« お気軽写真集(BlogPet) | Main | このリンクには神が宿る »

2006.02.24

日本人もここまで来たのね…

 朝、のたのたとTVをつけたらNHKが壊れていました。
 と思いました。どこかの壁をただ写してるだけのニュースってなんなのー?と。不思議に思っていたら、「荒川静香、金メダル!」のテロップが!
 あらー、取ったのねー。<しゃれではありません。
 あの上位三人の混線ぶりだったらメダル行けそうと思ったけど、まさか金とは…。SPのサーシャ・コーエンの完璧な出来はイヤミなくらいだったし(他意はないんです、でも彼女ってちょっと意地悪な美人のライバル役みたいな顔立ちだと思いませんか?)、スルツカヤの安定ぶりもさすがの雰囲気だったし、素人はただただわからんなーと見ていたので。
 なんて言う私は、実はそこそこフィギュアを見る人です。オリンピックなんかきょーみねーわみたいな顔をしててすみません、あれは「めだるめだるめだるー」と騒ぐマスコミがいやんなのであって、実際に競技してる選手の姿はやはりただただほぉおーとため息をつくほどすばらしいと思っていますです。
 中でもフィギュアは素人にも敷居が低いといいましょうか、音楽があって選手の優美な動きという観賞ポイントがあって、競技のルールがわからなくても見て楽しめるものですから。暇があれば眺め続けて何大会か。ド素人の私でも覚える選手が出てくるくらいです。(何大会見てても、今飛んだのがアクセルだかサルコーだかトーループだかわかりませんよ…)
 でも、この競技はかつて、見れば見るほど悲しくなるものでした。これは欧米人のための競技なんだなー、と。長い手足に小さな頭で絡まるような細かな振りつけで踊る皆さんの中に、安定した下半身が目立つ日本人選手がいるのはなんとも場違いな雰囲気で。どれほど運動神経に優れ、情感を表現するスキルを磨き、努力を重ねても、ごまかしようもなく「日本人である」身体であるかぎり、「参加することに意義がある!」スポーツでしかないような、そんな気持ちにさせられた子ども時代でした。
 それでも伊藤みどりのトリプルアクセルはすばらしいと思いましたとも。今回当時の映像を何度も流してたけど、あの高さとスピードは、やはり誰にでもできるもんじゃなかった。

 月日は流れて、いまや日本人選手の体格たるや全く欧米系に引けを取らなくなって驚くばかりです。荒川さんも頭ちっちゃいし、手足長いし、その身体を使い切っての演技の大きさは、かつて芸術点は期待できないからせめて技術点でみたいな悲壮感があった日本選手がうそのよう。そもそも村主さんみたいな、むしろ芸術点で評価される選手が出てきたのが信じがたいくらいで。
 おばさんの着る服が無くなるはずだよ…。
 そんなレベルの低い嘆きはさておき。
 男子フィギュアも、きっと選手層が厚いとは言えない環境だろうに常時入賞が狙える選手が出てくるとは思いませんでした。時代は変わるものよのう。
 今が旬の選手だけでなく、若手も続々育っているフィギュアの層の厚さのおかげで、これからは競技を見るたびに「どーせ日本人だし」と指をくわえてなくてよさそうです。
 選手が育つ環境作りが他の競技でも進むとよいとしみじみ思います。めだるめだる言う人たちは、そのためにお金を出してください。

|

« お気軽写真集(BlogPet) | Main | このリンクには神が宿る »

「スポーツ」カテゴリの記事

Comments

おお、きいろさんもフィギュアファンでしたか♪ 私の場合、うっすら覚えているのはロドニナ&ザイツェフあたりからでしょうか(古・・・)。

当時を思えば、日本人スケーターが美しさで欧米勢を凌ぐ日が来るなんて、本当に感慨深いです。それも、欧米の選手とはまた違った、シンプルでエレガントな美しさ、というところが素晴らしかったと思います。

荒川選手は技術と表現力の両方が備わった、まさに銀盤の女王の名にふさわしいスケーターですね。ひところは20歳を過ぎても現役をやっていると、超ベテラン扱いされてましたけど(ブチルスカヤは熟女呼ばわりされてたような)、荒川選手やスルツカヤ選手はアスリートとしてもトップを極めていて、あれは他のスケーターにとっても励みになったんじゃないかなあ~。

来年は東京で世界選手権があるんですよね。今まで日本で開催される時はなぜかオリンピックイヤーが多かったので、今回はかなり楽しみです。でも、代々木体育館のスケートリンクは閉鎖されてしまうようなので、一体どこでやるんだろう? まさかまた幕張じゃないよね・・・(汗)

Posted by: 黒やぎ | 2006.02.26 at 12:35 PM

いえ、もうファンなんてとても名乗れない、永遠の初心者でミーハー視聴者に過ぎませんです(^_^;)>フィギュア。
スキー競技は見どころわからんし、スピードスケートも選手による違いがようわからんし、「見た!」と思える競技ってフィギュアくらいしか残らなくて。(カーリングもルールを覚えたらおもしろいらしいんですが。相方は非常に楽しげに見てるし)

ソルトレイクで村主さんや本田さんが入賞した時点でも「日本人が上位にいる!」と驚いたものですが、今回はついにメダル、それも金。そして、評点が技術点寄りでないというあたりに隔世の感があります。
女子シングルの選手は少女の軽い体型のうちにがんがん高度な技を決めてメダル取って引退、みたいな流れが素人目にも見えますが(アメリカの人はその傾向が強いような。プロが充実してるせいなのでしょうか)、ペアやアイスダンスは十年選手がたくさんおられるのだし、シングルでも20過ぎ全然おっけーにならないかしら。
選手の育成に科学的な面がたくさん取り込まれてきて、全体に選手寿命が延びる傾向にあるといいますし。

スケートリンク、九州では常設って激減してるはず。全国的にそういう傾向なんでしょうか。今回のメダルでまたフィギュア熱が子どもたちの間で高まるのでしょうが、受け入れる器が少なそう。もったいない。

Posted by: きいろ | 2006.02.27 at 12:55 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/8827441

Listed below are links to weblogs that reference 日本人もここまで来たのね…:

« お気軽写真集(BlogPet) | Main | このリンクには神が宿る »