« March 2005 | Main | May 2005 »

2005.04.30

「PLUTO」二巻、読みました

 ぐぅおおおー、アトムがけなげチックで原作より好きかも!<このショタをどうにかしろ。
 いや、そういう話じゃなくて。すっかりまったく浦沢節の「PLUTO」、大手塚がもしお読みになったらどうおっしゃったんだろうなあと思ってしまいます。あのお方のことですから、「今の僕ならこれよりおもしろく書けるよ」かなあ。これはこれとして単独でおもしろいマンガになってる点はすごいじゃないですか>手塚先生!
 謎解きも進めつつ、人情(ロボット情?)も入れつつ、ベテランらしいそつのない構成に一気に一冊読み進み「ぐわー、もう終わりですか!次はいつ出ますか!」とすぐさま続きが気になります。原作つきだから出てくるロボットたちが魅力的に描かれれば描かれるほど、「この人(ロボットだけど、人だよ、もう)、死んじゃうのにーー」というのがわかってて悲しくなる。今回は「家族の肖像」の回ですね。目次見た時点で展開予想してましたが、読むと泣けて泣けて。アトムの「僕も行きます!」って気持ちが痛くも悲しいです。
 やっぱり完結してからまとめて読むべきだったんだろうか。もう遅いけど。
 ↑のような理由で、「20世紀少年」は未読です(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.29

三件梯子で八時間

 学生のころ、友達と電話で話していたら夜が明けた、ということが何度かあった。ケータイの時代ではないので、ひも付きの範囲内をごろごろうろうろしながら数時間。ホーダイなどもできる前で、いくら市内とはいえびんぼー学生にはかなり痛い出費だった。でもその後もやらかした。
 こういうのは男性にはわかりにくいもののようで(イマドキ男性はそうでもないのか?)、相方など「そんなにいったい何を話すのか?」と呆れていた。
 でも、女性は時折そういうことをやらかすのである。と一般論として語っていいものか。(とんでもないことを一般論として語る爺がいるので、このところ一般論化に不安が)
 だから、昼ご飯食べに行って、帰りが八時を過ぎる(夕食は食べてない)、ってなことも起こりうるのである。
 単に以前の派遣の同僚とランチを食べに行っただけなんですけど。一軒に長居するのも気が引けるので、たれたれと河岸を変えながら今泉・警固あたりを転々としていたらそんな時間に。我ながらよく話すネタがあるもんだなーと驚いた。今の職場のこと、知ってる社員さんの人事異動先のこと、他の派遣の同僚のその後のこと、最近興味があること、見ておもしろかった映画、その他いろいろ。おお、並べてみたらたくさんあるよ。
 セッティングしてくれたKさん、ほんとにありがとうです。おかげで前から興味があった「カフェ・ド・H」に行けましたですよー。食事もおいしかったし、天気のいいお昼、オープンになった窓からいい風が入って、気持ちだけはリゾートに来たような。その後の、学生街の裏ーの方にひっそり残ってるような古式ゆかしい「喫茶店」、「アトリエ」も濃い話題をやるにはいい具合の客の入りでしたし。
 学生に戻ったような「女のおしゃべり」を堪能した一日でした。まだまだ心はオトメ(爆)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.28

スペースキャンプも終わっちゃう?

 北九州にあるテーマパーク「スペースワールド」が、新日鉄から北海道のリゾート運営会社に譲渡されることがほぼ確実になりました。
 地元民の私ですが、辺鄙な立地、新鮮みの無くなった施設などの理由で数年に一度、新しいアトラクションができるか、スター・ウォーズやサンダーバードなどの企画展があるときに行くくらいで、「じゃあ、スペースワールドに行こうか?」と休日の遊び先候補にあげるほどのこともなく。だから、ここのところの入場者数減や九州の他のテーマパークの苦戦ぶりを思えば、よその会社に譲渡という今回の出来事は「いずれそうなっただろうしなあ」と納得できなくもない話です。
 譲渡先の会社は、「スペースワールド」を地元住民対象のこぢんまり系施設にするのではないかという説が出てます。もはや広域で勝負できるテーマパークはねずみーランドのみ、それ以外には割り込む隙もなさそうだというのもわかります。
 でも、入場者数増に貢献できてたか?というと著しく謎、ではあるけど、マニア層が注目するような企画展とかこれからはやってくれないんだろうなあ、と思うと残念です。それからスペースキャンプがどうなるかも気になります。
 とゆーか、スペースワールド譲渡の話を聞いて、一番心配になったのは「スペースキャンプも辞めちゃうの?」ってことでしたから。
 スペースワールドができた15年前に比べるとスペースシャトル計画もかなり色あせてしまいましたし、過去の遺物と言われればそうかもしれませんが、できた当初、胸躍らせて泊まりがけで体験に行ったもんですから。野田大元帥を祭り上げて、大人数でシャトルミッションを体験するというコンベンションをやった方がいたほど、SF者にとって「スペースキャンプ」は思い出深いものなのです。
 あのころのやる気に満ちていた係員の皆さんがその後どうなったのか、もの悲しくも気がかりです。

 正式に譲渡・立て直しとなると、施設にはいろいろと手を加えることになるでしょう。もしスペースキャンプに興味のある方がいたら、体験するなら今が最後のチャンスかもしれませんよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

言われなくても

 amazonの本やDVDの写真を大手を振って使えるというので、しばらく前からamazonのアフェリエイトに参加しています。
 blogブーム(ってのも、どのくらいほんとなのかわからんが)に乗って、「アフェリエイトで儲けませんか」的なお誘い特集や本が出ています。こないだも「王様のブランチ」でお手軽に作れるblogと紹介した後でホリエモンが登場し、アフェリエイトの話をしてましたけど。ホリエモンのblogでのアフェリエイト収入が70万あると聞いてレポーターの女の子たちの目が輝いてましたが、簡単に作れるblogでお小遣いまで稼げるなんてボロいーってな夢見てるんだったら止めた方が。彼女たちは一応タレント業界にはいるから、やり方次第ではそこそこ儲けも出るかもしれんけど、ふつーの人がアフェリエイトで小銭を稼ごうと思ったら、それなりに時間を割いて記事の作りも工夫しないと無理なわけで。まずはお客さんが来ないことには買ってもらえないから、集客のための努力もしないといけません。何の肩書きもない市井の人が片手間にぴらっとblog更新して大儲け、なんて夢物語はあり得ませんがな。
 そんなわけですから、amazonさんから「四半期過ぎたけど、支払うほどの利は出てませんからねえ」と通知が来ても、さもありなん、ですわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.27

地に足つけて

 派遣先からは「特に業務に差し障りがなければ、GWは休んでね」みたいなことを言われた。今年は日程が恵まれてることもあって取引先も休みが多いし、何より社員さんが休みたいようで(派遣が出てたら管理者として社員も出ないといかん)、特に用もないのに(涙)二日を休むことにした。
 でも、正味予定はないのよ。帰省してくる友人とランチ行くくらいか?<情けなし。
 今さらどこかに出かける計画立てるのも面倒だし、予算の問題もあるし混んでそうだし、と腰重な考えが頭を抜けない。ここは以前保留中にしていたロクシタンのプロヴァンスセットを思い切って買い、ついでに「コヨーテ」の最新号を買って南おフランスとチベットをバーチャルトリップでもするかしら。<何の脈絡もない組み合わせ。ついでにココログのテンプレートも期間限定でプロヴァンス風にするとか!
 …むなしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これが現実

 今朝のNHKのニュースでやっていたのだが、あるデパートがリアル中年おじさん体型のマネキンを作ったのだそうだ。というか、現物そのものが画面に映っていた。一緒に並んでいる控えめ逆三角・腹筋割れ割れのメンズマネキンの横で、中年マネキンは背も低め・胸板うすうす・腹回りあっぱれな切ない姿をさらしていた。体型は日本の中年の平均スペックで決めたそうで、ウエストが80cm?もっとか?あるらしい。(出勤準備しながら聞いたからうろおぼえ)
 なぜこんなものを作ったかというと、スタイルのいいマネキンが着ている服って「どうせ俺が着たってああはならないわけで」とおじさんの購買意欲をそそらないそうなんです。いや、そんなにまじめに現実を見つめなくても。妄想の翼を広げすぎるのもアレですが。
 とか言ってますが、女性向きの通販カタログの中でも住商オットーのなんかはモデルが外人のおねーさんばっかで、スタイルは言うに及ばず髪の色も明るめだから自分が着てどうなるのか、さっぱりわかんないんですよね。「この人が着てるから『いいわー』なわけで、純日本人・背が低く足短く凹凸差限りなくZEROに近い私が着てどうなるよ>これ」と思うと、買おっかなー感は一気に減退します。
 通販会社もその辺はわかり始めたようで、OLの友千趣会のカタログには「モデルが着用しているのは特別サイズのもので、実際の商品は一般的な体型を元にデザインしてあります」などと注意書きが入ってるものがあったりします。それを読んで、まあっ、それなら手足の短い私でも全然おっけーね!と素直に思えればいいんですけど、そこはかとない敗北感を感じるのは避けられないわけで。
 ですから、このマネキンさんの効果はどんなもんかなー?と思いながら、ニュースを見ておりました。

 しかし、体型は現実的でもメイクが全然現実じゃないよ!>マネキン。こんな濃いメイクしてるふつーのおじさんはいないよ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.04.26

amazonんんんーー2

 amazonでドラえもんと一緒に注文したシリコンの皮がまだ届きません。発送の連絡すらまだです。その後手配した「うさこちゃんのたんじょうび ぷれぜんと50」は届いたのに!(ので、近々お届けに上がります>あやちさん。とゆーか、なぜ届け先をあやちさん家にしなかったんだ!>自分)
 そんなわけでなかなかamazonとの縁は切れないのですが、状況ウォッチ中に限っていやーな情報を得てしまうものです。か。カウビの5.1box、ついに40%offですか…。まだ半年しか経ってないんですが。当方一応20%で買ってますけど、この短期間に半分近くになっちゃうのは、やはし(涙)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.25

