« 現実から目をそらさない | Main | なんでも実写化! »

2005.05.02

ちょっといい話?

 二日が休みになったので、まぢで一週間の長期GWなんですが、どこに行く予定もなく残った冬物の洗濯に追われる日々です。季節のまっただ中は出かける前に「着るもの、なーい」なんて引き出しをかき回したりしてるんですが、いざ片づける段になると「なぜこんなに物が…」と呆れるほど、洗っても洗っても何やらわいて出る。
 あまりにむなしいので、期間限定5/8までテンプレをプロヴァンス風、とやらにしてみました。予定どおりロクシタンの「プロヴァンスの休日」企画ローズチャームキットも買ってきましたし(爆)。(ラベンダーは、私にはちょっと香りがきつかった)

 という地味ーな日々。世間様では出勤の方も少なくない連休中日。朝日新聞の声欄の企画もの投書「初恋」で「をっ」という記事を読みました。

 青春時代、私の人間形成にもっとも影響を与えたのは、漫画の巨匠、故石ノ森章太郎である。とりわけ石ノ森ヒロインは、代表作「サイボーグ009」から短編「青い鳥」に至るまで、私を魅了し続けた。
 そしていつしか私の中に理想の女性像が形成されていった。やがて見合い話が私に舞い込む年頃になった。まだ肌寒い三月半ば、彼女を紹介された時はびっくりしてドキドキした。
 顔立ちは違うものの彼女の性格は私が描いていた石ノ森ヒロインにうり二つ。

 というなれそめの投書人の方、みごと性格が石ノ森ヒロイン似の見合い相手とご結婚なさったのだそう。お年は五十代前半の歯科医さんです。お二人がデートを重ねていたころに送りあったクマのぬいぐるみは今も健在ですって。ひゅー、ひゅー。
 なんだか先達にお会いしたようで(勝手に)、うれしくもほほ笑ましいお話です。ある意味「を」の結婚のはしりのようなエピソードですが、この方の成功のぽいんつは「顔立ちは違うものの彼女の性格は」というあたりでしょう。いくらなんでも容貌がマンガのキャラクタそっくりな人間なんてのはいませんから。(いたらむしろ不気味。どんな頭がい骨やねん)
 これからも末長くおしあわせに、と全く面識もないのにお祈りさせていただきます。

|

« 現実から目をそらさない | Main | なんでも実写化! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

 おお。50代前半ということは、昭和20年代後半生まれということか、ちょうど、009とかを小学生で漫画、中学生でアニメとして体験した世代ぐらいかな。
 思春期のアニメは、「を」な世代にとっての義務教育ですからねぇ……。

Posted by: 神北恵太 | 2005.05.02 at 11:02 PM

これがプロヴァンス風テンプレですか! なるほどー。

石ノ森ヒロイン似の性格……というのは、しかし、どういうんだろ。総体で言われてしまうと、ちょっとピンとこないんだが。でも、きっと素敵な方なんだろうな。

しかし、朝日の声欄にそんないいお話がのることもあるのねえ(失礼)。

Posted by: Troika | 2005.05.02 at 11:35 PM

こんな投書に過剰反応する自分ってどうよ(^_^;)と思いつつ。
>神北恵太さん
子ども時代を手塚・石ノ森で育った最初の世代でしょうか。初めてあの表現、あの語り口に触れたのですから、それはインパクト大!だったことでしょう。
時代が時代なら、流行小説のヒロインに憧れるようなものですね。今なら子どものころに好きだった人にマンガやアニメのキャラが出るのはそれほど珍しくないでしょうが、この世代ですから。

>Troikaさん
ええ、これがプロヴァンスでございますのよ、おほほほほー。
そして、プロヴァンスにしたとたん、全くイメージにそぐわない日記ばかり書いています(爆)。

お話から何を読み取るかは読者の自由ですから、この方の思うところの「石ノ森ヒロインのキモ!」みたいなのがあったんでしょうねえ。未だにそう言い切れるんだから、若気の至りでもないようだし。
いずれにしてもおしあわせそうなご夫婦です。ええ話やと思います。

Posted by: きいろ | 2005.05.04 at 03:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/3948936

Listed below are links to weblogs that reference ちょっといい話?:

« 現実から目をそらさない | Main | なんでも実写化! »