると、含みなく不思議な気分になります。

 今回もっとも被害の大きかった玄界島は全戸が山の斜面にあり、主な交通網は歩道。車道はほとんどないそうです。現在ある平地はわずかでヘリポートに利用中。視察に来た知事は仮設住宅を早急に建てると言ったそうですが、問題が多々。
 歩道が倒壊家屋や斜面の崩れで寸断。これが復旧しないことには家の片づけもままならないわけで。また、倒壊・半壊した家も上から順に片づけないといけないし、撤去作業は人力に頼らないとどうにもならないしで、復旧作業にはかなり手間取りそうです。
 そして何より、仮設住宅を建てようにも空いている土地がないらしいのです。平たい土地がない。700人の住む島で、半壊・倒壊家屋が200戸越え。それに応える数の仮設住宅を建てるのに、どれほどの土地がいるのか。その手間と時間を考慮したのか、市内の市営住宅を用立てるのはどうか?という意見もあって、玄界島の今後に対する行政の対応はまだはっきりしていないようです。
 住民の方が避難している九電記念体育館は天神にほど近い場所にあります。曲がりなりにも普段の生活を取り戻しつつある九州一のにぎやかな繁華街を目にするのは、心情としてどうなのかなあという気もします。
 むずかしいですね。自然災害の対応って。

 今日もピザ屋は盛況のようです。配達のバイクがどんどん店から飛び出ていきました。
 余震はだいぶ小さくなってはきましたが、風呂に入ってるときはちょっといやん。もし大きいのだったらどないしよう?と思う。風呂そのものは柱がつまってて安全だというし、落下するものもなくていいんだけど。飛び出せんよ。いくらおばさんでも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.20

ざっくり地震のご報告

 各地のニュースにものり始めたようなので。
 震度6マイナスを記録した福岡からこんにちわ。福岡では観測史上初の規模だそうですよ。でも、去年大きな被害の出た中越地震に比べれば、対した被害は出ておらず、今大きな影響が出ているのは交通網くらい。(JRと私鉄線が止まってて、都市高や高速道路が通行止め)電気やガスは一部の地域で止まっているそうですが、広域で供給ストップが起きたりはしていません。

 我が家では。そりゃーヲタ家ですから。本とビデオとCDが散乱してて正視するのもいやんな気分になる室内の惨状ですが、破損したのは皿数枚といったところで、人間も犬もいたって元気です。
 ああ、連休の残りは家の片づけで終わるわね⋯。orz

 それでも百道浜という犬の散歩に行ったりする人工浜では液状化現象が起きているようで、近隣の高層マンションや戸建て住宅地の方々は気持ち悪いだろうなあと思います。
 詳細な被害状況はこれから出てくるのでしょうが、家の片づけで一息ついて出社して会社の片づけかと思うと憂鬱です。とほほ。

17:00追記
 散乱したマンガの本を片づけていたら、「うしおととら」の外伝が二冊出てきた⋯。こんな発見がこれからぼろぼろ出てくるかも、と思うと、ますます気が重いお片づけ。

21:00追記
 報道なんだか、消防署の哨戒用なんだかわかりませんが、ヘリがやたらと飛んでいます。
 だいぶ床の専有面積が増えてきました。あちこちからほこりが落ちてきてるようで、部屋が粉っぽい。うちは食器棚や本棚の開口部と揺れの方向が合ってなかったようで、揺れのひどさのわりには物の飛び出しが少なかったようです。ニュース見てたら、足の踏み場もない家が結構ある。福岡市って不燃物回収が月に一回なんだけど、割れ物が大量に出た家はどうしたらいいのだろう?
 片づけで疲れたし、スーパーは臨時休業だしで、夕食は近所のピザ屋にデリバリー頼みましたら、みんな考えることは同じのようで混み混み。一時間待ちと言われました。コンビニもどのくらい物があるかわからないし、素直に待つことにしました。中心部の商業ビルは一部明日も休業だそうだけど、冷蔵庫の中身が心もとないからスーパーは開いててほしいなあ。

22:30追記
 だいぶ収まってきたけど、まだ余震が結構あるなあ。昼間は座って片づけ物をしていたらしばらくおきに揺れて、乗物酔でもしたかと思いました。震源が博多湾を南下しているそうで、そのせいか、揺れは小さいけど縦揺れっぽいのがたまーにぼんと起きます。
 交通網は回復したし、電話も普通に通じるようになったみたいだから、後は余震を警戒しつつ片づけものに精を出すというところでしょうか。ニュースでよく出てるガラスが大量に割れた天神の福ビルは、特殊なガラスを使ってて元々頻繁に交換しないといけないタイプだったようです。それで、あのビルだけ派手に被害が出たのではないかと。
 たぶん九州からでたことがない人は生まれて初めて!な規模の地震だったと思うんで、被害そのものより驚きでショックを受けた方が多かったんじゃないでしょうか。
 というような状況下で「宇宙からのメッセージ」のDVDを見てる我が家ってどうかと思う⋯。いくら返却日が近いからって、脱力しまくるじゃんよ>相方。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

2005.03.18

快調のようです

 客観的に見れば「傑作!」とは言い難い「ローレライ」ですが、なんとはない勝手な身内感覚(笑)で商品としてはぜひヒットしていただきたいと思ってしまいます。体調戻ったら、レディースデーにもう一度見に行くつもりですし。
 だから、興行収益的にはなかなかいい成績を出していると聞くとなんだかうれしい。いや、傑作だからって興行的にも成功するとは限らないし、逆もあるし。
 わしがどーしよーかと迷っていた「ローレライ、浮上」も相方が買ってきてくれたので、この三連休に堪能です。向こうも映画館から出てきたときは「うーん、いまいちなあ…」などと言っていたのに。訴えてくるシンパシーに勝てないダメダメな私ども。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