まだ読み始めです

 が。>「神狩り2 リッパー」。
 初手の登場人物二人が「安さんよう」「江藤さあ」という応酬を繰り返すのはどうなんだろう…。
 神様談義がおもしろいので、このくらいではめげませんけど。「機神兵団」のキャラもちょっと「どう?」と感じるとこがなくはなかったが。私に変なこだわりがあるのだろうか。うーむ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

泣けてしまう

 今、人の生死というものに過剰に敏感になってしまってるせいもあるけど、「ほぼ日」に再録されている山本耕史さんのラジオでの談話で泣けてきた。
 近藤勇の最期の言葉に何がこもっていたか、香取慎吾が何をこめたかってのが、なんかこう。もう後がないとわかっているそのときに「次は何をしようか」です。香取慎吾=本当に死んでしまう近藤勇ではなく、ただの演じてる役者に過ぎないのだけど、一年間擬似的に生きてきたその人が死ぬときに、その人になりきって考えたことがこれです。
 だったら。だったら。と益体もないことを考えてみたりする。いろんな考えが頭を巡る。
 「これから死ぬのだ」とわかっていることは、わからないままに死に巻き込まれるのとどっちがいいのだろう。

 そんなことを考えているときに、尼崎の列車事故のニュースを聞く。突然の出来事に、当事者の方々、家族の皆さんの気持ちを思うとやりきれない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

「神狩り」、読了(BlogPet)

きょうarumiは脇田へ理解しなかった?
しかも脇田に敵対したかった。
しかもどんと脇田で心配された!
しかもどんは放置したかったみたい。
しかもきょうどんで、描写するはずだったみたい。

*このエントリは、BlogPetの「arumi」が書きました。

arumi、悪いが今回はタイミングがタイミングだけに大量削除させてもらったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.24

青春のあははうふふ

kage0424


 家にいると気持ちが引きこもってしまいそうだったので、ちょうど妹に誘われていたこともあり、西の方にできたドッグランに行ってみる。天気は雲はあるものの晴天。紫外線指数が高そう。ドッグランのある公園が近づいてくると、やたらと犬の姿が目につく。犬好きの気のせいかと思ったけど、駐車場からあふれた車からぼろぼろこぼれるように犬を出す人がいて、ほんとに犬が多いんだとわかった。妹のなっとさん、改めあやちさんが「これ全部ドッグランに入ったら、みっしりになるよ」と言う。イモの子ならぬ犬の子を洗う状態?
 来た犬全部がドッグラン目当てというわけじゃないようで、さすがにそんなことはなく。ドッグランはリードなしで犬を放してもいい区画、ってやつなので、他の犬とうまくやれない子、気の荒い子、ケンカしがちな子は向いてない。アインはどうかと聞かれると、そんなに社交的でもうまくやれる子でもないけど、吠えられることはあっても吠えることはないヘタレ犬だから、人様に迷惑をかける心配だけはない。
 放してみると、気性の穏やかそうな犬の後をついて回ってはご機嫌伺いをして、相手にしてもらえずとぼとぼ戻ってくる。ケンカ売りまくりでも飼い主としては心配だけど、遊んでくれる相手が見つからないのも不憫だ。
 あやちさんは黒いポメラニアンの影丸を連れて行ったのだけど(烈のアニキは最近あまり社交的ではないので留守番)、彼はまだ遊んでビームを振りまけるようで、ドッグラン内を遊んでくれる子(もしくははあはあできる娘さん?)を探して楽しげに駆け回っていた。


ein0424

 しかし後半、影丸とアインの運命は逆転する。
 後からやって来た真っ白いペキニーズ(?)と黒いシーズー。黒シーズーは影丸をいたく気に入り、ホーミングミサイルのように追い回した。だが、残念なことに黒シーズーはオス。影丸にはゲイの趣味はないのでひたすら逃げまくる。追うシーズー。飼い主の人が捕まえてなだめても、放せばすぐに影丸のところに飛んでいくから処置なし。帰るころには、影丸の目はかなりうつろでイった状態になっていた。
 一方、同じころ来た若いコーギーの娘さんは何をトチ狂ったのかアインをお気に召したようで、向こうから積極的にアインにアプローチしてきた。アインもまんざらではないようで、彼にしては活動的に娘さんの相手をする。娘さん、アインに踏み踏みとのっかかってきたり、ぐるぐる追いかけっこになったりして、見た目はかなり「波打ち際を走る若いカップル」あははうふふな感じ。
 これだけなら「まー、ほほえましーことー」などど不抜けた感想を抱きつつ、犬の様子を見てるバカ飼い主になってられたのですが。コギ子さんのちょっと後に現れた黒いラブラドールレトリーバー。彼はなぜだかコギ子さんに一目惚れ(?)。アインとあははうふふな時間を過ごすコギ子さんに「僕とも遊びましょう」とちょっかいをかけ、すげなくされる。めげないラブ。無視するコギ子。間に挟まれ、テンションが下がり気味のアイン。
 ついにコギ子、「気持ちよく遊んでいる私の邪魔をしないでよっ!」。ガウルルルーとラブを威嚇し始めた。ラブはいったんは引き下がるものの、しばらくするとまたコギ子さんに「遊びましょう」と寄っていく。コギ子、無視のままアインと遊びまくる。
 珍しくモテるアインの姿はバカ飼い主としてはうれしいものだが、あまりにもラブあわれ。ラブの飼い主の方は「毎回違う女の子にご執心なんだよなあ」とあきらめモードです。
 結局アイン&コギ子さんのカップルに割り込もうとする黒ラブという構図は、コギ子さんがお帰りになるまで続いたのでした。去っていくコギ子さんを最後まで追う黒ラブ。それに引き替え、「僕もう電池切れです」とうつろなエヘ顔を浮かべてぼーっとしているアイン。お前、も少し愛想よくしてくれよ、頼むよ、と身の置き場の困るバカ飼い主でありました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

早すぎる訃報

 日曜のお昼前。ただでもボンヤリな私が最高にぼんやりしている時間帯にアレ友達のピ課長さんから電話がかかってきた。
 「今、大丈夫?」「うん、大丈夫」「急な話だけど、佐々木さんが亡くなったらしいんだ」。
 一発でボンヤリが吹っ飛んだ。反射的に口をついて出た言葉は「うそ!」。だけど、情報の出元を聞くと嘘が出てくるとは思えない。相方をたたき起こし、なんとか情報収集をしようとネットやらメールやらをチェックしまくる。

Continue reading "早すぎる訃報"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.23

いや、わし、好きだったんだが

てーか、今でも好きです>「ドラゴンクエストファンタジアビデオ」。
 中古LD売り場で発見して、速攻保護しましたから。見ようと思えば今!すぐ!見られます。
 昨今のCGや向上しきった特撮画面を見慣れていると最早お笑いにしかならない出来かもしれないけど、1988年当時、ゲームを子供だましの際物としか見ない人が多い中で、「ドラゴンクエストファンタジアビデオ」はちゃんとドラクエ好きな人が予算いっぱいいっぱいでドラクエらしさをすくい取った映像作品だったんですよ。お金ない(たぶん)中でよくがんばって作ってあるなあと、感涙した記憶があります。
 だから、お笑いとしてのみしか見られないのはちょっと悲しいです。それが時の流れってもんかもしれませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今、揺れた?

 だらだら続く余震のせいで、揺れに過敏になっています。正座すると脈打ってるせいでゆらっと感があるんですが、それが一瞬「余震?」と思えることがある。神経質に過ぎるなーと我ながら思います。でも、「あれっ?」とTVのテロップ確認しちゃうんですよね。家はさしたる被害も受けてないのに。
 「寝返りで揺れても、びくっとすることあるんだよね」と相方に言ったら、向こうもそうらしい。もう体感余震もほとんどないんだけど。
 そりゃ、いろんな風評も飛び交おうというもんだ。へんてこな形の雲が出るたびに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イヤフォン問題

 と言えば、うちのドラえもんである。謎なグッズは出せないが、家のローテ度の高いCDの曲を意外な並べ方でなら出せるiPodminiさんである。そのiPodさんの同梱イヤフォンカバーが取れやすい。とネットの記事で読んではいたが、本当にあっという間にとれてなくなった(怒)。スペアがついてはいたけど、きっとすぐまたとれそう。あれはつけてるべきもんなのか、なくてもかまわんものなのか。気になる。
 私は耳音痴なんで、それほど音にうるさい方じゃない。だから、純正品の同梱イヤフォンの質がどうなのか、よくわからない。聞こえればいいじゃん、聞こえれば。という姿勢なんだけど、試しに手持ちの数少ないイヤフォンをうちのドラえもんにつなぎ変えてみた。一つめが古いKENWOODのMDプレーヤーについてきたもの。リモコンにつないで使う短いやつで、これ単品で聞いていたときには何も思わなかったけど、他のと比べると音に厚みがない感じ<ナマイキ。もう一つがeggyというドコモが出してた動画も撮れる30万画素のデジカメ(本当の目的は違うんだが、私はそういう使い方しかしてないもんで)についてきたイヤフォンで、デジタルおもちゃとして人気のあった本体とともになかなか評判のよかった同梱品です。確かにKENWOODより、そして私の耳が信じられるならiPodの同梱品より音がいいような気がする。一つ一つの音が立ってる感じがするような。でも、これ、コネクタ部がL型だし色も黒で、ドラえもんのお供としてはデザイン的にちょっとなー。<結局見てくれ重視かい!
 そんなわけで、後釜を探したもんだか、手持ちでごまかしつつやっていくべきか迷いつつ、片っぽカバーがはずれたままのイヤフォンをそのまま使ってる今日の私です。<スペアかぶせろよ!

