« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.30

時は流れる。いつのまにか

 自分が抜ける仕事の引き継ぎ用のまとめ作業やら、次に移る部署の人からの引き継ぎとかで頭がバクハツしそうだった今週。久しぶりに残業もしました。(その合間にヨガにも行ったわけだ)まだ積み残しの作業がこっそりあるけど、送別会があるから月曜以降にちょびちょび片づけます。勘弁してください。

 送別会の二次会でカラオケに行ったのだけど、どーっと予約が入ったかと思うとぱたっと途絶え、で、曲の入りが安定しないもんだからつい歌ってしまいました。
 「エキセントリック少年ボウイ」と「レーダーマン」。
 なぜかすごくウケました⋯。いや、こっちもちっとは狙った選曲だったんですが。
 今の若者は戸川純を知らないのですねえ⋯。昔からそうでしたか?
 「エキセントリック少年ボウイ」もサビ聞いて「あ、これ、聞いたことある」という同僚続出。「ごっつええ感じ」は昔の番組になっていたのですねえ⋯(涙)。
 久しぶりに歌ったが、やはりいい歌だった>「エキセントリック少年ボウイ」。松っちゃんの天才を感じます。今度機会があったらEDの方を歌おう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ご用聞き

 と言えば三河屋さんby「サザエさん」。しか思いつかない私は年寄り?てーか、「ご用聞き」の存在を知ってる時点でかなり年寄りでしょうね(涙)。
 今日、その化石かもしれないご用聞きに久しぶりに会った。会社で。地元のかふぇーの人が「ちわーす、ラテいかがっすかあ?」と注文を取りに来たのだ。(口調はもちろんこんなじゃありません)
 以前一回、「配達してくれるそうだから」と十杯くらいまとめ注文したことはあったけど、それだけでご用聞きにまで来てくれるものでしょうか?確かに某カフェの人が注文ありませんか?って来てるけどと聞いたとたん、「そーねー、週末だし(気が緩む)暑いし(連日25度越え)、飲み物でも頼む?」とあっという間に話がまとまって、それなりの儲けにはなったみたいだけど。
 商いは地道に、ということなのでしょうか。と豆乳ラテを飲みつつ思う私。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さよーなら、私の(約)五年間

 現在の派遣先にあと半年居残ることはできたものの、長らく手がけてきたお仕事とは今日でお別れ。最初の一年で基礎知識を磨き、二年目には導入されたぼっろぼろのシステムと格闘し、三年目以降は部署を移動しつつもシステムの面倒を見てデータを処理し続けた日々。
 正直、社員より詳しくなりましたよ。この方面に関しては。
 しかし、どれほど熟練の域に達しようと、業務知識を熟知しようと、所詮は派遣。人件費の見直しがかかればあっさりと首切りですからねえ⋯。わかっちゃいたけど、切ないものです。しかも、ここで得た業務知識ってあまりにも業界に特化してるから、次の派遣先探すときに職歴として武器にならなそう⋯。
 いや、生かす道もなくはないが。狭き門過ぎて無理だろうなあ。

 発注元の部署の社員さんは引き継ぎの打ち合せのとき、「社内におられるなら安心です」なんて言ってたけど、心の狭い私はいざというときなーんの味方もしてくれなかった方々を助ける義理はないと内心思っておりますよ。なんたって、みなさん、私の何倍ものお給料もらってらっしゃるのですから、派遣風情に頼らず自活していってくださいませ。
 てゆーか。異動先は今までより忙しい部署なんですから(その上単金低)、本来の業務以外はカンベンしてください(泣)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.29

気持ちが冷めるキーワード

 はたと気づくとSFファンだったし、科学脳にはさっぱり恵まれなかったものの月やら星やらは大好きだし、アメリカを一方的に好きにはなれないけどアポロ計画やNASAにはぐいぐい心を引っぱられてしまう私。NASAの偉い人が「シャトル計画は誤りだった」と言っても、それはそれ。相手があまりに大きいんだから、こちらも試行錯誤して立ち向かうしかないじゃない!と思ってしまう。
 だから、その。「アポロは月に行ってない」系の発言をする人には、一気に心が冷めてしまいます。
 そんなわけで、コゴログでblogも書かれている桝野浩一さん⋯。デイリーポータルZの「桝野浩一さんに猫インタビュー」を拝見しました。「ドラえもん短歌」、いい感じだなーと思いましたが手に取ることはないでしょう。今後もお作を読むことはないと思います。
 こればかりは譲れない、私の真ん中を通ってるものですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.28

まだ逡巡中…

 AV Watchの「買っとけ!DVD」で「FFVII アドベントチルドレン」を取り上げていました。
 あああーー!こういうのを読むと、「やっぱり一回くらいは見たいかなあ」って考えちゃうじゃないですか(涙)。「買っとけ!DVD」ってあんまりちょうちん持ちな記事書かないという印象があるから、そこでこのくらいの評価が出てるなら見る価値あるのかなあって思ってしまう。しかし。一回見るのに映画より高くつくと言うのがどうしても納得できないぃい。
 たかだか五千円を「払えない」とじたばたしている私のようなビンボー人もいれば、約三万円のボックスががんがん売れている現実もあり(買っとけ!DVDの担当者が探したところ、行ける範囲では在庫ゼロだったという)。日本の景気上昇の波は、私のところにはやってこないらしい…。
 ゲームと同じように、いずれベスト版価格で再販されないかなー。できれば、プレミアムなボックスに同梱のアニメVA「LAST ORDER FINAL FANTASY VII」 つきで!と一年くらい先の夢を見る私。

 「買っとけ!DVD」、見出しの「前回の映画のことは忘れてください」がイタい。あの映画のノヴェライズ、大森望さんが翻訳してたんだが、訳しながらどんな気分だったのだろうか。ちょっと感想を聞いてみたい気がする。<意地が悪い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無事確保

 わーいわーい、この秋の私のお楽しみとなっていた「大人の科学」九月号、無事回収できました。うふふふー。けっこう売れ行きがいいみたいなんで、予約しててよかった。<かなりうれしい。子どものように。
 早速組み立て…るには、実はツカれすぎていたので、お楽しみは週末まで取っておくことにする。(帰りにホットヨガのトライアル、二回目に行って来たので)

 余談ですが、やはりホットヨガは身体にいい気がする。流行るのもわかる。筋肉痛はちょびっとだけだし、やった日はよく眠れる。翌日の皮膚や体調も気のせいかいい感じ。二度目は終わった後の疲れも格段に減った。でも、週一回通って月一万超えるとなるとなあ。それならスポーツジムの会費がまかなえてしまう。スポーツジムなら泳げるし、時間が取れないときは機器使用だけって手もあるし。何より派遣だといつ通勤先が変わるかわからないんで、いつまで通えるんだかわからない。ああ、私に定職と高とは言わんから中収入くらいあったら、きちんと通うのになあ。

 余談終了。実際に作るのは先にしたものの、一応作り方ページは読む。私には作れないような高度な技を使われていたら、相方に「うぷぷ」と笑われてしまう。(そんなことをしたら、プラネタリウム見せてやらんが)
 ざっくり見たところ、私くらいの手先の技でもなんとかなるかな、という感じ。これでも学研の科学育ちだからなんとかなるだろう。「**ページに改造プランが」と書いてあったので、そこも熟読。オルゴールを使って自動で回転させる改造案、いいなー。でも、回転軸を削ったら、手動で使うには軸が緩くなってしまうのかしら。星座盤は傷みやすい素材でできているせいか、はたまた改造燃えの人の欲求に応えるためか、別売りで追加購入できるとのこと。送料込みでこの値段なら二セットくらい手元に置いててもいいなあ。
 と夢が膨らむ手作りプラネタリウムなのです。むふー。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.27

待ってました

 約一年半ぶりにWILLCOMからPHSの新機種発表!
 正確には、途中いろいろ出てはいたけど、まっさらの新機種はそのくらいぶりに発表!
 …と言っても、世の中「WILLCOMって何?」って人が大半なんだろうなあ、とほほ。ほら、DDIポケットってPHSの会社があったでしょ。あそこが京セラが筆頭株主(たしか)になって再スタートしたのです。今年は音声定額もやってて、加入者増えてるんですよ(泣)。
 今使ってる俗称京ぽんは、デザインもすっきりしてて小さくて軽くて、特に不満はない、と言えばない。…けど、もっさりなんだよなあ、動作が。OPERAでWEBサイトを見てるときは、通信速度が32kだし仕方ないかーと言い聞かせてるんだけど、メールの文字変換がもっさりで頭悪いのが悲しい。PHSはかなり長文メールが打てるのでその気になれば日記の更新もできるんだけど、変換ソフトのドンくささのせいでそんなことをする気にはさらさらなれず。用件のみみたいなメールしか打ったことがありません。それと、いまどき7万画素のカメラがついてても使いませんよ…。買ってからこっち、一回も起動したことがない。
 新機種は少しはマシな日本語変換ソフトが入っていそうだし、もっさりも解消されていると言ううわさ!カメラもケータイ普及機種並みの130万画素のやつが乗るし、通信速度も上がるというし、あの夢もこの夢も叶うような気がしてきます。
 やはり買い換えるしか!
 でも、一つだけ不満があるのです。それは。
 デザインがいまいち…。京セラもサンヨーもなんかいまいち。サンヨーは日本語変換ソフトのバージョンが低いんで、買うならやっぱり京セラなんだけど。ピンクは論外だからシルバーかオレンジってことになる。うううーん。どっちもそそられない。京ぽんみたいに後から色違い出したりしないかしら。

 見た目よりも。高機能化に伴って、本体価格が一気に高まってる。京ぽんのニ~三倍しそうです。財布の危機のほうが深刻じゃないか?>自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ど。どこから。

 気まぐれにアクセス解析を調べたら微妙にアクセスが増えてて謎。いつもはリンク元の大半が自前サイトからなのに、二番目に見知らぬurlが…。いったいどこ?
 …よ。米光さんの「こどものもうそう」だぁぁーー(倒)。信じられん、自分が普段深く静かにROMってるところから逆にリンクされてる記事があるなんてー。
 「an・an」の夏の読書特集で米光さんが選者に入ってる、んまあ、という記事でした。うわあ、こんな辺境のblogというか日記の記事が拾われてしまうのね。恥。

 ええ、もちろん先週の「an・an」恋に落ちる技術特集(岡田准一表紙)で米光さんがオススメ本の選者をされてるのも知ってます。そこだけまじめに読みましたから。で、このテーマで乱歩の「芋虫」とか「ファントム」とか薦めるなんて!恋愛脳な娘さんがころっと手を出したらどーすんですかっ、長嶋有や日日日をさりげに混ぜてらっしゃいますね、でも「アンの愛情」でバランス取りも考えておられるのねーなどと思っていましたとも。
 そんな私をドン引きして見る、同僚たち…。ごめんね、本ヲタで。
 
 前回みょーにアクセスが伸びたのは、demiさんが「DAICON FILM」で「twilight」を使っていた、という記事をリンクしておられたとき。Excite Books絡みが続いたのが、ファンとしてはうれしかったり。<勝手に関連付け。
 後はデイリーポータルZからリンクされれば野望達成だー。<無理。言ってみただけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.26

「あのころの未来」、読了

Amazon.co.jp:本: あのころの未来―星新一の預言

星新一の作品をモチーフに、最相葉月が科学の今について語るエッセイ集。依頼が依頼だったせいか、全体にちょっと説教くさい雰囲気がある。それがもったいない感じ。もう少しユルい内容のものも混ざってると読みやすかったんだけど。
 でも、いかにも今風の科学的題材の導入に使えるネタがいくらでもあるとは、さすが星新一。ダイジェストで紹介された内容に「ああ、そうそう、こういうのあった」と懐かしい気持ちになる。
 私も日本のSFというとまず「小松、星、筒井」であった世代だから、当然星新一のショートショートは浴びるように読んでいる。でも、言われてみれば最相葉月氏同様、長く読み返してないし内容もうろ覚え。短い話を練り上げてまとめる大変さを星先生が語っておられたのは読んでいたのに。すみません。(枚数少ないと、必然的に原稿量も少ないしのう(涙)。作品の普遍化を図るために作品には惜しまず手を入れていたというお話も聞く星先生なので、それでも補えなかった点があるとしても、21世紀になった今でも十分読むに耐える内容のはずだし、これからもスタンダードとして残っていてほしいです。ふらっと本屋に行ったらいつもあって、「おー、久しぶりに星新一を読み直すかー」なんて言えるような。
 というまでもなく、このところ書店店頭で星新一の著作を見かける機会が増えてるんですが、再び(三度?四度?)波が来てるんでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

流行ってるのか?