決心のしどきです

 ぼっちぼちと教育中のiTuneもだいぶ賢くなってきました。教え甲斐・鍛え甲斐のあるやつですね、これ。手持ちのお気に入りだけじゃなく、昔なじみの洋楽ヒットチャートなども押し込んで、何が出てくるかわからないびっくり箱みたいにしてみたくなる。セール日にレンタルCD屋へダッシュして、一抱えくらい借りてきそうな勢いです。
 しかし。iTuneは所詮おまけなのです。本体は別のところにあります。そう、iPod。この方で快適に音楽を聴くためにiTuneを鍛えてるわけです。ふつーは。なのに、じみーにPCのスピーカーで音流してるわたくし。間違っています。ひも付き環境で音聞くためにiTuneはあるわけじゃない!(ネットラジオを聴くためという方もいらっしゃいますが)
 ここはもう!買うしかないでしょう?>自分。なんだかよくわからんけど、iPodを。
 と思いつつ、だらだらと決心を引き延ばしてはや一週間。「買うとして、どれ買おう?」と考えたところで思考停止しています。私の行動範囲&音楽聴く頻度を考えれば、しゃほー1Gでも十分な気がするんですが、あと五千円で4Gminiが買えるという価格設定が憎い。気持ちの上では4Gminiかなー?というところまで来ています。最後の問題は色。実はゴールドがよかったんだよう…。色だけで言えば。でも、値段と稼働時間は新miniがよいわけで。ってゆーか、もう旧型は店頭在庫しかないみたいなので、探しに行く気力もない私は(そこまでゴールドに執着もないし)ありものから選ばねばなりません。
 ピンクは言語道断として。シルバーはなんか地味かなーって気がして。ブルー?グリーン?ううー、悩むー。(こういうの、意外と大事なんです>色なんか気にならない方々)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子どもの夢破れ

 破れるのは明白なのに、見に行った私が悪いのです。
 「レインボー戦隊五湖レンジャー」。最近流行のローカルヒーローものですな。数が増えたおかげで、「ローカルヒーローサミット」なるものまで開かれているようですよ!日本のいろんなものは全国各地でこぢんまりと守られています。
 それはよいのです。問題は「レインボー戦隊」と聞けば、無条件に別のカレを思い浮かべてしまう私の気持ち。えええーん、私の心のヒーローはこんな原色全身タイツ隊じゃなくて、ですねえ(涙)。ってゆーか、五色じゃレインボーじゃないじゃん!<八つ当たり。

 おさーん。「縄文コロシアム」でオヨバンに人質に捕られたおさーん。気持ちはわかるが笑うの止めなさい。なけなしの子どもの「応援心」が萎えてしまいます…。(子どもだって気を使う)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.03.17

仕切り直してます

 一時商品として廃止されたかと思っていたPSXが復活!しかし、あからさまにPSP用の動画コンテンツ制作マシーンとしてって感じですなー。小さなPSP鮫にへばりつくでっかいコバンザメというイメージになってしまうのがなんだかなー。
 PSX、量販店の処分品コーナーで買った人にはなかなか好評のようだけど、単にお買い得だったから不満も少ないのかしら。うちのPS2君がへたってきたら考えようかなあと思った時期もあったが、初期型のくせになかなか丈夫なやつで未だ不調の気配もない。家にHDD&DVDレコーダーがやってくるのはまだ先の話になりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

謝るけど脅す

 なんとなく「やばげ」という先入観がある北九州で、会社員が誤って暴力団員にアイスピックで刺されるという事件が起きてます。
 裁判始まった大牟田事件とか、女の子三人殺してた宅配便屋とか、このところ福岡県は犯罪都市みたいなイメージが全国規模で広まっているのではないかと地元民は悲しい気持ちです。実際あったからしかたないけど。通勤通学途中の無関係な女性をどんどん殺してた事件なんかは、人通りの少ない時間に裏道を通って帰るときに思い出すとほんとにやな気分になります。暗かったら若いも若くないも美人もブ○もわかんないもん。
 そういう中でのこの事件。刺してから謝られても困ります。しかも、戻ってきて「警察に言ったら殺す」って、もう今死にそうなのに、何を恐れるって言うんでしょうか。
 私がいくら脱力系が好きと言っても、命はかけられません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.16

死亡中

 数日おきに最高気温が10度以上違うなんて、身体がついていけません!
 と弱音を吐いてへこたれていたら、急激にへばってきてしまいました。貧血やらなんやら、ちまちました不調がわいてきています。病は気からってホントだったんだねえ(涙)。
 そんなわけで、帰宅後速効布団に突撃という不健康な昨日・今日。「SFjapan」とか「本の雑誌」とか読んでりゃ世話ないですが。
 ほほう、山田正紀の「神狩り2」、ついに発売ですか!って、そもそもの「神狩り」を読んでません!あああ、だめな私よ。今探すならハルキ文庫か?(最近、古い日本SFを探すときはまずハルキ文庫をチェック。切ない)
 山田正紀を巡る座談会で、「神狩り」で語られる「人間は関係代名詞を七層までしか理解できない」(だっけか?)という理論はハッタリだと山田氏自らが暴露されてました。こういう大胆なハッタリをさりげなく混ぜて読者に信じ込ませたり、世界観を構築したりできるのがプロの技だなあ。やっぱこの機会に「神狩り」読んでおこうかな。
 で、ふと考えたらまだ「機神兵団」を三巻までしか読んでないことに気づいた。あと七巻、読むのか?>自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.14

「愛ルケ」の大罪(私的に)

 男性は引いてしまう話題かもしれないので警報。女性に夢持ってたい人は読み飛ばしましょう。

 今の派遣先には制服があって、朝着替えないといかんのですが。
 今時の娘さんはダイレクトにシャツを着られるのですね。むー。(いや、まっぱーにいきなり、という意味ではありません)わたくし、服は傷んだり汗がついたりするから、必ず下着を着るように言われて育ったわけです。ので、キャミやスリップなしで即服を着るってできないんですよ。真夏でも。
 きっと「えー、今時スリップなんて着る人いるんだー」と思われてるんだろうなー。orz
 でも、ダイレクトに着ると気持ち悪いんだよ…。
 と、今までもなんとなく下着を着ることに引け目を感じていたのに、ここに追い打ちをかける事態が起きました。「愛ルケ」こと「愛の流刑地」です。「愛ルケ」のドンくさくてサエないヒロインがスリップ着用者だったのです!ってーか、ナベ爺がどうもスリップフェチ。「あの」ときに女性がスリップ着て登場ってシチュに萌え萌えみたいなんです。
 もちろん、若い女性(突っこみ前提)読者から失笑買いまくり。「えー、36才でスリップなんか着る人いるー?」「しかも白よ、白」「ださー。ありえねー」「ずんいちは全然女性情報が古いな」。言われ放題です。おかげでますます下着着用者は肩身の狭い思いをしています。まー、あんなださくせー使い方をされちゃあ、しょうがないですけど。
 「愛ルケ」に関しては、女性蔑視、セクハラ助長、避妊や性病に対する認識不足、不妊に対する配慮不足などなど、様々な問題点が指摘されておりますが、ここに一つ、女性のスリップ着用者の地位を著しくおとしめたという罪状を追加したいと思います。もーねー、正味大迷惑なんですから!(涙)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミッチーというだけで。

