« 「ウルトラマンマックス」、見ました | Main | エアコンが切れない »

2005.07.02

「ジュラシックパーク」ってわりと好き

 NHKBS2で「ジュラシックパーク」をやっている。
 もう12年も前の映画なのかー。これは予告編見て「おおおおっ」と驚いて「絶対劇場で見よう!」と意気込んで出かけていった映画。だって、あの恐竜の質感!CGが大画面で見るに足る「絵」のレベルにブロウアップされ、かつて実在した男の子の、いや子どものあこがれ、恐竜が実際にそこにいる生き物のように動き回る姿を描き出しているんです!仮に映画としてつまんなくたって、その「絵」が見られれば十分元が取れる。
 そして、劇場でその期待は十二分に満たされました。恐竜がー。恐竜がちゃんとどっしり重くて身体もしわしわぶわんぶわんしてて、画面中にあふれかえってるよー。まさに夢に見た光景。恐竜パラダイス。
 この驚き、感動は、いきなり今のCGのクオリティに慣れてる世代にはわかってもらえないでしょう。SWの宇宙の描写が当時どれだけ先進的で斬新で驚きに満ちていたかが伝えられないように。

 もし「ジュラシックパーク」が「CGで再現されたリアルな恐竜が入れ食いのように見られる」のだけが目玉の映画だったら、数年もすれば色あせて「ああ、そういうのもあったねー」になっちゃっただろう。世間的にはもうなってるの?まあ、いいや。二作目、三作目に関してはTVでやってても特に「見たい!」とは思わない私だけど、一作目は実はけっこう好きなのだ。エンタメ映画としてよくできてる気がするんだけど、気のせいでしょうか。
 どきどきするし人死には出るし、かなりサスペンスフルな内容だけど、見終わってあまり陰惨な気分にならないのは決定的な悪者がいないせいだと思う。恐竜は、もちろん悪くない。彼らは彼らの生活をしてるだけで、それがたまたま人間を脅かす結果になってる。人間側で言えば、デブのプログラマーの人も小金が欲しかったせいぜいが小悪党(あんな末路だし)、富豪の人も孫に生きた恐竜を見せてやりたかっただけだし、ジュラシックパークを作ったのだって金儲けのためもあるけど、偽のノミのサーカスじゃない、本物がいるアトラクションを作りたかったというわりと純真な理由もあったりする。
 恐竜の出し方もうまくて、見られた感激と襲われる恐怖が両方味わえる。二組に分かれた人間がよかれと思ってすることがもう片方の足を引っ張ったりというハラハラどきどきの入り方もいい感じ。
 そんなわけで、もう何度か見てるにもかかわらず、台所に逃げ込んだ子どもたちがラプトルの鼻息に縮み上がるシーンには拳を握ってました。
 何よりいいなーと思うのは、見終わって恐竜のことがきらいになってない。追い回されて、食われそうになって、命からがら島から逃げ出す話なのに、印象に残ってるのは草原でのんびりゆったり過ごしていた恐竜の群れのシーンだったりします。
 窮地に追い込まれた人間の前でゆうゆうとラプトルをくわえ上げるTレックスが、期待するTレックス像そのものだったりするし。
 特に予定のない土曜日にたまたまつけたTVで見るにはちょうどいい映画でした。

|

« 「ウルトラマンマックス」、見ました | Main | エアコンが切れない »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ほんと、ジュラシックパークは1に限るね。
ティラノの声がマジで怖い。

Posted by: marumasa | 2005.07.06 at 05:35 PM

Tレックスがちゃんと怖くて、でも最後に結果主人公達を助けることになっちゃうのが恐竜好きには粋な計らいだなーと。

Posted by: きいろ | 2005.07.07 at 01:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/4852776

Listed below are links to weblogs that reference 「ジュラシックパーク」ってわりと好き:

« 「ウルトラマンマックス」、見ました | Main | エアコンが切れない »