« 「Q.E.D~ventus~ 鎌倉の闇」、読了 | Main | プラ人をちょっとだけ見る »

2005.12.03

カンでものを言う

 別の番組を見た後、ふとオチだけ気になってTV朝日でやっていたドラマ「終わりに見た街」にチャンネルを合わせたら、本当にまぢでオチのところだけ見てしまいました。
 以下、録画してまだ見てない人は読んではいかん。


 焼け跡みたいなところに負傷して横たわる中井貴一が、たぶん死んでしまっているだろう誰かの片腕を見てる。死にかかってる男の人を見つけて這いずって行き、「今は何年ですか、昭和ですか、平成ですか」と尋ねる。よく見ると中井貴一に肩から先がない。息も絶え絶えで二千とようやく口にする男にもう一度尋ねる中井貴一。「2000、…二千何年ですか」。しかし、男は最後まで言い切らないうちに絶命。中井貴一もおそらく絶命。カメラが引いて、現代と思われる東京が廃墟と化している。どうやら歴史が変わって21世紀の東京に原爆が投下されたのだ。


 …思わず「20年くらい前のSFにこういうオチがあったねえ」と相方に言ってしまいました。きっと20~30年くらい前が、戦争中に多感な時期を過ごした方々が創造の場の最前線で活躍されてた時代で、危機意識が書かせた「戦争は他人事ではありませんよ」的な創作物をよく目にしたのです。
 当てずっぽうで言ったら、このドラマ、ほんとに1982年作のリメイクだったのか。
 ドラマの内容そのものに関しては見てないので何も言えませんが、創作物って作られた時代の空気をきっちり反映してるんだなあと思ったのでした。

|

« 「Q.E.D~ventus~ 鎌倉の闇」、読了 | Main | プラ人をちょっとだけ見る »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

リメイク版が放映されていたんだ、知らなかった。
オリジナル版を見ているので比較してみたかったなぁ。
オリジナル版は戦時中の生活がリアルで面白かった記憶があります。

Posted by: marumasa | 2005.12.08 at 11:32 AM

私は結局どちらも見なかったわけですが(^_^;)。
今回のリメイク版では、オリジナル版の主人公の息子世代が父親役を演じてるんで、価値観や経験の違いをどうしたんだろうな?と思います。オリジナルでは父親達は戦争経験者だったけど、リメイクではその設定使えませんから。
主人公が中井貴一で、以前なべおさみが演じた知人を柳沢真吾がやってるって、ふぞろいの林檎キャストじゃないか。

Posted by: きいろ | 2005.12.11 at 12:44 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/7510110

Listed below are links to weblogs that reference カンでものを言う:

« 「Q.E.D~ventus~ 鎌倉の闇」、読了 | Main | プラ人をちょっとだけ見る »