 あ、スペア無くなってもこれを買えばいいのか>「イヤフォン用パッド」。近所で売ってるのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.22

性能よりミニチュア観

 写真大好き!というわけでもないので、光学ズームすらついてない骨董品のような2Mのデジカメを延々と使い続けています。買い換えた方がいいのかなあって何度も思いながら、相方のケータイのカメラが3Mあって、いざとなったらそれで用が足りる気もするし。(起動が遅くて使えないとも言われたが)
 撮ると言ってもいぬの写真くらいだしなあ。そもそも今まで撮ったやつだって、HDDで場所埋めてるだけになっているよ。
 そんなわけで、早急にデジカメを必要としてるわけじゃありません。具体的に「こんな性能のやつがほしい」という目安もありません。
 だから実用的には何かと足りない部分が多そうなミノックスの「Leica M3」が、見てくれだけで欲しくなったりするんでしょう。これはデジカメとして買うもんじゃないんでしょうね。写真も撮れるフィギュアと思うべきものなのかも。

 値段を考えたら、どう考えてもセカンドデジカメにしかなりそうにない性能のLeica M3よりも、いぬの毛で吸塵力が落ちまくってる掃除機の後釜を探すべきなのはわかってますけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「神狩り」、読了

 日本語っていい!なんかすらすら読める!
 のっけから英会話教材のつり文句みたいな感想ですみません。前が「ブラッド・ミュージック」だったもんで。翻訳文章の独特な感触にしばらくつきあった後だと、元々日本語で書かれた文章がリズムよくさらっと読めます。内容の理解はさておいて。
 「神狩り」って、まさしくタイトル通り、ある事件で神なる高次存在がいると知った主人公が、その干渉をよしとせずに抵抗を試みるという話なんだけど、ざっくりなあらすじでも「複雑そー」と思える話がなんと文庫本で250Pくらいしかない。読み進めててずっと「残り×Pでどうやって終わるの?」と心配でした。問題のオチは、これから読む人のために秘密です。うーん、これはアリというか、この枚数ならこの辺が落としどころかなあ。
 30年前の作品ということで、今流行ものの小説とは重心の置き所が違う。一番違うのはたぶんキャラの扱い。一人称なのに、主人公のキャラが淡泊。登場人物もそこそこ多いのに、その上けっこう重要な役回りだったりするのにどんどこ死んでいく。もし書き込まれてたらいちいち滂沱の涙だけど、主人公以外の描写もあっさりなんで、おー、この人が、くらいの驚きで次の展開に気持ちが持って行ける。どのキャラもなかなかおいしそうな過去があって、そこを書かないのはもったいなーいって思うのは今風作法に慣れちゃったからでしょうね。島津と及川と宗と脇田あたりは、その筋の人ならいくらでも深い裏設定を作って絡められそうな勢いなんだが。
 私の汚れた脳内の話はさておいて。
 山田正紀ってこれが初長編だったのかー。一番最近読んだ山田作が「機神兵団」(しかも途中で放置)な私が言うものなんだけど、コミュニケーションが成立しそうにない敵対者との戦いってこだわりのあるテーマなのかなとも思う。「アグニを盗め」くらいは読んでおくべきだっただろうか>自分。(山田代表作をろくに読んでないな(涙)>自分)
 と思いつつ、「神狩り2 リッパー」に続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.21

「ネクサス」は脱落したけど

 ウルトラ好きなんて言っておきながら、昨年末には「ウルトラマンネクサス」から脱落した私。んー、なんかこー、世界観凝ってる割にちょっとツメが甘いかなーなんて思ったもんで。謎ぶり撒くだけぶり撒いて、回収できそうにないっぽいのがつらくて。何より、主役&正義の組織(?)のメンバー、誰一人にも感情移入できないまま見るのがきっつくて。
 「ネクサス」も放送開始から早くも半年が過ぎ、最初のウルトラくんが亡くなられたと風の噂に聞いております。物語はちゃんと転がっていってるのでしょうか。週末の夕方にでもやってくれれば、様子を見られたものを。<朝起きる気なっしんぐ。
 さて、現在のシリーズが折り返しにはいると、そろそろ次のシリーズの企画が漏れ聞こえて参ります。やるなら、ですが。そして、次シリーズをやるらしいんですが。
 なんと、その次作「ウルトラマンマックス」の監督陣に金子修介監督と三池崇史監督が参戦。ををををを?
 映画の人をTVシリーズに引き込んだ円谷の意向、そしてお二方が何本くらい手がけられるわかりませんが、ご本人たちはやる気らしいので期待して待っていたいと思います。

 そういえば、去年だったか深夜にやってた「ウルトラQ」も見てないなー。(福岡でやらなかった)DVDでも借りてきてみるかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

心配です

 やっとというか、しぶしぶというか、反日デモの沈静化に取りかかった中国政府。スケープゴートとしての日本は活用していきたいけど、経済的には金のなる木を手放したくないと千々に乱れている模様。政治的、あるいは歴史上の問題はややこくて、私のような不勉強者に口を挟める分野じゃありませんが、日本はもっと歴史を勉強して中国への謝罪の気持ちを明確に持て、なんて言われると、そちらも自国に都合のいい情報だけを教育現場で流布してるじゃないのよう(泣)と反論したくなります。偏ってるとしてもお互い様です。
 旅行予定もなく文化的な興味もないのに中国のことが気になるのは、ネット知人の某さんが今上海に勤務しているからです。国が多少本気で対処する気を起こしたって、あんなでかくて人が多い国、しかも正直、公務員の方々の勤務態度に「?」を感じる国でどれほどの成果が出せる事やら。仕事ですから個人の意志では自由にならないことも多いでしょうが、最後は自分の身の安全が一番大事です。せっぱ詰まってからでは遅いので、早く日本に引き揚げてきた方がいいのでは?とすら思います。

 「天漢日乗」さんで中国旅行者がとんでもない料理を食べさせられた話を読んでからは、治安以前の問題としてどうしてもという事情がない限り、今後はなるべく中国旅行は考えまいと思いました。中華料理は大好きだけど。あちらの方には申し訳ないけど、私もこの話がまるっきりのネタとは思えなくて。中国語が全然できない以上自分で情報収集はできないし、今の状況では不安を感じずに旅行するのは無理ですもん。(私の場合、仕事ではなく休日に出かける場所になるので)
 Nさん、健康に暮らしてますか。滞在中の安全を切に祈っています。

※追記
 その後、コメント欄などで出元の記事(Yahoo!掲示板の投稿)の信憑性に「?」を提示していただきました。(記事部分だけだと情報が偏るので、できればコメント欄も表示して合わせてお読みくださいませ)この時期ですから、日本人サイドからも中国に不利な風評が出がちではあるでしょう。プラスの情報でもマイナスの情報でも鵜呑みにせずに自分で冷静に検討しないといかんのでしょうね。不勉強とか逃げずに>自分。

 でも、今年はあんまり行く気にはなれない場所なのには変わりなく。近い国だけに長年に渡ってややこしい問題を積み重ねてきてますから。簡単に解決できるねじれじゃないですよねえ…。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

2005.04.20

週中やってのに

 最悪の目覚めです。余震ですがな!ここのとこ鎮静化に向かってて、体感地震はほとんど無くなってたのに。目覚ましが鳴るまで後一時間弱のしあわせと不幸がせめぎ合うタイミングでどばーん、です。あああ。まだ寝ぼけてるのに、冷蔵庫からいろんなものが飛び出てるし、例によって棚からぼた餅ならぬあれやこれやが落下してるし、早朝からひーひー言いながらお掃除(涙)。割れ物もないし手のつけようもない惨状ってわけでもないから、贅沢は言えません。
 当然のように線路ものは運転見合わせです。バスに乗れば定刻出勤は可能は可能だったけど、帰宅して掃除の続きは悲しすぎたので、「地下鉄動くまで自宅待機でいいですか?」と派遣先に連絡。OKが取れたので、NHKをつけっぱなしにして掃除を継続します。ニュースを見てると何が何でも会社へ!な男性が結構いますけど、ああいう方々はお家は無事だったんでしょうか。仕事でへろへろになって帰宅して、ものが散らかりまくった部屋に横たわるのはつらくないですか?つらいと言わせてもらえないのがサラリーマンではありましょうが。
 9時頃地下鉄が動き出したというので出勤準備。をしていたら、またかなり大きな余震だよ(泣)。そっこーで地下鉄がまた止まったとニュースが言うので、出るばかりのかっこで家の中をうろうろ。10時前に再び運転再開の報を聞いて、ドラえもんをお供に旅立ちました。
 地震って被害の出方がむらむらと言いましょうか、どうってことなかったところを歩いてる分には特に何があったとは思えないほど普通の日なんです。でも、もろくなってたり当たりどころが悪かったりしたとこはぐちゃぐちゃのがらがらだったりするわけで。被害の連絡も五月雨式にぱらぱらと集まってくるから、今大きな知らせがないからって安心するのはまずいでしょう。
 と自戒しつつ地下鉄に乗り込むと。ダイヤが乱れています、ってのは聞いてましたが、ここまでのろのろの徐行運転とは思いませんでしたよ…。時速15kmですって。余震が来たとき即止まれる早さなんでしょう。あんなにはっきり地下鉄の線路の枕木?を見続けたのは初めてです。普段の二倍以上の時間をかけて天神に到着しました。
 天神は、一見通常通りの佇まいですが、店員が出勤しきれてないとか陳列品がぐちゃぐちゃあたりの理由でしょうか、シャッター降りっぱなしの店もちらほら。でも今日はどこも開ける気満々なんですよね。舞台裏では大車輪でお片づけ中ではないかと。

