« なつかしいな | Main | 「妖怪ハンター 地の巻」、読了 »

2005.11.19

今は同意しかねる

 「an・an」巻末のエッセイと言えば、しばらくおきに林真理子先生が登板しておられます。今の「an・an」読者層に林真理子がアピールできる存在なのかはよくわからんのですが。それはともかく。
 今週のネタで、林先生の友人で酔うと「自分はソッチ方面は強い。どんな女性をも満足させる自信がある」と放言する男性がいるそうで、それを「微笑ましい」と評してらっしゃるのですね。で、「尊敬する渡辺淳一先生」(笑)が男女には外から見えない評価点があって、それが間柄に絡むからおもしろいというようなことをおっしゃっていた、というよーなことを書いてたわけです。地位も名誉もある社長夫人がある日ホストにころっと入れ込んで、学歴も収入も段違いの夫も何もかも捨ててホストと結婚しちゃった、相手が変わると雰囲気も前とはすっかり変わっちゃった、それはホストの人に外見からはわからない魅力があったせいだろうと、ぶっちゃけ、渡辺センセが言うところの目には見えない性という評点が男女関係を意外なものにしたんだろう、みたいな話を書いておられたわけです。
 んーー。
 そうなの?そのホスト君は単に性的魅力「だけ」で社長夫人の気持ちを自分に向けさせたの?
 お二人の間にはなんかもっと、いろいろ言葉には還元しにくい複雑な価値があったんじゃないでしょうか。性的なものも何割か含まれてたかもしらんけど。ナベズンせんせにとって「圧倒的な愛」とはとにかくイタすこと、何もしないでも満足オッケーなんてのはお子様の純愛だそうだから、そこにのみ価値を見い出す発言をしちゃうのはさもありなんだけど、林センセもそういう解釈をしちゃうんですか?だとしたら、林センセの恋愛観って、意外とシンプルなんですね…。
 ズンイチに義理立てせねばならぬ何が林センセにあるのかわかりませんが、恋愛の情緒も何もあったもんじゃねーあんな連載の中身を知っててこんなこと書いてるんだとしたら、林センセのお書きになる恋愛小説も知れたものだなーと思ってしまいます。その辺、林センセの本音のところはどうなんでしょう。気になったり。

|

« なつかしいな | Main | 「妖怪ハンター 地の巻」、読了 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。ちょくちょく楽しく拝見させてもらってます。

ナベズンがどんな恋愛感を持とうが、どうでも良いことですが、公式ブログにあるような言動を撒き散らしているようでは人としてなにかを履き違えているとしか思えませんね。

とても尊敬に値する先生とはっ・・・(笑)

Posted by: tate | 2005.11.23 at 12:01 AM

>tateさん
11月になって、ますますリアクションが遅い私なのです。すみません。

私もtateさんのように大人になりたい...。でもなりきれなくて、ナベズンせんせの言動にいちいち反応してしまってます。

一個人がどういう価値観を持とうがそれは個人の自由なんですけど、わざわざ不倫を煽ったり、グリーン車にタダで乗せてくれないとゴネたりするのは、そしてそれを公の場で声高に叫ぶのは大人としてどうか?だと思います。
ちょいワルを目指すプラチナ世代を提唱しておられるナベズン先生ですが、自らを手本と思ってらっしゃるなら勘弁だなあ...。こんなジコチュー年寄りにはなりたくないです。
そもそもほっといたってなりそうな私なのに、目指すなんてとんでもない!

Posted by: きいろ | 2005.11.28 at 12:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/7248998

Listed below are links to weblogs that reference 今は同意しかねる:

« なつかしいな | Main | 「妖怪ハンター 地の巻」、読了 »