« 小躍りする夜 | Main | 出番は何回? »

2005.10.16

クロとタマとミケ

 猫を飼いだしたわけじゃありません。「ウルトラマンマックス」を見ている方には「ああ、あれ」とピンとこられたかと思います。
 実は三池監督まじバージョンだった先週の放送分をまだ見てないのです。先週見て今週のテンションがこれって、続けて見た方にはどう映ったのだろうかと気になったり。私は単独で見たので、「ミケ、しっぽかわいいーーんん」で済みましたが。クロは片耳つき、タマは後足が一本生えてたようですが、ミケはなんだったんだろう。相方は額に(額?)スジみたいなものが見えたというんだけど。
 マックスって「作品」というまとまりが今ひとつ感じられないユルさが歯がゆいというか、散漫な印象だったんですが、今回みたいな話はこのユルさが懐の深さというか度量の広さという形に作用して存在が許されるよなあと思いました。ギャグオンリーかと思えば、ひそかにエリーで感動も取ってみたりしてるし。これはエピソードバラエティ的な番組として楽しむべきなんだろうなあ。
 それにしても、クロとタマとミケは何しに地球に来たんでしょうねえ。にゃー、言うて空に逃げ帰ってもアリな感じの三匹でした。

|

« 小躍りする夜 | Main | 出番は何回? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

 今回のお話しは、たぶん『ヤメタランス・パターン』とでも呼ぶべきものだと思いますが、初代ウルトラマンの昔から、隊員がボケかましまくるエピソードは結構ありますよね。
 黒部進がカレーを食っていて、そのままカレー皿の方を掲げてしまうあたり、「オッサンそこまでボケたか?」とうちの友人は思わずテレビに突っ込みを入れたようです。40歳代へのサービスが行き届いていて、さすが、ファミリーウルトラマンです。

Posted by: 神北恵太 | 2005.10.20 at 10:02 AM

10月に入って力尽き気味で、RES遅れました...。

おおー、ヤメタランス!懐かしい!
実はシリアス話だけど、「ティガ」のギジェラでも高木澪がボケ役を演じてくれてうれしかった。

黒部進のカレー&スプーンは、ここでスプーン上げたら普通だな、と思ってたら、カレー皿を上げるひねりに「えらい」と言ってしまいました。
食い足りないなあ...という気持ちになりがちだったマックスですが、この話で楽しみ方のスタンスが見えてきたような。

Posted by: きいろ | 2005.10.26 at 01:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/6472555

Listed below are links to weblogs that reference クロとタマとミケ:

« 小躍りする夜 | Main | 出番は何回? »