 今朝の新聞を読んでたら、内田康夫の新刊が浅見光彦シリーズ「風の盆幻想」だそうで、ある種の人には「はあ?」と思われ。
 おわら風の盆っておまつり、見たことないけど、八月頃に旅行会社のツアー広告が結構載ってて、普段からそんなにニーズがあるのか?それとも愛ルケ効果なのか?と不審に思ってましたが、ある世代にはえらく思い入れのある催し物なんですね。
 内田先生には悪いが、今おわら風の盆にはいい印象がないです、わたくし。えろ妄想で頭がいっぱいのおっさんがヘンな想像をたくましくしながら鑑賞する祭りのようなイメージができあがってて。
 地元の方々にも申し訳ないが、苦情はナベ爺にお願いします。

 そういえば、千趣会から秋冬物のカタログが届いたけど、裏表紙のアクセサリカタログにパンプスブレスレットとミュールペンダントなるものを発見して再び「はあ?」。
 えっと。流行ってんですか?これも。私は見た瞬間、速攻で「イラネ」と思ってしまいました。愛ルケ刷り込み、恐るべし。
 身につけてる人を町中で見かけたら、思わず「ぷ」と笑ってしまいそうですが、これもつけてる方が悪いのではないと理性ではわかっております。苦情はナベ爺にお願いします。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

いいな、人狼(BlogPet)

前はkiiroは、精神的に昔のブクマでいる決心をしてて、自分の推理力が入り始めたばかりのころ
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「arumi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.25

今週のトミゾー

 あああ⋯。トミゾー、アホキャラ決定か⋯。
 せめて話の後半くらいは少しは熟考・沈静化に入ってくれるかと思ったが甘かった。こういう単細胞で行動優先、みたいなキャラがいないと話に弾みがつけられないんでしょうか。トミゾーはもっと謙虚な人のはずだよ、少なくとも俺の知ってるトミゾーはな。ちくしょー(涙)。

 木暮さんももっとまともに書いても魅力的な人になると思うんだけど。おやじさんやみどりさんがフォローめいたことを言わなくても、多少奇矯な物言いであっても言ってることが真当なら必ず人には伝わるはず。それがフォロー的言動をしている人以外には伝わらないってのは、書き方がマズいからでは?
 何より見てる方が「ヘンな親父」風味の方を多く受け取ってしまう。言動の深さを感じさせるタメや行間がないんです、木暮さんには。あと、さりげなキャラのバックグラウンドを伝える情報。変身できなくなった後の特訓も、響鬼さんなら普段からあの程度やってると思うのね。なぜ木暮さんの指導が効果的で、弾鬼さんたちが成し得なかった短期間での鬼変身復帰が可能になったが全然わかんなかった。体育会系のやみくもなシゴキが功を奏した、なんてのは、一応吉野の武器開発責任者としてあまりに非論理的な判断じゃないでしょうか⋯。
 てーか、そんなんじゃ、弾鬼さんたちの立場がないですから。

 結局、短期直情・体育会系バンザイな世界になってしまうのでしょうか?
 木暮さんがイブキさんを苦手とした理由、「今風」と称したあれが、すなわち路線変更後の響鬼が苦手とするテイストのように思えてしまう。ほわんと居心地がいいのに、しなやかにたわむことができる芯がある。そういう世界は書けねえんだよ、と暗に言われた気がしたのは、私のうがち過ぎってもんでしょうか。

 桐矢転校生に関しては、もう⋯。性格破綻者としか思えません。こんな人を演じる役者さんがかわいそうになってきます。
 明日夢くんに「俺と帰るのいやなのか?」って。イヤですよ、思いっきり!君みたいなヘンな人!!明日夢くんだから曖昧にごまかしてくれますけど、私だったら「避けない方が変だろうよ?あんた、ベンキョーやらなんやら、得意なものはたくさんあるみたいだけど、肝心の人付き合いのスキルはさっぱりだな!」と言い捨てるところです。
 桐矢転校生の質問に対するヒビキさんのセリフもヘン。何言いたいのか、よくわからない私がアホなんでしょうか。もしかしたら脚本書いてる人が、そもそもヒビキさんが明日夢くんのどこを見込んでつきあってるのか、わかんないんじゃないでしょうか。だから、ミョーに先輩ぶったセリフを言わせてお茶を濁したんじゃないかって気すらします。
 だったら、わざわざこんなシーン入れなくてもいいと思うんだけど。だって、なくても今回の話、成立するでしょ?明日夢くんを書きたくないならいっそ書かなでいてくれた方が、傷が浅くて済むんだがな⋯。いや、見てる私が、ですが。
 で、明日夢くんにはちゃんと友だちいますから>ヒビキさん。カツオくんとかキコちゃんとか。最近はデートで忙しくて放置されてるみたいですが、少なくとも桐矢転校生よりは一万倍まともでフツーな友だちがいますから⋯。

 むしろ入れるべきは、威吹鬼さんに同行するあきらちゃんなのではないかと。ただでも強力になっている謎の童子と姫がいるってのに、たった一人で威吹鬼さんが行動してるなんておかしいじゃないですか。サポートに入るあきらちゃんがいるから、日菜佳ちゃんに連絡が行ってるんでしょ?その辺の描写がすげーずさんです。事務局に香須美さんやおやじさんが待機してる絵もないしなあ。
 まさか、秋山奈々さんのギャラをケチろうって、細かい予算削減策なんでしょうか。だったらトホホです。

 あと。アームドセイバーが、勝手に持ちだした轟鬼くんのせいで「身なりのいい男女」の手に渡り、勝手に持ちだしたスーパー童子と姫のせいで響鬼さんたちの手に戻るって、ちょっとあんましな筋立てじゃありませんカー?どっちもろくな組織じゃありませんよ⋯。いや、魔化魍さんたちが「組織」かどうかは知りませんけど。

 グチってばかりもなんなので。カラオケというわざで、トミゾーのやる気を出させた日菜佳ちゃん、グッジョブ。すっかりアホが確定したっぽいトミゾーですが、見捨てずにいてやってください。
 木暮さんオンステージからEDの「少年よ」への流れも、ベタだけどきれいです。本編に入れなくて、尺も稼ぎました。

 来週もわけわかんない、勢いだけの話を見ることになるんでしょうか⋯(涙)。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

タイーホ記念

 ↑不審かつ物騒なタイトルですみません。先月末、高まるセクサロイド疑惑に答えるためか、主人公によるヒロイン絞殺の暴挙に出た「愛の流刑地」ですが、その後延々、っちゅーかだらだらだらだら往生際の悪い主人公の右往左往を27回に渡り書き継いで、このたびようやく主人公が警察に連行される運びとなりました。それを記念して(?)、はたしてこの一ヶ月、ナベ爺は何を書きつづってしのいだかをまとめてみたいと思います。
 どっかでナベ爺、「異邦人」(もちろんカミュのですよ!)をやりたいとかヌカしてたそうで、だったらどの辺にその片鱗があるんだかね?ってことで。(「異邦人」読んでないんですが)
 なお、原本は手元にないので、まとめに際しては老舗にしてジャンル内では超有名blogの「にっけいしんぶん新聞」さまを参照させていただいております。
 長いです。こんなの、誰が読むんだろう、と思いつつ。

Continue reading "タイーホ記念"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.24

「月館の殺人」、読みました

Amazon.co.jp:本: 月館の殺人 上 (1)IKKI COMICS

 なぜ佐々木倫子が綾辻行人と組んでミステリー!?
 という意外性というか、疑問からスタートする(私の場合)「月館の殺人」(1)。わけありで18歳になるまで鉄道を利用したことがない女子高生が(沖縄に住んでるというのが象徴的です)テツばっかりの乗客とともに謎の寝台列車に乗ると、当然ですがそこで殺人事件が!
 えっ、ほんとにミステリーになるんだ!と驚いてしまった私は、いつもの佐々木マンガの思い込み強し。
 曲がりなりにも人が死ぬのだからそれなりの悲壮感とか恐怖とかあるのではないかっ!…という期待は、佐々木作品だから始めからありませんが、読んでる間も「すわ、殺人!」→「いったい誰が、どうやって?」と考えるよりも乗り合わせた方向性の違うテツな人々の言動のほうに興味が行く。(それでは被害者がかわいそうなんだけど。もしかしたら本当は死んでないのでは?とか思っちゃうんだよなあ)
 佐々木キャラだから、みんなびみょーに脱力だし。真剣さにズレがあるし。
 これはこれでおもしろいと思うんだけど、派遣の同僚で佐々木マンガ読みの人が「なんかキレが悪い気がするんですよね」と感想を漏らしてまして。そりゃあ緊張感が薄いとはいえミステリーだし殺人起きてるんだし、しょうがないのでは、と言ったんだけど、きっと純ミステリー好きは逆にページめくったら死んだ人が起き上がってきそうなほわあとした雰囲気に違和感を感じるかも。
 どっち向いて読んだらいいのかなー?という気分にはなります。
 一巻目はぜんぜん導入って感じで、先が長そう。

 ちょうど「鉄子の旅」(4)を入手しまして並行で読んでたもんだから、頭が一時的にテツ化。(いつのまにか普通から少し遠ざかったキクチさんほどではない)雑誌そのものを手にしたことがないからわからないんだけど、IKKIって鉄道マンガ雑誌、じゃないんですよね?たまたま読んだのがソレ系だっただけで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

汚ねぇえー

 最近ちょこちょこよそ様で耳にした話の正体はこれかあ。「石ノ森章太郎さん漫画遺産500冊」だそうで。一期42冊で全十二期刊行、はいいとして。一期あたりの価格が51,450円、全期購入すると617,400円ですってよ!ろくじゅうまんのマンガ全集⋯。おいそれと買えるもんじゃないだろう。
 しかも、店頭販売なしの完全予約制で一冊ずつの分売不可。期別に作品をまとめるやり方じゃないみたいだから、一期だけ買ったら欲しいのも欲しくないのも混在してきちゃうし、絶対欲しいのを揃えるためにはやっぱり全期分買うしか⋯って話になるのか?
 汚い、汚いよう。
 昔、講談社が手塚の全集出したときもむちゃ企画だと思ったけど、欲しいのだけ店頭で買えたもんなー。最近出たDVD-ROM版もたけー!!かったとはいえ、価格は12万円でHDDつきのDVDプレーヤー買うと思えば出ないお金じゃなかった。
 それが。五倍ですよ。印刷物で一冊あたり換算1,200円だから無茶な値段設定とは言えないけど。常にまとめて買えと言われてもなあ。置く場所の問題もあるし、何より一期分五万円ですら庶民には簡単に払える金額じゃないです。
 今まではアニメやマンガファン向きの映像メディアって高いなーと納得できない気持ちでいたけど、この上に印刷物も来ちゃうのか⋯。
 やっぱり地道に古本屋巡って、落ち穂をするしかないのか。入手できるのは書籍化されてるものに限り、だけど。

 ⋯ってゆーか、これに注目してる人がもっとも気にしてるのは、予約特典の「サイボーグ009 完結編」創作ノート、だと思うのね。この特典の価格が60万、と考えるべきなのでしょうか(爆)。ひょー。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

2005.09.23

もち吉のわな

 九州以外にお住まいの方はご存じかわかりませんが、福岡には「もち吉」という主にせんべい屋があります。(「主に」というのは、他のお菓子や米やミネラルウォーターも売ってるから)最初は通販メインで営業を始め、四角い缶入りの贈答用セットを太っ腹なことに味見用に一缶くれたりしました。これがけっこうおいしい。ので、ひいきになった人も多いんじゃないかと。贈答用から入るので、そのまま贈答に使う人も多いらしく、それで九州以外でも知る機会があるみたい。
 で。今はリアル店舗での販売もしていて、時々新聞にチラシが入ってきます。袋商品二割引とか。リアル店舗には割れせんべいの徳用袋があって、これがなかなか魅力的。350円くらいでたっぷり入った大袋。抱きかかえていつまでもぼりぼりしてしまいそうだから、チラシを見るたびに心が動いては「いかんいかん」と自制してきました。
 しかし、このW三連休、なんの予定もなくさみしくすごしているのだし、せんべいくらい!徳用袋くらいの贅沢は許されよう!!と決心し、ぽてぽてとお買い物に行ってきました。
 店内にあふれる各種せんべいとかき餅の山。うっとり。そばぼうろも魅力的だわ。
 …あやうく、豊富な品揃えに目移りしそうになりますた。正気に戻って。連休のお買い得缶「きもちかさね」は当然のように完売していたので、予定通り「餅のおまつり」の割れせん徳用袋と新作の「餅のささやき」を買って帰ります。「餅のささやき」は昆布だしなどの天然素材を惜しみなく使った優しい味だそうで、「餅のおまつり」みたいな揚げせんべいじゃないのがカロリー的に安心。
 家に帰って割れせんべいをひとつまみ。うまーい!ひとつまみじゃ足りなーい。お茶も入れよう。ああ、日本人に生まれてしあわせ。そういえば、せっかく行ったんだから「希林揚げ」も買えばよかった…。<揚げせんばっか買ってどうするよ?
 もち吉にすっかりハメられたような…。
 休み明けの体重が怖いー。怖いー。

