« 雪、怖い | Main | ここぞとばかり »

2006.01.16

子ども返り

 「西遊記」を見てるんですけどね。これを見ていると、小学校の高学年の女子に戻った気分になります。理屈の通らないケンカをする男子に「こいつら、ホントに幼稚!」といらいらとむかっ腹を立てていたあの時分を思い出します。
 というくらい、悟空と沙悟浄のケンカの無駄な言い合いはある意味リアル。脚本の方は未だに子供心を忘れない方なのでしょう。今回の「西遊記」は今ひとつ地味なまじめで気の弱い、でもどこか放っておけない女委員長とそれをお守りするクラスの悪ガキ三人組の旅物語みたいです。小学校の高学年くらいだと、よりいっそう感情移入して見られるんじゃないでしょうか。そう言う意味では放送時間枠が二時間ぐらい遅い気がしますが、今時の塾通い必須の小学生にはいっそ九時くらいの方が見やすそうです。
 もっとも、こういう子どもの人間関係の構図は、すでにもんのすごく時代遅れなのかもしれませんが。悟空くらい突き抜けて強引なバカは、いまどきの賢いぼっちゃま方に鼻で笑われてしまうでしょうか。

 その悪ガキ筆頭の悟空が猪八戒に「男だったらホレた女をそいつが惚れてる男ごと好きになれ」「そいつがついた嘘ごと好きになれ」なんて説教してるのがすごいです。五百年も石詰めになっていた猿妖怪がどこでそんな恋愛哲学を身につけたのでしょう。
 最近のもわーっとやさしいばっかの恋愛ものではなかなか聞けない硬派なセリフで、これはこれでいいと思いましたけども。

|

« 雪、怖い | Main | ここぞとばかり »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/8218420

Listed below are links to weblogs that reference 子ども返り:

« 雪、怖い | Main | ここぞとばかり »