« いっそこれだけスペシャルで | Main | フラれた »

2005.11.03

ひやひや

 うちにも通りすがりの名で悪意噴出なコメントを書く人がごくまれに現れます。「通りすがり」だからこそだけど、よくこんなに悪意むき出しなことが書けるなあとびっくりすることもあります。ちょっとだけ、「そういうあなたはどんな聖人なの?」と聞きたくなります。
 私も心の狭さでは人後に落ちないと思っておりますが。この後味の悪さを知ると、「これだけは、自分はすまい」と肝に銘じてしまいます。
 二度と縁のない、私について何も知らない人がたった一度書き散らしたものでも気分的にはかなりコタえるものです。だから「デジタルARENA」で連載している「blogで自滅する人々」は読んでて本当に怖い。
 トリンプ社長のblog炎上を観察してた手合いが言うことじゃないかもしれないが。<自覚はある。
 avexの件は、過熱気味になってしまったけど相手は「会社」を含む「社長」職の人なわけで、リスク管理ができてなかったんだなあという印象もあるけど、個人のblogはなあ…。自分でも一応「不特定多数の目」があるものと言い聞かせてはいるんだけど、実際のとこどのくらいの不特定かってのは実感としてはサッパリわからない。特に私の場合、基本的には知人に向けた日記のつもりでやっているから、物言いが砕け過ぎたりわざと悪意ある表現を使ったりしがちで(そこのところを通りすがりさんたちは指摘していく)、そこをある日突然糾弾されたらたまらんなあと思う。
 クロースドの場ではないことへの自覚が足りないと言われたらそうなんだけど。その辺歩いてる、スーパーの見切り品買っちゃう庶民の一人がいったいどこまで自重して日々の出来事を書けばいいのか。
 影響範囲が拡大してるのも怖い。ネット上の自分だけが死亡するなら、それはそれで痛く苦しいことだけどまだ耐えられる。でも、リアルや自分の身内、知人まで被害が及ぶとなるとたった一言の失敗を一生呪いそうだ。
 去年だったか、blogブームとか言われて、あちこちで「blog始めよう!」なんて記事が踊ってたけど、あのころからオープンな場所で物を書くリスクについて言及した記事が少ないのが気になってました。無名の個人だから大丈夫、アクセス数もたいしてないから大丈夫って時代じゃないんだから、その辺の話もちゃんと書くべきだと思います。
 今やmixiも百万人?けして内向きコミュニティじゃなくなってるし、どこにも人の目は潜んでると考えないと駄目なのね。壁に耳あり障子に目あり、ああ、しんどい。

 思えば、東芝だっけか?クレーマー事件などというものが四、五年前にありましたが、あのころは数年先にネットがいくらなんでもこれほどの力を持つなんて想像もできませんでした。
 過渡期の問題で済むといいなあ…。

|

« いっそこれだけスペシャルで | Main | フラれた »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

うーん。恐ろしい。
ブログか掲示板始めようかと思ったけど一気に萎えてしまった。
だって絶対過激な事書きそうだし、突っ込み所満載の無防備文書になりそうだもん。

Posted by: marumasa | 2005.11.07 at 03:44 PM

その後の記事を読むと、祭られた人のどこがマズかったか分析してあって、祭りのターゲットになるには理由があるとわかるんですが。
でも、当事者って意外とその辺無自覚ですよね...。されて初めて気づきそうな感じ。

スパムやアダルトサイトに宣伝書き込みされたりするんで、祭り問題がなくても掲示板やブログの管理ってそこそこに面倒だったりします。手間ひまかける時間が取りにくかったら、手を出さない方がいいかもです...。

Posted by: きいろ | 2005.11.20 at 11:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/6892390

Listed below are links to weblogs that reference ひやひや:

« いっそこれだけスペシャルで | Main | フラれた »