« ファンタジーは一つじゃない | Main | ごみ捨ての問題 »

2005.10.25

とはいえ

 ↓で今現在の「日本の」恋愛観とか女性観にそんなに縛られなくてもいいじゃなーい?などと考えていたけど、「社会」を形成していくからには最低限の共通感覚とか倫理観はないとやりにくいから困る。例えばもう結婚しちゃってる人に関しては、独り身の人は一応恋愛対象から外すようにするとか。(もちろん、例外はあるけど)共通認識が成立してないと、人間関係が混乱するし、何かとことがスムーズに進まないしなあ。

 とか考えたのは、もはや惰性でヲチを継続している愛ルケで、主人公が不倫相手をくびり殺した理由を「彼女が夫を拒否したら『出て行け』と言われたと聞き、そんなつらいところに戻るくらいならいっそ死んだ方がいいのではと考えた」なんて脳内演説をしていたからで。
 ふつうの倫理観・恋愛観に照らし合わせたら、本当に好きな女が「もう夫のところには戻りたくない」と言ったら「そんなところに帰らなくても自分のところにいればいい」という対応をしませんかね?絶対的な愛とかヌカすんだったら、ひとときも離れたくないとか思わないんでしょうか。少なくとも、現代日本の恋愛モデル下でのスタンダードな考え方だとそうなると思うんですが。
 いきなり「帰りたくないなら死んだ方がマシかも」という発想にはいかないよなあ。それで首締めて殺しちゃうってのはどういう思考回路なんだか。(アホ主役の言うには、他にも理由はあるのだが)都合よくえっちさせてくれるだけの女と思いこんでいたものがずうずうしく居座りそうになったら、殺意も芽生えるかもしれんが。(それとて正当化されるもんではない)

 ナベ爺は結婚=不純なんて、自分おいしいとこどりな自己チュー恋愛観を披露しておられるから、愛が極まっても「一緒に暮らそう」という発想にいかないのは「なるほどね」なんだけど、それはナベ回路のアウトプットとして納得しているのであって、一般論としては「?」な理屈なんじゃないかと思われ。やりたいときだけ側にいろ、というのは恋愛じゃないだろ。今のとこの日本では。
 眺めてて「はあ?」と思ったことはたくさんあったけど、マスに向けてのエンタメとしての恋愛小説でここまでオリジナリティあふれる主張をされると、どこの読者層にウケる話なんだろうと不思議でたまらない。
 いったいどこの惑星でただいま流行中の恋愛モデルなんだろう?

 この作文、単行本化の折にはどんなオビがつくのやら。
 そして、いったいどんな人たちが「感動しました!」「泣きました!」と言うのやら。

|

« ファンタジーは一つじゃない | Main | ごみ捨ての問題 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

中年にうけているらしいのだけど、最近はとんと話を聞きませんねぇ。
「手を出したは良いけれど、殺したくなるくらいの悪女だった。」とすると、シャレにならん中年男性は多々おられるかと。(笑)
良き女性とお付き合いしたいものです。

Posted by: marumasa | 2005.10.27 at 04:55 PM

最近話を聞かないのは、きっと8月末にヒロインが死んで、えろシーンがすっぱりなくなったからですよ!わかりやすーい。
もともとキャラが書けないのに、9月以降は主人公が頭の中で周囲に対して部別的なことを考えてる描写がループしているので、ますます激しくおもしろくありません。

殺したくなるほどの悪女だったら、人としての歯ごたえもあるけど、空気嫁じゃねえ...。
悪女も空気嫁もつきあう相手としてはいいもんじゃありませんが。(というか、空気嫁とは「つきあい」と言えるのか?)

Posted by: きいろ | 2005.10.28 at 01:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/6630343

Listed below are links to weblogs that reference とはいえ:

« ファンタジーは一つじゃない | Main | ごみ捨ての問題 »