 相方にもおすそわけしてやろうと「餅のささやき」を勧めたら、「うまいけど、この脱サラして始めたペンションみたいな名前はどうにかならんのか」と言いました。確かに、そんな雰囲気の名前が付いた商品が多いよ…。

 もち吉の住所には「もちだんご村」ってあるんですが、これは正式の地名として採用されてるんでしょうか。俗称?「ハウステンボス村」みたいなもん?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

迷惑かけたらすみません

 先日煽ったからだったらいやんですが、今週突如エロサイトからのトラックバックが急増。何かしらのキーワードに反応したと思われるものもあったけど、無差別的なものも何件か見受けられ。
 増えた言うても手動で対応できる程度の件数だけど、見出し見るだけでウンザリなので、初めてココログのipアドレス規制の機能を使ってみました。こういう輩は頻繁にアドレス移動させそうだから、役に立つかどうかわからないけど。
 むしろそのせいで、全く何の罪もない方のコメントやトラバを蹴ってしまってたらすいません。

 そう言えば、半分死に体になっているフリーwebメールの閲覧ページがアクセスしにくい状態になって早二か月。たまたま開いたときに中身を掃除するようにはしてるけど、ここ二週間はさっぱりつながらんなー。タイムアウトとか、変な表示出たりで使いものにならない。
 送信先の変更作業をしたから、今は利用してるお買い物サイトのDM受信くらいしか仕事は残ってないはずだけど、今度開けたらまた大量のエロサイトからのスパムが入ってるかと思うととほほだ。

 スパムにしてもトラバにしてもこんなんで効果があるのか?と呆れる内容が多いけど、これだけしつこくやってるってことは引っ掛かる人がそれなりにいるんでしょうねえ。
 不思議です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.22

実物のインパクト

 いいの、私にはiPod miniがいるから。
 と、ちょー横目に見ていたiPod nano。ビッグカメラを覗いたついでに売り場に立ち寄ってみる。
 …小さい。ネットで山ほど写真は見たし、全機種の大きさ比べもチェックしたはずなのに(<それで横目か?)、実物は予想以上に衝撃的に小さい。こ。これは。見た瞬間に「買い」と思う人が出るのもわかる。これだけ売れて浸透した商品なのに、まだやるか>apple。
 最近の私は買うた止めた音頭は踊りにくくなっているのです。絶句しただけですみやかに帰ってきました。
 まだまだ現役で働き倒してもらいます>家のドラえもん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.21

うっかり忘れる

 ところだった。「大人の科学」今月号に「メガスター」の大平さんが監修した家庭用プラネタリウムが付録につくのだった。今さらだけど予約効くかしら。取り置きとか。
 「ホームスター」二万円也は投影スペースがないこともあって買うのは無理だけど(無理の理由はそれだけじゃないけど!)、2,200円なら現実的!私のお小遣いでも手が届く。それで一万個の星が見放題ならお安い買い物と言えるでしょう。
 雑誌の紹介ページの投影写真を見るだけで、うっとりわくわくな気分です。
 私のささやかにロマンティックな秋がここに。むふー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.20

運動の秋

 全然秋にならない上ビーズ細工に挫折したわたくし、もう一度秋気分にチャレンジすべくうっかりハヤリものに手を出してみました。いろんな雑誌で猛烈プッシュ中・今月のヴァンテーヌにはレッスンDVDのおまけも付いたヨガのトライアルコースに参加したのです。以前から「ブルータス」の特集号を買ったりして興味津々ではあったけど、どうも自力でやるのは無理っぽいなと思っていた矢先にTVで新しくできたスタジオの紹介を見まして。二回で二千円というあまりに敷居の低い価格設定に惹かれて、そっこーで行く気になるわかりやすい消費者の私です。
 とはいえ、自分一人で行く勇気はなく、派遣の同僚二人を巻き込み、終業後3人でスタジオへ。ヨガっていろんな流派というか、スタイルがあるそうで、今回行ったのは女性に人気・ダイエット効果もあると言われるホットヨガ。室温を36度前後、湿度も60%くらいに保ったスタジオで緩く緩ーく身体を動かして、身体を鍛えると共に代謝をよくするのが狙いのヨガです。当然ですが、一度で痩せたりはしません。汗はだらんだらん出るけど、適時水を飲むように指示されるし(一時間のレッスンでミネラルウォーター1リットルを飲みきるのが目安)。

 運動そのものはゆったりだし、インストラクターさんは常に「無理せず自分が気持ちがいいと思える範囲でやってください」と言うから、身体が硬くても運動音痴でも大丈夫。ではあるけど、熱と湿気が!10分くらい屈伸したり身体をねじったりしているうちに文字通り滝のように汗が出始めて、ちょっとした動作が苦しくなってくる。「手を頭上で組んで、指先を見ながら上体をまっすぐに伸ばしてください」、たったそれだけやるのにはーはーしてくる基礎体力のなさ。苦しくなったら途中でスタジオを出てもOKなんで、あんまり根詰めてやらなくてもいいけど、あまりの自分の身体のダメダメさに悲しくなってきたり。
 一時間のレッスンが済んでロッカー室の椅子に座ったら、シャワーを浴びに行く気力もなくてしばらくぼーっとへたり込んでました。(もちろん、帰る前にはしっかり汗を流しましたとも)
 でも、その日風呂上がりに皮膚をなでたら、全然状態が違うんですよ!つるっつる。毛穴開ききって老廃物出しまくったせいかしら。
 じーっとゆっくり筋肉を伸ばして姿勢維持するってじっくり身体ができていきそうだし、続けていったら健康にもよさそうではあるんだがなー。レッスン一回が三千円って微妙な価格設定だわ。
 一緒に行った二人も、「やりたい、とは思うけど。週一回は来ないとだめですよね。払えるかなあ…」と悩ましげ。次回のレッスンまでに深く考えなくては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょと意外

 風呂上がって髪を乾かしていたら、ド真夜中にNHKのTOP RUNNER総集編再放送?をやってました。もう眠くてたまらん、だったので、冒頭のオダギリジョーだけ見る。日曜に「情熱大陸」でも取り上げられたのを見たばっかりなのだが。この人、ほんとに引っ張りだこになったなあ。五代くんから遠いところまで来たものだ。
 オダギリジョーと言えば、なんとなくとっかりがないというか、「本人」が出る番組ではなかなか笑ったりくだけたりした顔は見ないもんだけど、司会が山本太郎だったのが大きかったのか、なんか緩めのトークをしてました。めずらしい!素っぽく笑ってたりしたし。相手がサノだからかしら。年代の近いヤロウばっかがわさわさ集まって一年もドラマやるって、独特の空気があるんでしょうねえ。
 「新選組!」というドラマの出来については、いろいろ評価が分かれるところでしょうが、共演した役者さんたちがトーク番組などで時折見せる体育会系クラブ的な仲間感覚はいいなーって思ったりするのです。ああ、男に生まれたかったなーと思ったりする瞬間です。
 福井晴敏まで意識が持たなかった。残念だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.19

いいな、人狼

 一年くらい前、プレイ結果のログを目が腫れるほど読みあさっていた「人狼BBS」を某さんがやっていると聞いて「むうう、うらやましー」な気持ち。かつて私がROMしていたのは、試験運用が終わって一般の参加者が入り始めたばかりのころ。村のナンバーはまだ二桁だった。参加者が日々鰻登りで、新しい村ができるなり参加者枠はすぐ満杯。サーバ負荷が高まってアクセスが困難になり、たしかサーバ移転したはず。ROMってるうちにオオカミ同志のささやき機能とか墓の下でのぼやき機能とか独り言機能とかが追加されていき、参加者が多いときはオオカミ3人にするなどルールの調整が行われていたから、今にして思えば黎明期だったのかな。
 ROMしてて、自分の推理力が著しく不足しておりかつすぐに脳が膿んでぐるぐるになって参加者に迷惑をかけそうな気配を感じたもんだから、生涯ROMでいる決心をして今日に至る。というか、あまりに熱心にログを読んでいたら慢性的に眼精疲労が起きるようになって、そこでも挫折。
 久しぶりに昔のブクマでアクセスしたら、尋ね先不明でググるはめに。な。なんとすでに村の数が600目前まで増えている!相変わらず盛況だなあ。
 某さんによれば、参加者が広く多くなった分、残念ながらマナーをわきまえない人が出る率も上がっているそうで残念。これは、精神的にオトナを要求するゲームなのですよ。鍛えて参加しましょうね。(鍛えが足りないんで、ROM人生のわたくし)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜゴスロリ

 夕方の気温や日の暮れ具合はじりじり秋化しているんですが、何しろ日中が暑すぎて全てがダメになってると思う連休最終日。脳内だけでも秋化してみようかと、ビーズ細工の材料などチェックしに出かけてみました。<一応趣味の秋など意識してみた。
 品揃えはイマイチながら、比較的近場で出かけるのがおっくうにならないその店にたどり着き。ものごっついヘンなオーラがどこからか発信されているのに気がつく。いったいどこから何が。
 と悩むほどのこともなかったのでした。一階のディスプレイの中、普段は季節の記事やら無難なものが陳列されてるのに、なぜか今は三体のマネキンがゴスロリ全開なふりふり服を着て並んでる。
 なぜゴスロリ!この店、冬場は毛糸売り場でおばちゃんやおばあちゃんがヨメや孫のグチを言いつつ編み物にいそしんでたりする、そんな客層なのに。生地売り場に来る専門学校生狙い?しかし、一般の娘にゴスロリ服を作ろうよ、と提案する理由がよくわかんない。流行のサインがどこかに出てたのだろうか。
 謎は深まる、その店の不可解パワーに気圧されて、ビーズは買わずにすごすごとUターンして別の買い物して帰りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わかりやすいトラックバック(BlogPet)

一番はkiiroたちが、昨日初めて他のタイプのトラバがつきました
最近は、そんなわけで利用予定はありません
世の中には配偶者がいても出会い無限にwelcomeな人がいるらしいので、そういう方をあたって去ったりしてますなぜこの内容で出会いがトラバ?
と不思議でしたが、そういう方を論ずる記事に出会いサイトのトラバがついたら大笑い


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「arumi」が書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.18

六十は早いよなあ…

 先週地上波でやった「あの人に会いたい」石ノ森章太郎をBSでやっていたのでチェック。諸般の事情により、このところ石ノ森ウォッチャーの私です。「絆」も読むべきかと思う今日この頃。
 10分ほどの番組なんで深い話を引き出し倒すという内容は期待できないのだけど、アーカイブから選ばれた石森御大がまだ四十代半ばとお若い姿で、もうそんなに遠くない年になっちゃった自分に愕然とする。このころすでに少年マンガも壮大なスケールの話を語らなくなりだしていたようで、御大はそれを残念だとおっしゃっていた。セカイ系まで生まれた現状を見られたらどう思われただろう。
 これからもまず人間を描いていきたい、とおっしゃっていた石森先生。今になって佐武市など読んでいる私は、この先に「HOTEL」みたいな定点から見るさりげなく慎ましくでも人それぞれに様々な人生、みたいな作品があったのだろうかと思ったりしている。

 それにしても、享年六十歳とは本当に早すぎた。ご本人もご自分の病状を知ったときはまさかと思われたことだろう。晩年の作品群はご本人の希望に添ったものなのか、時代を問わず市井ものっぽい味わいのものが増えたけど、往年の実験作みたいなトンデモ作品もまだまだ読みたかったですよ…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週のトミゾー

 違うっ。俺の知っているトミゾーはこんなやつじゃないっ。
 ⋯⋯はーはー。すいません。こうなることは予測済みだったけど、人間事実に直面するとヨワいものですね。
 木暮が気に入らないから、見返してやるためにアームドセイバーを使いこなしてやる、なんて、わかりやすいけど浅い動機です。それに、空回り気味ながら誠心誠意がんばるトミゾーには似合わない考え方かと。今度の姫と童子は、理由はわからないけどとても強い。もしかしたら響鬼さんでもかなわないかもしれない。だから、自分はしばらく変身できなくなるかもしれないけれど、なんとかあの強力な武器を使って皆が助けられたら、みたいな、ちょっと思い込みが強くて危機感薄めながら、まずみんなのことを考える動機の方がトミゾーにはしっくりくると思うんですよね⋯。私は、だけどね。
 なんたって、斬鬼さんが木暮さんのことを悪く言わなかったわけで、その時点でトミゾー的には「俺って木暮さんのこと、よくわかってないのかな?」と思うはずなんですよ。私の解釈では。

