« 残業の友に | Main | 苦節何年? »

2005.04.08

blogをやる意味

 などというものを「見下げはてな」さんの記事を読んでちょこっとだけ考えたんですが。
 ってーか、考えたというのもおこがましい、だらだらとした思考の流れですが。
 私の場合、ここは「ただの日記」で、基本的には何らかの形で面識のある友人知人に近況と私個人の脳内状況をお知らせするものとして書いてます。後は「これ、おもしろそー」とかの個人的なネットメモ。おかげさまで、半年・一年ぶりに会う友達でもだいたいタイムラグなく話が通じますから、本来の目的は十二分に果たしてます。以前は一人一人にマメに手紙を書いてた時期もあったんですよねー。そういう意味では、手紙一枚書いてコピー送りつけてるようで申し訳ない気も。
 クローズにしてもいいけど、知り合いが増えるたびに「こういうのもやってまして」と案内するのも面倒なのでオープンにしてます。全く知らない人にとっても、21世紀ごろに日本という国にいた人間のサンプルの一つ、くらいの意味はあるかもしれないし。それに、サイト持ちにとってはそこそこの頻度で更新されるコンテンツが一個あると、他のコンテンツが固まっててごめんなさいな気分が少し和らぐわけです。このところ何もできておりませんが、わたくしのアホ話で間が持つならおひとつ、くらいの感じで。
 だからアクセス数をがんがん伸ばしたい!とか、ココログブックスになってみたい!とか、そういう野望は薄い方かと。こんな内容でがんがん伸びられても「い。いったい何事が?」と却って不安になりますし。たくさん人が来てしまうと、ごく希にいる「やっかいな人」に遭遇してしまう可能性も高まりますし。
 そんなわけで、ここは深い思索もニュース性もない日記のまま今後もやっていきますけえ、読む方々も引き続きゆるぅい気持ちで読んでくださいまし。

|

« 残業の友に | Main | 苦節何年? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/3615576

Listed below are links to weblogs that reference blogをやる意味:

« 残業の友に | Main | 苦節何年? »