« フラれた | Main | お子様的には »

2005.11.05

改めて最新技術として

 いやー、よもや今更NHKスペシャルで「サイボーグ」なんて言葉を見ようとは、ですわ。相方と「むー」とうなってしまいました。(SF仲間だから)
 SFの世界でおなじみの人間の組織を非常にコンパクトな人工物に代替えしたサイボーグは、まず現状のロボットがああだから六百万ドルの男でさえ夢のまた夢なのはわかってまして、実際番組で紹介された腕や視覚の代用品は工業用ロボットの流用然としたものばかりでした。それでもその部位を失った人にとっては、かけがえのない「新しい身体」なわけですが。「全くない」状態からすれば、それがたった一つの光であっても新たな世界を開いてくれるものだという当事者の言葉の重みは、所詮苦労を知らないのほほんな私ごときが安易に「わかった」とは言えるものではありません。
 で、この番組を見てて思ったのは、結局現在のサイボーグ技術って脳医学というか、「脳」の分野の研究が進んだから再注目されてきたんだなと。前からNHKの脳特集は非常におもしろくてよく見てたけど、時代はまだまだ脳なのね。身体の様々な部位や感情を司る脳の働き、そこから出る信号の解析が進んで、コンピューターで分析したり逆に脳に受け取れる信号に変換したりできるようになったから、「じゃあ人工部品へ置き換えても動かし可能ね」という医学工学の評価が得られて急激に技術革新が現実化してきてるのかな。人間の感覚や身体部位の代替品にするためには、その人の意志を反映し、そこから得た情報が脳にフィードバックされる、という機能が実現されないと意味ないからなあ。
 もう一つは、脳の進化というか変化というか適応力の高さに驚き。万単位の神経でカバーしていた聴覚を22個の電極から得る情報で再構築してしまうんですよ。すごい。体内の眠れる大陸だと改めて思います。脳医学は加速度的に進んでいるんだろうけど、知れば知るほど脳の奥深さを思い知ることになりそう。
 それにしても、人工内耳がこんなに実用化されてるなんて知らなかった。整形に抵抗が低い外国ならともかく、ちょっと前まで「親にもらった身体にメスを入れるなんて」みたいな感覚があった日本なのに。心臓のペースメーカーがありなのだから、人工内耳まではもう少しなのかもしれませんけど。

 おお、読売新聞が番組に関するコラムを載せていた。
 日本では未だにメジャーな「サイボーグ」は「009」なんだなあ(笑)。あれだけ直裁にタイトルになってるからしょうがないのでしょうけど。最近はサイボーグ物でもサイバー色が強いから、見た目でもわかりやすい009が例に取りやすいというのもあるのかなあ。
 この特集の、特に後半の脳指令をコンピューターなどを介して離れた代替品に反映する技術は、人間型サイボーグより「歌う船」なんかの異形サイボーグの方が「あんな感じ」感が得やすい気がしました。でも、メジャーじゃないのよね…。

|

« フラれた | Main | お子様的には »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/6945079

Listed below are links to weblogs that reference 改めて最新技術として:

« フラれた | Main | お子様的には »