 全体に、なんちゅーか、路線変更後のみなさんはわかりやすい。浅くわかりやすい言動を取るようになってる気がします。
 スーパー童子や姫に襲われて森の中をさまよってる時の響鬼さんと轟鬼くんのセリフのわかりやすく無駄なこと。お子さま視聴者に対する配慮なのでしょうか?お子さまってそれなりに賢いと私は思うのだけど⋯。轟鬼くんがわかりやすくお間抜けキャラになってるのも、なんだかねえ。こういうキャラが軽んじられるのは、対お子さま的にはむしろよくないんじゃないでしょうか。

 木暮さんにしても、桐矢転校生くんにしても、フツー感のない人たちです。日常からテンションが浮いてる人たち、というか。木暮さんは、立場的に少々浮世離れしている人、という設定でもいいのかもしれないけど、一般の人たちに紛れてひっそりと魔化魍と対峙してきた猛士という集団は、だからこそ普通であることを大事にしてきたんじゃないかと思うのです。
 さりげなく、どこかにありそうな甘味屋さんが秘密基地で、もしかしたら買い物途中ですれ違ったおじさんが事務局長かもしれなくて。そんな、なさそうでありそうな感覚が響鬼の世界でした。猛士の人たちも、「俺たちが」「俺たちが」って力み返ってるんじゃなく、いろいろあって自分で悩んで決めたことで、だからって特別な存在じゃない、というスタンスでいる。
 木暮さんも、変わっててちょっと付き合いにくいけど、いろんな人がいるからねって受け入れ方もあったんじゃないかなあと。そういうキャラ立てもできたんじゃないかなあと。

 ゲストキャラの木暮さんが変人なのは、二話でスルーできるから特例にできるとしても。
 ますます浮きまくってる桐矢転校生はどーすんだ?出れば出るほどヘンなんですけど。いくら金持ちでベンキョできていろんな才能の持ち主でも、私がクラスメートならこういうヤツにはドン引きです。てーか、友だちいねーだろ?って感じで。
 いくら明日夢くんが少々優柔不断気味の内向悩みすぎ少年であるとしても、桐矢転校生の百万倍もまともな好少年なのであって、おめーなんかに「つまんないやつ」呼ばわりされる筋合いねえや、とTVをド突きたくなってくるのですが。この人は視聴者的に悪役と認識してOKなのでしょうか。
 普通に生きていくって、それなりにいろいろあるんですよ?
 たいへんなのはお前だけじゃない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.09.17

金子二連発

 貯めていた「ウルトラマンマックス」を二本続けて見る。
 冒頭からTVにしては作り物が細かいのーと思っていたら、貯めた二本はどちらも金子監督作でした。(二本目は作り物控えめだったけど)バラージと聞いてあらーと思うイヤ世代の私。アントラーが短い前足をだだっ子のように振り回すマネをしていたおばかさんです。しかし、謎の文明の情報を求め亡くなった研究者の娘を訪ねたカイトとミズキ(もう君たちワンセットだね…)の前に現れたのは、んまあ、浅黄ちゃんじゃーないですか。「式日」の後、何をされてたんでしょうか。(その辺の情報疎い)すっかり大人になって足長ー。
 話としては特にどうということのないもので、青い石の使い方があっさりわかるのもご愛敬。コバ隊員もこのところ存在感が出てきていいのではないでしょうか(笑)。ショーンの発明が役に立ってるのが不思議でなりません。

 次のロックの騒音がきらいな怪獣の名前がヘイレンってのは、バルタン星人の習いでしょうか。バッドスキャナーズが古式ゆかしいロッカーっぽくて、演じるみなさんも若いイケメン風でないのが好感持てました。でも売れるらしい、人気あるらしい。マックス世界の音楽の流行はなんなんだろう。
 前回が市街地で細かい作り物もある特撮充実の回だったので、今回は野っぱらのコンサート会場とCGOKの空で。ほどよく予算を抑えた作りです。話も、新味はないけど手堅いまとめ方というか。
 大きなお友だちになってしまった身には見る側のワクワク感はないんですけど、マックスはそういう作品と割り切るしかないんでしょう。

 TVブロスのインタビューによれば、カイト隊員は町を歩いていても子どもに発見されないそうだ。オーラが足りてないのだろうか。ちょっと悲しい。


 金子さん、故那須監督の企画を引き継いで「神の左手 悪魔の右手」を撮るそうですが楳図かずお!大丈夫ですか。金子さんはなんだかんだ言って、内面にリリカルを抱えてる人だと思うんだけど。ホラーでかつリリカルはあり得ますが。どかんと宣伝打って大きな小屋にかけるタイプの映画ではなさそうだから、マイペースで撮っていただけるとよいのですが。
 。原作は楳図マンガでも群を抜くげしょい場面があるそうで、私にはとても読めん。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「鉄子の旅」(2)、読みました

 全然「テツ」じゃありません。だから、ただ電車に乗るだけの楽しみって今一つわかりません。なのに、読んでしまいました。「鉄子の旅」。なんで(2)なの?と聞かれそうですが、某巨大古本屋にぽつんと(2)のみあったもので。この手のマンガなら、いきなり(2)からでも大丈夫だろうと。
 イタタタです。いろんな意味でイタタタです。もちろん、マンガとしてもおもしろい。テツでなくてもおもしろい。あるものがとっても好きな人と全然好きでない人が一緒に行動するときの、対象に対する温度差や知識のギャップとそこから生じる気持ちの行き違いが適度に辛辣に適度に面白おかしく書いてあって、コメディマンガとしてちゃんと読める。
 でも、別分野でヲタと言われてしまうような人間が読むと、視点的には著者の菊池さん寄りになってる自分がいて、「ああ、私もアレヲじゃない人から見たら、モロ横見さんなのねー(涙)」というわかりきっていた事実を改めて噛みしめさせてくれる、人のふり見て我がふり直すようなマンガなのです。
 いや、まー、私も気をつけないとね。そしてたまには山あいの駅で満点の星空を見るような、「この世界はこの世界で、ま、いっかー」とよそ様に思ってもらえるような瞬間も作れないとね⋯。
 自分の興味のない分野にも、時として「ををっ」と感動することがあるかもしれないわけですよ。きっと。

 amazonの書評が、テツな夫やカレを持った女性の「菊池さん、その気持ちわかるわかる」告白になってるのか何と言いましょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.16

テッテー的に

 先日恋愛関係の性格診断みたいなのをやって、当たってんだかハズれてんだか、という結果を得ましたが、今度は就業関係の適性診断をやってみました。「ニュートラ 適正適職判断」です。
 わはははー。こうもきっぱり「組織に向かない」と言い切られるとなー。協調性に欠けるのは自覚しておりますが。でも、個性とかサイノーだけで独立して事業を興せるものではないです。商売の才覚ってもんがないと。その上個性が強くてもサイノーがないんじゃ(<わたくしの場合)、話になりません。
 そしてまたもや、「特に女性にはたいへん少ないタイプです」の一言が(爆)。以前、派遣先の女性社員研修みたいなのに参加したときも、適正分析みたいなアンケートをやって講師の先生に「珍しいタイプですね」と言われたのだった。
 珍しくても向いてなくても、がんばって働いていきます。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

がーんんんがーんんん

 SONY、なりふり構わぬ再建策
 薄型TVの商品愛称を、耳になじんだ「WEGA」を捨てて「BRAVIA」に変えた時点で素人ながら「だいじょうぶ?」と思わせたSONY。パネル調達先を変えたのがきっかけらしいのですけど、あんまり語感がいいとは思えないのですが>ブラビア。
 その上、So-netは売却、AIBO事業は縮小、本業回帰を計るって…。プロバイダとしてSo-netを使ったことはないけど、ポータル行くと楽しそうな企画をいろいろやってるなって感じはしたんです。ハーボットやアバター的な要素のあるリブリーってwebペット系のサービスを早い時期からやってたし、次期ポストペットはWebMailで提供って新企画も立ってたし、そう言えばネット初期にハムスターの暮らしぶりをずっと中継してたのもSo-netじゃなかったっけ?ああいう雰囲気がSONY以外の運営会社に移っても残るのかなあと思ったり。
 AIBOは、商品としてはそろそろ役割を終えたのかなと思ってはいた。だから、縮小が仕方ないのはわかるけど、悲しい。家庭用の特に役に立たないロボットの形に犬を持ってきたセンスが好きだった。
 自分がiPodユーザーでこんなことを言うのはなんだけど、HDDやフラッシュメモリ搭載型ウォークマンの戦略が、ヘンな先駆者意識に縛られてカラ回ってる感じがしました。クリエも止めちゃったしなー。
 「あのSONY」と言うとき、消費者は勝手にいろんなイメージを思い浮かべてる。それにいちいち応えていたら商売にならんと言われたらそうだと思う。でも、きっと「SONY信者」は商品そのものだけじゃなくSONYという社名が感じさせる「夢」の部分を買ってる。「夢」が入ってるのがSONY商品の強さだと思うから、実業一本槍になってしまったらさみしいなあ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

わかりやすいトラックバック

 辺境でぼんやりちまちまやっているblogというか日記なりに、希にトラックバックなどいただいたりします。こんなもの読んで反応してくださってありがとうございます。それなのに、トラバありがとうございますとかってコメントしに行かなくてすいません。初めてお会いする方に、その先なんて書いたらいいか思い浮かばなかったりするので、コメント欄に間抜けなことを書きたくなくて黙って去ったりしてます。

 そういう、中身を見てわざわざ手動で返してくださるトラックバックの他に、最近はキーワードで自動的にトラバ貼っていくソフトがあるようです。一番顕著なのはえろサイトで、愛の流刑地関係の記事を書くとすかさずトラバを貼っていきます。ときには同じところが二つ。マメだね。
 ってゆーか、愛ルケってそういうニーズだと判断されているのね。当たり前か。他に何もないしな。
 家に来る自動トラバは、そんなわけで主に愛ルケ関係の記事onlyだったのですが、昨日初めて他のタイプのトラバがつきました。↓の「イタタタタ」に出会いサイトのトラバが来たのです。へー。(記事ネタにしたので、トラバは9/22までは削除せずにおきます)
 なぜこの内容で出会いがトラバ?と不思議でしたが、きっと「非モテ」に反応したのね。でもわたくし、基本的にメンドくさいこときらいなので、新たに不特定多数の出会いを求めようとは思わんのです。わざわざ世話焼いていただきましたが、そう言うわけで利用予定はありません。世の中には配偶者がいても出会い無限にwelcomeな人がいるらしいので、そういう方をあたってください。

 しかし、本格的に「非モテ」を論ずる記事に出会いサイトにトラバ貼られるのはあまり気持ちいいことではないと思われ。

 この記事にえろ&出会いサイトのトラバがついたら大笑い

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.15

イタタタタ

 今年度の規模縮小でちょっとばかりおもしろさが下がった気がする「Excite books」。でも、本好きであるからには定期的にチェックしたくなるサイトなのに変わりはありません。本にまつわるニュースやコラムが山盛りで、「あ、これ、読みたいな」「こんなの出たんだ」とサイフと相談し始めそうにあることがしばしば。中でも欠かさず読んでるのが毎週木曜更新の「非モテの文化誌」です。他人事でなく、でもうんうんうなずいては自分がヤバい気になる悲しくも切ないコラム。(語り口は笑える系なのだが)
 今回の初期の柴門ふみネタは、特に痛さが炸裂しました。ああ、私も学校で習った男女平等・夢は自力で掴みましょう感覚が会社でも通用すると思って、就職当初は自爆の嵐だったなあ。特に九州の地場会社なんかサイアク。あれからいろいろ学習し直して、会社で生きていくためのあれこれを身につけ直しました。内心の価値観からすると堕落に分類されるやり方でしたが、それでずいぶんと楽になったものです。

 以前藤本由香里さんの「女と恋愛──少女マンガのラブ・イリュージョン」という少女マンガ論をたまたま見つけて読んだんですが(「ピアニシモでささやいて」の続編が書かれてると聞いて、ビックラしたときに検索して見つけた)、これもなんかすごくイタタな内容でした。なにしろマンガっ子として育ったので、熱心だったとは言えないまでも少女マンガもそれなりに読んでます。ここで取り上げられた作品もかなりカバーしてて、だから藤本さんが無意識に少女マンガから受け取ったあれこれが「あああああー」と脱力してしまうほどわかる。ここで示されたのに近い素地の上を生きている女性、多いだろうと思う。イリュージョンと折り合いをつけるために思考の寄り道を山ほどした人もいれば、未だ無自覚のままにイリュージョンに翻弄されてる人もいるでしょう。
 最近ネットで情報を集めてる最中に、非モテな男性の記事に行き当たることがけっこうあって、そのたびに何か釈然としないというか、君たちだけがつらいのか?モテにしか目が行かない女が悪いというのか?とちょっとすさんだ気持ちになったりする。こっちにもいろいろあったんですよ。現在進行形でもいろいろあるんですよ。
 モテ修行を要求される現役からは引退できて、その分にはかなりココロ安らかに生活できてますが、仕事の現場では学生時代のドリームに何となく顔向けできないやり方を今も続けておりまする。それが処世術というもの…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.14

来た見た買った?