 そんなわけで不本意な早起きと早朝労働で眠くてたまりません。帰ったら速攻で寝る、と会社の同僚に言ったら、「えー、眠れるの?不安じゃないの?」と呆れられました。不安ですけどー。昨夜も嵐みたいな風の強さでめっちゃ寝付きが悪かったもんで。生理現象には勝てないじゃないですか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.04.19

バクチは承知で

 なんだか劇場で邦画の鑑賞率が上がりそうな今年。相方が五月の映画の日に「真夜中の弥次さん喜多さん」か「阿修羅城の瞳」を見に行きたいというのです。ううう、どっちもクセ強そうじゃない?
 最近の人気ぶりに反してクドカンものをほとんど見てない私、「弥次喜多」で初クドカンもいいかもしんないが。<もっと入りやすそうなのから行ってはどうか?
 特に決定打もないままだらだら日は過ぎ、相方にどっちにする?と聞かれ、「阿修羅城の瞳」に決めました。その理由は。
 音楽担当が菅野よう子だったからさー。ちゃらりらー。
 テーマ曲はSting歌いおろしの「マイ・ファニー・バレンタイン」。この辺もビバップちっくですね<をい。全然本編と関係ない理由で見るもの決めていいのか>自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

好きですよ、ユニクロ

 何となく好きで気が向いたときにふらっと手に取る雑誌「relax」。今回出た別冊の特集は、なんとユニクロ。やるな、relax。ブルータスは無印で手堅い選択だったけど、今ユニクロは簡単なようでむずかしい感じ。
 カジュアル好きには敬遠されがちな最近のユニクロ。でも、差し色に使うTシャツとか定番デザインのカーディガンとか、便利に使える気がするんだけど。値段分の商品にはなってるのだし。今冬はカシミヤのマフラー、大活躍だった。ただ、ユニクロのカラー展開は私の好みからするとちょっとずれてて、商品としては欲しいけど気に入った色がないってことがしばしば。今年のkids向きおもちゃ会社コラボTシャツのトミカやプラレールはちょっと欲しいかも。週末に入ってくるチラシもきっちりチェックしてます。
 ってなわけで、気軽さ手軽さで現実にお世話にもなってるし「 IT'S YOUR LIFE あなたはユニクロが嫌いですか? 」、買っておこうかな。relaxのグラビアページだったら、ユニクロがすんごくかっこよく見えるかも。それがユニクロの狙い?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こっちの方が無害

 相変わらず日経新聞の最終面をチラシの裏化し続けているなべ爺の「愛ルケ」。今月に入ってからはめったやたらとえろ成分を増量しているんですが、かといって本家のスポーツ新聞ほどの過激さもキレもなく、間に挟まれたご高説が的外れでうっとうしいったらありません。(と言えるほど読んでいる自分が情けないが、以前のように毎日チェックは止めました。さすがにアホらしくて)
 いったい何の裏付けがあって、なべ爺さんがこれほど自信たっぷりに性愛について語るのかわかりません。登場人物が物語の構成物として機能しておらず、主人公がもろ書き手本人と化しているので、語れば語るほど作者自身の貧しい女性体験が露呈するばかりです。プロのみなさんに手玉に取られてきたのだなあと。
 でも、これに毎朝萌え萌えのオッサンが実在してるんですよね、この日本にうようよと。orz
 この国を恋愛後進国にしているのは爺自身だと思うのだが。

 男のハーレクインロマンスの話はさておき。
 アメリカの奥様方にとっての「冬ソナ」はキッチンペーパーのイメージモデルです。見た目が骨太でややマッチョなのは日本の女性とは嗜好が違うようですが、清潔感があり家事万能・そして女性に優しいってとこは洋の東西を問わず重要ポイント。手近なところに毎日のささやかなお楽しみを見つけ出すあたり、女性はさりげなくしたたかです。製品やモデルさんをじりじりと好みの方向に動かしていくパワーも。

 朝日新聞では篠田節子の連載小説「賛歌」が終わりました。最後の一ヶ月ばかりの読者でしかないんだけど、ふらっと読んだ回から先が気になって、今さら読んでもと思いつつ引っ張られていきました。やっぱ小説ってこういうものよね。純粋に「おもしろそうだな」と内容に興味を感じて読むものよね。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.18

いらっしゃいませ、ドラえもん

 なんて書くと、声優一新の新生ドラえもんを見た感想のようですが、違います。
 ついに!お待ちしておりました、わたくしのiPodminiさまが到着したのです!ううう、長かった。半月以上待ったじゃんかよ。amazonが一言、送れないでいるのはシリコンカバーのせいです、と事前に知らせてくれれば(涙)。
 グチはいいとして。届いた現物をしみじみ見れば見るほど、ドラえもんそっくりのカラーです>blue。スクロールホイール部が四次元ポケットつきの腹そのもの。あとは赤い首輪と鈴をつけるだけでドラえもんのできあがり。
 …ドラえもんに思い入れないのに。他の名前で呼びたいのだが、どうもこのままドラえもんで定着しそうだよ。
 鍛えたiTuneの中は2G程度なので、つなぐと全件入ってしまいまして、しゃほーして聞くと分裂症のようですよ>自分。近所のスーパーにいるとき突然Gガンのチボデーが歌い出して、吹きそうになりました。こんなもんまで入れとったんかい!>自分。
 同梱品のイヤフォンはやはりちょっと耳の形に合わないようで、長時間つけてると痛くなってきます。流行のinイヤータイプに買い換えるべきかしら。

 ところで、appleにユーザー登録しに行ったら、ちゃんと本体裏のシリアル番号を打ち込んでるのに蹴られます。なぜ?明日もう一度チャレンジしてみるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.17

はじめてのくるくる寿司

 などと書くと、「なっにー、じゃあ普段はカウンター式の寿司屋に!?」と目をむかれそうですが、そもそもナマの魚や魚の卵が苦手な私は寿司屋に行ったことがない。正確には、大学の時就職したクラブの先輩が連れて行ってくれたことがあるけど、この贅沢にうまく感謝しようがなく、味もわからないままに白身魚の寿司を丸飲みしたもったいない過去があるくらいのもので。
 だからその後、生魚(と、連れて行ってくれる方)に失礼がないよう、寿司屋には行ったことがなかった。
 それが今回初くるくる。姪のお誕生日で、じい&ばあが「どこでも好きなところでご飯を食べていいよ」と言ったところ、姪は「くるくる寿司ー」と言ったからなのである。おかげさまでおばちゃん、興味はあっても行く機会のなかったくるくる見学ができたよ。
 うわさには聞いていたけど、休日の夜のくるくるはお客がいっぱい!あっという間に駐車場も待ち席も埋まっていく。かと思ったら、客の回転も速いんで、それほど混んでる、待たされるって感じはない。
 あわただしいけど。寿司は次々ととくるくるやってくるし、お客さんも店員さんもめっちゃあわただしい。その中で、回ってくる寿司種から、自分が食べたいものをとっさに見つけてGETしないといけない。なんだろう、これ?なんて悩んでたら流れて行っちゃうし、システムがわかってない私は何もかも妹頼りで申し訳なかった。
 子どもみたいな感想ですまん。生はダメな私でも、巻き寿司とか卵巻きとか穴子とか、火の通った種がそこそこあって、ちゃんとお腹はいっぱいになった。でも、次回があるかは限りなく不透明。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大人として

 姪の誕生日ということで妹宅に行く。おばちゃんとしてはなにやらプレゼントを準備しなければならないんだが、子どもの時から男らしく育った私には、誰に似たのか女の子全開の姪が喜びそうなものがわからない。ってゆーか、子どもって何もらうとうれしいんだろう?自分もかつては子どもだったのにさっぱりわからん。加えて、あまり子ども優先で考えると、親的には場所ふさぎになったりあると困ったりするものもあるだろうし。
 どうにも思いつかなかったので、ヘアクリップの類を買っていくことにする。これなら無くしそうだから、数があって困ることもないだろう。
 しかし、今度は姪が喜びそうな色柄がわからない。男らしくシルバーや寒色のストライプを選びたいのだが、それはお気に召さないだろう、ということで、私の趣味からなるべく遠い、ぴんくーやあかーでぷりてぃーな感じのものを選ぶ。子ども用のプレゼントって難しいもんじゃのう。

 妹宅にはじい&ばあもやって来ていた。妹が言うには、「はるってば、ばあからニンテンドーDSをもらうんだよ」。えええー。小学校低学年でもう万単位のおもちゃー?6ポケット時代の子どもは恐ろしい。「で、ソフトは何を?」「そりゃ、『nintenndogs』でしょう」。えええー、妹の家にはナマ犬が二匹もいるんですよう!このうえバーチャルで犬飼ってどうするんだよー。
 と内心ツっこんだ私の顔にはその下の本音が覗いていたらしい。「あんたもほしいの?」とばあがのたまう。「買ってあげてもいいわよ、お誕生日に」。えええー、わたくし、誕生日は八月なんですけど。
 そーじゃなくて。
 この年にもなって、ばあ(=myままん)から誕生日プレゼントとしてニンテンドーDSと「nintenndogs」もらうってどうですか。大人として。自分。
 なけなしのプライドが「いや。…そーゆーわけには」と言わせましたが、誕生日まであと四ヶ月、もしや名を捨てて実を取るかも。自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私、待ってます(BlogPet)

きのう、ここへ予定したかもー。


*このエントリは、BlogPetの「arumi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.15

これは買いだ!

