« 一人カラオケ | Main | 「エスパイ」、見ました »

2005.09.11

今週のトミゾー

 は出番がありませんでした。日菜佳ちゃんがあれだけひどい風邪をひいてるんだし、彼は彼なりの不器用さで気にしたりはしないんでしょうか?
 ああ、路線変更されても鬼になったときはともかく、トミゾーにはいつまでも斬鬼さんが大好きでなんにでも一生懸命で女の人には誠実だけどちょっと気の利かない子犬のようなトミゾーであり続けて欲しいです。
 ってゆーか、そうでないトミゾーなんて考えられません。

 今回は桐矢転校生にそそのかされてお父さんに会いに行く明日夢くんの話でしたが、ドラムをやってる理由がお父さんがやっていたから、の明日夢くんがお父さんを嫌いなわけはなくて。でも、お母さんに気を使っていたのも言い訳ではなく本心からじゃないかと思うんだけど>ヒビキさん。明日夢くんはお母さんのことも好きなんだよ。
 一日中お父さんの後を追い掛けて、直接会わなかったけど今のお父さんがどういう人かを知った明日夢くん。をさりげに拾いに来るお母さん。なんちゅーか、お父さんもいい人、お母さんもいい人。でも、夫婦としてはやっていけなかった、その辺に明日夢くんはオトナの世界を見たりするんでしょうか。
 でも、このお母さんの息子であって明日夢くんはしあわせだと思いますよ。

 桐矢転校生の前では限りなくサエない人のヒビキさん。(除く戦闘)桐矢転校生は、いろんなことはできるけど、見えないところに真実があると洞察したり人の気持ちを思いやることはできない人のようだから、見たそのまんまのヒビキさんを単純に受け取っちゃうんだろうなあ。
 たかが高校生の分際で本気で鍛えて今を作った人丸のままを「手に入れる」なんて言う傲慢さはどうかと思います。どれだけ苦労してても、努力してても、生い立ちに事情があっても見過ごしにはできません。

 対火車戦は、なんといいましょうか。威吹鬼さん、影薄すぎなのでは…。ここのところ響鬼さん以外の鬼の人がちょっとヨワすぎかなあと思ってましたが、今回はまたなんというか。新しいおもちゃを出すための前振りかもしれないけど、前座っぽくてかわいそうです。そりゃ、ヒーローはずば抜けて強くてかっこいいに越したことはないけど、みんなでやってきた猛士って気がするから。みんな鍛えてがんばってるはずなんだから。

 番組の路線変更に関しては。一視聴者にはどうにもできんのだなってことは長いヲ生活で身に染みてます。お子様番組においては、スポンサーは視聴者よりも神ですから。
 だから、自分の見る気が続く限りは見ていきたいと思ってます。八割日常みたいなまったりした中でみんなが無理せず、その結果亀の歩みのように変わっていく響鬼の世界が好きでしたけど、無くなっちゃったものはもう追えません。迷ったときにひょっこり顔を出したくなる「たちばな」の世界観が完全に失われるまでは見守っていこうかと。演技のできる人がメインにいて半年以上かけてキャラクタを育ててきたわけだから、ある程度の雰囲気は維持していけるのではないかと期待してますし。
 ただ、やっぱり桐矢転校生くんのキャラ立てはちょっとなあ。エキセントリックな人がいきなり出てきてかき回すと浮いてる感が強まる一方。ああいうキャラはある程度演技ができる人がやらないとマンガにしかならないのに、すまんが桐矢くんの中の人はアレだもんなあ。明日夢くんの中の人がそれなりにできる人なので、対比でできないのが際だっちゃう。
 明日夢くんを奮起させるためのライバルキャラを出すなら、プールで出会った努くんみたいな力まない子の方がなじむと思うんだが。一視聴者の感想ですけど。

 こんなことになるんだったらリアルタイムで見るんじゃなかった、と悔やんでもみたり。クウガは放送終わって作品がフィックスしてたから、ある意味安心して見られたんだよね。最後まで世界観が同じのまま終わるとわかってたから。
 実は見損なってた「輝く少年」を某ルートからお借りして見たのだけど、やっぱり空気が違う。現場とバックが連携しつつ、いろんな人がいろんな人を思いやりながら事態が動いていく。それが猛士のやり方。特出した人が一人で牽引していくのは、(私が知ってる)響鬼にはなじまない。
 これから雰囲気ががらっとだか少しずつだか変わって、好きだったものが失われていくのを見るのは切ないなあ。

|

« 一人カラオケ | Main | 「エスパイ」、見ました »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

先週からの路線変更、玩具が売れないためのテコ入れだとか一部では云われてるようですが、本当にそうなんでしょうか…?だって、キャラの性格が変わったとか変な新キャラが出てきたとか、そんなことを抜きにしても単純に『面白くなかった』です。今週は特に。玩具を売りたいのならディスクアニマルをビュンビュン飛ばしまくるといいんじゃないかしら、と思いますけれど(笑)。

Posted by: 小藍 | 2005.09.12 at 08:51 PM

おもちゃが売れないとか、視聴率が取れてないとか、東映内部のパワーバランスのしわ寄せとか、諸説飛び交う今回の路線変更ですが、ずっと番組を楽しみにしてきた方からすると「これでホントに効果があるの?なかったら許さんよ?」としか言い様もないですね(^_^;)。

制作側としては、とにかく何らかの手は打ったと神様に示さなきゃいけなかった、と。前にテコ入れで実績のある人間にすげ替えました、という大人の対応なのでしょう。中身そのものよりも。
太鼓が剣に変わるようですし。
私もディスクは好きなので、みどりさんに新型がしがし作ってもらうので手が打てなかったものか?と思います(涙)。

以前のヒビキさんだったら、相談受けたら「少年はどう思うのかなあ?」とか遠回しに明日夢くんが内面に気づくよう誘導したような気がします...。悲しい。

Posted by: きいろ | 2005.09.14 at 12:49 AM

どうもです。
テコ入れから2週過ぎましたね。
以前の響鬼さんだったら(明日夢から受けた相談に)ああ答えたかなぁ?と、ワタシも思ったです。
こんな時こそ明日夢のナレーションを!
「なんだかすっかり変わってきた気がします」って、ここぞとばかりに言って欲しい!

映画見てきました。
……カミーユがクワトロ大尉に意見を乞うが如く、きいろさんに意見を乞いたいワタシです。
ああ、今すぐ福岡に行ってきいろさんに「聞いて下さいよぉ!」攻撃をしたい〜。

ではでは。

Posted by: まさを | 2005.09.14 at 11:26 PM

鬼に変わって人助けをする男の人に出会って、僕、安達明日夢の毎日はまったり変わってきたような気がしていたのですが、ここに来て急に「巻いて巻いて」と言われています。
僕、巻くの苦手なのに...。

そんな感じの路線変更響鬼ですね>まさをさん。
クワトロ大尉としては、後はエウーゴの皆さんにお任せしてトンズラしたい気分だとお答えしておきましょう。<をい。
映画も確か、脚本井上俊樹さんなんですよねえ...。
わたくし、「特撮黙示録」でのインタビュー読んで、「この方とは感性的に合わねそう...」とちと思ってしまったです。世の中悪意も裏も表もあるけれど、子どもに対しては精いっぱい見栄を張って「大人」として「人間のよさ」を見せ続けるという有り様もあると思うのです。
本音ばかりが重視される世の中になってきてるけど、建前ってそんなに悪いことなの?善意の建前を死守する努力も大事なんじゃないの?と思ったりします。

私にとって響鬼はそういうお話でした。いい人であるためには常に鍛えてなくちゃだめなのです。

Posted by: きいろ | 2005.09.16 at 02:17 AM

私の中では、井上敏樹氏に対する評価は『ものすごくダメ』です正直。なんと申しましょうか、良い意味でも悪い意味でも週刊少年ジャンプ的なお話の作り方をするひと、という印象です。平成ライダーシリーズや戦隊シリーズを観続けてきて思うに、風呂敷を広げるにいいだけ広げておいて畳む能力は全く無いんじゃないかと…。
響鬼については、始まった当初からいずれ何らかの形で『テコ入れ』はあるだろうと予想はしてました。でもよりによって井上さんかよ~という感じ。
玩具を買えば元のヒビキさんを返してあげますとか云われたら、ディスクアニマル全種類買います。ホント、そんな気分です。明日はどうなるかな…

Posted by: 小藍 | 2005.09.17 at 11:46 PM

あー、駄目なんですか...>井上氏。
昨日の分を見ましたけど、布施明がかわいそうな気がしたのは私だけでしょうか。
私はメインライターを務められた作品を見てないので、始めからこのテイストで行ってたならわからんけど、響鬼の接ぎ穂としてはどうなの?というのが只今の感想です。

響鬼、ヒーローものとしてはビジュアルが地味でしたし、このまま行けるかは確かに危うい感じがありましたけど...。私もディスクアニマル全品買ったら元のラインに戻してあげるって言われたら買うな。昨日のを見たら、特にそう思います。

Posted by: きいろ | 2005.09.20 at 01:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/5907676

Listed below are links to weblogs that reference 今週のトミゾー:

« 一人カラオケ | Main | 「エスパイ」、見ました »