 へろへろっと地下鉄のエスカレータに乗った瞬間、ちらっと目の端に入ったナニモノカがすごく気になった。何ものか、で、なんだかはよくわからない。ので、さりげに視線を動かして気になるものの正体をチェック。
 白シャツに黒ズボン(パンツというよりズボン)、耳がけ式ヘッドフォンの後ろ姿は学生っぽい。ってゆーか、シャツとズボンが制服そのもの。その男性の手が握っているのはかなりでかい箱。…「FFVII アドベント・チルドレン」の高い方の箱じゃないですかッ!あれ、3万円くらいするんじゃなかったかしらん。リアル指向のCGで作られた本編よりゲームキャラに近いオマケのアニメが見たいーと思ったものの、とても買えないと歯噛みしながらあきらめた例のアレじゃないですかぁあー。
 ちー、学生の分際でそれを買うか。おばさんのほうがビンボーやのう(涙)。オトナになんてなりたくなかったよぅ。<中身は常にコドモ。
 よく考えるといろいろとボロ満載でありながら、FFシリーズではダントツに好きなFFVII。たぶん一番繰り返してやったRPG。それだけにヘタな続編なんぞ作って欲しくないわけで。だから「アドベント・チルドレン」もさほどキョーミないもんって態度で来たのですが。
 出たら出たで見たいもんだなあ…。くー。

Amazon.co.jp:DVD: ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (初回限定豪華パッケージ仕様)

 レンタルに出すかしら。SELLオンリーだったりしてな。だけど、予告編しか見てないものを、たとえ通常版であってもさくっと正札で買えませんよ。内容、気に入るかどうかわからないのに。(場合によっては「人の思い出、台無しにしおってー!」と投げ捨ててしまう可能性すらある)
 ああ、なやましー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

買っても書くことがない。

 年と共に買うた止めた音頭も踊る回数が減ってきたし、こんな私でもそれなりに枯れてきました。老後の楽しみなんて言葉もそこそこにリアリティを帯びてきましたよ。楽しみに回せる余裕がある老後になるかが大問題ですが。
 しかし、枯れるってのと楽しみがないってのは違うし、毎日をそこそこやる気持って生活していくには多少の欲も必要ですよね。
 って、何を言い訳してるのか>自分。
 「assist on」を眺めていたら「野望ポスター」なんて魅惑的な名前の商品を見つけたもんですから。日頃は慎ましく生きている私でも、こういうものを目の前にすれば「わはははは、世界は私のものだぁあ」とばかりにスゴい計画を立てる気になるだろうか。このポスターに「一日一善」とか「今年中に3キロダイエット」とか書くのはあまりなじまないだろうし、せっかくだから大言壮語っぽいものを大胆に筆書きしたいんだが、小物だからいざとなったら何も書けないかもなあ。

 それにしてもビミョーに脱力したノリがいいなと思ったら、販売元というか制作元は「コレジャナイロボ」や「自爆スイッチ」と同じ「太郎商店」なんですね。何の役に立つでもないのについココロを惹かれてしまうような商品群。(ジェットリングって名前のシルバーリングシリーズ、かわいかっこいい!)会社のメインメンバーはきっと同世代なのだろうなー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

普通にいいかも

 夏の間ヘバって行く気が削がれていた近所のレンタルCD屋さんを覗いてみました。残念ながら地味にヒットしたウクレレスターウォーズは見つからなかったものの、ウクレレジブリがあったので借りてみました。
 もっとのほーっとユルな感じのアレンジになってるかと思ったら、ウクレレは抑えめで普通にリリカルな仕上がりの曲が多いです。「時には昔の話を」のノーテンな感じはかなり意外だけど。原曲よりもあたりがやわらかになってるものもあるんで、BGMとして流すの向きかも。一曲目が本編には全く出てこない安田成美痛恨の過去「風の谷のナウシカ」で、わたくし、実は意外とこの曲が好き。ボーカルの不安定さがなければより聞きやすくなると思ってたから(<ひどい)、アレンジ版で楽しむのもいいかな。

 iPod miniが来て一番変わったのは、とりあえず興味を感じた曲はがんがん借りてきてiPodに突っ込んでみようと思うようになったこと。以前はほんとに聞きたいものしか思いつかなかったけど、今は目に入っておっと感じたら「気に入らなくてもいいかー」ってノリで。それで、BONNIE PINKをふらっと聞いて坂本真綾と似たフィールドを感じたり、LOVE PSYCHEDELICOって意外と昔の洋楽っぽいんだなとか勝手に思ったりしてる。(左記はミミ音痴の勝手な感想ですからね!(笑)後、私は日本語のラップがどうもダメらしい。ハルカリ、挫折しました…。
 iPodの出現は音楽にとって革命だ、なんてタイトルのレビューを読んで大げさやねと思ってたけど、半年も経たないうちの私の変わりっぷりは革命とまでは行かないまでも結構な変化ではないかと。
 iTunes Music Storeも覗かないようにはしてるんだけど、品揃えが充実してきたらコンビニでお菓子を買う感覚でついポチっとしてしまいそう。キングレコードが参入するらしいしなー。危険。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.09.13

ぱんつは

 「パンツは共用しますよね?」と何気なくお昼の時間に問われて、同席したみんながしばし固まった。
 派遣の同僚のOさんはちょっと変わっている。というか、Oさんの家族が変わっている。時折お昼ご飯の席で家族の逸話を披露してくれるのだけど、それが概ね笑えるものか、ぎょっとさせられたりするものなのでして。だから今回振られた「ぱんつ」の正体はきっと「ズボン」じゃなくて、アンダーウェアの「ぱんつ」なのだろうと察しはつく。
 「ぱんつは。共用しないと思う。少なくとも家はしなかった」「兄弟で年が近かったりしたら、印つけるよね。区別するのに」と遠慮しつつもみな「ぱんつ共用」は否定の方向。「えっ、そうなんですか。⋯やっぱり家は変わってるのかな」というOさんの言葉に、きっと同席したみんなが心中でうなづいていたと思う。
 どこで気づかされたのか、彼女は今まで「どこもそうしている」と思っていた「家族でぱんつを共用」が極めて少数派であるらしいと知って、最早O家のエピソードになれている私たちに確認しようと考えたらしい。O家では、一人娘のOさんとお母さんは体格が違いすぎるため共用不可だったのだが、今でもお兄ちゃんと弟はぱんつ共用なのだという。男性はそれで気にならないのだろうか?
 相方に聞いたところ、「洗濯はしてあるんだろ?その時点でリセットされるから、なしとは言い切れない」と言う。キミは弟とパンツ共用OKなのか?

 O家に関しては、いろんな逸話がある。つい先日は怪しい夕食の話だった。家族皆が大好きな鶏肉のモモ焼きが、その日に限って売れ行きが悪い。そもそもOさん自身も今一つ箸が伸びず、もう一つのおかずのローストビーフばかり食べていたが、残りが少なくなってきたので思い切ってモモ焼きを取って食べた。すると。
「すぐ吐き出したくなるようなヘンな味がして⋯。こっそり席を外してティッシュに出したんですが、もしかしたらこういう味付けなのかもしれないと思って。私の口に合わないだけだったら悪いから、何も言わずにみんなが食べてるのを観察したんです。そしたら、兄がものすごい顔をしたから、これはまずいって母に言って食べるのを止めたんです」。
 どうやら肉だけじゃなくつけ汁まで傷んでいたらしいとのこと。その焼けた匂いが明らかにおかしかったので、先に台所に入ったOさんは気分が悪くなってモモ焼きに食指が伸びなかったのではないかと言う。
 ⋯だったら遠慮せずに、早く言わないと!てゆーか、お母さん、料理してるときに気づかないのですか(涙)。O家では以前、お兄さんと弟さんが同時にお腹を壊して、病院のベッドに並んで点滴を受けた過去がある、というエピソードを聞かされてるこちらの方が心配になる。

 このくらいは全然、珍しくないレベルの話だったりする。
 Oさんが結婚したら、ダンナさんは当然O家を訪ねるだろうし、盆正月は泊まりもするだろう。Oさんが早く家族を指導して危険だけは取り除いておかないと、ダンナさんはつらいのではないだろうか。と先の心配までしてしまう私たちなのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜ自ら地雷を踏むのか

 先日「エスパイ」を見たから言いますけど。
 やじうまWatchを読んでたら「北京原人 Who are you?」がDVD化されるようですよ。まぢですか?こればかりは触れてはならない過去として永遠に封印される一作になると噂されていたのに。
 観たことはないけど、封切り前から封切った後まである意味話題を振りまき続けた「北京原人」。いったい誰に見せるつもりで作った映画なのか、よくわからない。緒方直人はDVD化を快諾したのですか?無かったことにしたくないですか?しかし、1997年なんて、たかだか8年ばかり前の映画なんですね。ずいぶん昔のだと思ってた。
 わざわざ発売ってことは、それなりのマーケットか見込めたということなんでしょうか。世の中には怖いものが見たい人がそんなにたくさんいるのでしょうか。仮に買うのではなく借りて見る分には消費するのはレンタル料+鑑賞時間くらいで済むから、痛みも少なめで耐えられる範囲内かもしれません。置いてくれるレンタル屋が近くに見つかればですが。
 でも、トンデモムービーを観ると、やっぱり脱力はしますよ。見た自分に少しばかり疑問を抱いてしまいますし。

Amazon.co.jp: DVD: どろろ Complete BOX
 もう何でもかんでもDVD化される世の中ですなあ。
 わたくし、先日「どろろ」(主題歌がちょー好き)のDVDBOXが破格値になっているのを見て、思わず背中を押されそうになりましたもん。(差別語の嵐だから、見られる媒体が限られるし)
 この分だと、実写とアニメの合成版「火の鳥」も遠からずDVD化されるのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.12

痩せる人がいるのですか

 毎回身体を張った企画をやってくれる「デイリーポータルZ」ですが、今回は宴会の使用前・使用後の体重変化を、身を切って追跡してくれました。
 このところ派遣の同僚が月一人ペースで去っていくので、送別宴会が定期的にあります。それそのものはいいのですが、飲めない私は宴会ではもっぱら食べる人なので、体重増とその定着がコワいのです。(だったら食べなきゃいいんだが、宴会費を払ってしまうと元を取ろうというびんぼー人根性が押さえられない)
 インとアウトに微妙なズレがあるのは口と下半身以外にも摂取物の出る先があるからではないかと思うのですが(夏場は汗とか)、翌日の体重変化で女性が増傾向にあるにもかかわらず男性はほぼ元に戻ってるのが解せない!基礎代謝の違いでしょうか?寝てる間にも消費してる、その量が違うってこと?
 ってゆーか、宴会の翌日に痩せてる人がいるなんて信じられないっすよ…。その効率の悪い身体を私に分けてちょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

覚悟はできない

 このところ、定期的に読みに行っている日記系のサイトで、ピンポイント的にやって来た人たちがあまり好意的とは言えないコメントを大量に書いて去って行くのを立て続けに見てしまい、傍観者のくせにぞっとしてしまいました。
 そこの雰囲気とかサイト主さんの趣旨とかはほとんど知らなくて、どこからかのリンクでその記事だけ読んで反射的に書かれたようなコメント。概ねは匿名性に隠れた悪意満載で、もしくはただ自分の言いたいことだけを書き散らすタイプのもので、読むと当事者じゃなくても怖い。今までも掲示板が荒れまくってるのとか結構見てきたけど、日記のコメント欄が一日分だけ異様にふくれあがっていくのがまた違った恐ろしさ。自分に降りかかったら、そっこーで日記閉鎖する。
 私はトリンプのしゃちょーと違って、個人のお楽しみで日記を書いてるんだから、そのくらいのワガママは許されよう。自意識過剰かとも思うけど、blogを利用してると意外なワードで検索上位に出てくることもあるから、辺境の日記だからって完全な他人事ってわけにはいかなかったりする。
 該当サイト主の方々は辛抱強くて冷静な対応をされてて、偉いなあと思う。これからはますます突然やってくる祭りに耐える覚悟がないと、サイト運営はやっていけなくなるんだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さよなら、iPod mini(BlogPet)

ネットでドラえもんなどをローテさ
満充電で18時間稼働だから音飛びなし
こんにちわ、iPodnano
小さくて軽くて、フラッシュメモリだから、私の通勤距離だと週一充電で18時間稼働だから、miniもあったよね
なんて言われるようになるのかしら…
はああー
いいんです、家のドラえもんは、ラインナップから消えちゃうのは、ラインナップから消えちゃうのは、ラインナップから消えちゃうのは、ラインナップから消えちゃうのは、ラインナップから消えちゃうのはやっぱり寂しいからなのよね
と、kiiroが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「arumi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ノンポリなんですけどね