 「愛のメモリー」と言えば松崎しげる。うまいんだけどどこか暑苦しい。「愛と青春の旅立ち」日本語バージョンも松崎しげるのボーカルで歌い上げられるとなかなか聞き応えがあるんだけど、なぜか暑苦しい。
 そんな松崎しげるの名曲「愛のメモリー」をミッチーこと及川光博がカバー
 き。聞いてみたい。できれば両方を続けて。
 ミッチー版だけなら「富豪刑事」を見れば聞けるのか。よし、今週チェックだー!<なに気合いを入れているのか?
 私の中で及川ミッチーとガクトは同列で、好きではないが好感度の高い芸人さんです。<え、芸人?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.13

いやな夫婦

 相方はNHKBS2で「義経」を見る。今回はもう藤原京入りしている、と納得いかない顔でした。(京都から東北を平安時代に移動するのはごついたいへんだったはずなのに、なんでこんなに高速移動とか。途中、義経一行は苦労に苦労を重ね、農村で下働きをやったりして日銭を稼いでいたそうです。きっとタッキーにそういうことをさせるドラマではないってことで割愛したのでは?)
 「義経」はいいんです。
 それ以前の時間帯に特に見るものがないので、なんとなく「映画ほど!ステキなものはない」(これも「映画ほど!」で「!」を打つと、映画はステキではないという文意になるのではないか?と相方は言うのである。どぅええーい!うるせー)をつけて、そのまま「NHK映像ファイル あの人に会いたい」を見てしまうという流れになります。「あの人に会いたい」は名人・偉人と呼ばれた故人を取材したNHKのインタビューなどを紹介する番組で、ちょー地味なんですが、見るとなかなか興味深いです。どんな世界でも道を究めた人の言葉はすごいです。凡人は思わず正座したくなることも。
 で、今日は真空管を開発し、天才的技術者と呼ばれ、またチョモランマ登山や南極越冬隊隊長を勤めたことでも知られる西堀榮三郎氏。すみません、わたくし、もの知らずで、初めて知りました。
 このお方、学者さんでありかつ体育会系でもあって、晩年までパワフルに生きられたすごいおじいさんです。失礼な表現かもしれないけど、尊敬の念を込めてそう呼ばせてくださいませ。
 西堀氏のお話そのものは、もちろんたいへんおもしろかったんだけど(なんでも自分で体験しなければって、家族はハラハラしっぱなしだったんだろうなあ)。
「すごいなあ、科学者にして冒険家かあ」
カーティス・ニュートンだねー」
とTV見ながら言う我々はかなりいかがなものかと。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ス。スネ夫ですか。

 先週は「サザエさん」のワカメちゃんも声優世代交代が発表されて、アニメ界の声優代替わりは促進される一方です。私のようなロートル・事実上引退の身には、ますます聞き慣れない声優さんばかりになってきてます。
 中でも注目度No.1だった「ドラえもん」の新たなキャストがついに発表されました。どのくらい注目だったかというと、Yahoo!のニューストピックス欄に終日出っぱなしでしたから。たぶん。土日はニュース少ないんで、そうなりがちなんですけど。きっとガセだけど泉ピン子までが売り込みに来たというドラえもん役は、私の知らない方でした。のび太くん役もわかりません。と思ったら、アニメやるのが初めての方でした。この二人は前任者の印象が特に強いんで、他の役のイメージがわかない人を選んだんでしょう。ジャイアン役は、なんと現役(笑)の14才、残念ながら音痴どころか音楽センス抜群だとか。(写真見たらでけー!これで14才か!)
 まー、この辺はいいです。ドラえもんはたまたまTVつけたときにやってたら見る程度の私ですから、「変わっちゃうなんていやーーー!」というこだわりもありません。私にとって衝撃だったのは。
 「スネ夫役--関智一」
 この一行につきます。
 せ。関さーーーんっ。なぜスネ夫。肝付兼太から関智一。富永みーなのカツオくんという前例があるから、何があっても驚いてはいけないのですが。
 ああ。iTuneに突っ込んだGガンサントラ内パーティーシャッフルが心にイタい私です。(ドモン版「勝利者達の挽歌」マイレート★四つでヘビーローテ中)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.12

大阪の人は偉いなあ

 縁を切りたい切りたいと言いつつだらだらウォッチしている「愛ルケ」、本文はもうどうにもならんけど、「にっけいしんぶん新聞」さんがおもしろいんでなかなか踏ん切りがつかない。
 先日読んだ「コーギーblog」、はるさんの育ちゆく姿がそれはもーそれはもーかわいすぎるッという罠もあるけど、blog主さんの力まない文章のなじみやすさも魅力なんだと思う。
 この2blog、関西出身と在住の西方ゆかりの方が運営しておられます。どちらにもギリギリ感がなくて、ほどよい「遊び」の部分があります。リアルの生活ではそれぞれいろいろあるはずですが、それは感じさせない。読みに来る人をさりげなくおもてなししてる感じ。
 よその人から見ると、こういうのって関西の人の美徳というか、非常にうらやましい資質です。しばらくおきに誰かの神経逆撫でして刺されてる身には、お手本にしたい方々です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

またつまらぬものを

 いや、つまらなくないかも。
 微妙に健康指向名商品に弱いです。肩凝りとか代謝とか、よくなると聞くと一応チェックしてしまいます。あこがれは30万以上するマッサージチェアですが、資金もさることながら我が家の住宅事情を考えると障害あこがれで終わりそうです。
 と全てを理性的にあきらめられればいいんですが。世の中には庶民の気まぐれで手に入ってしまうレベルの小物がいっぱいありまして。
 先日、うっかり買ってしまいました、その一。「フットケアフロッグ」。しばらく前からあこがれていた足のうらを洗う小物です。鏡餅状にがざがさになったかかとも使い続けるうちにつるつるに、マッサージ効果もあり、足の血行がよくなって湯冷めしにくくなったりするとか、おまけのいいことがいろいろと上げてあったのです。「これ、よさげー」と手が伸びかけたものの、そのころは大きめ・高めの商品しかなく、「そんなにいいことばっかってありかな?」と自分に言い聞かせておりました。
 ところが最近、お手軽気軽な小型類似品がドラッグストアなどに出始め、ついふらふらとご購入。
 で、使用感ですが。確かにかかとにはいい。血行もよくなってる、ような気がします。気がしますなんてヨワ気な感想になってしまってるのは。
 これ、めっちゃこそばゆいんです。見た瞬間からわかれって感じですが、特に土踏まずの部分は相当我慢しないとがしがしできません。決心しないとできず、遠慮がちにこすってしまうので、今ひとつ効能を堪能できていません。これは失敗の買い物だったんでしょうか?<認めたくない。

