« なーんでも実写化 | Main | たまには自己投資を »

2005.11.27

間違えようもなく

 えっ、そんなはずは?と思ったけど、他にありえないほど実相寺テイストてんこ盛りの「ウルトラマンマックス 胡蝶の夢」。
 「乱歩地獄」の舞台挨拶、体調が悪くて出られないという記事をしばらく前に読んだのに。その前に撮り終わってたのかしら。と思いつつOPをにらんでたら、やっぱり間違いなく実相寺監督作でした。まあ、他にねえよな。あの画面は。なにかっちゅーと斜めになってる画面。石橋蓮司がダッシュの制服を着てる姿がインパクトあります。夢の世界で怪獣造形をしている女性が、女性なのに嶋田久作に見えてしまうのは実相寺フィルタがかかっているせいでしょうか。
 あのキッチュで不気味なイメージは、お子様にはどう見えたでしょうか。やっぱり「訳がわからないけど、なんかこわー」なんでしょうか。話がメタのメタでお子様向きではないのは、実相寺の宿命として。
 カイト隊員に文才があったのか、気になりました。

|

« なーんでも実写化 | Main | たまには自己投資を »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/7378421

Listed below are links to weblogs that reference 間違えようもなく:

« なーんでも実写化 | Main | たまには自己投資を »