 昨日の開票速報から今朝の新聞の見出しに至るまで「自民圧勝」が連呼されるのを聞くと、なんとなーく不安になるのですが。
 いろいろ言えるほどの何もないから、選挙に関しては以上で終わりです。予感が予感で終わりますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.11

「エスパイ」、見ました

Amazon.co.jp: DVD: エスパイ

 読みました、ではなく見ました、です。何をトチ狂ったか、相方がDVDを借りてきたもので。
 「エスパイ」の原作は、実は読んでません。元々完全にエンタメとして書かれたもので、かつオトナ向きを意識したものだったから、本格的にSF読み始めたばかりの小中学生のころは「これはまだ読んではいかん」と保留してそのまま。今読めば微笑ましいってくらいのお色気シーン(という言葉がよくなじむであろう)なんでしょうけど。なんたって、書かれたのが1964年だそうですから。

 で。映画の「エスパイ」ですが、語られるときは常にトンデモとして引き合いに出されてるくらいのモノなので、腰据えて見るのはかなりつらいです。いきなり冒頭作曲平尾昌晃による主題歌「愛こそ全て」がかかるんですが、このムード歌謡そのものの歌が映画の雰囲気をガッツリ表わしている悲しさ。スタイリッシュさとは縁遠いドロくささが全編につきまといます。
 そもそも主演が藤岡弘、で熱く、エスパイのリーダーが加山雄三で熱く、当時のゆとりのないきっちりシルエットの三つ揃いに太めのネクタイが熱く、唯一どんな濃い組み合わせの服でも様になって見える若き日の草刈正雄だけが救いです。話がショボでSF好きならツッコミどころが盛りだくさんなのもお約束。サイキックならもっとほら、やり方あるだろ?みたいな出来事がてんこ盛り。このころの日本映画界にはSFがわかる監督さんも脚本家もいないに等しかったから、しかたないとこですが。
 時折挟まれる各国ロケにお金がかかった映画なのかな?と思わせられるけど、普通のシーンはむしろショボなのでどっちやらわからん。主人公の強力サイキックが始まって30分くらいか?で、力使い果たして終盤までタマ切れ状態というのはアクション映画としてもどうかと。しかも「アナタだけは確実に殺す」とか言う女刺客、無能力の主人公を車に閉じこめたはいいが、仕掛けた時限爆弾が作動するまでに10分もかかるってどうなの?いつ能力が戻るかわからない敵に、呑気すぎませんか?
 なんてツッコんでたらキリがない映画です。しかし何より解せないのは、超能力を使うのは愛!とか大仰なテーマを言い出してしまうとこで…。女刺客の催眠術(?)に拐かされてふらふらついて行ってしまう草刈正雄、その身を案じる愛犬が正雄を追い掛ける。さらにそれを追う藤岡弘、。犬はなんの特殊な能力も持たないはずなのに、飼い主恋しさに見事正雄を追跡して主人の危機を救う。任務中に初めて人を殺してしまいヘコんでいる正雄を弘、が諭す。「俺はシーザー(犬の名前)を見ていてわかったんだ。超能力の源は愛だと」(うろ覚えなので超訳)。
 えええー?シーザーは正雄ちゃんを慕ってるだけだよ!それを愛の力とか大げさに言うなよー。(「慕う」も愛かもしれんがな)
 いやな予感は最後のバトルで炸裂し、意外と小規模な敵対組織の首領が愛の力に負けたと言いながら破れていくところ。(べったり平尾節のBGMつき)あのー。東映マンガ祭りじゃないので、そんなにはっきり主題をせりふで言い切らなくていいです。
 ここから「さよなら ジュピター」に至る小松映画の「テーマは愛です」が発生したのだな…。

 あのDVDは隅から隅まで舐めるように見る相方がオーディオコメンタリーがあると知っても二度目を見ようとしなかったことからも、本作の脱力感あふれる出来がわかるというもの。とても人様にはお勧めできません。
 見所と言えば、小松先生がお気にでイチオシしたと言われるナイスバデーの由美かおるが白い水着でえろっぽく踊って水着裂かれてチチぽろりするシーンくらいではないでしょうか。と女の私ですら思う。それから賢いわんわんの活躍ぶり。
 あー、あと、若き日の草刈まーちゃんはなかなかカワイイと思うが、他にも鑑賞できるソフトはあると思うから今作を無理には薦めない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

今週のトミゾー

 は出番がありませんでした。日菜佳ちゃんがあれだけひどい風邪をひいてるんだし、彼は彼なりの不器用さで気にしたりはしないんでしょうか?
 ああ、路線変更されても鬼になったときはともかく、トミゾーにはいつまでも斬鬼さんが大好きでなんにでも一生懸命で女の人には誠実だけどちょっと気の利かない子犬のようなトミゾーであり続けて欲しいです。
 ってゆーか、そうでないトミゾーなんて考えられません。

 今回は桐矢転校生にそそのかされてお父さんに会いに行く明日夢くんの話でしたが、ドラムをやってる理由がお父さんがやっていたから、の明日夢くんがお父さんを嫌いなわけはなくて。でも、お母さんに気を使っていたのも言い訳ではなく本心からじゃないかと思うんだけど>ヒビキさん。明日夢くんはお母さんのことも好きなんだよ。
 一日中お父さんの後を追い掛けて、直接会わなかったけど今のお父さんがどういう人かを知った明日夢くん。をさりげに拾いに来るお母さん。なんちゅーか、お父さんもいい人、お母さんもいい人。でも、夫婦としてはやっていけなかった、その辺に明日夢くんはオトナの世界を見たりするんでしょうか。
 でも、このお母さんの息子であって明日夢くんはしあわせだと思いますよ。

 桐矢転校生の前では限りなくサエない人のヒビキさん。(除く戦闘)桐矢転校生は、いろんなことはできるけど、見えないところに真実があると洞察したり人の気持ちを思いやることはできない人のようだから、見たそのまんまのヒビキさんを単純に受け取っちゃうんだろうなあ。
 たかが高校生の分際で本気で鍛えて今を作った人丸のままを「手に入れる」なんて言う傲慢さはどうかと思います。どれだけ苦労してても、努力してても、生い立ちに事情があっても見過ごしにはできません。

 対火車戦は、なんといいましょうか。威吹鬼さん、影薄すぎなのでは…。ここのところ響鬼さん以外の鬼の人がちょっとヨワすぎかなあと思ってましたが、今回はまたなんというか。新しいおもちゃを出すための前振りかもしれないけど、前座っぽくてかわいそうです。そりゃ、ヒーローはずば抜けて強くてかっこいいに越したことはないけど、みんなでやってきた猛士って気がするから。みんな鍛えてがんばってるはずなんだから。

 番組の路線変更に関しては。一視聴者にはどうにもできんのだなってことは長いヲ生活で身に染みてます。お子様番組においては、スポンサーは視聴者よりも神ですから。
 だから、自分の見る気が続く限りは見ていきたいと思ってます。八割日常みたいなまったりした中でみんなが無理せず、その結果亀の歩みのように変わっていく響鬼の世界が好きでしたけど、無くなっちゃったものはもう追えません。迷ったときにひょっこり顔を出したくなる「たちばな」の世界観が完全に失われるまでは見守っていこうかと。演技のできる人がメインにいて半年以上かけてキャラクタを育ててきたわけだから、ある程度の雰囲気は維持していけるのではないかと期待してますし。
 ただ、やっぱり桐矢転校生くんのキャラ立てはちょっとなあ。エキセントリックな人がいきなり出てきてかき回すと浮いてる感が強まる一方。ああいうキャラはある程度演技ができる人がやらないとマンガにしかならないのに、すまんが桐矢くんの中の人はアレだもんなあ。明日夢くんの中の人がそれなりにできる人なので、対比でできないのが際だっちゃう。
 明日夢くんを奮起させるためのライバルキャラを出すなら、プールで出会った努くんみたいな力まない子の方がなじむと思うんだが。一視聴者の感想ですけど。

 こんなことになるんだったらリアルタイムで見るんじゃなかった、と悔やんでもみたり。クウガは放送終わって作品がフィックスしてたから、ある意味安心して見られたんだよね。最後まで世界観が同じのまま終わるとわかってたから。
 実は見損なってた「輝く少年」を某ルートからお借りして見たのだけど、やっぱり空気が違う。現場とバックが連携しつつ、いろんな人がいろんな人を思いやりながら事態が動いていく。それが猛士のやり方。特出した人が一人で牽引していくのは、(私が知ってる)響鬼にはなじまない。
 これから雰囲気ががらっとだか少しずつだか変わって、好きだったものが失われていくのを見るのは切ないなあ。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2005.09.10

一人カラオケ

 「シルバー仮面」ってどんな話だったっけ?と思い立ち、ネットをさまよっていて「FiN・ヒーローミュージック」というサイトにヒットしました。なんか、選曲がびみょーに渋いのですけど。「サンダーマスク」とか「突撃!ヒューマン」なんて珍しくないですか?合体ロボットものはいろいろあるだろうに、数が多すぎて人もメカもろくに憶えられなかった「ダイラガーXV」があえて取り上げてあるのもすごい。「忍びのテーマ」を渋くうなるのもいいですね。
 ってゆーか、帰りマンのボツ主題歌「戦え!ウルトラマン」なんてのもありますよ!これは歌わねば!!
 …犬しかいない部屋でヒーロー主題歌を歌いまくる自分がちょっと悲しい週末。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.09

トリンプの社長blog、その後

 火消しに失敗して謝罪記事にまたまた怒りのコメントが殺到したトリンプの革命社長blog、コメント欄がパスワード制になったり、それどころかコメント欄の閲覧もできなくなったかと思うと、「短い間でしたが勉強になりました」というあいさつとともに閉鎖決定。二週間ほどの間にすばやい対応というか、何をやっても印象悪いというか、企業名を冠したサイト運営の悪い事例として記憶に残りそうです。
 そしてどうやら、blogのデータそのものも削除してしまったようで。あーあ。
 元ネタがなくなってしまった以上、知る人ぞ知る出来事として一部の人が思い出すだけになるでしょうが、女性をマーケットとする商品を扱う企業にとって「渡辺淳一」はタブーネタだということを証明しただけでも意味があったか。<それは「愛ルケ」ヲチャーにとってのみ。

Continue reading "トリンプの社長blog、その後"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キてるんですか?>メガネ男子

 今日のTV欄を見ていたら深夜に「こだわリング」が再放送。えーー?
 あの、どうしちゃったの?NHK!な、メガネ男子を特集した単発番組です。再放送するほど問い合わせがありましたか?日経エンタテイメントでもメガネ特集ページを組んでたりします。メガネっ娘に関してはすでに社会的認知が済んでいると思うんですが(え、済んでませんか?少なくともヲには定着したフェティシズムでは)、深く静かに潜行していたはずの女子のメガネ好きに突然スポットライトがあたり始めたのはなぜなのでしょう。同好の士が同時期におおっぴらに語り始めたってことでしょうか。

 「こだわリング」には一応チェックをいれた私だけど、「メガネ男子」って本にはさすがに手を出せない。これ、売れるのかしら?コアなメガネフェチを満足させる内容になっているのか?
 「こだわリング」をちらと見た相方(メガネです)曰く、「なんだかんだ言っても、要は顔のいいメガネなわけね」。そりゃーそうでしょう!鑑賞するならいい男。問題は、女子の場合、人によって「いい男」の方向性が違いすぎるってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

2005.09.08

思い出は美しいまま

 相方が8インチのDVDなるものをもらってきました。食玩の一種らしくて、職場の人が「これ、知らないんですよ」と譲ってくれたとのこと。タイトルは…。「シルバー仮面」と「魔人ハンターミツルギ」。そうですか。年代的に知らないのですね…。おじさんとおばさんはわかりますよ。大丈夫、引き受けましょう。
 という私も「シルバー仮面」、昔々にちょこっとしか見たことないのですが、忘れられない思い出があります。大学のクラブの合宿で、先輩に「いいか、『シルバー仮面』の主題歌は四番まであって(今調べたら三番までですよ、先輩!)、『さすらい仮面』『旅行く仮面』『戦う仮面』(なんで、四つめがわからないよ!)の順番を間違えて歌ったらいかんのだ」と説教されたのです。合宿所での宴会の席のことです。(ちなみにマン研でもSF研でもありません。むろん、げんしけんでも)
 先輩、私、女だしー。特撮はよくわかんないしー(泣)。
 先輩、極まっとうな会社に就職していったなあ…。その後どうされているやら。