 もう一つもここ数年のあこがれだったレンジでチンする肩暖めパッドです。適度な重みと温熱で肩凝りを軽減するという触れ込みは、私にとってはちょー魅惑的。ちょうど暖めものはそろそろシーズンオフということで、ドラッグストアの特売棚に「ピップ肩らくホッとパッド」が700円弱で並んでいるのを発見。これは買わねば。
 こちらはなかなか使い心地がよいです。肩になじみがよく、乗せたままふらふら歩き回れるし、パソコンや本読みながら乗せっぱなしもOK。ってゆーか、結局そんなことしてたら相殺で効果なしってことになるのでは。
 こっちは本当にお買い得だなって思いましたが、暖め系だから夏は使えない。残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.11

私も気にしています

 もう春ですから特に!
 ほぼ日の「日本人の思い」、今週のテーマは「あなたはダイエットを意識していますか?」です。予想通り、日本人はダイエットを意識しまくっています。私は間違いなく日本人です。つらいのは私だけじゃない。
 しかし、意識するだけなら誰にでもできる。投稿の中にあった「意識していますが、実行していません」。はいっ、それは私です!
 日本人がこんなにもダイエットを意識してるんだから、アメリカ人はもっと、だよなあ。
 いや、彼らは意外と気にしないのかもしれない。気にしててあれというのは、あまりにどうかと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

あっさりだ

 今日からJALの五月分バーゲンフェア開始。ずーーーっと前にマイレージに入ってた気がするが、今となっては無意味なのでパスワードも何もかも忘れてしまったわい。
 というわけで、あっさりビジターとして申し込み作業。一応電話などかけてみたけど、案の定つながらない。これは手こずるかな?と心配しつつ、ケータイサイトにアクセス。
 をを!あっさり希望便が取れましたよ。座席指定もOKです。その上、チケットレス決済まで済ませてしまいました。はやっ。バーゲンフェア商品でも、チケットレス決済すると割引適用されるんですね。すばらしい。
 というわけで、某日はかの場所にお伺いする手はずはほぼ整いました>某さんとか、某さんとか。その節はご迷惑をおかけするかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。後ほど改めてご連絡いたしますが、そんなわけでちょっとお世話になりたく>身内さん。
 ところで、その時期ちゃんと休みが取れるのか?>自分。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

芸能通ではないけど。

 全く。むしろ疎い方ではないかと。
 でも、「芸能証券」ってサイトの値動きを見るのはなかなかおもしろいです。値付けの根拠がはっきりしてるからすっきり見られるし。
 ところで「明和電気」、値上がり株になってるのはいいんですが、カテゴリが「その他」なんですよ!「音楽」、ではない?…のか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.10

初アニメ化

 ニュースを見てたら、「ガラスのうさぎ」がアニメ化されて五月に公開というのをやってまして。
 えっ、まだされてなかったのか、と意外な気分。こういう学校の読書感想文の参考図書になりそうな本って、マニアが見るのとは違うマーケットでどんどんアニメ化されてるもんだから。(それがいけないという意味ではなく)特にこういう第二次世界大戦の市井の人の話は学校巡回用みたいな作品の題材になりやすい。最近印象に残ってるのは「うしろの正面だあれ」のアニメ版か。
 「ガラスのうさぎ」のアニメ化は、いままで原作者の高木さんがアニメで当時のことが本当にちゃんと伝えられるか疑問に感じていて許可を出さなかったらしい。ところが、最近の若年読者の手紙に「当時の生活がわからない」「ゲートルってなんですか?」みたいな内容が増えたため、視覚的な説明が必要な時代になってしまったのだと危機感を憶えたのだそうだ。また、お年を召して健康に自信がなくなってきたため、後世に残す資料的な意味も含め、自分が目を通せる間に映像化しようと思ったとのこと。
 私も戦争当時のことは親から伝聞世代だし、子どもに防空ずきんとか焼夷弾とかの質問されても答えようがない。映像でどれほどのことが伝わるのか?という不安はあっても、なんの手がかりもないよりましではある。

 全然違うかもしれないけど、今度「青春の門」が何度目かだかのドラマが作られてるけど、「青春編」以降の話のドラマ化の予定はないそう。視聴率取れそうにないから?とうがった見方をしていたら、(本当のところはわからんが)当時の炭坑の生活を再現するのにものすごく手間暇がかかるんだそうだ。鉱山の閉鎖などが多くて、ありものでというわけにもいかないらしい。もしかしたら最後の映像化になるかもしれないと「日経エンタテイメント」には書かれてて、昭和ってものすごい勢いで消え去ってるんだと改めて思ったのでした。

 すいません、全然関係ないですが、「ガラスのうさぎ」書籍版って挿絵が武部本一郎さんだったですね!うーわー、うーわー、少女の悲哀が余計に身に染みそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

打ち合わせ、してたんですよね?

 このところ眠気がきつくてつらいのに、突然雇い元から招集がかかり会議に出席することに。次年度稼働予定の業務システムのユーザーインターフェースを決めるのに実作業者の意見を聞いておきたいというご希望だそうです。
 それはたいへんありがたいのですが、ええっと。画面のデザインとか使い勝手の感想を聞くために呼ばれたんですよね?>私ら。なのに、なんでここでマスタテーブルの項目の使われ方を説明しなきゃいけないんですか?ってか、わたくし、たまたま古い昔にソフト業界にいたってだけで本来はただのOS操作契約なんですけどー。システム内部に関してあれこれ解説する立場じゃないんですけどー。
 前回、現行システムについてのヒヤリングってことで呼ばれたのは、あれ一月だったっけ?残りの開発期間を考えたら、今時こんな説明受けてるバヤイじゃないんじゃないかと>開発会社の人。
 おかげで寝てるヒマもなかったです。ケガの功名?
 なんかなー。昔のソフト屋はこんなにヤワだったっけか?既存システムの仕様書も読み解けないほど。それとも今回もまた、開発会社がハズレなのか?リリース後のシステムと心中するのは私ら末端オペレータなんですから!(泣)勘弁してくださいよ、もう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.09

