« 突っ込めばよかった | Main | 絶対減らない »

2005.05.04

夜は宴会

 振り返ると地味度200%のGWです。遠いところ、泊まりがけのところにはどこにも出かけてません。どこ行っても混んでますからいいんですけどねっ。<かなり負け惜しみ。
 そんな地味GWの貴重なイベント第二弾(第一弾は5/1の映画…)が恒例かもしれない某氏宅でのSF腐れ縁仲間の宴会です。話題はすっかりSFでもなくなりましたが。単なるヨタ話の夜ですが。
 あ。でもないか。「神狩り」の話とかしたし。Yさん、GW中は「神狩り2」保留ですから。もう少し待っててくださいね。映画の話題は定番で、最近おもしろい映画あった?みたいな。「阿修羅城」見たとか、アメリカリメイク「shall we dance?」見たとか、「ローレライ」は本音として(笑)どうだ、とか。
 映画じゃないけど、関連書籍の「ローレライ、浮上!」っておもしろかったですか?とも聞かれました。これはおもしろかったです。特撮とアニメで育った世代が特撮とアニメの文法で実写映画も作れるもんと思って実際にチャレンジしてみたら、考えていたより両者の作法が違ってて、企画持ち込み先の反応も悪くて、どうすり合わせていけば落としどころが見つかるのか悩んで、みたいな、制作以前の課程がめっちゃおもしろい。アニメ・特撮とそれ以外の映像作品のどこに差異があるのか、私もしみじみ考えたことがなかったから(あまり意識せず両方見ちゃうし)、「なるほど!」とか「実写畑はそう感じるもんなんだ!」という発見が多々。対談をまとめたのが氷川竜介さんというのもミソです。

 先週某所のチャットで意外と種運命を見てる方が多くて、しかし内容的には「つまんね」「くだんね」意見が圧倒的だったもんですから「じゃあ、なんで見てるんです?」と聞いたら、あまりにつっこみどころが満載の隙だらけぶりについ、とのことでした。
 宴会にもなんと「見られるときは見てる」という方がいたので「登場人物ばかばっかって本当ですか?」と聞いたら、「そう、ばかばっか!」と即答されました…。でもDVD売れてるんだよなあ。商業的成功と作品の質は関係ない時代なんだと改めて思いましたよ…。
 しかし、この一件で、私が「くだんねー」「つまんねー」「不愉快ー」と言いながら、まだ「愛ルケ」と完全に切れられないのは異常ではないとわかり、それだけはほっとしました。<していいのか。
 
 現在放送中のアニメのお勧めとかも教えてもらいました。あれもこれも「見てません」と言ったら、録画したのを貸してもらえるそうです。仮面ライダー響もあの場では好評でしたが、今のところ響はいいです>Yさん。
 というような話を日をまたいでやる私たちは、もうすっかりいい年。
 夜中によろこんでお菓子食べ放題という無節操もそろそろやめた方がいいと思われ>自分。

 そうそう、古SF友達にプロヴァンスは不評でした。さすがに「お前には似合わない」という理由ではなく(そこまでオニなひとはいない)、表示がおかしくなる方がいるそうで。
 すみませんが、めんどくさいんで5/8までは我慢してちょう。

|

« 突っ込めばよかった | Main | 絶対減らない »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/4054043

Listed below are links to weblogs that reference 夜は宴会:

« 突っ込めばよかった | Main | 絶対減らない »