 そんな悲しい思い出のある「シルバー仮面」のミニDVDを再生してみました。TVサイズのOPと技の数々の紹介、ベストファイトなどが収められているようです。↑のような刷り込みがあるので、主題歌は歌えます。いきなりマッシュルームカットの柴俊夫が出るのはイタい。脚本が上原正三ってことは、怨念渦巻くクラい話だったんだろうなあ。<ストーリーまでは記憶にない。
 その後に続く変身後のシルバー仮面と怪獣たちのファイト。こ。これが…。
 すんごいショぼいんですけど…。記憶を塗り替えるショぼさ。まずシルバー仮面の着ぐるみがつらい、つらすぎる。パンツ部分が白、というデザインは誰か止めなかったのかと。たぷたぷした素材のせいもあって、何かしらブリーフっぽいですよ。身体の正面の白いラインが身ごろにくっついてなくて、アクションするごとにたらんたらん揺れるのが切ない。その上、頭からかぶるドリル状のアタッチメントが、どう見ても銀色に塗ったポリバケツ。ポリバケツをかぶるヒーロー。痛々しすぎます。
 敵怪獣の着ぐるみもショぽいんです。作り込みのゆるーいぺスターみたいなのとか。長めのパーツがぺろんぺろん揺れるやつとか。技術的にそういう時代だったのかなあ。ウルトラマンやウルトラセブンは何度も見てるし今でも鑑賞に堪えるのだが。(セブンなんか、今でも十分「かっけー!」と思って見られます)これは学習とノスタルジーの成せる技だということでしょうか。何の思い入れのない「シルバー仮面」は、ただもうつらい。
 「ミラーマン」もアレだと思ったけど、裏番組の「シルバー仮面」もこうだったのか。でも、子どものころはわりと楽しみに見てたんだよなあ。今となっては子ども番組の縛りのゆるさを逆手にとって、自分カラーを惜しみなく突っ込んでいた脚本家の描き出すドラマを楽しむべき作品なんでしょう。ヒーローのファイトのみを取り出して見ると評価を誤ってしまいそうです。

 多少は知ってる「シルバー仮面」がこうなんだから、記憶が曖昧な「ミツルギ」はとても見る勇気が出ません。もう寝ます。お休みなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さよなら、iPod mini

 こんにちわ、iPod nano、なのでしょうか。世間的には。
 しばらく前からappleが9月に何かやらかすという噂は聞いておりましたが。それがiPod関係だという憶測も乱れ飛んでいましたが。
 いいですよ、iPod nano。小さくて軽くて、フラッシュメモリだから音飛びなし。カラー液晶もついて将来性もばっちり。
 だけど。iPod miniは廃盤ですかよ…。はああー。
 いいんです、家のドラえもんは二万円切りで手に入れたし、ここ半年近く通勤に犬の散歩にと大活躍してくれたし。今日もスマートプレイリストを作ってしゃほーでローテ率の低い曲をねらい打ちしながら聴いてきたさ。満充電で18時間稼働だから、私の通勤距離だと週一充電で十分。容量にも余裕があるし、まだまだ現役で働いてもらうさ、iPod mini!
 …なんてわざわざ言ってしまうのは、ラインナップから消えちゃうのはやっぱり寂しいからなのよね。ああ、一年もしたら「そうそう、miniもあったよね」なんて言われるようになるのかしら…。

| | Comments (3) | TrackBack (1)

2005.09.07

むかしの話

Amazon.co.jp: DVD: 勇者ライディーン DVDメモリアルBOX(1)

 昔々その昔、「勇者ライディーン」というアニメがありましてな。「超者ライディーン」ではありませんぞ。そのころはまだヲとして覚醒していなかったもののマンガ好きのお子様だった私は、毎週非常に楽しみに見ておりましたのじゃ。当時流行っていたのか、ちょっとオカルトちっくな筋立て。今思えば安彦良和氏のシャープなキャラデザ。アゴだけどなんかかっこいいロボット。子ども心になんとなく引っかかる雰囲気は、トミノさんが監督していたせいであろう、と後年ヲになりきった私は振り返る。
 が、最初に見ていた年ではそこまで気づくはずもなく、なーんかかっこいいにーちゃんが出てくる、なーんかかっこいいアニメだ、くらいの認識なわけで。
 それがある日、がらっと変わった。焼きもち焼きだけどかわいい幼なじみの女の子が突然飛行メカ乗りのプロ女になり、声もえらく低くなる。オカルティックな能力を持つクールなお姉ちゃんがいつの間にかいなくなり、かこいいーと思っていた主人公のお兄ちゃんはなんとマザコンになってしまったのだ!
 ああ、もう聞いてらんないよ。かーさんかーさん言い散らすなよ(涙)。
 子ども心に落胆した。こんなの、私が好きだったライディーンじゃない。

 それなりの年になれば事情はわからないでもない。きっとおもちゃが売れなかったのだろう。スポンサーから路線変更しろとでも迫られたのだろう。アニメや特撮の世界じゃあ、特に珍しい話でもない。打ち切りにならなかっただけ、マシな方だったのかもしれない。
 でも、この年になっても、私にとっての「勇者ライディーン」は前半部分だけ。後半にはなんの思い入れもない。

 と言う話をなぜしたかというと、毎週楽しみにしてるある番組が似たような運命をたどったらしいという噂を聞いたから。あー、がっかり。

 思えばアニメ版「ベルサイユのばら」も、前半と後半で監督変わってすっかりテイスト変わっちゃったよなあ。長浜・荒木ラインと出崎・杉野ラインじゃあ、水と油のように雰囲気違うに決まってる。どっちがいいのかは、好みの問題もあるだろうしよくわからんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホントのこと言ってネ

 さて。取りあえず首がつながって春まで保留期間ができたのはありがたいが。
 派遣の営業さんが申し訳なさそうに電話してきました。移動先の業務が今と変わるので、契約形態が変わるとのこと。ぶっちゃけ、時間給が下がるのです。
 あー、やっぱりね。あの部署は事務職扱いだから。やってることはぜんっぜん事務職でも補助職でもない、正社員並の業務ですが。(そもそも管理職以外正社員がいないし(爆)
 薄々予感がしていたし、派遣の労務管理は総務が握っている会社なので現場がどう言っても規定通りの対応しかしてもらえません。移動に同意した以上、全社共通の待遇を受け入れるしかないわけで。
 某社の体質は重々承知していたから、営業さんには「しかたがありませんねえ」とお返事しておきましたが。かちょー、いずれはバレるんだし、単金下がること、移動の話を持ってきたときにちゃんと話してね。派遣の労務規定がこうなのはかちょーのせいじゃないし、好意でしてくれた対処だというのはわかってんですから。
 今まで培った業務知識が全く評価されないのは、まー、ちょっと悲しいですけど。それが派遣ってもんですから。とほほ。

 それにしても、世の中短期契約就労者がじりじり増えてるというけど、こんな不安定な経済基盤しか持たない人を増やして長期的に経済に影響ないんでしょうか?就労意欲というものが著しく減退する雇用形態なんですけども、それで会社的にいいんでしょうか。カネモチががんがんお金使うから問題ないのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.06

不謹慎な人々

 アメリカを大惨事に陥れた「カトリーナ」のニュースがまだまだTVをにぎわせているまっただ中に、大型で非常に強い台風14号が九州に接近。あれだけ恐ろしげな映像を大量に見せられたからには、台風ズレしている九州人とはいえ緊張する。
 …と思ったけど、昨日の終業直前の社内は、はっきり言って「明日休みよね」「そのつもりで今日ばりばり仕事したもん」と休む気満々の危機感の足りない人たちばかり。まあ、どれほど注意しようが恐れようが、あちらは天然自然のものだから避けようもないし、となれば、せめて「休みになりそうだし、いいか」とでも思うしかない。休みでペイする程度の被害ならってことにもなりますが。

 しかし、こんなバチあたりたちに神様がいい顔するはずもなく、昨夜の天気予報では台風のスピードは「ゆっくり」まで低下。朝の時点では交通機関が止まるほどの影響はなく結局出社する羽目に。
 天神地下街は全館臨時休業で、コンビニまで閉まってる。もわーっと暑い地下街をたれたれ歩いてやっと会社に到着したら、JRやら西鉄やらが五月雨式に止まり始めて十時にはオフィス閉めます、と総務からお達しが。ちー、なんのために交通費払って来たんだよ!(泣)<派遣は交通費が支給されない。
 非常食を確保して帰宅して、後はずっとTVで台風様の動向をチェックし続ける。鹿児島や宮崎の被害状況を見て、こっちでいったい何が起きるのか!と覚悟しておりましたら、どうもそこでかなり消耗されたようで福岡に接近したときにはそれなりに大型で強い台風だったものの、さして被害もなく。再接近したころは青空が見えたりしました。(でも、ニュースで見たら、海沿いとかはかなり大変なことになってたみたいだけど)
 不自由だったのは、夜にはもうなーんにもしたくなかったのに、店という店が閉まっていたので夕ご飯は自炊するしかなかったこと。コンビニが開いてたら弁当くらいは買えたのかな。

 そんなわけで、台風ズレしたバチあたりたちは「台風って怖い!」とお灸を据えられることもなく終わってしまいました。
 滅多にない天神地下街全館休業が見られたからよしとするか。<どういう態度ですか。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2005.09.05

大人気

 ニンテン犬を飼いだしたはいいが、何をどうしていいか、さっぱりわからない。ので、なんの芸もなくプレゼントも持たない身の上のくせして「すれちがい通信」目当てで会社に持って行く。せっかくだから、ゲーマーな若手に見せびらかしてみる。そうしたら。
 ゲーマーでない娘さんにも「かわいー」「かわいー」と大人気です。携帯ゲーム機のポリゴン犬にしては見た目が非常にかわいらしいと。ゲームはしないけど、これは欲しいなあという人までいた。さすが、DSのキラーソフト。アメリカでも初期出荷で25万本売ったらしいからなあ。
 実際にナマ犬飼ってる私でも、よくできてるなあと思う。特にしぐさ。何もせずに観察してるときの一人で遊ぶ姿とか。寝てるときに舌出てくるとか。いかにもそれっぽい仕草をする。こういう細かい作りは、ニンテンドーソフト、手堅い。犬種が15種いるけど、それごとにクセが変えてあったりするのかしら。
 会社に持って行ってよかったのは、なんと一人、かなりやり込んだ人がいたことがわかりまして。「何するのが大事?」と聞いたら、とりあえず散歩させて体力つけて遠出できるようにしなさいと。プレゼントが拾えたらリサイクルショップで売れたりするから、とアドバイスされました。(ちなみに、彼の家ではあまりのかわいさに親の方が入れ込んでしまい、今はもっぱら親が面倒みてるとのこと)
 よし、散歩か!がんばろう。<ナマ犬の散歩もがんばるように。

 ちなみに、「すれちがい通信」は無反応でした。福岡で平日で通勤の帰宅タイムはだめですか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

傘がない…

 忘れっぽいことには自信がある私が、人に自慢できる貴重なネタが「傘をなくさない」ことでした。ホネの先が折れてみすぼらしくなった先代、傘布の色が褪せてみすぼらしく先々代と、合わせて十年以上なくすことなく使い続けてきました。(今も二本とも、緊急用として家にある)
 それだけでなく、日傘も先代は白い布が汚れて引退するまで五年間使い倒し、今のパトリックコックスの日傘も二年目の夏を無事完走したのです。
 すばらしい!>オレ。よくやった!>オレ。
 誰もほめてくれないので、心の中で自分でほめる。むなしい。
 ところがそんなわたくしが、十年以上ぶりに今年買ったばかりの傘をどうやら無くしたらしい。家の傘立てにも会社の傘立てにもない!わー、まじで?不倒記録ついに途切れる。かなりショックですよ…。

 無くした傘と今までの傘の唯一の違いは値段。今までは「高ければ気になってなくすまい」と、かなり気合いを入れ私の小遣いからするとかなり高額の傘を買ってきました。それが今回、「傘はなくすことはあるまい」と気を抜いて、デザインが気に入ったほどよい値段の傘を買ったのです。
 やっぱアレだ。ビンボー人の注意を喚起するにはお値段にモノを言わせるべきなんだ。
 と改めて悟りました。明日の台風でおニューをへし折るのもイヤなので、当面はミスドのもらい物でしのぎ、ゆっくりいいお値段の気に入りそうな傘を探そうと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結構期待してたキャストだったのに

 あらら。「のだめカンタービレ」のドラマ化、ポシャったのね。クラシックを題材にしたドラマなんてそもそも作りにくそうなところにきて、元が人気マンガとなるとファンがOK出すか出さないか難しい企画だなあとは思ってたけど。
 個人的には岡田准一の千秋先輩はビジュアル的にはアリな線だって思ったし、何より上野樹里ののだめが「スウィング・ガールズ」の鈴木以来のヨゴれヒロイン(すまん)でちょっと楽しみだったんだが。
 ゲンダイ、情報源として信じていいんだかかなりアヤシげだけど、映画化の線はあるわけね。そちらに期待してみようっと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遠い遠い、遙かに遠い(BlogPet)