よその業界っておもしろい

 当事者にはおもしろいどころではない、日々の難事だったりするんだろうけど、普段縁のない世界をのぞき見るのは何もかも新鮮で単純に「おもしろい」のです。
 大げさなことを書きましたが、単に新聞の雑誌広告で「寺門興隆」という住職さんというか、お寺の業界誌みたいな雑誌の広告を読んだだけなんでして。特集の見出しだけでもいろんな想像がわいてきます。
 「思わぬ伽藍崩壊から寺を甦らせた住職の実践に学ぶ」っていうのは、目次ページを参照していただきたいんですが、地震で被害が出たお寺がどうやって修復をするか?資金面を含めてのケーススタディのようです。歴史ある建物や収蔵品をお持ちでしょうから、普通のビルのようにどかんと壊してどかんと建てるとか、強度重視で補強工事するとかってがさつは許されないでしょう。地震保険とか入れるんでしょうか?>寺社仏閣。
 「お寺の備え・いざという時の緊急仮設トイレ」は↑の関連小特集なんでしょう。催事という出番もあるんですね>仮設トイレ。確かに大きなお寺の豆まきの様子など、寺関連のイベントのニュースを見ると、仮設トイレが欲しいところ。
 しかし、目を引いたのはこれ。「寺に持ち込まれる心霊写真とされる写真の見方」です。住職の疑問と冠された特集です。持ち込むのか、そんなもんを。確かに持ち込まれた方も困惑するでしょう。宗派によって霊魂の扱いって違ったりするんでしょうか?とまともなこと(?)を考えかけて。「心霊写真はなぜあり得るか その謎と招待」って。それは心霊写真「みたいなもの」がなぜ撮れてしまうのか?という意味ですよね?この雑誌は「ムー」や「トワイライトゾーン」じゃないんですから。
 他にも「菩提寺と『白雪姫』」というつながりが読めない記事もあります。なぜ白雪姫。鉢かつぎ姫やかぐや姫でなく海外の姫。
 謎は深まるばかりです。でも、ちょこっと立ち読みで確かめようにも、どこの書店にも置いてある雑誌でもなさそうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不思議な感覚

 マンションの同じフロアの方の郵便受けにここ数日分の新聞が積まれていて、何となく不安になって管理室に「様子見ていただけませんか?」と連絡しました。こちらの家は、確か娘さんが嫁いでから奥様が一人暮らしなのです。アクティブな方だから旅行にでも出られているのだろうと思いつつも、でも一人暮らしにもしものことがあればと心配になって余計なことを。長く住んであるけど、こういうことは初めてだったもので。
 さいわい、やはり外出先で急用が出来、予定より遅い帰宅になったせいとわかりました。あと、差し出たことといやがられるかなと思ってましたが、寛大に受け止めていただけたようでそちらもほっとしました。ご近所づきあいの間合いはむずかしいです。

 で、話はいきなり変わるんですが、私の住んでる(一応)マンションは築年数が古いので、長ーくお住まいの方が多いです。そして、私もそれなりの期間住んでいるので、もう何度も住人の入れ替わりを見てきました。老夫妻のおじいちゃんが亡くなった後、おばあちゃんが一人、引っ越していかれたこともあります。家族で住んで長くいるから、慶弔事も起こるのです。
 それで何となく思ったんですが、ご家族住まいのマンションの部屋で病気なり老衰の末に亡くなられた方が出た後空き部屋になったとして、その部屋ってわりとあっさり次の方が決まるのですね。当然といえば当然でしょうが、これが単身者用のマンションで前の住人が亡くなっていたら、それを事前に知っていたら、結構借りるのに躊躇すると思うんです。自殺などの不審死じゃなくても。でも、世帯向きのマンションだったら、聞いても「そうだったんですか」と事実確認で終わりそう。
 この微妙な感覚の違いにふと気づいて、生死の受け止め方って不思議だなあと思ったのでした。こんな風に感じるのは私だけかもしんないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココログ、混乱中?(BlogPet)

きょうarumiはここでホークスと混乱すればよかった?


*このエントリは、BlogPetの「arumi」が書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.08

子犬は凶悪

 わたくし、情報がすっかりと遅かったんですが。「コーギーBLOG」というのがあるんですね。どうやら本になるくらい人気blogらしいんですね。
 …子犬のころからのコーギーの写真が満載!なんですね!!!
 ああああ。ごろごろごろ。
 子犬ってどうしてこんなに。しかもなぜ、コーギーってエヘ笑いだら流しなのであろうか。よその子もこうなのか。惜しみなくblog全体を覆い尽くすコーギーのエヘ笑いに悶絶。

 ああ、アインが子犬のころにデジカメがあったらなあ。ハードディスクぶっ壊すくらい写真撮ったのに。
 いえ、今のアナタがかわいくないってことじゃないから>アイン。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ココログ、混乱中?

 ここのところアクセスが重いし、いろんな機能に不具合が出てる模様。先日の容量増加の影響でしょうか。
 突然容量増の告知が出て、いったいどうしたんだろう?と思ってましたが、「WPC ARENA」によるとYahoo!様が大容量無料でblog界に降臨されたせいで先発のサービスが大混乱状態になったらしい。どこかでYahoo!のサービスを利用してるblogを見たのだけど、ちょっと重い、ような。あと、デザインがどーも…。(好みの問題だけど。Yahoo!のアバターも、私はちょっと怖い)
 それにしてもYahoo!様は体力あるなあ。よそのblogサービスはYahoo!並みにサービス内容引き上げるのはつらいようなのに。というか、収益モデルが根底からぶっ壊されて途方に暮れているでしょうね。人気が出れば出るほどお荷物の無料サービスを、誰が最初に「もうやめた!」と言い出すのやら。<サービス利用してる側がそんなこと言ってよいのか。

 こういう会社がオーナーになったホークスは安泰。なのか。びみょーに不安感が抜けません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.07

真綾ファンがここに

 注目>音楽プレーヤー「Musicパネル」のサンプル画面
 こんなところをチェックする私も私だが。
 そして、見た瞬間にわかってしまう私も私だが。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ひっそりと

 東芝がスマメの生産から撤退するという記事が載っていました。(一部例外があるようですが)
 最初に買ったデジカメのメディアがスマメでした。薄いし金色のテカテカがむき出しなのが見た目にも不安でした。でも、やはり最初におつき合いした方にはちょっとした思い入れがあります。なんとなくさびしいです。
 …スマメ採用のデジタル機器がズームなし・200万画素のロートルデジカメくん一台でよかった。<結局打算の人です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.06

鍛え中

 ずぅうっと↓でのAYAYAさんのアドバイスにより、とりあえずiTuneをインストールして、空いた時間に手持ちのCD突っこみ中。意外と取り込みが早くてスムーズなのにびっくり。こんなにお手軽なら愛用する人が増えるよなあ。なにげに六枚ほど押し込んだところでふと気づいたが、菅野よう子ばっかりだよ(笑)。じゃあ、次は気分を変えてGガン入れるか!<やっぱそっち方面かよ。
 しかし、この調子で曲数が増え続けたら管理しきれないんですけど。同じライブラリに全突っこみするんじゃなくて、やっぱ分けた方がいいのか?プレイリストや★設定で切り分け?とか、使い方に悩むのも楽しかったり。
 PCについてきたしょぼい外付けスピーカーの音色が不満に思えてきたらどうしよう。<何か一つ導入すると、芋づる式に環境を整えたくなる罠。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マックグラン、うまいですかー?

 合わない。新聞にクーポン入ってたんで、二度目のマックグランに挑戦したんだが、やっぱおいしくないんですよ、私には。味にコクがなくて酸っぱさばかりがきつい気がします。ピクルスが苦手だから?300円払って食べるハンバーガーなら、やはりモスかフレッシュネスだわ。マクドナルドにおいしさを求めてはいけないんでしょうが、通常ラインよりはましと言わせないことにはマックグランの存在意義がないんじゃないでしょうか。
 しかし、イモはマックかロッテリアがいいんだよな。チキンナゲットもなぜか、ケンチキよりもマックの方が好きだ。(ケチャップがいやなのか?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.05

「ローレライ」、見てきました

 号泣する準備はできまくり!って感じで。(映画公式サイト)
 原作読み終わったのが前夜の二時くらいですから気持ちはできあがりきってまして、今なら「椰子の実」聞くだけでナンボでも泣ける状態です。映画では「モーツァルトの子守歌」に変えられてるなのがちと不満でしたが、むしろ助かるかも。「椰子の実」は危険スイッチと化してるんで。
 もちろん、期待に胸ふくらませて出かけたわけじゃありません。膨大な長さの元ネタを二時間に納めるのは無理無理なのは分かり切ってたし、制作費は、邦画としては多いものの同じ土俵に立つハリウッドなんかに比べたら微々たるものです。いろんな意味で「傑作!」になるのは難しかろうと、その辺は覚悟の上で見に行きました。
 で。本音で書くと「惜しいが人にはお勧めしにくいなあ」というところ。ただし、前日深夜に原作読み終わって号泣したばかりの人の意見として割り引いて聞いてください。どうしたって登場人物の書き込みや状況描写で分が悪いわけだから>映画。
 一番「ううーん」と思ったのはシナリオ。元ネタがボリュームあり過ぎなんだから、もっと思い切って整理してもよかったんじゃないかと。極端に言えば、朝倉の下りはなしで、始めっから東京に原爆が落とされる計画を阻止するためにテニアンに行くってくらいシンプルにする手もあったと思う。話のテーマが変わっちゃうという意見もあるだろうけど、すでにいろんなとこをいじってるんだし、二時間で語りきれる内容量とテンポのよさを重視する割り切りがあってもよかった。
 それとダイアログ。えーと。アニメな人は戦場でかっこよく深遠なやりとりをするシーンに慣れてます。そういう目から見ると、「ここでならもっといいこと言わせるだろう!」ってシーンが多すぎ。絹見艦長なんて名ゼリフ吐かせまくれるのに惜しいったらない。アクション映画だから人間描写に割り割ける時間が限られるのはわかるんだけど、それぞれにシーンにつき二人ずつくらいしかキャラを印象づけられてないのももったいない。人物描写をもっとパラでやれなかったんだろうか?これがうまくいってたら、後半のイ507の孤軍奮闘ぶりがもっと胸に迫ったのに。
 とか考えると、すまんが伊藤和典のガメラ脚本がいかによくできてたかがわかる。話を進行させつつ、怪獣を暴れさせつつ、人間側もそこそこ印象に残しつつ、ほどよく説明もしつつ、とバランスがいい。日本の映画って人情ものとか日常ものとかはそこそこのレベルのシナリオを上げる脚本家がいるけど、アクション書ける人はまだまだなんでしょうねえ。脚本家個人の感性にゆだねるんじゃなくて、テクニックとしての脚本の書き方が職人技として確立しててもいいような気がするんだが。

 文句は垂れましたがいいとこもあるのです。音楽はかっこいいです。これ大事。画面がどんなにかっこよくても音楽がヘボいと気持ちが萎える。逆に多少画面的にアレでも音楽がうまく乗せてくれると気分が高揚して乗り切れるものです。その点では、私的には好みの仕上がりの曲が多くてよかった。
 あと、香椎由宇!これはうまかったと私は思う。この人、数少ないしゃべるシーンからするにたぶんへたな役者さんだと思うのね。(経験値が低いからってのもあるだろうけど)でも、しゃべらないで「いる」シーンの雰囲気は非常によい。へたさが際だたない。しゃべりがぎこちないのはクォーターのドイツ人だからです、と脳内補完して見過ごせるレベルになってます。新人女優さんを抜擢した結果、見るも無惨なダイコンぶりが痛々しい映画があったりするけど、樋口さんは香椎由宇の持つ雰囲気のよさだけをうまく抽出して使ってます。役者さんは監督次第なのだと改めて思いました。
 すっげーかっこで日光浴してるのはどうかと思いましたが(笑)。あの時代の日本男児には露出過多で刺激的すぎたのでは?

 結構冷淡な感想書いてますが、個人的にはあたって欲しい映画です。CGも予算いっぱいがんばってるし、潜水艦の艦内描写は一見の価値があります。「キャシャーン」があれだけ稼いだんだから、ぜひそれ以上は行って欲しい。(「キャシャーン」よりは全然まともな出来なわけだし)日本では女性が映画の主要マーケットになっちゃってるから、こういう男祭りな映画ってなかなか企画通りにくそうだし。今年は男祭り系の邦画が多めなので、それぞれにほどほど当たってくれて今後とも男祭り映画が作られていく素地になって欲しいのです。(もちろん、傑作になって大当たりしてくれるに越したことはないです)だって、作る場がなきゃいいものもできないから。
 もちろん、出来が「デビルマン」な映画は除く(笑)。何でもひいきってわけにはいかん。

 なんだかんだ言って、私どもももう一回くらい見に行きそうですよ>「ローレライ」。今度は原作がほどよく頭から抜けた時期に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

だめじゃん!

