« キてるんですか?>メガネ男子 | Main | 一人カラオケ »

2005.09.09

トリンプの社長blog、その後

 火消しに失敗して謝罪記事にまたまた怒りのコメントが殺到したトリンプの革命社長blog、コメント欄がパスワード制になったり、それどころかコメント欄の閲覧もできなくなったかと思うと、「短い間でしたが勉強になりました」というあいさつとともに閉鎖決定。二週間ほどの間にすばやい対応というか、何をやっても印象悪いというか、企業名を冠したサイト運営の悪い事例として記憶に残りそうです。
 そしてどうやら、blogのデータそのものも削除してしまったようで。あーあ。
 元ネタがなくなってしまった以上、知る人ぞ知る出来事として一部の人が思い出すだけになるでしょうが、女性をマーケットとする商品を扱う企業にとって「渡辺淳一」はタブーネタだということを証明しただけでも意味があったか。<それは「愛ルケ」ヲチャーにとってのみ。

 さて、騒動の元になった「愛の流刑地」の方ですが、不倫相手の人妻を最中にうっかりくびり殺して連載時間は早二週間ですが、物語上の経過時間はまだ六時間ばかりしか経っていません。その上、主人公の自己チュー男55歳は119にも110にも連絡せず、遺体と添い寝して朝を迎え、女の手帳を改めたりケータイの待受の子どもの写真に動揺したりしながら、まだぐずぐずしています。
 物語時間ではまだ8月2日なんですよねえ?熱帯夜のまっただ中じゃないですか。紫斑が出てるんじゃないですか?腐敗状態はどーなってんですか?元医者として、その辺をどうお考えですか?>ナベ爺。
 …何も考えず、思いつきでヒロイン殺してみたんじゃないですよね?それで続きが思いつかなくて、引き延ばしやってるんじゃないですよね?
 でも、このまま9月いっぱい死体を前に主人公がおろおろし続けそうな気配。すごい新聞連載小説だ。

|

« キてるんですか?>メガネ男子 | Main | 一人カラオケ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/5873012

Listed below are links to weblogs that reference トリンプの社長blog、その後:

« キてるんですか?>メガネ男子 | Main | 一人カラオケ »