きょうkiiroの、文庫っぽい出現するはずだったの。
しかも福岡でkiiroのバスへ変更しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「arumi」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.04

今週のトミゾー

 は出ませんでした。日菜佳ちゃんも夏風邪のまっただ中だし、看病しに来たところでオタオタ全開になりそうだから、せっせと郊外で大型魔化魍を退治していてください。

 このところ「今週のトミゾー」をやらなかったんですが、先週は相方が録画に失敗(怒)。その前二回は。
 家の場合、朝起きられない夜更かし族なので「響鬼」は全面的に録画。それを起きて眠気が飛んだころあいに見る。ところが相方は、何かっちゅーと昼ご飯食べてるときに再生スタートしちゃうのですね。わたくし、集中すると一つのことしかできませんで。バラエティや興味の薄い集中力を必要としないドラマなんかだと「ながら」で見られるけど、「響鬼」くらいになると見るか食べるかどっちかしかできない。食べてる間は話が半分くらいしか頭に入らないし、見てる間は食べ物を掴んだままぼーっとしてる。
 というわけで、一応見てはいるけど記憶があいまいで自分で自分にイラつくという情けない事態に。
 これに懲りたので、今週は「ご飯食べながらは絶対に見ない」と宣言しました。集中できてスッキリです。

 話はそろそろ転換点なのか、冒頭の明日夢くんのナレーションがありません。いや、きっと来週から復活だろうけど。
 ちょっと気弱な悩める高校生の前に新たな悩みの種出現!万能のイケメンライバルが登場することは「TVブロス」で読んで知ってましたが。
 …。
 オレっち的には貧しくてツマンネなのは桐矢くんの方でねえか?これってイケメン?という疑問がわくばかり。作ってる方が「これが明日夢の対極にあるエエ少年」と思ってたらどうしようー。
 という不安は桐矢自宅にてのママ登場で払拭されました。なあんだ。この子も屈折のある意味ダメ少年なわけですね。この二人がいい具合に刺激しつつされつつ、最後の山を登るって感じなんでしょうか。
 個人的には桐矢くんのマンガの絵柄はちょっと古いと思います。要精進。

 さて、鬼のみなさんの対戦相手は今までとかなり勝手が違ってきてるようですが、長いながーい鬼&猛士vs魔化魍の戦いに大きな転換期が訪れているってことなんでしょうか。
 というか、戦国だか馬に乗って戦な時代から延々続いてきたことが、なぜこの時期にころっと変わっちゃうのか、TV番組的にそうでないと話にならんというオトナの理由はさておき、話の中でちゃんと理由づけが出てくるのか、ちと楽しみ。 

 映画公開週なせいか、新聞や雑誌でヒビキさんに出会い放題。今週は朝日新聞の土曜版にまで登場です。あー、威吹鬼さんや轟鬼さんが露出し始めたころ、「響鬼さん、サボりすぎー」と非難されてたのは結構堪えてたんですね。子どもがメインターゲットな番組だけに、オトナの事情があちこちに転がっているのはよくわかります。いろいろ大変でしょうが、後しばらくヒビキ組を牽引していってください。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.09.03

来ました

 ニンテン犬が。ソフトは無難に柴&フレンズで。DSの色は予定通り赤で。赤、もろにプラスティックーな感じがイヤかもと思ったけど、パールホワイトもプラスティックには変わりないわけで。漢らしく(?)プラ!な感じを取ってみました。ジオンのマークをつけたりしません。
 飼う犬は、これもやっぱり無難にコーギーにしました。目の前にナマ犬がいるのにバーチャルでもコギ男ってどう?と言う気はしましたが。一応アインに気を使ってメスを連れてきましたけども<どういう気の使い方。
 何しろ遊び方情報を全く仕入れていなかったので、犬をどうかまってやればいいのか、どころかかまい方もわかりません。名前は付けて呼んでみました。あと、タッチペンでおそるおそるなでてたら、相方に貸してみろと言われ、渡すとあれまあニンテン犬のやつ、画面の中でごろごろ横たわるなつきっぷりです。おのれ、この、バーチャルムツゴロウめが。
 勝手がわからぬオタオタモードなので、とりあえずチュートリアルどおりにおすわりを教えてみました。頭をくるくるくるっとなでてお尻の方にすっとタッチペンを下ろすと、子犬がおすわりをします。そこですかさず「おすわり」とマイクに吹き込む。これを三回ほど繰り返すとおすわりおぼえ完了。これはちょっとうれしいもので、思わず「おーし、よくできたよくできた」などとバカ丸出しで液晶のバーチャル犬を褒める。と。
 「あわっ」と情けない声を出してアインが駆け寄ってくるではないですか!そして、「そんなことくらいボクもできますよ!ナマ犬の方が絶対いいですよ!」と言わんばかりに強烈アピール。へーへー、このアマエタ小僧はバーチャル犬にも焼き餅焼くわけね。なにしろ、やる気無くなでてて疲れてやめたら、鼻先で手を「ふんっ」「ふんっ」とツツいて「もっとなでろ」と要求するような犬だもんなあ。

 このようなおぼっちゃまナマ犬と一緒にバーチャル犬をちゃんとかまってやれるもんだか、ちと不安。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.09.02

首がつながりました

 とりあえず三年満了の春までだけど、紆余曲折の末急転直下、今の派遣先に後半年居座れることになりました。ちょうど隣のセクションに空きが出たのでスライドです。業務内容は変わるけど、取扱商品というか分野は同じなのでまあなんとかやっていけるかと。いずれにせよ、前の業務とは完全にさようならなので、担当の社員のみなさんはがんばってくださいまし。<冷淡。

 10月末は職探しにビミョーな時期だと思ってたから、3月末までとはいえ保険がかかったのは助かった。年明けたら気合い入れて次を探さねば。この年だが、正社員も考えた方がいいかも。…いいかも

| | Comments (0) | TrackBack (0)

つまらないことでしょうか

 職場のお昼の会話。
 近々結婚予定のIさんがぼやいた。「彼の家に行くと、冷蔵庫に残り一センチくらい残ってるペットボトルや紙パックの飲み物がいくつもあるんだよね」
 「なんじゃ、そりゃ?女の子ならあと一口食べられないって残す子、けっこういるけど、男の人は残りがちょっとだったらその場で何口か飲んで空けちゃったりしない?」(同席した男性派遣も同意)「そうだよね。でも律儀に残してあるの。きっと片づけるのがめんどいんだよね」「片づけがめんどう?」「飲んでしまったら、洗わないといけないでしょ?それがめんどくさいの。で、たくさん残してると、私がイライラして片づけるのがわかってるから、そのまま冷蔵庫に入れてある。たぶん」「えー、それってIさんが無視したらどうなるの?冷蔵庫に半端な半ゴミが増えるばっかりじゃん」「私が一週間ほったらかしたら、しかたなく自分でやるみたい」。
 そ。そんなことする方がめんどうでねえか?
 人様のボーダーラインって多種多様。
 同席したOさんは「そう言えば、昨日家の母がういろう切って机の上に置いてたんで、横にあったつまようじで刺そうとしたら全然刺さらなくて」「?」「よく見たら、ビニール取ってないんですよ。その上、下の方はビニール切れてないから一つずつ剥くこともできなくて」「おかーさん、おかーさん…」「いつものことだからいいんですけど。つまようじがなかったら刺したりしなかったんで、つまようじつけてくれなきゃよかったのに」。
 つまようじだけの問題か?そこが問題なのか?
 よその家は本当にそれぞれです。

 かく言う私。
 二人まとめての誕生ケーキ代わりにフルーツロールケーキを買ってきました。
 相方が割り当て分の一切れをアインの散歩の後に食べるというので、ふーんと冷蔵庫にしまい。…やつが散歩に出ている間にうっかり仮眠。気がついたらすでに完食されてました。それはいい。
 問題はシンクの中に残された皿。…和皿なんですけど。飲み物もウーロン茶で済ませたみたいなんですけど。やつのことだから、わざわざ紅茶をいれるのをめんどくさがるのはしかたがない。しかし。
 ケーキを和皿ってのは、わたくし、許せないんですが!
 「なんで洋皿使わないの!いくら家に皿がないと言っても、ケーキ皿くらい何種類かあるのよ!」と文句垂れると、「皿が何でも味は変わらない」としれっとしてる。むーーー。
 …フォークで食べてる分、今日はマシとすべきか。放っておくと箸で食うからな(涙)。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.09.01

まあ、9月

 暑さで脳が緩みきってるうちに9月になってました。まあ、某所が放置サイト化しているわ(涙)。書きかけのアレが8月中に上がると踏んでいたのだが、やはり暑さには勝てませんでした…。

 でも。大きな声では言えないが(ここに書きゃ大声同然)、8月の前半はあそこをちょこっとながらいじったし、後半は別の所をさらにちまっといじったし、何もしなかった、わけ、じゃない。と自分に言い訳する。
 長編ねたもなんとか育てたいのだが気力が足りません。もうしばらくは短編でリハビリするしかー(泣)。
 某サイトからここに来られてる方は、そんなわけでもうしばらくたいした変化もありませんが生暖かく見守っていただきたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カキアゲ、うまい?

 「なぞ食探偵」など読んでいるせいか、B級グルメに目が行きます。
 もともとグルメなんかじゃないけどな。週末の昼食はファストフードで十分な人だ。フレッシュネスバーガーどころか、モスですらなくていいくらい。だから、ふつーの店でふつーに出すメニューってだけで、すでに十分グルメかも<それって悲しい。
 で。そんな私には十分すぎるグルメな写真を見ました。厚みが15センチもあるかき揚げが乗ったかき揚げ丼です。ってゆーか、見た瞬間、これがなんだかさっぱりわからなかったんですが。
 かき揚げ丼って、私がハズレにしか出会ったことがないせいか、あまりおいしいものという印象がありません。台所の残り物をぼてっとした天ぷら粉でまとめて揚げました、なものが乗ってる脂っこくて重ったるいものが私のイメージするかき揚げ丼。(スーパーの揚げ物売り場の、時間が経ったかき揚げだな…)でも、おいしいもの好きな人が紹介するかき揚げ丼って違うんですよね。カリっサクっなかき揚げにほどよく甘辛い天つゆがなじんで、豪華じゃないけどぷりっと食感のいいエビが入ってて、すごいおいしそう。
 15センチのかき揚げも、具がくっつくぎりぎりの濃さの天ぷら粉を使ってるそうだから、サクっとした歯触りできっとおいしいんだろう。…今の私の胃にはかなり多いような気がするけど。
 それにしても、忙しいときには注文が受けられないかき揚げ作りってどんなんだろう?見てみたい。

 そう言えば、「なぞ食探偵」でも取り上げていたけど、千切りのゴボウで作ったゴボウのかき揚げが乗っているゴボウ天うどんって、博多以外では滅多にないと知ったときには驚いた。よその地区では、ゴボウ天と言えばおでんに入ってる練り物の真ん中にゴボウが入ってるアレなんですね。店によっては甘辛く似たゴボウの薄切りをかき揚げにしたものが乗ってることもあるけど、「ゴボウのかき揚げが乗ってる」のは変わりないです。
 一時期、仕事で東京に住んでいたころ、ラーメンよりうどんが好きな私は、ゴボウ天うどんがないのが信じられなかった…。好きなのにっ。
 この真夏同然の日々にあつあつのうどんを食べる気にはならんけど、秋が深まってきたらゴボウ天うどんが食べようっと。と思ったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

決めました。

 いつまでも誕生日が待っていてくれるわけでなし(そうならどんなにいいか!)、ニンテンドーDS、どうしようかなーと近所のゲーム屋に行って今発売済みゲームのラインナップをチェックしてみました。
 …意外とタイトル多いな。しかもアドバンスと互換なのか。むー。
 などとまじめに考えている時点でマケた気が。いままですぐに死に体にしてしまったゲーム機がけっこうあるだろお、こら。と、何年も電池入れ替えることなく死に絶えたポケステを手に取ってみる。これってもう、六年前のハードなのか。「どこいつ」以外、何も入れた記憶がないですよ。こんなんでDS持ちになっていいものでしょうか>自分。

 とりあえず、パールホワイトにするべきか、シャア色の真っ赤っかにするか悩み中。<いきなりそこに問題が飛躍ですか!
 nintendogsは何犬セットを飼うべきかも悩み中。もちろん柴&フレンズが一番いいのだが(コーギーがいる)、買おうと思っているビッグカメラで品切れ中だし、周囲で持ってる人が多い気がする。

Amazon.co.jp: 音楽: 塊魂サウンドトラック 「塊フォルテッシモ魂」
 それにしても。「ちょっと早いけど」と相方がくれた誕生日プレゼントは「塊フォルテッシモ魂」でした…。そういう人生なんでしょうか。
 もらって即、「えっ、塊!?うれしい!」と答えたのは、確かにわたくしですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »