« 巻き巻きオーラ | Main | 「ダイロンの聖少女」、読了 »

2006.02.04

ふるさとは

 正月頃録画してそのままになっていたポルノグラフィティの因島ライブを、家のことをしながらだらだら見る。昨今の市町村の統合でポルノグラフィティの故郷の因島市が尾道市と合併して「尾道市」になってしまうそうで、「それでも因島はいいところなんだよ」と島の小中高校生に伝えたいと企画されたライブなんだとか。
 小学生が講堂で、先生の伴奏で「愛が呼ぶほうへ」を練習してる姿がシュールだ。
 てーか、小学生が市民会館で行われるライブに行って、「俺たちが誰か知ってますかー?」「ポルノグラフィティー!」って答えてるのがどうにも。他のバンド名だったらよかったのに、とこのときばかりは思った。
 ポルノが因島出身だというのはずいぶん早くから知っていて(すごいファンってわけでもないのに)、それは折りにつけ彼らが自分たちの故郷は因島と語っていたからだと思う。都会に出て仕事をしているが故のノスタルジーだと言われるかもしれないけど、こんなに「俺たちは因島大好き」と言われ続けている、その故郷はたいしたものだ。自分の里を思い浮かべたとき、地元の子に「ここはいいとこなんだよ。今はわからないかもしれないけど」と私はとても言えない。
 里が近いせいなのか。故郷は、やっぱ遠くにありて思うものなのかなあ。

|

« 巻き巻きオーラ | Main | 「ダイロンの聖少女」、読了 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7367/8533859

Listed below are links to weblogs that reference ふるさとは:

« 巻き巻きオーラ | Main | 「ダイロンの聖少女」、読了 »