« もち吉のわな | Main | 「月館の殺人」、読みました »

2005.09.24

汚ねぇえー

 最近ちょこちょこよそ様で耳にした話の正体はこれかあ。「石ノ森章太郎さん漫画遺産500冊」だそうで。一期42冊で全十二期刊行、はいいとして。一期あたりの価格が51,450円、全期購入すると617,400円ですってよ!ろくじゅうまんのマンガ全集⋯。おいそれと買えるもんじゃないだろう。
 しかも、店頭販売なしの完全予約制で一冊ずつの分売不可。期別に作品をまとめるやり方じゃないみたいだから、一期だけ買ったら欲しいのも欲しくないのも混在してきちゃうし、絶対欲しいのを揃えるためにはやっぱり全期分買うしか⋯って話になるのか?
 汚い、汚いよう。
 昔、講談社が手塚の全集出したときもむちゃ企画だと思ったけど、欲しいのだけ店頭で買えたもんなー。最近出たDVD-ROM版もたけー!!かったとはいえ、価格は12万円でHDDつきのDVDプレーヤー買うと思えば出ないお金じゃなかった。
 それが。五倍ですよ。印刷物で一冊あたり換算1,200円だから無茶な値段設定とは言えないけど。常にまとめて買えと言われてもなあ。置く場所の問題もあるし、何より一期分五万円ですら庶民には簡単に払える金額じゃないです。
 今まではアニメやマンガファン向きの映像メディアって高いなーと納得できない気持ちでいたけど、この上に印刷物も来ちゃうのか⋯。
 やっぱり地道に古本屋巡って、落ち穂をするしかないのか。入手できるのは書籍化されてるものに限り、だけど。

 ⋯ってゆーか、これに注目してる人がもっとも気にしてるのは、予約特典の「サイボーグ009 完結編」創作ノート、だと思うのね。この特典の価格が60万、と考えるべきなのでしょうか(爆)。ひょー。

|

« もち吉のわな | Main | 「月館の殺人」、読みました »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

>特典の「サイボーグ009 完結編」創作ノート

と言ってもおまけで付く奴だから多分映画のパンフ程度の資料でしょうかね。

「完結編」プロットノート完全収録のDVDなら5万~6万出しても買いたいと思いますが、60万じゃ買えません。

本も置き場所がありませんからね~~

>ギネスブックへの申請も検討されている。
話題作りとは言え、なんか角川ズレていませんか?

Posted by: まりパパ | 2005.09.24 at 09:52 PM

汚い!汚過ぎる!!
あらゆるコンテンツの値段(価値でない)が安くなっている時代に、さすが化石の出版業界。
何考えているんだか。
絶対に失敗するね商売的に。

Posted by: marumasa | 2005.09.26 at 01:40 AM

今日の朝刊にでかでかと載ってましたね、全面広告。「宣伝費だけはいっぱいあるんだ・・・」と突っ込みつつ、私にはお財布的にもスペース的にも無理無理なので、冷めた気持ちで眺めてました。

・・・が。ご子息による完結編小説、本当に出るんですねー! 本が出る頃にはこの世にいないかも、と思ってたので、ちょっとホッとしました。平ゼロ以降、久々の公式新作ものになるわけで、出来は読んでみないとわかりませんが、今から興味しんしんです。

「来年から刊行スタート」ということは、複数刊出るものと思われますが、値段や販売方式によっては、角@に対するさらなる憎悪がつのりそう・・・(笑)

Posted by: 黒やぎ | 2005.09.26 at 09:46 PM

 ごく狭い界隈かもしれませんが、話題沸騰!>「石ノ森マンガ遺産500冊」(笑)。
 そして、ちょっと出かけた先(ネット)でも、まず置く場所ねーよというご意見が。生涯石森しか読まないって人ならいいでしょうけどねえ⋯。

>marumasaさん
 全くきたねー商売だと思いますが、今の出版業界、確実に元が取れる企画しかOK出ないそうで、どうしても出したかったらこのくらいの値付けと予約分のみでロスを出さないという方法を取るしかなかったのかもしれません。
 ちょっと話ずれますが、今月の「本の雑誌」で翻訳物のミステリが売れないという特集が組まれてて、本当にいい原著でも国内出版の目処が立たないとか、翻訳者のギャラがどんどん削られてて生活が成り立たないとか(ベテランが年収二百万ですって)、すさまじい話満載でした。
 何考えてるって、こういう現状から考えた大技なんでしょうねえ。

>黒やぎさん
 うちの新聞、広告載らなかったんです。会社で取ってるやつにも。残念⋯。
 あれを買える人は本当にごく一握りでしょう。庶民は「はー」と指をくわえて見ていろと。
 完結編小説の件は、どうもその広告にしか載らなかったみたいですね。角川のサイトも調べてみたけど、関連記事が見つけられなかった⋯。
 正直、もう内容にはさして期待してないんですが、長いつきあいですから一応オチは見届けたいです>完結編小説。今なら「おじいちゃんのさくぶん」(愛ルケ)を読み慣れてますから、多少の悪文でも耐えて読める自信があります。<そこまで言うのはどうか。
 でも、おっしゃるように「はあ?」な値段や売り方されたら萎えそう。

Posted by: きいろ | 2005.10.02 at 12:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/6098028

Listed below are links to weblogs that reference 汚ねぇえー:

» 萬画大全集(石ノ森章太郎)全500冊発売 [ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy]
「萬画大全集(石ノ森章太郎)全500冊発売」に関連するブログ記事から興味深いもの... [Read More]

Tracked on 2005.09.27 at 08:56 AM

« もち吉のわな | Main | 「月館の殺人」、読みました »