 と会社で力説したら「そうなんですかー」と気のない返事をされました。
 何かというと、あの驚異のプラネタリウム「メガスター」をベースに家庭用に作られた「HOMESTAR(仮称)」。あの天の川まで霧のような姿で再現できる「メガスター」が元なら、簡易版もかなりの高機能が期待できます。それがなんとたったの二万円!二万円であの星空が我が家に!
 もー、夜中の通販番組で出てきそうなびっくり価格です。
 私の気持ちとしては、今すぐ○○にお電話したいッ!お待ちしていまーすーでなくても!
 と思うのですが、我が家には残念ながら星空をゆがまないように投影できる大きな丸いスクリーンを設置するスペースなんかないんでございますよ。
 はー、残念。
 でも、学校で購入するにはちょうどいい値段だと思います。来年度予算にはぜひ「HOMESTAR」の購入費用を計上してください>学校関係者の皆さん。

 というような感動を共有するには、やはり基本となる趣味嗜好が一致してないとむずかしいわけで。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

amazonんんーー

 さて。一~二週間以内に発送ときっぱり書かれていた私のドラえもんですが、先日期限ぎりぎりにamazonからメールが参りました。
 一緒に送る商品がそろわないので、期日までの発送ができなくなりました、申し訳ありませんとのこと。ああ、やっぱ珍しくiPodminiを二千円近くも割り引いたから、ものが確保できないのかー、むう。
 と独り合点していたら。よくよく文面を読むと、確保できていない商品はiPodminiではなく一緒に頼んだシリコン製のカバーの方だったのです!
 なっにー???
 てーことは、私のドラえもんはとっくに準備万端になってたってこと?なしのつぶてだったのは、皮の事情だったのかい?
 だったら早く連絡して来いよ。皮なんか後からで全然問題ないんだからよー(泣)。
 もちろん、速攻で別便配送に切り替えましたさ。
 皮の手配にはまだ時間がかかるようなんで、いっそキャンセルして別のやつに変えようかな。<シリコンはほこりが付いて汚れやすいという意見をさんざん読んで気持ちが萎えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひとり二十世紀博

 胸を張ってNHKBSを見られる身の上なので(なんだ、そりゃ)、もう地上波民放より見まくりです。特にこの春からhiの夜十時台に移動した「熱中時間~忙中趣味あり~」と「平積み大作戦」は要チェック状態です。見落としても、週末にBS2でフォローできるのもよし。
 昨日の「熱中時間」は万博に熱中してる人を取り上げてました。きっと「愛・地球博」支援のテーマなんでしょうが。メインは嘉門達夫が「愛・地球博」で非売品のバッジをなんとか分けてもらうトライアルを紹介してましたし。(こんなの放送して、まねしてバッジを手に入れようとする人がたくさん出たらどうするんだろうと余計な心配)
 しかし、今回のどびっくり熱中人は「今でも大阪万博開催中」の関連品コレクターの方。なんと個人でゆかりの品を千点以上お持ちだそうです。家中に展示しまくりです。コンパニオンの衣装18点まで!(今の女性が着ると、体格がよくなってるからちょーミニ。レトロフューチャーなデザインでかわいい)
 まさに一人二十世紀博状態byオトナ帝国。あなたをケンと呼んであげましょう。(呼ばれたくないかもしれませんが)
 ああ、もう、懐かしくって死んじまいそうだよ!って言いたいけど、私は大阪万博に行ってない…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.14

逃避願望

 年度初めということもあって、忙しくはないけど慌ただしい毎日です。社員さんがぶつ切れに移動になったりして落ち着きません。
 いや。本当はやらなきゃいけないこともあって。期限だってあって。わかってるんですが、そういうときほどずるずると後回しにしがちですよね。テストが近くなると、普段やりもしない部屋の掃除を始めて、本棚の奥の本を際限なく読み続けたり。<人に同意を求めるのはやめなさい。
 そんな逃避願望でいっぱいの私が見つけたのが、ニューヨークからタヒチへの直行便を案内するサイトのFlashムービー。ああっ、いいわ、青い空青い海。こういう景色を眺めながらだらだらと読書する優雅な休みを送ってみたいものだ。
 暑いのは苦手といいながら、絵に描いたようなリゾートの景色に弱い私。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たまにはおなごな物欲

 自然派化粧品って高いのですよね。なぜか。BODYSHOPとかRUSHとか、なんとかなるものもありますが。ジュリークやロクシタンはつらいです。なぜロクシタンのシアバターはBODYSHOPの3倍近くするのでしょう。理由はあるのでしょうが、何を聞いても納得できそうにない庶民の私。
 そんないつもサイフは真っ赤を自負するわたくしにでも手が出せそうなロクシタングッズを発見しました。その名も「パスポートのいらないプロヴァンス」限定キット
 …は。はずかしー。名前がはずかしいよ!
 でも、最小単位キットなら三千円台でお試し可なのはありがたい。ロクシタンさまがここまで手をさしのべてくださっているのだから、これは乗るべきなのかも!
 そして、どこにも行く予定もない長ーいGWを、気分だけはプロヴァンスに旅するのもいいかも!
 …書いてむなしくなりました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

もうMじゃない

 毎年の罠ですが、春先・秋口って「去年、何着てたっけ?」と思いがち。どうしても思い出せなくて、なにやらちまちま買ったはずなのに、次の季節になるとまたもや何を買ったか思い出せず、「着るものあったっけ?」と悩まなくちゃいけない。(そんな間抜けは私くらいでしょうか)
 通勤路にはあふれるほど服売ってる店があるんですが、もはや二十代の娘さん向きの服なんか私の手の出るものではなく。今年はふわふわ透け透けボリュームたっぷりのロングキャミ・昔で言うとベビードール風?が各種取りそろえてありますが、これらはボトムにパンツを履くのが前提のバランスになっているので、私のように腰重かつ足が短くてパンツを履くのを断念している人間にはとんと縁がないアイテムです。
 いろんな意味でお呼びでないとディスプレイに言われ続けた私が結局漂い着くのは無印良品。無難なカジュアル指向でごめんなさい。でも、無印ですら、私には日々敷居が高くなってます。何と言ってもサイズが!ユニクロならほんとは子どもサイズ150センチ向きが一番ちょうどいいくらいの身体の私。若い世代用にサイズ調整がされつつある昨今、婦人用Mサイズがびみょーにでかい。それなのに、絞った胴回りや二の腕がちとつらい。私もなんですか?端からオバサン想定のお洋服でないと合わないお年頃に突入したんですか?(泣)
 ちなみに無印で確実に着こなせる自信があるものがある。試着なしでもずばっと着れそうな、それはマタニティシリーズ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.13

家だからこそ

 もう飽きたにょーん、と言う方も多いでしょうが、まだ見てます>「トリビア」。今週は「犬は水を飲むとき、舌を裏側に丸めて飲む」というネタが内輪でヒットでした。最初に出てきた犬がコーギーだったし。いきなり二人から注目を浴びたアインはなにやら違う期待をしたようですが、私どもは期待するアインのはあはあ出てきた舌をかつてないほどまじめに観察しただけです。
 これが逆L字にまで曲がって水をすくい取っているのだ。ちょぶっちょぶっちょぶっと途切れなく音を立てて水が飲めるのも、舌を裏側に曲げられるせいなのだ。
 おお、全く役に立たないけど、私どもには目から星が出そうなトリビア!

 後、トリビアの種が「本物の一匹狼の鳴き声をバウリンガルで翻訳したら何と言っているでしょう?」の検証など、犬系好きには楽しい一時間(+α)なのでした。十日もオオカミ探して歩いたのね。
 ただ、せっかく忘れていた「ニャホニャホタマクローのうた」をもう一回刷り込まれてしもうたのは難でした。またまた頭の中で回り出す「ガーナのサッカー協会会長、ニャホ、ニャホ、タマクロー」(涙)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dr.Pepperって

 ネットを漂っていて読んだんですが、東京ではまだ現役なんですか?>Dr.Pepper。そここで売っていると書いてあって、「えっ、あれって不評で撤退したんじゃないんだ」とびっくりしました。人が多い分、ニッチな商品でも扱えるんでしょうね。こっちではプリンシェイクですら入ってる自販機少ないのに。って、Dr.Pepperをニッチと言い切ってしまったら、ファンに怒られるのだろうか。でも、プリンシェイク好き>Dr.Pepper好きではあろうと思うのだが。
 もしやサスケとかまだ売ってたりしないだろうな>東京。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

私、待ってます

 amazonさん。3/29に注文した私のドラえもん、注文後一~二週間で発送でしたよね?今日で二週間になりました。鍛えたiTuneはお腹の中身がやっと1G越した程度ですが、そこそこの準備は整っています。
 ええ、わかってます。発送状況の一覧で見ると、発送予定の期間が~4/16になってるのは。でも、私的には「3/29から二週間、ですよね?」な気持ちになるのを許して頂きたいと思います。
 お安かったのだから文句を言ってはいけませんよね。だから、amazonさんに直接「どないなってんねや、コラ」と言うのは控えます。広いネットの片隅で、ちょこっとグチをこぼすにとどめておきます。

 しゃほーがなかなか来なくて泣いていたGANAIさんを、他人事と冷めた目で見ててごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.12

大きいとおもしろい

 「やじうまwatch」で紹介されていた「高橋メソッド」。
 まじめなプレゼンテーション手法の紹介なのに、おもしろい!笑いを取りに行ってるわけでもないのに、読み進めているとぷっと吹き出したくなるのはなぜ?
 サイトで公開されている「高橋メソッドによる高橋メソッドの紹介」を読んでいると、なんだかすごくメリットの多いプレゼンテーション手法です。(ど忘れしてもどんどん進められるとか(爆)パワポでこりに凝った絵作りして、動きのあるスライド作って、とかしなくてもいいような気がしてきます。「でも、簡潔にまとめる才能がないと、効果的なプレゼンは無理なんじゃない?」と不安に思う方は、「最速インターフェース研究会」のオブジェクト指向バージョンにて擬似的なプレゼン資料を作ってみてください。いや、むずかしいことは考えず、単文いくつか打ち込んで表示してみるだけでいいのです。
 それだけで笑えてくるんです!なぜか。字が大きいというだけで
 いや、笑える=いいプレゼンじゃありませんが。
 私もプレゼンしなきゃいけなくなったら、今度は高橋メソッドでやってみよう!派遣にそんな機会があれば、だけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

巨大でもかわいい

 トド?ゾウアザラシ?この手の動物には疎いので何とわからないのですが、そういう彼(もしくは彼女)が芸をする姿は大人よりでかい身体なのにどこかけなげです。もしバランスを取り損ねて転げようものなら、トン単位の身体は凶器になるに決まってるでしょうが、微笑ましくも笑えてしまいます。(飼育係の人、慣れてるんでしょうが命がけですね)

 いいな、エサマダー(本名なんだか)はご飯もらうとうれしいのね。うちのばかぼんは今日もえさ入れの前でフテくされてますよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.04.10

慣れても怖い

 夕方遅く買い物に出て、でかい袋を下げて帰ってきた。エレベーターホールでぼーっと立ってたら、けっこう大きな余震が!
 もうこの数週間で、今までの人生の何倍もの数の体感地震を経験した。福岡の人間が揺れたとたんに「今のって震度○くらいかな」なんて言うようになるなんて、一ヶ月前には思いもしなかったよ。
 一時に比べたら全然数も減ったし規模も小さくなったとはいえ、震度3くらいのの後となるとエレベーターに乗るのにはちょっとビビる。荷物あるから乗ったけど<だめじゃん。
 関東の方でも震度5の地震があったらしい。日本の足下はどうなってるんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.09

科学と学習でしょう!

 ETV特集新“科楽”教育のススメ」を見る。なんたって米村でんじろう先生の実験があるんですから。それだけでも要チェック。
 私はSF読みですが、根っからの文化系です。今となっては水兵リーベくらいですよ、頭に残ってるのは。でも、理科はつまんないとは思わなかった。授業はよくわからなくてもつまらない科目という意識はなかった。それはたぶん、学研の科学と学習のおかげだと思う。というか、科学のふろく。何がどうって理屈はわからなくても、自分で好きなように実験し放題!(それで何がわかるのかは置いておいても)って魅力的だった。
 今でもやっぱり自分の目で見て手で触ってという体験がわくわくするものだってのは、でんじろう先生の実験を見てわかる。「私もやってみたいわー」と思う。そして、もし「どうしてそうなるのか?」がわかるともっと楽しい。世の中には知らないことがたくさんあって、それがなぜかがわかった瞬間の「わぁああー」って気分の心地よさというか高揚感って、なかなか快感じゃないですか。それを教えてくれた科学と学習、ありがとう。

 でんじろう先生ばっか目的にして見始めたけど、番組では未来ロボット技術研究センターの所長をやっている古田貴之さんも出演してて、この方の話もめっちゃおもしろかった。最先端はむずかしくない、というか、きっとむずかしいんだけどそこに行くのは楽しいことなんだなと思わせてくれる人たちでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電車三題

 セカンドマシンのWin機をルーター入れてネットにつないだので、ようやく「朗読劇電車男」を見ました。なんだかんだで全部で二時間以上あるから、見始めるには覚悟がいるです。
 メディアプレーヤーの小さな画面だし、予告編でのセリフの音割れがきつかったしで、あまり期待してなかったんですが、音声もちゃんと聞き取れたし舞台の様子も思ったより読み取れてまあまあおもしろかったです。電車絡みはこれから映画とかありますが、この朗読劇スタイルが一番題材にあってるかもなあ。
 朴さんの電車は、なんたってあの声だからかわいい。(それだけが目的で見た(笑)早くしゃべるという演出のせいで、どっちかっつーと元気でちょっと不器用な十代の男の子って感じで(さらに私の萌えターゲット)、こういう子に相談されたらそりゃーお姉さんも親身になっちゃうよ。いきなり立ち上がって「なんちゅーか、おれ、好きになっちゃったみたいです!」とか叫ばれると、おうしおうしおばさんが強力にバックアップしちゃるよ!と拳握ったり。<無意味。
 なにせエルメスが井上喜久子さんですから。年齢差ががっちりあるカップル。
 スレの住人たちを三人の声優さんが分担で演じてて、彼らにもそれぞれちょっとしたバックストーリーをつけてあるのが演劇風。書き込みをしている自分と生活している自分がスレ住人にもそれぞれあることを、簡潔ながらも表現したかったんでしょうね。電車は群像ものだと私も思ってますし。
 オチはわかってるお話しですが、朴さんの電車目当てに後半も見る予定です。

 で。前後して電車関連のニュースが出てましたな。まずは映画版の主演二人が出た制作発表。山田孝之のアキバルックがスゴいですねー。世間の想定するアキバの記号はまだこんななんですかい!てーか、最初これで出会って、次髪切ってコムサ&ユニクロなライトカジュアルで現れられたら、同一人物と認定するのは難しいのでは。落差作りすぎなんじゃないかなあ。ギャグならいいでしょうが。(その意味では、朗読劇の朴さんの服もどうか?だけど、あれは半分ギャグと理解。だって、着替えたってコナンくんですからねえ)
 朗読劇に続き、なんと舞台劇化も決定。主演は武田真治。年はいってるけど、私は山田孝之より武田真治の方が好印象です。あのぼやーっと天然な感じがいい。<個人的な趣味かい!エルメス子さんはキャストするけど姿は現さない、という演出はマルかと。エルメス子さんはファンタジーなのですよ。想像し放題の方がなじみがいいかと。
 せっかく別立てでやるんだったら、服はもっとふつーにしてください>舞台。特にヘアスタイル。いくらビジュアルインパクトが欲しいつーても、昔と違って若いヲタクはもっとふつー寄りの格好ができてると思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

残業の友に(BlogPet)

きょうはkiiroが仕事しなかった?


朝日新聞にTV番組やCMに関する疑問(あのシーンはどこで撮ったんですか?」でした。
当然ですが、九州でsuicaの認知度上げてもなあ。
ってーか、JR九州の立場ってもんがあるだろう。
半分あきらめておりましたら、JR東日本のサイトで見れるですよ!ペンギン!!あー、arumiも魚肉ソーセージでペンギン飼いたい。
コンビニまで一緒に買い物に行くのです。
見たいー。
でも、九州でsuicaのCMに出てくるペンギンは本物ですか?とか、○○役の俳優さんは誰ですか?」でした。
当然ですが、九州でsuicaの認知度上げてもなあ。
ってーか、JR九州の立場ってもんがあるだろう。
半分あきらめておりましたら、JR東日本のサイトで見れるですよ!CM。
かわいいですよ!ペンギン!!あー、arumiも魚肉ソーセージでペンギン飼いたい。
コンビニまで一緒に買い物に行くのです。
え、アインがいるって?アインは朝起こしてくれないからよ<をい。


*このエントリは、BlogPetの「arumi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.08

お前にだけは言われたくない

 すんごく売れてるiPodだけど、中身はAppleのあるアメリカ製は一つもなく、世界各国からの寄せ集め・しかも部品の価格によって随時取引先を変更、という記事を新聞で読みました。が。それ自体は今さらという感じの内容。私が「ムっ」としたのは、「Appleのやり方は独占的である」といった風なビル・ゲイツの談話記事でした。
 確かにそうかもしれんが、お前にだけは言われたくない。自分とこが独占的にうまくいってたときは違うこと言ってたんじゃねーのか、んんん?
 とジョブスの言うことは結構聞き逃せるのに、ビルの言うことには逐一突っかかってしまう私は、家にWin機を置いてもいかんともしがたいApple者なのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

苦節何年?

 ついについについに、福岡にロフトができるよ!今さらって気もするが、西鉄のインキューブはやっぱり違ってたんだよ!ほんとは東急ハンズの方がよかったけど、もう贅沢は言わない。
 場所は、福岡に縁のない人にはさっぱりわかんないでしょうが、旧岩田屋本館の二~三階です。一階はローソンが入居するって、一階全部かい!?と疑問もわいたりしますが、細かいことに口を挟むのはやめます。今までハンズとロフトは何度も何度も出店の噂が立っては消え立っては消えの繰り返しでしたから。現岩田屋出店の対抗馬とか、現ジュンク堂の貸しビルに出店とか。最近は天神南にできたBiBiってビルに入るとか。あそこにはアクタスが広くなって入ったから、それはそれでいいのだが。
 他にもテナントを誘致中だそうで、リニューアルオープンは来年早々になりそうとか。今やユニクロ以外のテナントの姿がろくになく、ユニクロプラスの出店が決まっているマツヤレディスビルとともに天神北の活性化に貢献するや否や、地元民としては大注目。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

blogをやる意味

 などというものを「見下げはてな」さんの記事を読んでちょこっとだけ考えたんですが。
 ってーか、考えたというのもおこがましい、だらだらとした思考の流れですが。
 私の場合、ここは「ただの日記」で、基本的には何らかの形で面識のある友人知人に近況と私個人の脳内状況をお知らせするものとして書いてます。後は「これ、おもしろそー」とかの個人的なネットメモ。おかげさまで、半年・一年ぶりに会う友達でもだいたいタイムラグなく話が通じますから、本来の目的は十二分に果たしてます。以前は一人一人にマメに手紙を書いてた時期もあったんですよねー。そういう意味では、手紙一枚書いてコピー送りつけてるようで申し訳ない気も。
 クローズにしてもいいけど、知り合いが増えるたびに「こういうのもやってまして」と案内するのも面倒なのでオープンにしてます。全く知らない人にとっても、21世紀ごろに日本という国にいた人間のサンプルの一つ、くらいの意味はあるかもしれないし。それに、サイト持ちにとってはそこそこの頻度で更新されるコンテンツが一個あると、他のコンテンツが固まっててごめんなさいな気分が少し和らぐわけです。このところ何もできておりませんが、わたくしのアホ話で間が持つならおひとつ、くらいの感じで。
 だからアクセス数をがんがん伸ばしたい!とか、ココログブックスになってみたい!とか、そういう野望は薄い方かと。こんな内容でがんがん伸びられても「い。いったい何事が?」と却って不安になりますし。たくさん人が来てしまうと、ごく希にいる「やっかいな人」に遭遇してしまう可能性も高まりますし。
 そんなわけで、ここは深い思索もニュース性もない日記のまま今後もやっていきますけえ、読む方々も引き続きゆるぅい気持ちで読んでくださいまし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.07

