« 自覚がないって(BlogPet) | Main | 小久保、いつでも帰ってこい »

2005.12.15

私にはこっちの方が

 ちょい前からうわさには聞いていたジブリの次回作「ゲド戦記」情報がオープンになり、ファンの多い作品だけにネットのあちこちで悲喜こもごも状態になっているのを見る。原作が文章ものであれマンガであれ、実写化が成功する確率はものすごく低いからなあ。「指輪物語」は奇跡的にかなり多くのファンに許容されたけど、全てのファンってわけじゃない。「ナルニア国」のときも悲鳴と歓声が同じくらい聞こえてきたけど、実際の仕上がりはどうなんだろう。(一応日本で封切ったら見に行く予定)
 さて世間では「ゲド」を問題視する人が圧倒的に多いようですが、わたくし個人としてはこの新作制作発表の方がよっぽど大問題です。
 ディズニーのやろうが「くまのプーさん」の新作アニメに原作にない六歳の娘っこを出すっちゅー話です(怒)。
 幼少時から原作を愛読してきた私にとって、もともとディズニーの「くまのプーさん」は見るに堪えないシロモノなんですが(あんなフヌケたオヤジ声のプーなんかいやー(泣)、そこにまたヨケイなものをくっつけるんじゃねー、コラ。という気分です。
 クリストファー・ロビンとプーは魔法の丘にでかけ、「ふたりはいまもそこにおります」。それ以外の話はいらないんだってば!(涙)
 子ども時分にプーで別媒体からの映像化の無惨を教えられたもんですから、以降小説やマンガその他の映像化には期待もしないしゼツボーもしないようにしてるんですが、それでも仙人にはなりきれませんなー。今回も(怒)とか言ってしまうし。

|

« 自覚がないって(BlogPet) | Main | 小久保、いつでも帰ってこい »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

「ゲド戦記」は原作者がジブリにOK出したんだって?
さて、アニメ監督に世襲制が通用するでしょうか?

Posted by: marumasa | 2005.12.17 at 02:01 AM

ル・グゥインが「ジブリになら」とOK出したそうですから...。さすが、世界に名を馳せたハヤオ・ミヤザキのブランド名は強い。
父・駿は「やめとけ」と言ったそうですが、ご本人が書かれたシナリオと絵コンテを見て、プロデューサーの鈴木さんが「いけるのでは?」とGOを出したとか。鈴木さん、「となりの山田くん」をコカしたのは堪えなかったのだろうか...。

Posted by: きいろ | 2005.12.19 at 01:46 AM

ディズニーのプーについて、本当に全く持って同感であります!
初めてあの声を聴いたときは、驚きを通り越して悲しくなりました。どうしてオヤジ?!クリストファー・ロビンも妙にトウが立った感じでいただけません。でもディズニー好きな子供(…オトナも…)にとってはアレがプーなんですよね…やるせないです…
ミルンのご遺族との裁判、結局どうなったんでしたっけ?

Posted by: 小藍 | 2005.12.19 at 09:09 PM

おお、日本では貴重な原作プー派の方が!(涙)
私もディズニーの七三分けのサラリーマンみたいなクリストファー・ロビンはヤです。というか、シェパードさんの絵になじみきっているので、どうしてもディズニーのデザインには抵抗が...。
でも、周囲に「原作と違ーう!」とグチっても、「え?あれってアニメだけじゃないの?」言われることがほとんど。日本ではミッキーマウスよりプーの方が人気あるらしくて、世の中すっかりプー=ディズニーになってしまいました。
プーってイギリスの本で言葉遊び的な要素が強いから、絶対「読んだ」方がおもしろいのに!(原文読めてないけど)特に日本語版は石井桃子さんの秀逸な訳文だし!

キャラクタの使用権訴訟はディズニーが勝ちました orz。

Posted by: きいろ | 2005.12.23 at 02:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/7650724

Listed below are links to weblogs that reference 私にはこっちの方が:

« 自覚がないって(BlogPet) | Main | 小久保、いつでも帰ってこい »