« 「ダイロンの聖少女」、読了 | Main | 「キングコング」、見ました »

2006.02.05

朝から暗いよなあ

 朝日新聞で始まった「分裂にっぽん」という連載が重くて朝からウツ。最近流行の下流社会と申しましょうか、所得格差の拡大と言いましょうか、その辺から発生した社会の底辺問題を取り上げた特集なんですが。
 ここで取り上げられた事例を完全なよそ事と読み飛ばせる人って、今の日本にどのくらいいるのかしら。年金やら老後の経済やらが想像もつかない未来の話でなくなった身には、首の皮に刃物をあてられたようないやぁな気分になりました。まるっきり働かなくても年金や退職金をあてにして暮らせる老後とは縁のない身、子どもいないし若い親族も少ないから、うっかり孤独死なんかしたら遺骨ってどうなるのかしら?多方面にメーワクかけそう…とか。
 先々のことを考えるとあんまり明るい想像ができないんですよねえ…。ぴんぴんころりは今もあこがれの言葉なんじゃないかと。

 職場の同僚には、正社員だったもののあまりに労働環境が過酷で派遣に転じた人もいる。土日もない残業の嵐に手当が付かない上、九州ではまだまだ女性社員を育てる気のないところが多いんで、つぶれたらそれでいいやな扱い。どうせ昇級昇格もしないんだったら、働いた分だけちゃんとお給料が出る派遣社員の方がマシ。生活も健康になったし、という話を聞けば、この選択も致し方ないと思う。何より私が「健康でないと働き続けられないから」と正社員を探すより先に派遣に手を伸ばしてしまった人間だし。
 でも、この年になると次に仕事が来る確率は下がる一方だろうから、契約期限が来るのが怖くてたまらない。この不安を思うと、もっと若いときにもう一度正社員を探しておけばよかったと後悔しもする。
 どっちがどうって、今もわからない。ただ、どういう形であれ女性も働く気でいた方がいいと思う。結婚したって四半世紀先に配偶者の経済状態がどうなってるかわからないご時世だし。「仕事は自己実現のためにしたいです」と言って専業主婦を目指して、高収入の男性狙いの結婚相談所みたいなのに加入する女性が増えてると聞くけど、そんなの何の保証にもならないよ、きっと。

|

« 「ダイロンの聖少女」、読了 | Main | 「キングコング」、見ました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/8550017

Listed below are links to weblogs that reference 朝から暗いよなあ:

« 「ダイロンの聖少女」、読了 | Main | 「キングコング」、見ました »