残業の友に

 お勧めします>「ゴーストレーダーUSBメモリ」。なんとゴーストの気配を探知してくれる機能付きのフラッシュメモリです(爆)。
 オフィスって無機的なようでいて、意外と怪談とかなじみよさげじゃありませんか。無機的だからよけいに?私が言うまでもなく、今風怪談の舞台になってたりするか?以前いた業界ではいつもスケジュールぎっちぎちでよれよれになりながら仕事をしていたんで、ゴースト出そうな事態も知らないところで起こってたり、という懸念があったせいでそんな印象ができあがってしまったんでしょうか。
 今、オフィスで働く全ての人たちがオカルト現象の不安に晒されているかどうかはわかりませんが、フロアに一台あると安心かもしれません。
 不動産屋さんにあってもいいかもしれません。
 ホテルに泊まるとき、…もう止めます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私の知らない世界

 パートいくつぐらいだろう>↑な話。
 こないだ見出しだけ斜め読みした住職さん向きの雑誌も果てしなく「私の知らない世界」が開けていましたが、ExciteNewsで紹介していたヤンキー専門誌「チャンプロード」も異世界への扉が開いたような気分にさせてくれました。
 詳細はリンク先の記事をぜひ読んでください!未だにビーバップが見出しに出るなんて、もしやこの世界では時間が流れていないのでは。服もヘアスタイルも短期で流行廃りがあるわけじゃないっぽいのはうらやましい。十年前の恋愛ドラマは「…そうか、この時期はこんなかっこしてたのか」と見てて少し距離を感じるけど、ヤンキーものなら十年二十年どんとこい!ってこと?
 文通欄と言えば「ムー」だった私だが、ヤンキーも文通好きとは意外。でも、拘置所の中はメールできる道具がなさそうだから、消去法的に手紙なのかも。いったいどんな内容がやりとりされてるんだろう。手紙の文面でも「夜露死苦」みたいな漢字多用文体を使ってるんだろうか。手紙書くのに辞書必須な感じ。できれば辞書は新解さんで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぞのばあちゃんの群れ

 いつものようにギリな時間に地下鉄への道を急いでいると、ばあちゃんの群れに会った。
 ばあちゃんたちはバス停の後ろ、ちょうど腰高のマンションの生け垣にそろって腰掛けていた。ざっくり、十メートル近く。全員が同じバスに乗ったらきっとぎゅう詰め、そのくらいの人数。天気はまあまあ、桜も咲き始めたし、もしかして敬老会の花見?それにしても不思議すぎる光景。
 ではあるが、何しろ例によってギリなので、不思議の解明に時間は割けない。ばあちゃんの行列の前を早足で通り過ぎると、そこに店があった。どうやら自然食系?店頭には張り紙が出ていて、今日の奉仕品○○と書かれていた。も。もしやばあちゃん、この奉仕品目当てで行列を?
 でも、もう一つ、表に出ていた立て看には開店十時と書かれていた…。今、八時ちょい過ぎなんですけど!あと一時間以上も並ぶのか>ばあちゃん。そして、開店まで伸び続けるのか>行列。

 待ち時間の暇つぶしに雑談に興じていたばあちゃん、「それがほんーに、最近忙しゅうて」。…忙しかったら、開店の一時間以上も前から並べないよ!いや、いいんですけど。全然いいんですけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.06

「ロング・エンゲージメント」、見ました

 遠い。定時退社日とはいえ、仕事の後にキャナルまで行くのは遠い。
 と二の足を踏み続けていましたが、来週終映と聞きまして、思い切って出かけていきました。途中、ここ数日の暖かさで一気に満開に近くなった桜が見られてよかったな、と思うことにしよう。週末は天候が不安定だと言うし、見頃は短そうだ。

 で、「ロングエンゲージメント」ですが。あれだけチャンスがありながら一度も全うに「アメリ」を見てない私は、素直にジャン=ピエール・ジュネの映画として見に行きました。正解。これ、「『アメリ』の監督さんと女優さんの映画だから!」という理由のみで見た人にはめっちゃツラかったと思います。
 だって冒頭、いきなり第一次大戦の前線、雨がしょぼしょぼ降る塹壕、ぼろぼろに疲れ切った兵士の皆さんの間を、軍法会議だかで死刑が決まった五人の男が引き立てられて行く、ってな絵が延々続きますから。しかも五人の略歴が聞き慣れないフランス人の名前満載で語られていきます。のっけから情報量、多すぎ!
 この後、ヒロインマチルドが婚約者マネクの戦死の報を聞き、それを信じられずに婚約者の行方を捜していくわけですが。画面はとにかくきれい、風景の作り込みこまけー、マチルドの住む田舎の家は田舎っぽいかわいさに満ち、衣装もおしゃれ。だけど、いったん画面が戦場の実情を語るものになると、その汚れっぷり疲れっぷりがリアルで、イタタ感がいや増してしまいます。銃撃戦で死体の山、ミサイル直撃で飛び散る肉体はラブロマンス目当ての娘さんにはかなりつらい画面ではないかと。ジュネの映画をたくさん見たわけではないけど、この人、画面作りはファンタジックなのに肉体の生々しさって言うんでしょうか、食べたり飲んだり傷ついたりセックスしたりっていうシーンが異様に肉感的で、そりゃーR15にもなろうかとって感じです。
 オチについては、物語の最初に完璧なアンハッピーエンドにはならないだろう、という雰囲気があったので、まあ安心して見ていられました。もちろん、完璧なハッピーエンドでもないけど、ちゃんと希望を持たせるフックが仕掛けてあるから上向きな気分で劇場を出られました。
 完結した世界観を感じさせる執念の画面、ちょこちょこ出てくるマニアックなギミック、どんどこ場面転換しながら進んでいく謎解き、と、仕事帰りにほわーんと見るには全然向かない映画です(笑)。でも、あの雰囲気を楽しむならやっぱ大画面よね。

 しかし、こう終業後にキャナルに行くのがタルいとなると、「エターナル・サンシャイン」は見送りかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ターゲットはあってるが

 今日の日経見て驚いた。紙面の下四分の一ばかりのでっかさで今川版「鉄人28号」の広告が!TV東京のBSデジタルでの放送開始を告知する内容でしたが、かなり目を引くー。
 確かにあの内容、あの絵柄、お子様よりもおじさま世代の方がウケがよさそうです。(原作ファンでお気に召さない方がいるのはさておき)
 ところでひっそりと公開が始まった実写版「鉄人28号」、予想通りひっそりと短期で上映終了のようです。プラ人だったしなー。前評判もナニでアレだったしなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ブラッドミュージック」、読了

 久々にべったべたなSFを読みました>「ブラッドミュージック」。しかも翻訳。いつのころからか、翻訳物が読みにくくなってしまった私。外国語のリズム感と日本語のリズム感は違うのに、無理に置き直した感じが座り悪く感じるのかなあ。
 そんなわけで、何冊かぶりに途中で読み差しにせずに終わった翻訳SFでした。というと「ってことは、すんげーおもしろいのか?」と思われそうですが。…びみょー。私が最後まで読み切れたのは、この話が終わるまでに世界はどこまで変容するのか?って興味があったからで、お話しとしてどう?と言う点では説明しにくいものが。
 バイオというかナノな世界の事情により、人類が、というか地球が全く違う段階へと変化していくという内容だから、80年代の「幼年期の終わり」という評価を得たんでしょうが、人類が変化をどう受け止めるか?という視点はなく、そういう側面はかろうじてメインキャラの一人のバーナードさんの私的な感覚としてあるのみのような。人間全体は「どーなってるんだ?」とキャパオーバーを起こしてるうちに世界はどんどん変わっていってしまうのです。どろどろーででろでろーな世界には、それほど嫌悪も感じませんでした。感触の描写がないせいかな。ヌーサイトの色彩センスはどうかと思ったが。
 きっと年取ったんだなあ。もしくは、読むのが遅すぎた。(発表は80年代後半)感動が薄い。前半の、事態がじわじわと進行していくあたりは、バイオパニックものとして普通におもしろく読めたんだけど。もう理屈っぽいところについて行けないのか、バーナードさんとヌーサイトのコミュニケーションがうまく咀嚼できんのよ。ああ、くやしい。

 あと、キャラに今イチ感情移入しにくい。原因はたぶん、アメリカ人のボディランゲージがよくわからんというか、セリフじゃなくて身振りで書かれたキャラ描写に含まれる感情になじみがないせいと思われ。「眉間にしわを寄せる」とか「頬をふくらませる」みたいな描写・アメリカ独自と思われるものがあるんだけど、何を表してるのかわからないのがあって、困るのよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.05

カワイイもの萌え二連発

 「ほぼ日」で「ニンテンドッグス」のレポート連載が始まっちまったよ…。
 メンバーに私の文章的ツボをつきまくる永田ソフトさんがいる。やばい。この人が実感をこめてゲームを語ると「ほっすぅいいー。そのソフトほっすぅいいー」になりがち。でも、踏ん張って「MOTHER」も「ピクミン」も買わなかったのだ!「FFIX」だって手を出さずにがんばったのだ!(ハードから揃えねばできないという経済的理由によるところが大きいのだが(爆)
 ならば、「ニンテンドッグス」でも踏ん張れる!はず。
 ってゆーか、自分チのナマ犬で満足しとれ>自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こっちでやってない!

