« はばたき、かー。 | Main | これはおっさんのリトマス試験紙 »

2005.06.14

「ロシア幽霊軍艦事件」、読了

 BookOffにて確保した「ロシア幽霊軍艦事件」をさくさくっと読了。島田荘司には一時期ハマっていて、特に御手洗ものを厚めにカバーした。「暗闇坂の人喰いの木」を真夜中に読んでいたら、中世の拷問に関する解説が延々あってげろい気分になったこともある。その後、持ち上げるのもうんざりな厚みの「水晶のピラミッド」や「アトポス」ノベルス版で「ありかもしれんけど、やっぱなしじゃないのぉおー?」みたいな気分を味わい、ちょっと距離を置く。この辺を読んでいたから、京極枕本の重さや厚みが苦にならなかったのかも。
 純粋に「ミステリー」と考えるなら、初期の「占星術殺人事件」や「斜め屋敷の犯罪」あたりと短編集が無難な仕上がりではないかと。「水晶のピラミッド」はミステリっちゅーより御手洗と松崎レオナのオチでのかっこよさだけで読んだ気がする。(何年も前の話でうろ覚え)
 あ。全然「ロシア幽霊軍艦事件」の感想、書いてないや。タイトルに「殺人」がついてないから、人死にミステリじゃないんですよね。もう豪腕一発ネタなので、あんまり細かいことは書けない。事件そのものも大正時代に箱根の芦ノ湖に外国の軍艦が現れてまあびっくり、これはホントにあったことなの?の謎を解く、アームチェアディテクティブ系なのでおとなしめ。ってーか、全編の1/3が「エピローグ」って構成を見れば、作者が本当に書きたかったのは何かがもろわかりです。ひさしぶりに御手洗&石岡コンビが見られたから、まあいいや。
 なんて言ったけど、わたくし、別にその手の趣味でこのコンビを見てるわけじゃないんだよなあ。冷淡で無関心極まりないような御手洗の「異邦の騎士」での振る舞いが印象的だったから、このコンビと何となくつきあってるのかもなあ。

|

« はばたき、かー。 | Main | これはおっさんのリトマス試験紙 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/4593436

Listed below are links to weblogs that reference 「ロシア幽霊軍艦事件」、読了:

« はばたき、かー。 | Main | これはおっさんのリトマス試験紙 »