 どーやって映画化するんだろう?と「映像化の際の構造」に興味津々だった「電車男」。休日だというのになにげにYahoo!のニュースを昼間から読んでいたら。
 電車役が山田孝之ーー?
 …だめだ。私的にこの映画化はバツと決定。一応若手で演技できて娘人気を折り込んだキャスティングなんだろうけど、こんなわかりやすいビジュアルを選択した作り手のセンスが信用できん。第一、山田孝之の「絵」は、名無しさんの思い入れの対象としてのリアリティがない。
 製作発表から公開までの期間の短さを考えたら、あんまり練ったものは出てこないだろうなと思ってたけど、なんちゅー安直・わかりやすいベタな作り方を選んだものやら。
 エルメス子さんは中谷美紀ですか。うーむ。
 ただの美男美女のちょっとだけ不器用でぎこちない恋愛物になりますな。つまらんなー。(役者さんに不満があるわけじゃないのよ。題材を全く消化してない製作サイドのセンスにがっかりしただけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「終戦のローレライ」、読了

 読み出して四ヶ月(爆)。金曜の夜というか、深夜まで費やしてなんとか終章まで持ち込みました>「終戦のローレライ」。やはりハードカヴァー上下巻を通勤電車の中のみで読み終わろうというのは、大幅に無理がありました。(途中、美容院に持ち込んだ以外は電車のみで読み進んだ)映画公開までのタイムリミットが迫ってきたんで、残り150Pほどは家で読む。もっとも、福井ものは終盤号泣の可能性が高いんで、とても電車では読めません。(ここに至るまでもすでに何度か泣きかかっている)

 感想に関しては、あちこちに出ているものと重複するんで軽めに。
 でも、ネタ割りになると思うんで、未読の人は待避。

 この話って登場人物に感情移入すればするほど、物語世界を離れて日常に返ったとき、やるせない気分になります。あの人たちが命を掛けて守った日本がそれに値するものと胸を張れない状況にあると、私たちは知っているから。彼らは現実の存在ではないけど、近しい感情を持って戦場に立った方もおられたことでしょう。戦後60年、その時間は彼らが夢見た未来を実現するためには使われなかったのだと改めて実感すると、所詮個人なんか無力だと思いつつ、なんだかやるせなくも情けない気分になるわけで。
 終章の折笠征人が背負う重荷は、つまり戦後に生きて今をもたらしている私たちの重荷でもある。
 でも、政治家にもなれす、クーデターも起こせず、ただ家族の日常を守ることしかできなかったと征人は悔やむけど、それだけでも十分偉かったと思うのです。できることをできる限りやり抜くことすらしない人も多いんだから。少なくともパウラは、あの後笑って生きることができたんですよ。あなたのおかげで。
 とか、書いてるだけで泣けてくるのだよ。ある意味ワンパタとも言える物語構成なのに>福井作。涙絞り器のようだ。

 自分の今立っている場所を見直せ、と突きつけてくるような福井作品に号泣してると、某紙の色ボケじいさんの妄想エロ日記なんか読んでる場合じゃないと改めて思います。
 まあ、あれはもはやギャグ(でも質は低い)ですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.04

物欲がもりもり。

 何しろG3なんて古Macユーザーですから(OSは8.6さ!それで不自由してないもん)、世間がどんなに「iPod!」「iPod!」と叫ぼうとも私にはかんけーねーやとスネておりましたが、重い腰を上げて設置したサブのWinマシンのおかげで事態はちょっと変わりました。サブと言いながら、こいつ、ちゃんとXPでペン4、メモリもそこそこ積んでてHDDは240Gもあるのです。こいつならiTuneが動くじゃないですか。と、ネット友人たちの甘い入れ知恵。
 Macユーザーなのに、WinでiPodというのも屈辱な感じですが。
 気がついてしまうとあかんもんで、通勤で地下鉄に乗ってる時間が10分そこそこの身でありながら、気になる気になる>iPod。そんなにヘビーに音を聞く方ではないのでしゃほーで十分って気もしますが、「どーせ買うなら大きい方」「いろいろついてる方」って気分になりがちなのは日本人のならい<日本人が言い訳かよ!
 そこに私の気持ちを後押しするような「ほぼ日」の新コーナー「iPodであそぼう!」。ちくしょーちくしょー、みんなたのしそーにiPod使いやがってー。
 ってゆーか、私はどうもiTuneなるソフトが気になってるようですよ。手持ちの曲をびしばし押し込んで、何が起きるか観察したいようですよ。
 こないだの確定申告で還付が出るってわかったし。ちょーどしゃほーならカバーできそうな額だし。ここここ、ここはapplestoreでぽちっとな?<税金の還付金はあんたのこづかいじゃねーよ。家の金だよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.03

ということは、あなたも

 今日、さる方から「声が岩井志麻子に似てますね!」と言われました。
 すんません、雑誌のエッセイなんかは読んでますが、ご本人の声は聞いたことないんです。だから自分では全然わかんないです。最近はバラエティなんかで顔出しの仕事も多いんですよね?>志麻子さん。一度意識的に聞いてみるかな。しかし、あの豪快な生き方をしてる作家に声だけなりと似てると言われるのは、なんと申しましょうか。
 そういえば学生のころ、私と妹のmakiさんは声がそっくりだと言われていた。ってーことは、makiさんも岩井志麻子声なのか?声そのものじゃなく、しゃべりのクセが似てるだけだって説もあるが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まじめな奥様方

 先日結婚式を挙げた同僚は、妊婦さんなので近々退職予定。で、隣の席の結婚一年越えの同僚にあれこれ新生活の相談をしている。新しく買う家電や家具、部屋をこんな風にしたい、料理のレシピ、食器をどうする、その他もろもろ。「雅姫さんはこんな風にしてるらしいよ」「栗原はるみさんの料理本は使いやすい」。そういう会話が漏れ聞こえる。私の立場でこんなことを言うとなんだが、正直「すげーなー」と思う。本当に雑誌なんかに出てくるこぎれいでおしゃれな部屋を維持し、がんばりすぎず、でもきちんとした家庭をやろうとしてるんだなーと。
 私はダメだ。きれいに片づいた部屋やかわいらしく効率的なキッチンとか、そりゃあこがれますけど、それを維持するために費やす労力を他のことに使いたくなってしまうのだ。家事一般から得られる達成感があまり重要じゃないっていうか。
 きっと私が一人暮らしが長いせいなんだろうなあ。(↑の二人は実家住まいから結婚)正社員のころはへとへとのよれよれで夜遅くに帰ってたから、この上プライベートを家の雑事メインに暮らしたら「わし、何のために働いとんねん?」と自虐モードに入ってたと思う。家に帰ったら、ご飯と洗濯、最低限の掃除。やらなくても生活に差し障りのない家事は後回しか見ないふり。代わりに本読んだり、ゲームしたり、家の中でできるやりたい娯楽をやるようにしてた。やっていい「やりたいこと」すらできないなら、働いてる意味ないもんねえ。
 そのやり方を未だに続けてるんで、おそらく世間の「ふつーの奥様」より家事に割く時間は極端に少ないはず。だから、奥様向きの雑誌に出てくるようなおしゃれで片づいた部屋とは縁遠い。行き届いた家事とも縁がない。がさつで色気も女っぽさもない空間なんだが。
 わしはこれでいいのッ。<ちょっと自己欺瞞。
 だから、君たちも適度な時期に手抜きし始めてもダイジョーブですよ。きっと。<弱気。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.03.02

