« あっという間に | Main | 「火星の土方歳三」、読了 »

2005.10.03

翻訳なしで

 間延びしつつも「のだめカンタービレ」を読み続けてでいたら、相方も読み出していた。少女マンガというか女性向きマンガは苦手で滅多に読まないんだけど、こういうタイプは読めるらしい。もともとそこそこクラシックは好きなやつだし。ただし、どうも読むのが遅い。少女マンガは少年マンガとは微妙に文法が違うらしいので、読み慣れてないから速度が落ちる模様。もう読んだの?と早さを驚かれてます、わたくし。
 私のクラシック知識は十人並みなんで「のだめ」で扱われている演目でわかるものが限られ、それが悔しいというかまだるっこしい。客席の反応や千秋先輩の曲解釈を読んでいると、「で、どーゆー曲やねん?」と自分の無知にいらいらしてくる。なるほど、「のだめカンタービレSelection CD Book」売れるわけだなあ。聞きたくなってくるもんなあ。

 ところで、今やっとこ十巻まで来たのだけど、のだめが里帰りする九巻、福岡ゆかりの人以外はのだめ家の会話がちゃんと解読できたんだろうか?かなり正確に地元の方言を使ってますけど。しかも対訳がついてない(笑)。(我が家はまるっきり問題なく、リアルーと笑ってられました)
 ここ数年、有明海の海苔漁は不作続きと聞いているので、のだめ家の経済が心配です。

|

« あっという間に | Main | 「火星の土方歳三」、読了 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

僕は我慢できずに先月新刊で全巻大人買いしてしまいました。

>福岡ゆかりの人以外はのだめ家の会話がちゃんと解読できたんだろうか?

武田鉄也等福岡出身タレントのお陰で結構意味は分かります。ていうか何となく分かるくらいが、のだめの家っぽくて良かったです。

でも、ところどころ発音が不明の言葉(うまかごとしとっやっかー)とかあったりしたのがちょっと残念でした。こればかりは文字だけでは何とも...

Posted by: GANAI | 2005.10.04 at 10:57 PM

最近はぎゃるぎゃるしたみなさんに方言が好評だとかで、かわいく方言を使おう本が出版されてるそうですね。
...私にはキミらの言葉がすでにぎゃる方言に聞こえる。

ともかく。そんな「流行りもの」になってしまうくらい全国的に方言の基礎が浸透してるから、簡単な意味くらいは取れる人が多いのかー。なるほどー。
のだめ家のみなさんが千秋先輩に全く配慮なく方言でしゃべりまくって、?乱発な感じの方が、確かにのだめ家っぽいでしょう。

イントネーションは難しいですね。
ヘンな話ですが、こないだ何かのドキュメンタリーを見ていたら北欧の方が出てて、なんとなく東北弁のイントネーションに似ている気がしました。寒い土地の方の発音って似るのかなー?とか。

Posted by: きいろ | 2005.10.09 at 11:53 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/6250058

Listed below are links to weblogs that reference 翻訳なしで:

« あっという間に | Main | 「火星の土方歳三」、読了 »