« おっさんに伝染する認知症 | Main | 犬ばかり見てた »

2005.07.09

結婚は打算?

 ↓書いてて思い出したんだが、先週、NHKの「にんげんドキュメント」で棋聖と言われた藤沢秀行さんとその奥様の日常を紹介していた。お二人とももう七十代。私は碁の世界は全くわからないのだけど、藤沢さんの碁に対する真摯さとそれを慕う多くのお弟子さんの姿からは、その才能と人柄のすごさ深さが伺える。
 ところが、家庭人としての藤沢さんは全く落第、どころかダメ亭主、どころかはっきり言って役立たず。銭湯から帰る途中だった奥様を見初めて妻にしておきながら、家には帰らず放蕩三昧。あちこちに女を作り飲み歩き家にはお金を入れずバクチのための借金は作りまくり、飲む打つ買う(実際には買って「は」いないらしい)を地でいく人生。奥様はお花で身を立てようと決め、精進の末に流派最高の免状を得て、経済的にも落ち着きお子さんもなんとか育ち上がった、そのときになって藤沢さんがガンを患い家に戻ってくる。
 なんちゅー人生。私がヨメはんならこんな亭主は追い出す。速攻離婚。たとえある世界で二つとない才能を認められた人でも、凡人が暮らしていく伴侶としては迷惑そのものでしかない。
 でも、奥様は違った。奥様もたぶん凡人ではなかった。病み衰えた藤沢さんを受け入れ、看護し、再び碁の世界で活躍できる生活をバックアップする。
 そして破天荒の限りを尽くし奥様をババア呼ばわりする藤沢さんが、カメラの前でただ一度漏らす「この俺にまるっきり惚れられた女じゃねえか」の一言。
 淡々とした二人の生活ぶりの向こうにどんな葛藤があったのか、私なんかには想像もつかない。憎まれ口をたたき合う気の強い老人と老女が、見たままの穏やかさで接し合ってきたとは思えない。
 想像もつかないなりになんとか考えてみると、藤沢さん、碁に対する気持ちだけは正真正銘誠実だったんだろう。他の何をうっちゃっても、碁にだけは常に真摯だったんだろう。自分は裏切っても碁だけは裏切らない、そのためには何を捨てても惜しまない、奥様はそこを評価されたのかなあ。
 やっぱりさっぱりわかりません。

 この壮絶なご夫婦を前に、渡辺淳一に「結婚は打算 不倫は純愛」なんて薄っぺらい言葉を吐けるもんだか聞いてみたいです。藤沢さんはけろっと「そうかもしれませんな」と笑い飛ばされるような気もしますが。

|

« おっさんに伝染する認知症 | Main | 犬ばかり見てた »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/4926073

Listed below are links to weblogs that reference 結婚は打算?:

« おっさんに伝染する認知症 | Main | 犬ばかり見てた »