LUSH、なあ…

 「ローレライ」の前売り買いに天神東宝に行ったんで、ついでに岩田屋地下のLUSHに寄って石けんを物色。キャナルまで行かなくてよくなったのはいいけど、タイミング悪いと混んでることがあって(キャナル店はいつもすかすか)、面倒だしもーいーかーと帰ったりしてたけど。今日はお客も少ないからちゃんと買い物できそう。岩田屋、移転一周年のセールやってたから、お客が他のフロアに流れてるのか?
 で、前回買おうと思ったnorikoソープが品切れのようだったんで、定番のみつばちマーチにする。適度な大きさのやつをレジに出し。「××グラムなので○○円になります」。ちちち、ちょっと待てー。みつばちマーチって100g300円台じゃなかったっけ?香りや効能だけじゃなく、コスパのよさも高評価の一因で。裏切られたような気分でふとレジ脇の張り紙を見ると、「2/15より諸原料の原価見直しに伴い価格を変更しました」とあるじゃあないですか。
 二週間…。二週間前なら100gあたり100円は安かったのか…。
 これが50円くらいなら「そういうこともあろう」だけど、一気に百円はなあ。以前、さりげに容量減らしてたってのも悲しかったけど>インペリアルとか。って、こんなことをぶちぶち言う私は誰かをあげつらえないみみっちさですか、そうですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

間違ってんじゃん(泣)

 先週作っていたコームアクセサリ。コーム二個の間に透明ゴムでビーズを張り巡らせるってやつなんだけど(こんな感じのものです)、アンタロンって材料が見つからなくて透明ゴムで代用したせいか、つぶし玉で末端の始末をしたらゴムに食い込んでぶつぶつ切れる。ゆるめにつぶすと、こんどはするする抜けてくるし。あんまり切れるから私もキレてしまった。代用品ってのがいけないのか?やっぱ、この、アンタロンってやつでないとダメなの?
 そもそもアンタロンってなんだよ?とネットで検索してみたところ、伸縮するテグスだそうで、それならゴムでも使い勝手はあんまり変わらないと思うんだが、問題は使い方欄に「つぶし玉を使うと切れてしまうので、結んで端を処理します」と書いてある!(リンク先ページ最下段)ことで。
 なんだよー。やっちゃいけないんじゃんよ(涙)。
 どうやら結んで始末した方が安全なようです。やり直そう。…買い足さないと、残り少ないけど>透明ゴム。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなにたくさんどうすんの?

 ココログ使い始めて一年を超え、最初の一ヶ月ばかりの利用で容量に不安を感じたので一応プラス契約にしてたんですが、そのうちの1/3くらいを使用した模様。文章オンリーに近い使い方をしてるのに、よう消費したなあ。(てーか、何書いとんねん?>自分)でも後二年は持つな。
 と思っていた矢先に。ココログの基本容量増加の報が
 プラスは100M!に増量。
 そ。そんなに何に使えと。いくら私がしゃべりたがりでも使い切れないよ。こうなったらデジカメで写真撮ってマイフォトでも作るしか。
 …いっそ、ベーシックに戻すか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.03.01

俺によこせ!

 同僚の派遣さんに「きいろさん、中学生が読む本でお勧めがあったら教えてください」と唐突に言われた。すいません、わたくし、現役の中学生でも中学生の母でもないんですけど。自分の読書歴を振り返っても、ロクなもん読んでない中学生だったんですけど。
 要は職場で一番全うに本読んでそうだというので相談を持ちかけてきたみたいなんだけど、その理由が。「弟が中学の先生で、古本屋で学生向きの本を買ってくるように指示されたけど、何を買えばいいのかさっぱりわからないみたいなんです。それで映画化されたものや話題になったものを選んだようなんですが。先生が買ってきた本に不倫や麻薬が出てくるのはマズいですよね?」。…マズいでしょう。
 彼女の家では弟さんの買ってきた本を家族総出でチェックし、「中学生にはマズかろう」と思われるものを排除しているそうなんだが、問題は減らしたものの代わりに入れるものをどう選ぶか。で、悩んで私に相談したとのこと。
 ええい、面倒だ、私にその金全部よこせ。それなりにまじめに選んで買いまくってきてやるわー!<自分のものでなくても、本を大量買えるのは気持ちいい。
 そういうわけにもいかんので。ネットで中学生くらいにお薦めの本を紹介しているサイトをピックアップして、彼女に教えた。「家でもネットできるんでしょ?探せばよかったじゃん」と言ったところ、「だって、誰が書いてるのかわからないのに、鵜呑みにしていいんですか?」と聞かれる。確かにネットの情報は玉石混淆だけど、本なんてラインナップを見れば勧めてる人がまともかどうかすぐわかる。その辺の選別はできるはずなんだが。
 とりあえずあさのあつこ森絵都梨木香歩あたりはお勧めしておきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春でなくても

 寝るの大好き!と公言してはばからない私ですが、残念ながら寝入りは悪いわ熟睡し切れてないみたいだわで慢性的に眠いのです。いつでもヒマさえあれば寝たいのです。と言いたいとこですが、寝る以外にもしたいことがあるので帰宅すると心が千々に乱れます。<もっと繊細な理由で乱れろや。
 そんな私に春が来れば事態は最悪。このところ、夕飯食べると一気に眠さが加速する困ったカラダに。見たいTVを見るためであっても、ホットカーペットの上にだれっとした瞬間にスイマーの餌食になるていたらく。毎日何が何でも寝たい気持ちと、いやだー、あれとあれとあれをするんだい!というアンビバレンツな思いに引き裂かれてばかりいます。(何をドラマチックに書いている)結局生理欲には勝てないんで、中途半端な時間に仮眠をとってしまいますが。(仮眠しないとあまりの眠さに風呂で溺れ死んでしまいかねないのよ)
 そんなわけで今週のマンガ夜話、まともに見られてませんよ…。後半の「事件屋家業」とハガレンは見たいんで、帰宅したらあきらめて速攻仮眠取るようにします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »