« がんばれ、別所哲也 | Main | いわゆる一つのリスペクト(BlogPet) »

2005.12.21

切れ過ぎです

 居間のメインの明かりは、クリプトン球というやつを六つつけるタイプなのである。入ったときすでに天井にへばりついていたものだからしかたがないのである。この、六つが一個ずつちまちまと切れていく。こないだ代えたと思ったら、また次のが切れる。切れるたびに買いに行くのも面倒なんで、一個くらいはストックを置いておく。
 それが最近立て続けに切れまくり、秋口にビッグカメラでお徳用五個セットを買ったのがもう全部使い切り。
 全部で六つしかない電球のうち五個を、四か月で入れ替えるって切れ過ぎじゃないの?納得できません!
 電灯本体に何か問題が?それともお徳用だけに品質がアレだったとか?
 こう短期間に切れられまくると、私もキレてしまいます。そもそもクリプトン球ちゅーのがよくないのかも。ちっちゃくてひ弱いニセ電球くさい見た目も持ちが悪そうな印象があるし。<それは偏見です。
 このところなじみになってしまった電球売り場をのろのろ探索しておりましたら、「持ちが四倍!(当社比)」「省エネ!」と謳っている商品がざらざら並んでいるのを発見。どうやら蛍光灯を曲げて小さくまとめて球状に加工したものらしく、以前見たときは普通の電球の代換タイプしかなかったけど、クリプトン球に代用できる小さな口金タイプも出た模様。うーむ、持ちがいいならこれにしてみるか?値段はクリプトン球の四倍くらいするんですが!(涙)
 ただ、クリプトン球に比べるとこの手の商品は高さがあって、うちの密閉式のかさが閉まるかどうか問題。一番背の低かったナショナルのパルックスパイラルを試しに買ってみました。閉まらなかったら、返品効くかしら。
 幸いちゃんとかさの中に収まったので、本当に持ちがいいか、しばらく実験です。失敗したなーと思ったのは、暖色が強いクリプトン球の明かりの色を忘れて、Dayカラーの球を買ってしまったことです。一個だけ光が青白くて気持ち悪いよ…。

|

« がんばれ、別所哲也 | Main | いわゆる一つのリスペクト(BlogPet) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/7802608

Listed below are links to weblogs that reference 切れ過ぎです:

« がんばれ、別所哲也 | Main | いわゆる一つのリスペクト(BlogPet) »