 朝日新聞にTV番組やCMに関する疑問(あのシーンはどこで撮ったんですか?とか、○○役の俳優さんは誰ですか?とか)に答えるコーナーがあって、今週は「suicaのCMに出てくるペンギンは本物ですか?」でした。
 当然ですが、九州でsuicaのCMなんてやってません。本物と見まごうペンギンって。なかなか萌え、な存在です。見たいー。でも、九州でsuicaの認知度上げてもなあ。ってーか、JR九州の立場ってもんがあるだろう。
 半分あきらめておりましたら、JR東日本のサイトで見れるですよ!CM。
 かわいいですよ!ペンギン!!
 あー、私も魚肉ソーセージでペンギン飼いたい。コンビニまで一緒に買い物に行くのです。
 え、アインがいるって?アインは朝起こしてくれないからよ<をい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.04

欲に底なし

 家のドラえもんは4/7以降でないと出荷されないらしい。一~二週間待ちとあったからそんなもんだろうが。待ち遠しいぞ。(iPodminiの青があまりに鮮やかすぎるので、仮にドラえもんと呼称。個人的にはドラに思い入れがないので、近々変更したい)
 具体的にものが来るとなると鍛える情熱が盛り上がるiTuneですが、近所のレンタル屋であるとうれしげなものをいくつかピックアップしてきました。自前のCDは著しくジャンルに偏りがあるので(笑)。好き嫌いで選り分けるのは後回しにしてどんどん突っ込んでいきます。マウスくんをルーターにつないだから、タイトルはネットからがんがん引っ張ってきてくれます。らくー。ときどき「これのジャンルってRockなんだ!」と発見のようなものもあっておもしろい(笑)。
 PCのHDDが240Gもあると、1Gがそれほどの容量には思えなくなってきます。それは気のせいだ>自分。新聞にはテラバイトの時代も間近とか書いてあったけど。みんな、どうやってバックアップ取ってるんだろう。

 ライブラリが充実してくると、カセットテープでしか持ってない音源もどうにかしたいという欲求も高まってくる。CDも廃盤になってて入手が難しいものは、割り切って音が悪くても「超録 - HDD長時間録音機」あたりで撮っておくかと思うけど、まだ発売中のやつはamazonで思わずぽちっをしそうでまずい。CDって本当に店頭販売面積が減ってきてるから(天神のビッグなんか、DVDコーナーのおまけみたいだ)、ネットに頼らざるを得ず、結果ぽちっのリスクが増える一方。
 ItmediaではiPodのケース特集なんか見つけてしまうし、やはし一個ものを買うと関連領域にどんどんお金を吸い取られる罠に…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みかん星人がー(涙)

 フジのケーブルTVだかで「ウゴウゴルーガ」の再放送が始まるのを、ハンカチを噛みしめながら横目でにらんでいた私の元に、新たな衝撃が。みかん星人、十年の時を経て復活。
 みかん星人。好きだ。今でもデスクトップアクセサリで謎の花を咲かせていたりする。スクリーンセーバーも3.1用と95用は買った。(そして、自宅のMacにはインストールできないんで、職場のPCに入れていた<をい)
 でも、肝心の「ガチャガチャポン!」って番組、福岡ではやらない!なんてことだ!最近では珍しく、素直に見たいものを地上波でやると思ったのに。週に一回の子ども番組くらいやってくれよ(涙)。たとえ30秒でも、わしは見たかったのじゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.03

俳優の演技力

 「タモリのジャポニカロゴス」で新解さんの第四版がオークションで高値になっていることを知りました。全版揃えたくなる辞書なんて、新解さんくらいじゃないでしょうか。残念ながら現物を読んだことはないんですが、「新解さんの謎」にはしみじみと笑わせてもらいました。ああ、新版が出る前に一冊買っておけばよかったかも。(最新版はかなり新解色が薄れているらしい)

 この番組の最後で、似ているようでいて微妙にニュアンスの違う三つの言葉をト書きに読み込んだ台本を、違いがわかるように演じてください、というコーナーがあります。今回は松下由樹が「歓喜する」「有頂天になる」「狂喜する」の違いを演じ分けるというのをやってました。これってぶっつけでやってるのかどうかわかんないんですが、事前に説明されてるとしてもけして簡単な要求じゃないので俳優的にはバクチな挑戦ではないかと。
 松下さんも熱演で文句をつけるわけでは全然ないんだけど、正月にやったときの若村麻由美が「大笑い」、「高笑い」、「馬鹿笑い」を演じ分けたときの「すっげー!」感を改めて思い出しました。見た瞬間、ほんとに素直に「女優さんってすっげー」と口がぽかんと開きました。
 結婚相手がちょっとくせものだったために最近何かと変な取り上げ方ばかりされてる若村麻由美ですが、そのことでこんなにうまい女優さんが仕事しにくくなってたらやだなあ。「御家人斬九郎」の蔦吉姉さんとか好きだったんですよねえ。色気と気っぷがきちんと同居してて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.02

見逃してやれ

 夜中に民放で「ウィロー」をやっている。もう二十年前の作品なんで、CGなど駆使しようもなく、かぶり物もちょっとちゃちに見えてしまう。切ない。公開当時はよくできてると素直に思えたのに。
 劇場で見たころはまだ「指輪物語」を読破できてなかったから今ひとつピンと来なかったんだけど、今見直すと「ああ、指輪やりたかったんだなあ」というのが画面からにじみ出ている。「ああ、これきっとナズグル」とか「黒門みたい」などとつぶやいていたら、相方に「そっとしといてあげなさい」とたしなめられました。
 マッドマーディガンは馳夫さんにしては粗野ですね。<だからやめなさいってば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

虫愛ずる姪

 この年になってなんだが、天神まで出てきた親&あやちさん一家と一緒に夕食。
 今年から小学生になる姪っ子は以前から昆虫大好き!で今日も新しい図鑑をバアに買ってもらいご満悦。しかし蛾や蝶がまるっきりダメなおばさんは、夢中で図鑑を広げまくられると身の置き所がなくて悶絶せねばならんのだ。助けてたもれ。しかも今回は里でアリの巣を見つけたそうで、捕まえたアリどもをプラコップに入れて大事に大事に持ってきていた。本人はアリが巣を掘り進んでいくのを観察するのがいたくおもしろいようなんだが、何せ食べるとこだけに店の人にとがめられないかひじょーに気になる。幸い見つけたのが子どもだか孫だかがカタツムリを大量繁殖させたことがあるという方で、お目こぼしいただけた。
 しかし姪の虫好きはヒートアップしている気がするが、母のあやちさんも私と同じく蛾や蝶がダメなクチ。小学生になってあれやらこれやら大量に捕獲の上持ち帰りなどされたら死ぬのでは。
 こういうものがなぜ苦手なのかは、説明しようがないんだよなあ。まして子どもには。

 姪はポケモンにもハマりかけているらしい。…やっぱ虫好きなのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.01

よ。余震!

 もう体感地震は収まった模様というニュースを聞いて、そろそろ不安定なものを棚の上にしまい直そうかと思った矢先にでっかい余震。あれ以来すっかりちょっとした揺れには慣れてしまい、どころか「今の、震度○くらい?」などと九州人らしからぬことを言い合うほどに成長した私どもですが、さすがに今回は驚いた。いくら震源地が浅いと言っても、早々簡単に収まってくれたりしないのだな…。
 あれからずっと棚から下ろしっぱなしのゴッドガンダムだが、もうしばらくは様子見なければいかんか。

 福岡でまで大きい地震があったせいか、関東方面に大きいのが来るで来るでと脅しのようなニュースも出ているとか。天災もいやだけど人災が広がらないか、気になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんとなく

 「えー」感がある「チュンソフトがドワンゴの子会社に」というニュース。
 チュンソフトと言えば、「ドラクエ」であり「不思議のダンジョン」であり「街」であり、ファミコン初期からつきあっている身にはちょっととんがったゲームソフト会社の印象が強くて。それがケータイコンテンツ会社に組み込まれちゃうのかー。はあ。ケータイコンテンツとしてのゲームは比重大きくなってるのかもしれんけど。時代はまだまだケータイなのか。それも長続きはしない気がするが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四月バカだし

 何十回めかの「ダイエットするぞ!」宣言をします!
 …うそなのかよ>自分。

 …何か動きがありましたらお伝えします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四月バカかよ!

 NHKの新朝の連ドラ、せめてOPに出てくるサイバラせんせのイラストだけでも見ておこう、なんて考えたもんだから、あやうく遅刻しそうになったエイプリル・フールのきいろです。ずるいよ、OPの一番最後に出るんだな。

 ねらーとは言えないしドメインなんか取っても使いようのない身ですから、申し込んだりはしませんが。
 「orz」には何とはない親近感(?)があるんで、「2ちゃんねら向けの新ドメイン『.orz』」って記事を読んで、「これっていいかも」と思った私。
 なんだよ!うぉっちかよ…。例年のことながら、こういうのはマメにつくるなあ>インプレス。

 デイリーポータルZは「全ペ連」になってるし…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平積めるか?(BlogPet)

きょうarumiがNHKとあらへかもも妄想されたみたい…


*このエントリは、BlogPetの「arumi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »