« 誰に見せる時間や | Main | ヤル気の手前 »

2005.10.12

この手しかないのか

 レディスデーにフラれたので、ついふらふらとBOOKOFFへ。<この流れが自分でも理解できない。
 以前、小野不由美の「悪夢の棲む家」を買ったら、「シリーズ通しての謎があるからその前に出たシリーズを読んでおくべし」と強くアドバイスされたもんで、その後必ずピンク背表紙のシリーズをチェックするようにしてるけど、ほんと出ませんな。どうしたものでしょうか(泣)。たまたまマンガのコーナーでコミック化作の一巻目を見つけ、かなり原作に忠実だという評判を信じて拾ってみる。
 おわー。キャラの立ち位置はまっとうな少女小説。そして、謎の解決の仕方が合理的なあたりは「屍鬼」の小野不由美に通じてます。キャラが全員美系なのが、私のようなひねくれものにはこそばゆい。物語のアウトラインは押さえられるのはありがたいが、コミック版も未完で続刊は未定とはどうしたものか…。そんなに読ませたくないですか?何が理由ですか?と問いたい気分です。
 もともと寡作な人だし、コミック版をぼつぼつ読みつつ年単位で寝かせておくかのう>「悪夢の棲む家」。

|

« 誰に見せる時間や | Main | ヤル気の手前 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

あの~、前もコメントしようと思っててつい書きそびれてしまったのですが、図書館とかダメですか?
かくいう私は悪霊シリーズは全部図書館で拾いました。考えることはみな同じらしくて、全部読み終わるまで半年かかりましたが(苦笑)
何をかくそうかくしませんが、悪夢の棲む家・上を読み終えたところです。下巻が予約待ち中。

Posted by: ぺし | 2005.10.14 at 09:37 PM

ぺしさーん。
うちの近所の図書館はライトノベルヨワいみたいで(涙)。
福岡県立図書館は「屍鬼」や「東亰異聞」くらいしか置いてないし、悪霊シリーズはかろうじて総合図書館に「悪霊なんかこわくない」が一冊あるだけみたいで...。

周辺の市や郡の図書館を調べたらどうかわかりませんが、私が手近で行ける範囲ではそんな具合で全くあてにできないのです。
そんなわけで、まだしもコミックの方が手に入るっぽいです。
というか、早速二、三巻を確保してきました。っそー、やっぱりシリーズ通してネタわり配置してあるのか、と悲しい気持ちでおります。

Posted by: きいろ | 2005.10.15 at 08:20 PM

ありゃ、もう確認済みでしたか。それは残念でしたね。
私の住んでるところでは、区内の図書館は全館相互貸借できて、ネットで蔵書検索・予約できます。さらに、その気になれば(ちょっとめんどい手続きをすれば)東京中の図書館(除く国会図書館)から引っ張ってこられます。ゆえに、よーっぽどのレア物でない限りたいていの出版物は読めるという貧乏な活字中毒者にはたいへんありがたいシステムが構築されております(^^;)そういうシステムが福岡にもできるといいですね。

Posted by: ぺし | 2005.10.17 at 02:50 PM

やはり首都圏に比べると、地方都市は行政サービスは貧弱です。
福岡の図書館もダメなとこばかりではないんですけども。総合図書館は併設されてる映画館なみの上映施設が快適で、テーマを決めて上映スケジュールを立て、所蔵している映画を500円で見せてくれます。主にアジア映画を集めるというコンセプトがあるので好みのものがちと少ないのですが、初期の東映アニメなどをちゃんとしたサイズのスクリーンで見られるのはうれしいです。

Posted by: きいろ | 2005.10.21 at 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/6396103

Listed below are links to weblogs that reference この手しかないのか:

« 誰に見せる時間や | Main | ヤル気の手前 »