« 「Q.E.D 熊野の残照」、読了 | Main | のどかなわたくし »

2005.10.22

何に惹かれるか

 さて土曜日の新番組で見てた二本。「牙狼-GARO-」は見続けてますが「BLOOD+」はどうでもいいかーモードに入ってきました。見知らぬ世界のイントロダクションとして最初の数話はそういう作りになるのはしかたないとわかってはいるものの、なんか。既視感がぬぐえないというか、新番組を見るわくわく感がない…。ストーリーが予想を大きく逸脱しないのが見ててつらい。基本に忠実な安定した作りかもしれんけど、もう少し客の気を引く要素を入れてほしいと思ってしまう。
 その点、「牙狼」は予算なりのヘボでショボな画面にきんきらきんのどうか?と思うコスチュームだけど、なんとなく見続けてしまう。雨宮慶太の絵作りは例によっての雨宮節だけど他には見られないものだし、でき得る限りのこだわりが読み取れるのは好感度高い。謎の引っ張り方も適量。ヒロインの命のタイムリミットという形で物語に枠を設けたのもよさげ。(ヒロインの価値観はいかがなもんか?だが(笑)
 古びた洋館に若い当主と執事が二人で住んでて事件にあたるってのも好みです。(と言ったら、相方が「ダイターン3?」と聞いたので、「いや、ガンバロン」と答えてしまいました(爆)。だって、若当主が少年ですよ!)
 今後もほどよいユルさで視聴を続けていく予定です。

 でも、この辺の判断はきっと人によるんだろう。「BLOOD+」はいいけど「牙狼」だめって人も少なからずいるだろうし。
 たぶん私は血中男の子指数が高いんだと思う。男の「子」が好みそうな要素が多めのものに惹かれてしまう。「BLOOD+」はていねいだなーと思うけど、上品すぎる感じ。「牙狼」のデザイン作り込みの世界で戦うヒーローやってますな内容の方がしっくりくる。
 が、それもおもしろさが続いてくれないとねえ…。続いてくれるといいんだが。

|

« 「Q.E.D 熊野の残照」、読了 | Main | のどかなわたくし »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/6566215

Listed below are links to weblogs that reference 何に惹かれるか:

« 「Q.E.D 熊野の残照」、読了 | Main | のどかなわたくし »